プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

COLUMN THE REFLECTION 第57回 極私的・キーボード・ロック再考試案  ~ 英国オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪⑤・マニアック名盤編B 文・後藤秀樹

 極私的・キーボード・ロック再考試案
~ 英国オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪⑤・マニアック名盤編B

 

12月と1月は「年の変わり目」ではあるが、物心ついてからはこの時期は不思議な思いで過ごしている。

12月は歳の瀬。師走と呼び除夜の鐘を聞くと年越しとなり「冬」が終わる。新年が明けて年賀状には「初春」とあり、雪も寒さもこれからが本格的だというのに「春」になる。

実感としては、12月はクリスマスに除夜の鐘も「夜」のイメージ。それが元日の「初日の出」を境にして「朝から日中」のイメージに変わる。確かに、「冬至」を境として日没がだんだん遅くなり、1月も半ばになると昼の時間が長くなったことを実感するのではあるが。

少々理屈っぽい言い方になったが、今となっては日本人独特のけじめの在り方のように思え、感慨深く思うことにつながってくる。ヨーロッパに出かけたときに、どこの国でも12月から1月中旬までクリスマス・セールと銘打って安売りをやっていたことに驚いた。日本では歳末セールに新春初売り。やはり年の変わり目を大きく意識した考え方に立っていると思われる。どちらにしても昼の時間が長くなるのは私にとってはありがたいことだ。




§21 Affinity / Night Flight + Ice / Whisper Her Name (organ-Lynton Naiff)

 



◎画像1 Affinity (Vertigo)


最初は「泣く子も黙る」アフィニティの70年の唯一のアルバム『Affinity』。ご存じの通りVertigoを代表する名盤のひとつだ。キーフのデザインによるジャケットが印象的でCD時代になってからもレコードを手放せない作品だ。

今回はその中でA面の2曲目の「Night Flight」を選んだ。「夜間飛行」というテーマも魅力的な曲。

コンポーザーはギターのマイク・ジョップ(Mike Jopp)リンダ・ホイル(Linda Hoyle)。オルガンはリントン・ネイフ(Lynton Naiff)。曲構成も見事だし、ネイフのオルガンやホイルのヴォーカルはもちろんのこと、個人的にはフォスターのベース・ラインが好きな1曲だ。



★音源資料A Affinity / Night Flight

試聴 Click!


彼らは1枚のアルバムと2枚のシングルを70年に発表している。最初のシングルは「I Wonder If I Care As Much/Three Sisters」とアルバムからのカット、2枚目のシングルは「Eli’s Comin’/United States Of Mind」とアルバム発表後の新曲だったが、そこではLinda Hoyle And Affinity名義になっていた。


元々は63年にサセックス大学で学んでいたリントン・ネイフドラマーのグラント・サーペル(Grant Serpell)とダブル・ベースのニック・ニコルス(Nick Nichols)がその名もジャズ・トリオ(The Jazz Trio)としてジャズを演奏する形でスタートしている。1年後にサーペルが大学卒業と同時に脱退。別グループで活動を始めることになりモ・フォスター(Mo Foster)へと替わっている。



◎画像2 ICE ( Angel Air CD)


67年サーペルがそれまで組んでいたバンドRussell’s Clumpに改めてネイフが加わりバンド名をアイス(Ice)と変え再び活動を共にする。Russell’s Clumpギター中心のバンドだったが、アイスではネイフのオルガンを中心にコーラスを重視したポップス寄りの演奏をしていた。アイスは2枚のシングルをリリースしたが、翌68年、サーペルネイフ以外のメンバーが脱退。

そこにギターのマイク・ジョップ(Mike Jopp)、旧友のフォスターが加わりアフィニティが誕生することになる。フォスタージャズ・トリオでは途中でドラマーとして参加したのだが、ここでは何とベーシストに転向したことになる。ネイフジャズ・トリオ時代のピアノからオルガンを中心にした演奏にシフトしている。

この時期の演奏は『Affinity/Live Instrumentals 1969』(2003年初出)というCDにまとめられて英Angel Air(SJPCD135)で聞くことが出来る。クールなインストで幾分ライト・ジャズ的な演奏を聞いているとその後のアフィニティを想像するのはまだ難しい。ちなみに、アフィニティというバンド名は、ジャズ・ピアノの大御所オスカー・ピーターソンの62年のアルバム名から拝借したものだ。

そして、もう一人の重要メンバーリンダ・ホイルはそこに何故参加していないのか・・・ということが気になる。彼女はアフィニティ結成の前年(67年)にはジャズ・トリオの最後のラインナップのメンバーとしてネイフフォスターとともに活動するという経歴を持っていた。これも『Origins 1965-67』(2004年初出) (SJPCD167)のボーナス曲として1曲のみだがその当時の「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」を聞くことが出来る。

彼女はアフィニティがスタートした時期に新たなオーディションを受け、68年には既に参加していた。ところが「歌手結節」という声帯ポリープの治療のためライヴには出演できなかったということだ。

しかし、代役を立てるとかメンバーを交替するなどという結果にならず本当に良かったと思う。それはアフィニティのアルバムはもちろん、71年の彼女のソロ作『Pieces Of Me』の素晴らしさを知っているからだ。この思いには多くの方が同意してくれるだろう。


2002年に伊Akarmaから出た未発表曲集『Affinity/If You Live』には、シングル曲を含め68年から70年までのホイルも加わった演奏が収録されている。同年Angel Airからもアルバム『Affinity』の再発盤(SJPD111)として『If You Live』に収められていた全曲がボーナスとして加えられているので便利だ。


ここでもう1曲、ICE時代の演奏を聴いていただこう。68年の2枚目のシングルのB面曲「Whisper Her Name」だ。オルガンはもちろんネイフ。ドラムスはサーペル。ファルセットも使ったハーモニーがフェアリー・ダストを思わせて興味深い。(フェアリー・ダストについては当コラム第2回を参照)



★音源資料B Ice / Whisper Her Name

試聴 Click!


