プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

COLUMN THE REFLECTION 第60回 ちょっと辛かった時期に心に響いたNazarethとAerosmith  ~「Love Hurts」「Dream On」から「Make It」へ~ 文・後藤秀樹



ちょっと辛かった時期に心に響いたNazarethとAerosmith
~「Love Hurts」「Dream On」から「Make It」へ~




◎画像1 ナザレス「Love Hurts」 & エアロスミス「Dream On」国内盤シングル


いよいよ新年度に入り、新たなスタートが始まった方も多いだろう。新たな環境にすぐ慣れるのならいいのだが、私はなかなか難しい方だった。学生時代はもちろんのこと、勤めてからも転勤の度にいつも緊張しながらの移動だった。端からはそんなふうに見られないのが得なのか損なのかわからないままにいつも連休(GW)に突入したことを思い出す。結局,その後は何とか過ごしてきた。

しかし、今でも忘れられないのは大学受験に失敗し、浪人した春のことだ。

昔々のことなので国立大は1期と2期があり、二つの大学を受験したがどちらも残念な結果。さらに2期校の発表は3月31日だったこともあり、暗い気持ちのまま4月を迎えたことになる。結局は予備校に通うことになった。友人が多数(!)同じ境遇で、その点では心強くもあったものの、はじめのうち1年後は大丈夫なのだろうか・・・という気持ちがいつもついてまわった。

ある日、予備校の帰り駅地下で気分転換に映画を見に行ったことがきっかけで、それこそ毎週のように通うようになった。映画には高校時代からよく出かけていたものの、名画座のような安い映画館が幾つもあった時代だった。TVの洋画劇場のような番組も含めて集中的にかなりの数を見た。


そんな中で、音楽の方も相変わらず聞き続けていたが、当時はFM放送(NHK)を中心にエア・チェックだけは続けていた。その頃は「ながら勉強」と言って、ラジオを聞きながら勉強にも集中することは普通だった。(今の年齢になってみるともう難しいことだ。こうして文章を書きながらラジオをつけていても、両方に集中することは無理なことになってしまった。)


浪人した頃は70年代中期。聞いていたものはやはりロックがその中心だったが、プログレ5大バンドの作品も全盛期とは違ったものに感じられ、少し新たなものにも触れたいと考えていた時期でもあった。




§1 Nazareth(ナザレス)の「ラヴ・ハーツ」とアルバム『人食い犬(Hair Of The Dog)』

新譜をわくわくしながら聴いて「よかったなあ」と思うことは自分で意図したところだろう。しかし、音楽の不思議なところは、意外な場所,意外な場面で流れてきたときに、ふと心に染みこんで感動してしまうことだ。ナザレスの「ラヴ・ハーツ(Love Hurts)」を初めて聞いたときがそうだった。



◎画像2 Nazareth 『ラザマナス』『威光そして栄誉』『競獅子』『人食い犬(Hair OfThe Dog)』


ナザレスに関しては国内盤として、『ラザマナス(Razamanaz)』(RJ-5106)、『威光そして栄誉(Loud ‘n’Proud)』(RJ-5121)、『競獅子(Rampant)』(RJ-5134)が出ていることは知っていた。これらは当時の日本フォノグラムのPhilipsからのリリースで、(これまでもこのコラム内でも触れてきたように)ジャケットの作りの貧弱さが気になって意識して聞いてみようという気持ちにならなかったのが正直なところだった。

自分の部屋で,珍しく特別何もすることなくぼーっとしている時に「ラヴ・ハーツ」がラジオから流れてきた。ハード・ロック・バンドが演奏するバラード・ナンバーだが、心にガツンときた。そしてジーンとした。しばらくは金縛りのように動けなくなったことは今でも覚えている。静かな曲はもともと好きだったが、ここまで心に迫った経験はそうなかった。その理由の一つはダン・マカファーティの歌い出す部分の素晴らしさにあった。



★音源資料A Nazareth / Love Hurts

試聴 Click!


これはレコードを買わなくては・・・と思い『人食い犬(Hair Of The Dog)』(RJ-7003)を探しにレコード店に向かった。しかし、何と国内盤には「ラヴ・ハーツ」が入っていないことが分かり、がっかりして何も買わずに帰ってきた。しかし、数日後偶然米A&Mからの同盤(SP-4511)を見つけて購入することが出来た。レコードで聞く「ラヴ・ハーツ」に改めて感激した。そして・・・



◎画像3 Nazareth  『人食い犬(Hair Of The Dog)』


・・・それ以上に、アルバム全体が実に素晴らしい出来だったことに驚いた。冒頭のアルバム・タイトル曲からカッコよかった。途中で(当時流行の)ヴォコーダーの導入も効果的で面白かった。続く「ミス・ミザリー」は引きずるようなリフが魅力的で、これも名曲と呼んでいいだろう。他に「チェンジン・タイムス」のギター・リフも良かったし、「ベガーズ・デイ~ローズ・イン・ヘザー」のメドレーも素敵なのだが、驚きはラストの10分近い大曲「プリーズ・ドント・ジュダス・ミー」だった。後半に繰り返されるコーラスは永遠に続くかのように感動的だった。

幾分スワンピーな「ウィスキー・ドリンキン・ウーマン」も何度も聞いているうちに自然と心に染みるようになった。と言うわけで、このアルバムは私にとって忘れられない1枚となった。

ギターのマニー・チャールトン(Manny Charlton)のギターはもちろんのこと、クセがあって評価の分かれていたダン・マカファーティ(Dan McCafferty)のヴォーカルも私のお気に入りミュージシャンの仲間入りだった。もちろんベースのピート・アグニュー(Pete Agnew)もドラムスのダレル・スチュワート(Darrell Stewart)の鉄壁なリズム・コンビも忘れちゃならない。



★音源資料B Nazareth / Miss Misery

試聴 Click!