アイスに関しても2005年Angel Airから『Ice Man』(SJPCD176)が出ている。2枚のシングルはもちろん、Russell’s Clumpの演奏3曲も含め全19曲収められていて興味深い。やはり、67~68年に活動したサイケポップ・バンドのひとつの典型としての姿が見えてくるようだ。



◎画像3 Affinity / Angel Airから発売されたCD群


それにしても2000年代に入ってからアフィニティ名義(関連)のCDが次々とリリースされて、正直に言うと面食らった。70年に唯一のアルバムを発表したアフィニティだが、ネイフホイルが脱退した後も新たな女性ヴォーカリスト、ヴィヴィエンヌ・マッカルフィーデイヴ・ワッツを加え72年まで活動を続けて音源を残していたことも一連のリリースの中で知ることが出来た。その後、マイク・ダボ(Mike D‘Abo)と活動を続けていたが、2006年にもホイルも加わってAffinityが再結成されていたこともブックレットのファミリー・ツリーで知った。そして、再集合のような形でゲストを加え一夜限りの公演を2011年9月10日『The Baskervilles Reunion:2011』というCDも一連のリリースの中に加えられている。ただ、懐かしのオールデイズ的な選曲で評価は分かれると思われる。

ただ、アフィニティというバンドがかつていたことが歴史の中で、探求するに値するアーティストであることには間違いないだろう。




§22 Spring / Prisoner (Eight By Ten) + Spring / High Horses (organ-Kips Brown)



◎画像4 Spring(Neon)


続いては、やはりキーフのデザインに包まれたスプリング(Spring)の71年の唯一作を取り上げる。そのドラマチックな意匠の三つ折りのジャケットに、Neonレーベルから出されたこと、さらにはトリプル・メロトロンの使用ということもあってよく知られ、人気の高い作品のひとつだ。レコードでは未だに貴重盤だが、CDで手軽に聞けるような時代が来るとは、70年代には考えられないことだった。

私は大学時代に原盤を持っていた友人宅で初めて聞いた。そして1曲目の『Prisoner』を聞いて完全にノック・アウト。特に後半のメロトロン塗れの世界観は素晴らしいと思った。カセットに録音してもらい、家に帰ってから何度も聞いた。アルバムの随所にマーチング・ドラムが導入され、歌詞も暗い物語が語られているようで、ジャケットに描かれた傷つき斃れた兵士を悼むトータル・アルバムのように受けとめることが出来た。

オルガン・ロックを・・・と言いながら、ここではまず、そのメロトロン洪水の『Prisoner』を聞いていただこう。



★音源資料C Spring / The Prisoner(Eight By Ten)

試聴 Click!


その後ブート盤のLPを手に入れたのだが、トリプル・ジャケットの再現だったもののあまりにもジャケットの印刷が粗く、特に内側の意図的なのかメンバーの写真は不明瞭だし、文字は完全に読み取ることが出来ないほどだった。当時、英国の廃盤ものが一気にブート化された。金額は3000円弱だったと思う。以前にクレシダの時にも書いたのだが、体裁がどれも貧弱で気持ちが萎えてしまうものだった。「いつか、原盤を手に入れるぞ!」と言うにはすべて高額だったので、何とか国内盤としてリリースしてほしいものだとレコードしかない時代のこと、真剣にそう思った。原盤発売権を持っているレコード会社各社に要望の手紙を出したことも今となっては過去の思い出のひとつだ。



◎画像 5  Spring 『:The Untitled 2』


90年代に入ってCD化されたLaser’s Edge盤を入手したことでようやく公式の音源にたどり着くことが出来た。さらに3曲のボーナス・トラック入り。その3曲はセカンド・アルバムのための曲というが、聞き始めて最初の頃はメロトロンが入っていないことに物足りなさを感じた。

しかし、歳は取ってみるものだ。メロトロンは確かに興味深いが、バンドの原点は普通にオルガンが中心だったはずだ・・・とオルガンの魅力に気づいてからは、こうした作品(ボーナス・トラックとして収録された未発表音源)の中にミュージシャン本来の姿を感じ取ることが面白くなってきた。

そう思ってアルバム全体を聞き直すと、唯一のアルバムでもメロトロンだけではなくピアノもオルガンも随分と使われていることに気づき、スプリングというバンドへの思いがさらに強まった。

そんな思いの中でもう1曲、オルガン中心の『High Horses』を聞いていただきたい。



★音源資料D Spring / High Horses

試聴 Click!


2007年には先の3曲のボーナスを中心に未発表曲をもとに『:The Untitled 2』と題されたアルバムが何と日本のVinyl Japanから紙ジャケット仕様で発売された。さらに2015年には英Esotericからオリジナル・アルバム(リマスター)と『Demos and additional recordings 1971』と題されたもう1枚を加えた2枚組が出された。後者は2007年に出たCDと曲数が同じだが、音質的には格段の進歩が見られる。Marqueeからも21年に紙ジャケ化され、今のところこの形が現行盤となる。

メンバーは、ヴォーカルとメロトロンパット・モラン(Pat Moran)、ギターとメロトロンレイ・マルチネス、(Ray Martinez)ベースがアドリアン・モロニー(Adrian Moloney)、ドラムがピック・ウィザース(Pick Withers)、ピアノとオルガン、そしてメロトロンキプス・ブラウン(Kips Brown)の5人編成アルバムに記されたメロトロン担当が3人いるというこのクレジットにはさすがに驚かされた。プロデューサーは有名なガス・ダジョン(Gus Dudgeon)。私にとってはエルトン・ジョンの諸作でなじみの深い名前だった。

スプリング解散後に、各メンバーは音楽界で活躍を続けるが、一番おなじみなのはピック・ウィザースダイアーストレイツ(Dire Straits)の最初の4枚のアルバムでドラムを担当していることかもしれない。さらには裏方としてパット・モランがRockfield Studioのエンジニアとなり、クィーンの『オペラ座の夜』、ラッシュの『フェアウェル・トゥ・キングス』といった作品を担当したこと・・・等々挙げることが出来る。




§23 Fantasy / Paint A Picture + Fantasy / Winter Rose(organ-David Metcalfe)



◎画像6 Fantasy 『Paint A Picture』


 

これもかつてレコード時代には入手困難で廃盤マニアを悩ませた作品だが、その後CDとして誰もが聞けるようになったファンタジー(Fantasy)の『Paint A Picture』。73年に大手のPolydorから期待を持って発売されたものだが、日本ではレコードが発売されたことはない。

評判が先行していたこともあり90年にSecond Battle盤で発売された時に私も飛びついたレコードだ。同年に日本でもEdisonからもCDになって登場した。

ジャケットは美しい絵画になっていて、細部に曲と関連付けられた意味を見つけることが出来そうで興味深い。全体にアコースティックな響きが強くちょっと意表をつかれた感じだが、アンサンブルもコーラスもうまく決めている。ただ、期待が大きかっただけに、アルバム全体がスローからミディアム・テンポのものが多くメリハリに欠けているようにも思えた。

しかし、改めてジャケットを眺めながら何度か聞いているうちに、「季節が巡る中で橋の下をそれまで凍っていた氷が溶けて流れ出す様子と、色彩を増す山々の様子の光景の中に描き出される心象風景」というバンド名そのもの(ファンタジー)をイメージし、よりゆったりとリラックスした繊細な音作りを大切にしようとする意図が見えてくるようになった。曲によってブラスやチェロを導入するセンスも見事。キーボード面では、オルガンがソロをとるというよりも全体の流れをロング・トーンで締めている印象が強い。ここでは、1曲目のタイトル曲「Paint A Picture」を聞いてみよう。キーボード・プレイヤーはデヴィッド・メトカルフェ(David Metcalfe)



★音源資料E Fantasy / Paint A Picture

試聴 Click!


ファンタジーの唯一のアルバムのパーソネルは、ベースのデヴィッド・リード(David Read)、キーボードのデヴィッド・メトカルフェ、ヴォーカル、ギターのポール・ローレンス(Paul Lawrence)、ドラムスのジョン・ウェブスター(John Webster)、ギターのピーター・ジェームス(Peter James)の5人。

70年Chapel Farmという名前で活動をはじめたが、当初からいたのは二人のデヴィッド(つまりベースとキーボードの二人)。メンバー・チェンジの中で72年に名をFire Queenと変え、そして73年にファンタジーとなった。



◎画像7 Fantasy 『Beyond And Beyond』『Vivariatum』『Beyond And Plus Beyond..』


ファンタジーは、この後メンバーそのままに74年にセカンド・アルバムを制作するのだが、レコード発売は叶わなかった。しかし、その音源もCDとして92年にAudio Archiveから『Beyond And Beyond』(A)として発掘リリースされた。それを聞いた印象としては、最初のアルバムよりも曲の出来もよく思われ、リズムが締まっていてこちらの方がより気に入ってしまった。

その中から「Winter Rose」を聞いてみたい。



★音源資料F Fantasy / Winter Rose

試聴 Click!