米A&M盤アルバムに収録されシングルとしても発売された「ラヴ・ハーツ」米国でチャートの6位を記録し、アルバムはプラチナ・ディスクにも輝いている。「ラヴ・ハーツ」の替わりに英原盤や国内盤に収録されていたのはランディ・ニューマンのカヴァー「ギルティ」だったが、英米でナザレスの売り出しに関わって思惑の差が出た形となっていた。「ラヴ・ハーツ」の元歌はエヴァリー・ブラザーズ(Everly Brothers)1960年の曲。

今ではCDとなった『Hair Of The Dog』には「ラヴ・ハーツ」も「ギルティ」も両方収録されていて隔世の感があるが、何より便利だが、私は手に取る度に当時のことを思い出している。



◎画像4 Nazareth  / 『宿命のロックン・ロール』 + 『無情の剣』


結局ナザレスも私にとって超お気に入りとなり、71年、72年にPegasusから出ていたアルバムを探しだし、その後の新譜76年の『宿命のロックン・ロール(Close Enough For Rock’n Roll)』、77年の『無情の剣(Expect No Mercy)』からそれ以降もアルバム・リリースの度に注目していくことになってしまうのは言うまでもない。


そんなナザレスも80年代まで基本となる4人のメンバーが精力的に支えていたが、90年にマニーが、99年にダレルが、2013年にはダンが抜けてしまう。その後は、ピートがナザレスを引っ張っている。

そして、昨2022年7月にマニーが、そして11月にダンが相次いで亡くなったことが伝えられた。

何かの形で、ナザレスもこのコラムで取り上げたいと考えていたのだが、活動の詳細ではなく私の思い出の中から引っ張り出してみた。




§2 エアロスミス(Aerosmith)の「ドリーム・オン」とアルバム『野獣生誕(1st)』

やはり予備校時代に聞いて感動したのがエアロスミス「ドリーム・オン(Dream On)」だった。高校時代、学校の放送局(部活の一つ)に入っていたことは以前も書いたが、エアロスミスは後輩の中で人気があったが、私にはもう一つピンと来てはいなかった。やっぱり、G.F.Rマウンテンの方がずっといいと思っていた。



◎画像5 エアロスミス 『飛べ!エアロスミス』 + 『闇夜のヘヴィ・ロック』


彼らの2枚目に当たる『飛べ!エアロスミス(Get Your Wings)』(SOPN127)日本でのデヴュー作となり、続いて3作目『闇夜のヘヴィ・ロック(Toys In The Attic)』(SOPO 71)が2枚目として登場していた。どちらも75年のことだった。

当時は,ハード・ロックに続いてヘヴィ・ロックといった言い方がされるようになって、「エアロスミスはどっちだ?」といった話題で仲間内が盛り上がったものだった。どちらでもよさそうなものだが、今改めて考えてみるとバンドが持つ細かいニュアンスを汲み取る点においては結構深いものがありそうにも思える。



◎画像6 エアロスミス 『野獣生誕』


そして、ある日ラジオで流れてきた「ドリーム・オン」なのだが、ようやく日本で彼らのデヴュー作『野獣生誕(Aerosmith 1)』(SOPO111)として登場したことでオン・エアされたものだった。

これも驚いた。「エアロスミスってこんなにメロディアスだったの?」と,思わず呟いていた。(と思う)


 
★音源資料C Aerosmith / Dream On

試聴 Click!


プログレを中心に聞くようになっていた耳には、まずメロトロンが聞こえるところが注目すべき点だった。ヴォーカルのスティーヴン・タイラーが売りのバンドと心得てはいたが、どこか初々しく聞こえてそこにもシンパシーを感じたのは事実。でも、何よりメロディーが素晴らしい。ジョー・ペリーのギターの幾分控えめな自己主張も嫌みなく伝わってきた。

とにかく、改めてエアロスミスを聞いてみたくなった。ファーストを最初に聞いたのだが、70年代初頭の無名バンドの中に埋もれても仕方ないようなサウンドづくりに聞こえたが、その中でもやはり「ドリーム・オン」の存在が際立っていた。

セカンドの曲はFMでエア・チェックしたものを聞いたが、ファーストよりずっと明確な曲作りになっていた印象を持った。「S.O.S(Too Bad)」と続くヤードバーズのカヴァーとしての人気曲「Train Kept A Rollin’」(途中からライヴ仕様になっているのも面白い)がよく出来ていると思った。

サードは明らかにバンドの成長を物語っている素晴らしい出来だった。1曲目のタイトル曲「Toys In The Attic」から引き込まれるものを持っていた。そして、驚きが「Walk This Way」。今ではRapとかHip-Hopとか言うのだろうが、何か引き込まれるものがあり、かつキャッチーで魅力ある曲ということは理解できた。前年に後輩たちが大騒ぎしていたのも分かった感じがした。続くB面も一気に聞いてしまうほどに面白い曲が並んでいた。どうりで人気が出るはずだと理解できた。



★音源資料D Aerosmith / Walk This Way

試聴 Click!