94年には同じAudio Archiveから『Vivariatum』(B)という驚きのCDが出た。70年、つまりChapel Farm時代の音源が4曲、さらに76年のファンタジー(再編!)の演奏が6曲収録されている。

76年にメンバー変更はあるもののファンタジーとして音源を残していたことに驚いたが、さらに「Chapel Farmのギタリストがじつはジェフ・ホワイトストーン(Geoff Whitestone)であった」こと、そして「彼が76年の再編ファンタジーでも演奏していたと」いう事実は私にとっては驚愕の事実だった。

近年は長くプロコル・ハルムに在籍しているジェフだが、70年代中期のイフ(If)、クロウラー( Crawler)を皮切りに、錚々たるアーティストと共演し続け英国ロック・ファンにはお馴染みの名前だ。その彼が70年Chapel Farmのオリジナル・メンバーであったことになるわけだが、様々な資料に当たってみてもそのことに触れられているものがなかった。何より彼自身が自らのキャリアを語った資料も数多くあるのに、そこでも語られていないというのは不思議なことだ。しかし、彼の74年のソロ・アルバム『Whitehorn』には「Fire-Fire」という曲が収められているが、『Vivariatum』の1曲目がまさにその「Fire-Fire」の70年ヴァージョンなのでChapel Farm、ファンタジーとの関連を疑う余地はないと思えるのだが・・・。

一方、オリジナル・メンバーでChapel Farmからファンタジーまで一貫してキーボードを担当したデヴィッド・メトカルフェの名前は他の活動が見つからない。76年の再編にも加わっていない。派手さはないものの堅実な演奏を聞かせていただけにそれも不思議だ。

99年にはやはりAudio Archiveから『Beyond And Plus Beyond..』がリリースされているが、これは
基本的に(A)と(B)を1枚にまとめた形だが、公式盤のような美しいジャケットで是非手元に置いておきたい一枚となっている。




§24 Deep Feeling / Guillotine (organ-Derek Elson)



◎画像8 Deep Feeling


そして、オルガン・ロックを語るときに忘れられないのがディープ・フィーリング(Deep Feeling)。ポップ・ソロ・シンガーとして64年からシングルを出し続けるガイ・ダレル(Guy Darrell)。彼が、自身のバンドだったGuy Darrell Syndicateをディープ・フィーリングに名前を変えて録音したアルバム。それが70年という時代に合わせプログレを意識した作品となった。(詳細は当コラムの第3回に掲載)

メンバーはベースのデヴィッド・グリーン(David Green)、キーボードのデレク・エルソン(Derek Elson)、ドラムのグラハム・ジャーヴィス(Graham Jarvis)、ギターのマーティン・ジェンナー(Martin Jenner)、ヴォーカルのジョン・スワイル(John Swail)の5人。ジョン・スワイルはガイ・ダレルのことで彼が本名で参加したことになる。気合いの感じられるエピソードだ。

真っ黒な中にギロチンが描かれるという不気味な仕様から、先入観で聞かず嫌いもあるようだが、これはオルガン・プログレの一級品として私は推したい。


 
★音源資料G Deep Feeling / Guillotine

試聴 Click!


タイトルから想像できるようにフランス革命をテーマに取り上げた演劇的な雰囲気を持った曲。何かが起こりそうな静かなイントロから物語が語られ、コーラスに移るところも素晴らしいが、何といってもドラマチックな中間部が圧巻。切れ味の鋭いギターの導入と、静謐なオルガンとの対比が見事。

これからDeep Feelingを聞いてみようという方がいたら、英Grapefruit盤日Marqueeの紙ジャケットがいいと思うが、どちらも後半にはボーナスとして大量のシングル曲が収録されている。ポップな味わいもまた魅力的なのでそちらも気に入っていただけると嬉しい。ただ、サイケ・ポップというよりは、純粋にヒット・パレード的なポップスも多いのだけれど。

逆に考えるとポップ・バンドが時代の空気に合わせて、本格的なロック・アルバムを創りあげたという点において、歴史的なサンプルとして受けとめられるのではないだろうか。




§25 Gracious / Heaven (Keyboard-Martin Kitcat)



◎画像9 Gracious 『 ! 』 (Vertigo)


当初予定していなかったのだが、ここまでくるとあわせて収めておきたいと考えたのがグレイシャス(Gracious)だ。彼らもVertigoPhilipsに2枚の名作を残した忘れられない伝説的なバンドのひとつ。

2枚目のオリジナル盤は当初Vertigoから発売の予定もあったが見送られたが、結果的に廉価盤シリーズの扱いという不幸な仕打ちもあったが、内容のほうは素晴らしい。

どちらも聞き所が多いが、ここではやはり70年Vertigo至宝『Gracious!』から名曲『天国(Heaven)』を聞いていただこう。キーボードとしてはオルガンピアノも全体的に使用されているのだが、それ以上にメロトロンの使用の方が印象的ととらえられている。あえて、オルガンの使用に焦点を当てて改めて聞いて欲しい。キーボードはマーティン・キットカット(Martin Kitcat!)。



★音源資料H Gracious / Heaven

試聴 Click!