エアロスミスの良さが分かった頃に、76年4枚目『Rocks』が新譜として出た。すぐに聞いたのだが、さすがに年季を経て堂々とした歌唱、そして演奏になっていた。収録された曲もどれも粒選りで、洗練された印象があった。続く77年『Draw The Line』もなかなか面白かった。アルバムごとに安定感を増していることがよく分かった。



◎画像7 エアロスミス 『Rocks』 + 『Draw The Line』


ただ、そうは言いながらも個人的には「ドリーム・オン」の衝撃が強すぎて,その世界観がその後再現されないことには残念な思いがつきまとってしまう。ただ、ライヴでは間違いなく人気曲として演奏してはいたが・・・。それだけに最初に聞いた時の気持ちは大事にしていきたいと今も考えている。




今回のアウトロ

たまには、誰もが知っているアーティスト、それも超有名どころのナザレスエアロスミスについて取り上げてみようと考えました。いつもと違った展開になったと思います。今回は触れませんでしたが、70年代中盤は他にもブルー・オイスター・カルトがそれまでのイメージを覆す『タロットの呪い(Agents Of Fortune)』の中から「死神(Don’t Feat The Reaper)」のヒットを飛ばし、バックマン・ターナー・オーヴァードライヴ『四輪駆動(Four Feel Drive)』で重量級のすごさを見せ、KISSもQUEENもアイドル的な扱いを受けながら本格的な面白いアルバムを出していた時代でした。


最初に書いたとおり、新年度になったとは言っても皆が希望に燃えて毎日を過ごしているとは限りません。自分の経験上、一度落ち込んだ経験というものはその時期になると思い出してしまう瞬間があるものです。ただ人生は気持ちの持ち方次第でいい形に進んでいくものです。

ちなみに、私は浪人した翌年、同じ2校を受けて合格発表時に・・・やはり2校とも不合格でした。

再び、気落ちしたものの、どこか慣れが出ていてもう一度同じ予備校に通うことを決めました・・・
という時に、1週間後1校から補欠合格の電話が来たのです。しかし、「1日考えさせてください」と伝えて電話を一度切りました。(今考えると、どうしてすぐに「わかりました! ありがとうございます!」と言わなかったのか、不思議に思います。)

翌日、高校時代の先生に連絡し,学校まで出かけていって相談させてもらったことで気持ちが決まりました。・・・「入学します。」と大学に電話をかけました。

結局1年と1週間の浪人生活に終止符を打つことになりました。

その頃は、合格発表というと大々的に新聞に『合格者』の名前が一覧になって載る時代でした。当然、正規の合格者ではない私の名前は載りません。親戚も友人も私は今年も駄目だったのだろう・・・と思われていたはずです。でも、不思議とそんなことは気になりませんでした。周囲に対する心配をするよりも、「自分がそこでどう生きられるかの方が大事だ!」ということを学んだのだろうと思います。

何よりも補欠合格で入った学科は、自分が最初に望んだものではありませんでした。それ故、高校時代の先生に相談したわけです。しかし、実際に入学し学んでいるうちに新たな勉強が考えていた以上に興味深くなり、そこで身につけたことがその後の自分に大きく活きたと思っています。


大学に入り、プログレ好きのドラマーだった友人と知り合い、話しているうちに軽音部に誘われました。ろくに弾いたこともないのにギター担当です。散々迷ったあげく、バイトで稼いで新たにギターを買っての参加でした。しかも、私が何故かバンド・マスターです。どれだけ、プレッシャーが押し寄せたことか。

最初はひとりでフォーカス『シルヴィア』ならメロディアスで何とか出来るのではないかと毎日練習をしました。簡単そうに見えて、じつは奥深く難しいものでした。ヤン・アッカーマンのすごさに改めて気づかされたものです。


そして、バンドのメンバーが揃ったところで、「エアロスミスの「メイク・イット」をやろうぜ」となりました。それは彼らのファースト・アルバムの1曲目です。ファーストは、それまで「ドリーム・オン」ばかり聞いていたのですが、大学に入って改めてアルバムを聞き返すと、1曲目の「メイク・イット」新たな決意表明のように思えたのです。

その後、コピーするために何十回,何百回聞いたか分かりません。私の担当はセカンド・ギターです。エアロスミスでいえばブラッド・ウィットフォードのパートです。それこそ超初心者ですからどれだけ苦労したかは理解してもらえるでしょうが、リード・ギター担当の仲間が超技巧派だったために、私はその裏側で何とか体裁をとって形にすることができました。(と自分では思っています。)



★音源資料E Aerosmith / Make It

試聴 Click!


結局私は軽音サークル内でも一番下手なギタリストのまま2年半近く、同じバンドで活動しました。そのくせUFO、TOTO、KANSAS、STYX、Sebastian Hardie、四人囃子等、背伸びして難しいものばかり取り上げてコピーしたような感じです。当時はやっていたKnack「マイ・シャローナ」も演奏し、オリジナルまで作りました。サークル活動ですから、定演や学園祭ではホール演奏や屋外演奏を何度も経験します。今、考えると顔から火が出るほどに恥ずかしいことです。でも、得がたい経験だったとも思えます。

最初にコピーした「メイク・イット」はサークルの仲間が盛り上げてくれたこともあり、バンドのテーマ的な曲として周知されるようになりました。

その時から既に長い年月が過ぎ、今はギターを持つこともありませんが「メイク・イット」の指の動きは今でもはっきりと覚えていることが不思議です。それこそ「ドリーム・オン」の世界だと思っています。結局、浪人から大学時代を通じてエアロスミスの音楽に助けられた格好になりました。
(全くの偶然ですが、ナザレスもその後「ドリーム・オン」というタイトルの楽曲を82年のアルバム「2XS」に収録し、シングル・カットもされています。もちろん同名異曲です。)

ちなみに私が抜けた後も、新たなメンバーが入り,バンドはしばらく存続していきました。その新たなバンドの演奏を客席で眺め聞いたときには、とても不思議な光景に映ったものでした。

私にとって演奏する側ではなく、語ることで『音楽』に向き合うことを心に決めた時期でした。


今まで封印していた自分の昔話の一つを語ってしまいましたが、どこか不安定な社会状況の中ではありますが、新たな生活環境に取り組まれた方々が、前向きに進まれることを願って止みません。

今の様子がどうあったにしても、自分の思い方次第で絶対に何かがいい方向に向かっていくことを信じて進んでほしいと思っています。私たちには力づけてくれる「愛すべき音楽」があるのです。


このコラムは今回が60回目となります。まる5年です。カケレコさんに背中を押され、そして目を通してくださる方々のおかげで毎月更新することができました。これからも、よろしくお願いいたします。







COLUMN THE REFLECTION 第1回 Capability Brownを中心にコーラス・ハーモニーの世界を 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第1回 Capability Brownを中心にコーラス・ハーモニーの世界を 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による新連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!第1回はコーラス・ハーモニーをテーマにプログレ作品をご紹介します。


COLUMN THE REFLECTION 第2回 そうか、1968年からもう50年が経ったのか。その頃の一発屋の歴史の面白さ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第2回 そうか、1968年からもう50年が経ったのか。その頃の一発屋の歴史の面白さ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による新連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!第2回は50年前の1968年ごろに音楽シーンを賑わせた愛すべき一発屋にフォーカスしてまいります。


COLUMN THE REFLECTION 第3回 「スカイライン・ピジョン」のメロディーにのせて ~Deep Feeling の正規再発を祝し~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第3回 「スカイライン・ピジョン」のメロディーにのせて ~Deep Feeling の正規再発を祝し~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!第3回は、ことし未発表音源を含むボーナス・トラックと共に再発された、ブリティッシュ・ロックの逸品DEEP FEELINGの唯一作を取り上げます。


COLUMN THE REFLECTION 第4回 「68年の光り輝く(?)日」~ 68年の夏に思いを馳せて 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第4回 「68年の光り輝く(?)日」~ 68年の夏に思いを馳せて 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による新連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!第4回は「1968年の夏」をテーマにしたナンバーを、氏の思い出と共にご紹介していきます。


COLUMN THE REFLECTION 第5回 「70'sUKポップの迷宮」に潜む凄さを味わってみませんか? 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第5回 「70’sUKポップの迷宮」に潜む凄さを味わってみませんか? 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による新連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!第5回は今年4月にリリースされた再発シリーズ「70’sUKPOPの迷宮」の、ニッチすぎるラインナップ20枚をご紹介していきます。


COLUMN THE REFLECTION 第6回 ポップ・ヒットの影に隠れた叙情性の誘惑「語られない物語~Stories Untold」 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第6回 ポップ・ヒットの影に隠れた叙情性の誘惑「語られない物語~Stories Untold」 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による新連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!第6回は氏にとって思い出深い一枚という、イアン・ロイド&ストーリーズの『トラベリング・アンダーグラウンド(Travelling Underground)』の魅力に迫っていきます。


COLUMN THE REFLECTION 第7回 忘れられない一発屋伝説2 ヴィグラスとオズボーン/秋はひとりぼっち ・・・思い出の大ヒット曲と、アルバム“Queues”の魅力 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第7回 忘れられない一発屋伝説2 ヴィグラスとオズボーン/秋はひとりぼっち ・・・思い出の大ヒット曲と、アルバム“Queues”の魅力 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による新連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!第7回は一発屋伝説の第2弾。72年に日本のみで大ヒットした、ヴィグラスとオズボーン「秋はひとりぼっち」を中心に取り上げます。


COLUMN THE REFLECTION 第8回 「12月に聴く名盤 クォーターマスの幻想①、2013年版は聞いたかい? 思い出と共に再び」  文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第8回 「12月に聴く名盤 クォーターマスの幻想①、2013年版は聞いたかい? 思い出と共に再び」  文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回取り上げるのは、英国キーボード・ロックの金字塔QUATERMASSの70年作!


COLUMN THE REFLECTION 第9回 「クォーターマスの幻想② その周辺を探る旅(Spin Off)~ Ann OdellとShawn Phillips」  文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第9回 「クォーターマスの幻想② その周辺を探る旅(Spin Off)~ Ann OdellとShawn Phillips」  文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。前回に引き続き、英国の名キーボード・ロック・バンドQUATERMASSとその周辺ミュージシャンに迫ります!


COLUMN THE REFLECTION 第10回「クォーターマスの幻想③ Spin Offその2 ~Paul Buckmaster とPete Robinson~」  文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第10回「クォーターマスの幻想③ Spin Offその2 ~Paul Buckmaster とPete Robinson~」  文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。前回に引き続き、英国の名キーボード・ロック・バンドQUATERMASSとその周辺ミュージシャンの活動を追います。


COLUMN THE REFLECTION 第11回 「クォーターマスの幻想④ Spin Offその3 ~ハード・ロックの側面から John Gustafson  &  Mick Underwood~」  文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第11回 「クォーターマスの幻想④ Spin Offその3 ~ハード・ロックの側面から John Gustafson & Mick Underwood~」  文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。4回にわたりお送りした英国の名キーボード・ロック・バンドQUATERMASS編も今回がラスト。ベーシストJohn GustafsonとドラマーMick Underwoodの活動に焦点を当てて堀下げてまいります!