グレイシャスの前身は67年(Satan’s)Disciplesというバンドだったが、そのバンド名は「門弟、弟子、取り巻き」といった意味があるが、「キリスト教の信者、キリストの弟子の一人」というとらえ方もできるらしい。そう考えると、この「へヴン」の歌詞も彼らの信条なのだろうと思う。宗教性は日本人には理解しにくい部分があるものの、純粋にひとつの曲として楽しむことができるのは間違いない。

驚くことに、この「へヴン」米Capitolからシングルとして70年にリリースされている。それも「Do You Have A Clean Mind(Heaven)」と歌詞コーラスの一節がそのままタイトルとなり、A/B面で2パートに分かれている。そのシングルは聞いたことがないのだが、どう編集したのかが気になる。

グレイシャスのメンバーは、マーティン・キットカットがキーボード各種とヴォーカル。ポール・(サンディ)・デイヴィス(Paul ‘Sandy’ Davis !)がヴォーカルと12弦ギター、そしてティンパニ。アラン・カウデロイ(Alan Cowderoy!)がギターとヴォーカル。ティム・ウィトレイ(Tim Wheatley!)がベースとヴォーカル。ロバート・リプソン(Robert Lipson!)がドラムス。ジャケットのクレジットにはすべてジャケットと同じ(!)マークがつけられていたことも印象的だった。


私がグレイシャスの名前を知ったのは高校に入った73年なのだが、71年に国内盤で出ていたアルバムは当然手に入らない。そんな時にNHK渋谷陽一のラジオ『若いこだま』で「廃盤特集」があった。そこで米ロックのアイアン・バタフライやストベリー・アラームクロック等と並んで何とグレイシャスの「へヴン」がオンエアされた。「廃盤特集」といっても、渋谷さんのことだ。詳細を語ることなく淡々と曲名を伝えてすぐに曲が流れる。カセットの録音体制を構えていた私は一瞬遅れてボタンを押すことになり、頭の部分が欠けてしまった。でも、曲の素晴らしさは一度聞いただけで分かった。文字通り夢見心地で聞いた。

米Capitol盤LPでジャケットもオリジナルとは違う盤を通販のカタログで見つけ、安く手に入れることが出来たのは、それから何年も後のことだ。その後、90年独RepertoireからCD化されるまでは、その米盤LPで何度も聞いた思い出の1枚でもある。93年には米Renaissanceから2nd『This is…Gracious!!』がCD化、ボーナス・トラックとして70年にシングル発売されたアルバム未収録の「Once On A Windy Day」が収録されていた。その素晴らしさに感激し、私にとっては生涯の一曲になっている。



◎画像10 Gracious 『 !! 』(Philips LP) 『Buried Treasures』(Renaissance CD)


94年には同じ米Renaissanceから『Buried Treasures』というちょっと変則的なCDが登場した。(同レーベルから再発したTouch、Gracious、Stray Dogの3つのバンドの未発表曲を収録したコンピレーションになっている。)

そこには何と(!)グレイシャスは69年のセッション音源「Life Is On A Movie」「I Put A Spell On You」「Whenever Never Comes」「What A Lovely Rain」の4曲が収められている。

その音源を聞くとカバー曲の「I Put A Spell…」以外のオリジナル曲3曲がビートルズ直系のメロディー・ラインを持っていることが確認できた。未だメロトロンの使用はないものの、室内楽的なオーケストラの導入も聞き取れることで、やはりサイケ・ポップ的な側面が感じられる。ベーシストはオリジナル・メンバーのマーク・レアード(Mark Laird)だった。この時に、既にアルバムを意識した10曲がセッションとして録音を行っていたという。その中の2曲はPolydorからデヴュー・シングルとして発表されているし、ここで明らかになった4曲も含めて合計6曲が明らかになったことになるが、まだ残り4曲の音源が未だ眠っていることになる。

なお、グレイシャスは69年7月にクリムゾンと共演したことを契機にメロトロンを使うようになった。そして、67年にDisciblesとしてスタートしたグレイシャスは、初期はブルースの影響を受けジョン・メイオールのカバー等がレパートリーだったが、68年The Whoのサポートを契機としてポップを独自に解釈した曲作りをするようになったという。面白いエピソードだ。

現在ではプログレとして捉えられるグレイシャス。確かに発表されたアルバムには新たなロックの時代の息吹のような複雑な曲構成も感じられる。しかし、どこか人懐っこさを感じてしまうのは、メロディアスな曲作りを忘れていないということなのだろう。

しかし、71年にバンドは分裂状態になり結局解散。その後長い期間を経て95年ティムロバートのリズム陣が新たな3名を加え、グレイシャスの名の下に翌年にアルバム『ECHO』を出している。


最後に、2004年の独RepertoireのREPUK盤の「!」では、69年のデヴュー・シングルだった「Beautiful」とそのB面「What A Lovely Rain」、そして70年のシングル「Once On A Windy Day」が収録されていてありがたい1枚になっていることも記しておこう。



★音源資料I Gracious / Once On A Windy Day

試聴 Click!





今回のアウトロ

たまたま思いついた「英国オルガン・ロック」に関して5回も続けました。今回はメロトロンも含めたセレクトにしましたが、前回と今回はおなじみのバンドが並んだのではないでしょうか。

取り組んでいるうちに、やはり60年代から70年代初頭にかけては、それぞれのバンド内で時代の変化を見据えた音楽性を新たに見出したということが確認できたように思えます。そこにその時点で使用されたオルガンをはじめとするキーボードの使い方が多様で、追いかけていくと面白いものです。


今回で言えば、すべてプログレという範疇で捉えられているわけですが、アフィニティはジャズが根にあって、アルバム中にはジミ・ヘンラヴィン・スプーンフル、ローラ・ニーロからエヴァリー・ブラザーズ、アネット・ピーコック等々のカバーがあり、アレンジ力を活かしてジャズ・ロック的演奏していると言えます。