COLUMN THE REFLECTION 第12回  忘れられない一発屋伝説③ ♬ 元号がひとつ変わる前に、平成の前の「昭和」の洋楽をふりかえる ♬「明日なき幸せ」に、「孤独の『夜明け』のヒッチハイク」・・・何のこっちゃ? 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第12回 忘れられない一発屋伝説③ ♬ 元号がひとつ変わる前に、平成の前の「昭和」の洋楽をふりかえる ♬「明日なき幸せ」に、「孤独の『夜明け』のヒッチハイク」・・・何のこっちゃ? 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。英国ポップ・シーンの華麗なる「一発屋」グループ達にフォーカスいたします♪


COLUMN THE REFLECTION 第13回  『プロローグ』(はじまり)の幻想と『燃ゆる灰』の陽光の狭間に見える「港の光景」  ~ 新生ルネッサンスと呼ばれたバンドについての個人的な思い出から ~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第13回 『プロローグ』(はじまり)の幻想と『燃ゆる灰』の陽光の狭間に見える「港の光景」  ~ 新生ルネッサンスと呼ばれたバンドについての個人的な思い出から ~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回取り上げるのは、第2期ルネッサンスの1st『プロローグ』と2nd『燃ゆる灰』!


COLUMN THE REFLECTION 第14回  『昨日の顔』を持つオリジナル・ルネッサンスの物語 前編 ~ 共に(Together)、今を生き(Now)、いつか幻へ(Illusion) ~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第14回 『昨日の顔』を持つオリジナル・ルネッサンスの物語 前編 ~ 共に(Together)、今を生き(Now)、いつか幻へ(Illusion) ~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。第14回は、キース・レルフが率いた第1期ルネッサンス~イリュージョンをディープに掘り下げます。


COLUMN THE REFLECTION 第16回 Mark-Almondの世界①(初期3作品とその周辺から) ~名盤『復活(Rising)』の個人的な思い出がすべてのはじまり 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第16回 Mark-Almondの世界①(初期3作品とその周辺から) ~名盤『復活(Rising)』の個人的な思い出がすべてのはじまり 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。第16回は、英国ロックの名グループMARK-ALMONDの魅力に迫ります!


COLUMN THE REFLECTION 第17回 Mark-Almond の世界② ~75年ジョン・マークのソロからバンド活動の再開へ、 そして転がり出たリフ・ラフの世界の驚き~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第17回 Mark-Almond の世界② ~75年ジョン・マークのソロからバンド活動の再開へ、 そして転がり出たリフ・ラフの世界の驚き~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。第17回は、英国ロックの名グループMARK-ALMONDをフィーチャーした後篇をお届け!


COLUMN THE REFLECTION 第18回 英国Dawnレーベルの秘宝たち① 今改めて評価したいジョーンジー(Jonesy)~決して表舞台に出てくることがなかった不遇のメロトロン・プログレッシヴ・ロック・バンド 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第18回 英国Dawnレーベルの秘宝たち① 今改めて評価したいジョーンジー(Jonesy)~決して表舞台に出てくることがなかった不遇のメロトロン・プログレッシヴ・ロック・バンド 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。第18回は、70s英国プログレの好バンドJONESYの魅力を掘り下げます!


COLUMN THE REFLECTION 第19回 英国Dawnレーベルの秘宝たち②「光」と「影」を表現しながら神話と伝説を奏で、自ら「伝説」となった北アイルランドのFRUUPP ~ 全曲解説 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第19回 英国Dawnレーベルの秘宝たち②「光」と「影」を表現しながら神話と伝説を奏で、自ら「伝説」となった北アイルランドのFRUUPP ~ 全曲解説 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。第19回は、北アイルランド出身の愛すべき名グループFRUUPPの全曲を解説!


COLUMN THE REFLECTION 第20回 忘れられない一発屋伝説 4 アース&ファイアーの『シーズン』と、マッシュマッカーンの『霧の中の二人』 ~1970年後半から1971年初頭にかけての日本での大ヒットから~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第20回 忘れられない一発屋伝説 4 アース&ファイアーの『シーズン』と、マッシュマッカーンの『霧の中の二人』 ~1970年後半から1971年初頭にかけての日本での大ヒットから~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。70年代初頭に日本でヒットを飛ばした2つのグループについて深く掘り下げてまいります。


COLUMN THE REFLECTION 第21回 1970年代、英ロック・ポップの『夜明け』を伝えるDawnレーベルの魅力③  プログレ、ジャズ・ロック、ハード・ロック編を「よもやま話」風に~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第21回 1970年代、英ロック・ポップの『夜明け』を伝えるDawnレーベルの魅力③  プログレ、ジャズ・ロック、ハード・ロック編を「よもやま話」風に~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回は英国の名レーベルDAWNの作品群をディープに掘り下げてまいります!


COLUMN THE REFLECTION 第22回 1970年代、英ロック・ポップの『夜明け』を伝えるDawnレーベルの魅力④ ~フォーク、フォーク・ロック編(A) アコースティック感に的を絞って~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第22回 1970年代、英ロック・ポップの『夜明け』を伝えるDawnレーベルの魅力④ ~フォーク、フォーク・ロック編(A) アコースティック感に的を絞って~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回は英国の名レーベルDAWNの作品群を、アコースティカルなグループに絞って掘り下げます!


COLUMN THE REFLECTION 第23回 1970年代、英ロック・ポップの『夜明け』を伝えるDawnレーベルの魅力⑤ 全アルバム紹介の総括編 ~ Dawnならではの面白さを再確認してみませんか? 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第23回 1970年代、英ロック・ポップの『夜明け』を伝えるDawnレーベルの魅力⑤ 全アルバム紹介の総括編 ~ Dawnならではの面白さを再確認してみませんか? 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回は英国の名レーベルDAWN特集の最終回。これまで紹介していなかった作品を一挙にピックアップします!