スプリングファンタジーは、牧歌的で、時に田園風景も感じられるフォーク・ロック的な曲も含まれていて、ひょっとしたら、そちらの方が専門なの(?)という感じもあります。


ディープ・フィーリングは、ポップ畑のプロ専門集団で全員の演奏技術は非常に高いものがあります。それまでのファンを驚かすほど完全にロックのヘヴィなサウンドに変貌してプログレ的ではありますが、やはりフォーク・ロック的な曲も演奏しています。ただ、全体に「静寂」「静謐」を見事に描き出す部分は独特の持ち味で、やはりプログレでしょうか。


そう考えていくと、世間で言われるプログレと一言で呼べるのは、グレイシャスだけかもしれません。



**********************************************

ポップな音楽を自分たちでどう表現していくか。多くの新たなマイナー・レーベルが生まれたことは時代を象徴していますが、結局レーベル自体も親会社の営業に影響します。その結果、バンドの創造性以上に売れ行き重視で消えていったバンドも山ほどいるわけです。


20世紀後半のCDというフォーマットへの大きな転換は、長時間収録が可能であることがまず利点で、さらにリサーチャーが過去の未発表音源を数々発見し、ボーナス・トラックとして数多くの埋もれていた作品が陽の目を見るというありがたい状況となりました。

特にシングルのみ複数出したバンドの音源がまとめられて1枚のCDになることは驚きです。有名バンドでもシングルのみの曲、ヴァージョン違いのシングル曲が明らかになる度に発見が多く、自分の中で新たな楽しみとなっています。

何度もこのコラムでぼやいたことですが、今ではそのCDさえも配信系サブスクに駆逐されていきそうな不安があります。しかし、心あるCDメーカーは次々と魅力的な作品を出してくれています。


レコードからCD時代を過ごしてきた者のひとりとして、何かをまとめておけたらいいなという思いでこのコラムに取り組んでいます。今後もアーティストになるか、アルバム単位になるか、テーマを定めるか・・・はその時の思いつきですが、今は自分のライフワークのひとつとして取り組んでいます。



**********************************************

オルガン・ロックに関してもまだまだ紹介したいものはたくさんあります。アメリカはもちろん、イタリア、ドイツ、オランダ・・・・等、浮かんでくるものは尽きることなくあるので、また機会を改めてということにしたいと考えています。








COLUMN THE REFLECTION 第1回 Capability Brownを中心にコーラス・ハーモニーの世界を 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第1回 Capability Brownを中心にコーラス・ハーモニーの世界を 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による新連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!第1回はコーラス・ハーモニーをテーマにプログレ作品をご紹介します。


COLUMN THE REFLECTION 第2回 そうか、1968年からもう50年が経ったのか。その頃の一発屋の歴史の面白さ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第2回 そうか、1968年からもう50年が経ったのか。その頃の一発屋の歴史の面白さ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による新連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!第2回は50年前の1968年ごろに音楽シーンを賑わせた愛すべき一発屋にフォーカスしてまいります。


COLUMN THE REFLECTION 第3回 「スカイライン・ピジョン」のメロディーにのせて ~Deep Feeling の正規再発を祝し~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第3回 「スカイライン・ピジョン」のメロディーにのせて ~Deep Feeling の正規再発を祝し~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!第3回は、ことし未発表音源を含むボーナス・トラックと共に再発された、ブリティッシュ・ロックの逸品DEEP FEELINGの唯一作を取り上げます。


COLUMN THE REFLECTION 第4回 「68年の光り輝く(?)日」~ 68年の夏に思いを馳せて 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第4回 「68年の光り輝く(?)日」~ 68年の夏に思いを馳せて 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による新連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!第4回は「1968年の夏」をテーマにしたナンバーを、氏の思い出と共にご紹介していきます。


COLUMN THE REFLECTION 第5回 「70'sUKポップの迷宮」に潜む凄さを味わってみませんか? 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第5回 「70’sUKポップの迷宮」に潜む凄さを味わってみませんか? 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による新連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!第5回は今年4月にリリースされた再発シリーズ「70’sUKPOPの迷宮」の、ニッチすぎるラインナップ20枚をご紹介していきます。


COLUMN THE REFLECTION 第6回 ポップ・ヒットの影に隠れた叙情性の誘惑「語られない物語~Stories Untold」 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第6回 ポップ・ヒットの影に隠れた叙情性の誘惑「語られない物語~Stories Untold」 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による新連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!第6回は氏にとって思い出深い一枚という、イアン・ロイド&ストーリーズの『トラベリング・アンダーグラウンド(Travelling Underground)』の魅力に迫っていきます。


COLUMN THE REFLECTION 第7回 忘れられない一発屋伝説2 ヴィグラスとオズボーン/秋はひとりぼっち ・・・思い出の大ヒット曲と、アルバム“Queues”の魅力 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第7回 忘れられない一発屋伝説2 ヴィグラスとオズボーン/秋はひとりぼっち ・・・思い出の大ヒット曲と、アルバム“Queues”の魅力 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による新連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!第7回は一発屋伝説の第2弾。72年に日本のみで大ヒットした、ヴィグラスとオズボーン「秋はひとりぼっち」を中心に取り上げます。


COLUMN THE REFLECTION 第8回 「12月に聴く名盤 クォーターマスの幻想①、2013年版は聞いたかい? 思い出と共に再び」  文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第8回 「12月に聴く名盤 クォーターマスの幻想①、2013年版は聞いたかい? 思い出と共に再び」  文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回取り上げるのは、英国キーボード・ロックの金字塔QUATERMASSの70年作!