COLUMN THE REFLECTION 第24回 マシュー・フィッシャーのオルガンに魅せられて① ~春霞に立ち上るプロコル・ハルム「青い影」の幻影 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第24回 マシュー・フィッシャーのオルガンに魅せられて① ~春霞に立ち上るプロコル・ハルム「青い影」の幻影 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回は、プロコル・ハルムによる英国ロック不朽の名曲「青い影」の魅力にディープに迫っていきます!


COLUMN THE REFLECTION 第27回 ポップ・シーンに登場したハード・ロックに潜む音楽性再考 ① ~圧倒的なハード・サウンドとそれだけではない叙情の魅力、G.F.R~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第27回 ポップ・シーンに登場したハード・ロックに潜む音楽性再考 ① ~圧倒的なハード・サウンドとそれだけではない叙情の魅力、G.F.R~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回は、アメリカを代表するハード・ロック・バンドGRAND FUNK RAILROADの魅力に迫ります!


COLUMN THE REFLECTION 第28回 ポップ・シーンに登場したハード・ロックに潜む音楽性再考 ②  ~緻密に構築された楽曲の魅力、マウンテン~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第28回 ポップ・シーンに登場したハード・ロックに潜む音楽性再考 ②  ~緻密に構築された楽曲の魅力、マウンテン~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回は、前回取り上げたG.F.Rとともにアメリカン・ハード・ロックを象徴するグループMOUNTAINの魅力に迫っていきます!


COLUMN THE REFLECTION 第29回 Many Faces of Mandalaband ①  ~ 今も褪せない『曼陀羅組曲』の圧倒的な魅力 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第29回 Many Faces of Mandalaband ①  ~ 今も褪せない『曼陀羅組曲』の圧倒的な魅力 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回は、中国によるチベット侵攻を題材にしたコンセプト・アルバムの傑作、マンダラバンドの『曼荼羅組曲』の魅力にディープに迫っていきます!


COLUMN THE REFLECTION 第30回 Many Faces Of Mandalaband ②  ~デヴィッド・ロールのマンダラバンド奇跡の2枚目『魔石ウェンダーの伝説』、 そして76~78年にかけてのBJH、Woollyとのシンフォニックな関係性~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第30回 Many Faces Of Mandalaband ②  ~デヴィッド・ロールのマンダラバンド奇跡の2枚目『魔石ウェンダーの伝説』、 そして76~78年にかけてのBJH、Woollyとのシンフォニックな関係性~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。マンダラバンドの2nd『魔石ウェンダーの伝説』の話題を中心に、本作に参加したバークレイ・ジェームス・ハーヴェストとの関連までをディープに切り込みます!


COLUMN THE REFLECTION 第31回 Many Faces of Mandalaband ③ リアル・インディ・ジョーンズとなったDavid Rohlが仕掛けた Mandalabandの壮大な歴史絵巻  ~Woollyが最後まで携わった壮大なシンフォニック・ワールド~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第31回 Many Faces of Mandalaband ③ リアル・インディ・ジョーンズとなったDavid Rohlが仕掛けた Mandalabandの壮大な歴史絵巻  ~Woollyが最後まで携わった壮大なシンフォニック・ワールド~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。マンダラバンドを取り上げる全3回のラストは、デヴィッド・ロールとウーリー・ウルステンホルムの2人の関係を中心に、21世紀に復活を果たしたマンダラバンドの活動を追います。


COLUMN THE REFLECTION 第32回 12月に聞く名盤、クリスマスが来ると思い出すムーディー・ブルースの『童夢』 ~2020年、特別な思いで聞くクリスマス・キャロル~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第32回 12月に聞く名盤、クリスマスが来ると思い出すムーディー・ブルースの『童夢』 ~2020年、特別な思いで聞くクリスマス・キャロル~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回は、クリスマスの時期に聴きたくなる、ムーディー・ブルースの代表作『童夢』の魅力を紐解いていきます☆


COLUMN THE REFLECTION 第33回 丑年の始まりに『駱駝(Camel)』と『砂漠の隊商(Caravan)』の話をしよう ~その1 キャメルの70年代 ①~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第33回 丑年の始まりに『駱駝(Camel)』と『砂漠の隊商(Caravan)』の話をしよう ~その1 キャメルの70年代 ①~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。2021年の第1回目は、英国プログレの実力派バンドCAMELにフォーカス。結成~活動初期の足跡を辿ります!


COLUMN THE REFLECTION 第34回 丑年の始まりに『駱駝(Camel)』と『砂漠の隊商(Caravan)』の話をしよう ~その2 キャメルの70年代②(+α)~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第34回 丑年の始まりに『駱駝(Camel)』と『砂漠の隊商(Caravan)』の話をしよう ~その2 キャメルの70年代②(+α)~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。前回に続き、英国プログレの人気バンドCAMELの足跡を辿ります!


COLUMN THE REFLECTION 第35回 丑年の始まりに『駱駝(Camel)』と『砂漠の隊商(Caravan)』の話をしよう ~ その3 キャラヴァンの70年代 ~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第35回 丑年の始まりに『駱駝(Camel)』と『砂漠の隊商(Caravan)』の話をしよう ~ その3 キャラヴァンの70年代 ~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。デビュー~70年代におけるキャラヴァンの軌跡を追います。


COLUMN THE REFLECTION 第36回 カルメン(Carmen)が魅せた幻惑のロック・フラメンコ ~今も褪せることのない衝撃の音世界!!!~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第36回 カルメン(Carmen)が魅せた幻惑のロック・フラメンコ ~今も褪せることのない衝撃の音世界!!!~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。フラメンコ・ロックの代表的バンドCARMENの足跡をたどります。


COLUMN THE REFLECTION 第37回 忘れられない一発屋伝説5 クリスティーの「イエロー・リバー」 ~ ジェフ・クリスティーとカルメン、キャパビリティー・ブラウンの関係 ~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第37回 忘れられない一発屋伝説5 クリスティーの「イエロー・リバー」 ~ ジェフ・クリスティーとカルメン、キャパビリティー・ブラウンの関係 ~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。「忘れられない一発屋伝説」、今回はクリスティーのヒット曲「イエロー・リバー」にスポットを当てます!


COLUMN THE REFLECTION 第38回 すごい世界を発見 !! 北の大地から現在形として発信された驚きのジャズ・ロックの世界 Nonoyaレーベル 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第38回 すごい世界を発見 !! 北の大地から現在形として発信された驚きのジャズ・ロックの世界 Nonoyaレーベル 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回は少し趣向を変えて、北海道発のジャズ/アヴァン・ロック系レーベル、nonoyaレコーズの作品に注目してまいります!


COLUMN THE REFLECTION 第39回 ブラス・ロックの萌芽。オリジネイターとしてのBS&T(ブラッド・スウェット&ティアーズ)。  そして、アル・クーパーという存在。 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第39回 ブラス・ロックの萌芽。オリジネイターとしてのBS&T(ブラッド・スウェット&ティアーズ)。  そして、アル・クーパーという存在。 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回はブラス・ロックに着目して、その代表格であるBLOOD SWEAT & TEARSを取り上げてまいります!


COLUMN THE REFLECTION 第40回 ブラス・ロックの浸透とその思い・・・・圧倒的な実力と人気を誇ったシカゴの存在 ! 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第40回 ブラス・ロックの浸透とその思い・・・・圧倒的な実力と人気を誇ったシカゴの存在 ! 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。前回より続くブラス・ロック特集、BS&Tの次はシカゴの魅力に迫ってまいります!


COLUMN THE REFLECTION 第41回 ブラス・ロックの覚醒!・・・・70年スタート時期に国内盤で出た勢いを振り返る ① (Lighthouse;Ides Of March;Chaseを筆頭に!!! そしてラテン・ロックなど) 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第41回 ブラス・ロックの覚醒!・・・・70年スタート時期に国内盤で出た勢いを振り返る ① (Lighthouse;Ides Of March;Chaseを筆頭に!!! そしてラテン・ロックなど) 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!ブラス・ロック特集の第3回は、BS&Tやシカゴと共にブラス・ロック・シーンを彩った名グループ達に注目してまいります。


COLUMN THE REFLECTION 第42回 ブラス・ロックの深淵!・・・・70年代初期発売の国内盤 ② (ジャズ、クラシックの要素を新たな個性として打ち出したプログレッシヴ・ロック的展開の芽生え) 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第42回 ブラス・ロックの深淵!・・・・70年代初期発売の国内盤 ② (ジャズ、クラシックの要素を新たな個性として打ち出したプログレッシヴ・ロック的展開の芽生え) 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!ブラス・ロック特集の第4回は、当時日本でも国内盤がリリースされていた知られざるブラス・ロック・グループを中心にしてディープに掘り下げます!


COLUMN THE REFLECTION 第43回 ブラス・ロックの英国的展開  ~ 気がつくと、どれも名だたるかつてのレア廃盤ばかり ~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第43回 ブラス・ロックの英国的展開  ~ 気がつくと、どれも名だたるかつてのレア廃盤ばかり ~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!ここまで米国のバンドにフォーカスしてきたブラス・ロック特集、今回は英国のブラス・ロック系グループ達をディープに探求!


COLUMN THE REFLECTION 第44回 世界同時に広がったブラス・ロックの嵐、その欧州的展開 ~伝統に彩られた芳醇な音楽性 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第44回 世界同時に広がったブラス・ロックの嵐、その欧州的展開 ~伝統に彩られた芳醇な音楽性 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!米国・英国のバンドにフォーカスしてきたブラス・ロック特集、今回は欧州各国のブラス・ロック系グループ達をニッチ&ディープに探求します!


COLUMN THE REFLECTION 第46回 冬季五輪の開催を機会に50年前の情景を振りかえりながら ~ (私にとってのプログレ5大バンドの思い出 その2) キング・クリムゾン②、エマーソン・レイク&パーマー 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第46回 冬季五輪の開催を機会に50年前の情景を振りかえりながら ~ (私にとってのプログレ5大バンドの思い出 その2) キング・クリムゾン②、エマーソン・レイク&パーマー 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!5大プログレ・バンドをテーマにした第2回目、今回はクリムゾン後編とEL&Pです。


COLUMN THE REFLECTION 第47回 お伽噺と現実の接点の中でやっと聞けた夢の旋律が甦る・・その名も創世記(GENESIS)     (私にとってのプログレ5大バンドの思い出 その3) ~ ジェネシス 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第47回 お伽噺と現実の接点の中でやっと聞けた夢の旋律が甦る・・その名も創世記(GENESIS)     (私にとってのプログレ5大バンドの思い出 その3) ~ ジェネシス 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!5大プログレ・バンドをテーマにした第3回目は、最後のバンドであるGENESISを取り上げます。


COLUMN THE REFLECTION 第48回 Gentle Giant ・・・穏やかな巨人? 優しい巨人?  静かで激しく、複雑さの中で優しい音楽に彩られたジェントル・ジャイアントの世界 (前編) 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第48回 Gentle Giant ・・・穏やかな巨人? 優しい巨人?  静かで激しく、複雑さの中で優しい音楽に彩られたジェントル・ジャイアントの世界 (前編) 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!3回にわたり5大プログレ・バンドをテーマにお送りしましたが、今回はその5大バンドも凌駕するほどの技巧派集団GENTLE GIANTを取り上げます!