COLUMN THE REFLECTION 第9回 「クォーターマスの幻想② その周辺を探る旅(Spin Off)~ Ann OdellとShawn Phillips」  文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第9回 「クォーターマスの幻想② その周辺を探る旅(Spin Off)~ Ann OdellとShawn Phillips」  文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。前回に引き続き、英国の名キーボード・ロック・バンドQUATERMASSとその周辺ミュージシャンに迫ります!


COLUMN THE REFLECTION 第10回「クォーターマスの幻想③ Spin Offその2 ~Paul Buckmaster とPete Robinson~」  文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第10回「クォーターマスの幻想③ Spin Offその2 ~Paul Buckmaster とPete Robinson~」  文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。前回に引き続き、英国の名キーボード・ロック・バンドQUATERMASSとその周辺ミュージシャンの活動を追います。


COLUMN THE REFLECTION 第11回 「クォーターマスの幻想④ Spin Offその3 ~ハード・ロックの側面から John Gustafson  &  Mick Underwood~」  文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第11回 「クォーターマスの幻想④ Spin Offその3 ~ハード・ロックの側面から John Gustafson & Mick Underwood~」  文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。4回にわたりお送りした英国の名キーボード・ロック・バンドQUATERMASS編も今回がラスト。ベーシストJohn GustafsonとドラマーMick Underwoodの活動に焦点を当てて堀下げてまいります!


COLUMN THE REFLECTION 第12回  忘れられない一発屋伝説③ ♬ 元号がひとつ変わる前に、平成の前の「昭和」の洋楽をふりかえる ♬「明日なき幸せ」に、「孤独の『夜明け』のヒッチハイク」・・・何のこっちゃ? 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第12回 忘れられない一発屋伝説③ ♬ 元号がひとつ変わる前に、平成の前の「昭和」の洋楽をふりかえる ♬「明日なき幸せ」に、「孤独の『夜明け』のヒッチハイク」・・・何のこっちゃ? 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。英国ポップ・シーンの華麗なる「一発屋」グループ達にフォーカスいたします♪


COLUMN THE REFLECTION 第13回  『プロローグ』(はじまり)の幻想と『燃ゆる灰』の陽光の狭間に見える「港の光景」  ~ 新生ルネッサンスと呼ばれたバンドについての個人的な思い出から ~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第13回 『プロローグ』(はじまり)の幻想と『燃ゆる灰』の陽光の狭間に見える「港の光景」  ~ 新生ルネッサンスと呼ばれたバンドについての個人的な思い出から ~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回取り上げるのは、第2期ルネッサンスの1st『プロローグ』と2nd『燃ゆる灰』!


COLUMN THE REFLECTION 第14回  『昨日の顔』を持つオリジナル・ルネッサンスの物語 前編 ~ 共に(Together)、今を生き(Now)、いつか幻へ(Illusion) ~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第14回 『昨日の顔』を持つオリジナル・ルネッサンスの物語 前編 ~ 共に(Together)、今を生き(Now)、いつか幻へ(Illusion) ~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。第14回は、キース・レルフが率いた第1期ルネッサンス~イリュージョンをディープに掘り下げます。


COLUMN THE REFLECTION 第16回 Mark-Almondの世界①(初期3作品とその周辺から) ~名盤『復活(Rising)』の個人的な思い出がすべてのはじまり 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第16回 Mark-Almondの世界①(初期3作品とその周辺から) ~名盤『復活(Rising)』の個人的な思い出がすべてのはじまり 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。第16回は、英国ロックの名グループMARK-ALMONDの魅力に迫ります!


COLUMN THE REFLECTION 第17回 Mark-Almond の世界② ~75年ジョン・マークのソロからバンド活動の再開へ、 そして転がり出たリフ・ラフの世界の驚き~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第17回 Mark-Almond の世界② ~75年ジョン・マークのソロからバンド活動の再開へ、 そして転がり出たリフ・ラフの世界の驚き~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。第17回は、英国ロックの名グループMARK-ALMONDをフィーチャーした後篇をお届け!


COLUMN THE REFLECTION 第18回 英国Dawnレーベルの秘宝たち① 今改めて評価したいジョーンジー(Jonesy)~決して表舞台に出てくることがなかった不遇のメロトロン・プログレッシヴ・ロック・バンド 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第18回 英国Dawnレーベルの秘宝たち① 今改めて評価したいジョーンジー(Jonesy)~決して表舞台に出てくることがなかった不遇のメロトロン・プログレッシヴ・ロック・バンド 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。第18回は、70s英国プログレの好バンドJONESYの魅力を掘り下げます!


COLUMN THE REFLECTION 第19回 英国Dawnレーベルの秘宝たち②「光」と「影」を表現しながら神話と伝説を奏で、自ら「伝説」となった北アイルランドのFRUUPP ~ 全曲解説 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第19回 英国Dawnレーベルの秘宝たち②「光」と「影」を表現しながら神話と伝説を奏で、自ら「伝説」となった北アイルランドのFRUUPP ~ 全曲解説 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。第19回は、北アイルランド出身の愛すべき名グループFRUUPPの全曲を解説!