COLUMN THE REFLECTION 第49回 Gentle Giant ・・・穏やかな巨人? 優しい巨人?  静かで激しく、複雑さの中で優しい音楽に彩られたジェントル・ジャイアントの世界 (後編) 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第49回 Gentle Giant ・・・穏やかな巨人? 優しい巨人?  静かで激しく、複雑さの中で優しい音楽に彩られたジェントル・ジャイアントの世界 (後編) 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!今回は、高度な音楽性と超絶技巧を有する孤高の英プログレ・グループGENTLE GIANTの後編をお届けいたします☆


COLUMN THE REFLECTION 第50回 忘れられない一発屋伝説⑥ オリジナル・キャスト(The Original Caste)  ~「ミスター・マンディ」の日本での大ヒット、今も息づく「天使の兵隊」の世界観~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第50回 忘れられない一発屋伝説⑥ オリジナル・キャスト(The Original Caste)  ~「ミスター・マンディ」の日本での大ヒット、今も息づく「天使の兵隊」の世界観~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!久しぶりの「忘れられない一発屋伝説」、今回はカナダのオリジナル・キャストを取り上げます☆


COLUMN THE REFLECTION 第51回 夏が来れば思い出す 暑気払いの ベガーズ・オペラ  ~アルバムごとに音楽性が変化し、名曲のカヴァーが忘れられない不思議なバンド~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第51回 夏が来れば思い出す 暑気払いの ベガーズ・オペラ  ~アルバムごとに音楽性が変化し、名曲のカヴァーが忘れられない不思議なバンド~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!今回はVERTIGOレーベル屈指の人気バンド、ベガーズ・オペラのサウンドの変遷を追いながら、その魅力に迫ります。


COLUMN THE REFLECTION 第52回 ヴァーティゴ・レーベルの至宝、クレシダの奇跡と軌跡 ~ 40年後に甦った伝説のオルガン・ロック 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第52回 ヴァーティゴ・レーベルの至宝、クレシダの奇跡と軌跡 ~ 40年後に甦った伝説のオルガン・ロック 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!今回は名実共にVERTIGOレーベルを代表するバンドと言えるクレシダを取り上げてまいります。


COLUMN THE REFLECTION 第53回 極私的・英国キーボード・ロック再考試案~  オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪① 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第53回 極私的・英国キーボード・ロック再考試案~  オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪① 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!今回は氏が選ぶ英国キーボード・ロックの名曲を、グループの来歴と共にご紹介してまいります。


COLUMN THE REFLECTION 第54回 極私的・キーボード・ロック再考試案  ~ 英国オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪② 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第54回 極私的・キーボード・ロック再考試案  ~ 英国オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪② 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!前回に引き続き、氏が選ぶ英国キーボード・ロックの名曲を、グループの来歴と共にご紹介してまいります。どうぞお楽しみください☆


COLUMN THE REFLECTION 第55回 極私的・キーボード・ロック再考試案  ~ 英国オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪③ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第55回 極私的・キーボード・ロック再考試案  ~ 英国オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪③ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!前々回・前回に引き続いて、氏が選ぶ英国キーボード・ロックの名曲を、グループの来歴と共にご紹介してまいります!


COLUMN THE REFLECTION 第56回 極私的・キーボード・ロック再考試案  ~ 英国オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪④・マニアック名盤編A 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第56回 極私的・キーボード・ロック再考試案  ~ 英国オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪④・マニアック名盤編A 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!今回も氏が選ぶ英国キーボード・ロックの名曲を、グループの来歴と共にご紹介。カケレコ・ユーザー御用達グループ多数でお送りします☆


COLUMN THE REFLECTION 第57回 極私的・キーボード・ロック再考試案  ~ 英国オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪⑤・マニアック名盤編B 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第57回 極私的・キーボード・ロック再考試案  ~ 英国オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪⑤・マニアック名盤編B 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!今回は氏が選ぶ英国キーボード・ロックの名曲集の最終回。今回もカケレコ・ユーザー御用達バンド達をディープに掘り下げてまいります♪


COLUMN THE REFLECTION 第58回 忘れられない一発屋伝説⑦  ~ 日本の洋楽シーンでヨーロッパのポップスが台頭した時期を振り返る 1~ 現在につながるダニエル・ビダルとシルヴィ・バルタンの歌を中心に・・・フランス編A 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第58回 忘れられない一発屋伝説⑦  ~ 日本の洋楽シーンでヨーロッパのポップスが台頭した時期を振り返る 1~ 現在につながるダニエル・ビダルとシルヴィ・バルタンの歌を中心に・・・フランス編A 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!今回は日本でヨーロッパのポップスが人気を博した時代を振り返る第1回、フレンチ・ポップ編をお送りします。


COLUMN THE REFLECTION 第59回 忘れられない一発屋伝説⑧  日本の洋楽シーンでヨーロッパのポップスが台頭した時期を振り返る 2  ~見事なポップ・センスの中にロマンの味わいを聞かせたミッシェル・ポルナレフの世界観 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第59回 忘れられない一発屋伝説⑧  日本の洋楽シーンでヨーロッパのポップスが台頭した時期を振り返る 2  ~見事なポップ・センスの中にロマンの味わいを聞かせたミッシェル・ポルナレフの世界観 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!今回は日本でヨーロッパのポップスが人気を博した時代を振り返る第2回。「フレンチ・ポップの貴公子」ミッシェル・ポルナレフを主役にお送りいたします。

NAZARETHの在庫

「NAZARETHの在庫」をもっと見る

AEROSMITHの在庫

「AEROSMITHの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。