COLUMN THE REFLECTION 第20回 忘れられない一発屋伝説 4 アース&ファイアーの『シーズン』と、マッシュマッカーンの『霧の中の二人』 ~1970年後半から1971年初頭にかけての日本での大ヒットから~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第20回 忘れられない一発屋伝説 4 アース&ファイアーの『シーズン』と、マッシュマッカーンの『霧の中の二人』 ~1970年後半から1971年初頭にかけての日本での大ヒットから~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。70年代初頭に日本でヒットを飛ばした2つのグループについて深く掘り下げてまいります。


COLUMN THE REFLECTION 第21回 1970年代、英ロック・ポップの『夜明け』を伝えるDawnレーベルの魅力③  プログレ、ジャズ・ロック、ハード・ロック編を「よもやま話」風に~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第21回 1970年代、英ロック・ポップの『夜明け』を伝えるDawnレーベルの魅力③  プログレ、ジャズ・ロック、ハード・ロック編を「よもやま話」風に~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回は英国の名レーベルDAWNの作品群をディープに掘り下げてまいります!


COLUMN THE REFLECTION 第22回 1970年代、英ロック・ポップの『夜明け』を伝えるDawnレーベルの魅力④ ~フォーク、フォーク・ロック編(A) アコースティック感に的を絞って~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第22回 1970年代、英ロック・ポップの『夜明け』を伝えるDawnレーベルの魅力④ ~フォーク、フォーク・ロック編(A) アコースティック感に的を絞って~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回は英国の名レーベルDAWNの作品群を、アコースティカルなグループに絞って掘り下げます!


COLUMN THE REFLECTION 第23回 1970年代、英ロック・ポップの『夜明け』を伝えるDawnレーベルの魅力⑤ 全アルバム紹介の総括編 ~ Dawnならではの面白さを再確認してみませんか? 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第23回 1970年代、英ロック・ポップの『夜明け』を伝えるDawnレーベルの魅力⑤ 全アルバム紹介の総括編 ~ Dawnならではの面白さを再確認してみませんか? 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回は英国の名レーベルDAWN特集の最終回。これまで紹介していなかった作品を一挙にピックアップします!


COLUMN THE REFLECTION 第24回 マシュー・フィッシャーのオルガンに魅せられて① ~春霞に立ち上るプロコル・ハルム「青い影」の幻影 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第24回 マシュー・フィッシャーのオルガンに魅せられて① ~春霞に立ち上るプロコル・ハルム「青い影」の幻影 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回は、プロコル・ハルムによる英国ロック不朽の名曲「青い影」の魅力にディープに迫っていきます!


COLUMN THE REFLECTION 第27回 ポップ・シーンに登場したハード・ロックに潜む音楽性再考 ① ~圧倒的なハード・サウンドとそれだけではない叙情の魅力、G.F.R~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第27回 ポップ・シーンに登場したハード・ロックに潜む音楽性再考 ① ~圧倒的なハード・サウンドとそれだけではない叙情の魅力、G.F.R~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回は、アメリカを代表するハード・ロック・バンドGRAND FUNK RAILROADの魅力に迫ります!


COLUMN THE REFLECTION 第28回 ポップ・シーンに登場したハード・ロックに潜む音楽性再考 ②  ~緻密に構築された楽曲の魅力、マウンテン~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第28回 ポップ・シーンに登場したハード・ロックに潜む音楽性再考 ②  ~緻密に構築された楽曲の魅力、マウンテン~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回は、前回取り上げたG.F.Rとともにアメリカン・ハード・ロックを象徴するグループMOUNTAINの魅力に迫っていきます!


COLUMN THE REFLECTION 第29回 Many Faces of Mandalaband ①  ~ 今も褪せない『曼陀羅組曲』の圧倒的な魅力 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第29回 Many Faces of Mandalaband ①  ~ 今も褪せない『曼陀羅組曲』の圧倒的な魅力 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回は、中国によるチベット侵攻を題材にしたコンセプト・アルバムの傑作、マンダラバンドの『曼荼羅組曲』の魅力にディープに迫っていきます!


COLUMN THE REFLECTION 第30回 Many Faces Of Mandalaband ②  ~デヴィッド・ロールのマンダラバンド奇跡の2枚目『魔石ウェンダーの伝説』、 そして76~78年にかけてのBJH、Woollyとのシンフォニックな関係性~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第30回 Many Faces Of Mandalaband ②  ~デヴィッド・ロールのマンダラバンド奇跡の2枚目『魔石ウェンダーの伝説』、 そして76~78年にかけてのBJH、Woollyとのシンフォニックな関係性~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。マンダラバンドの2nd『魔石ウェンダーの伝説』の話題を中心に、本作に参加したバークレイ・ジェームス・ハーヴェストとの関連までをディープに切り込みます!


COLUMN THE REFLECTION 第31回 Many Faces of Mandalaband ③ リアル・インディ・ジョーンズとなったDavid Rohlが仕掛けた Mandalabandの壮大な歴史絵巻  ~Woollyが最後まで携わった壮大なシンフォニック・ワールド~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第31回 Many Faces of Mandalaband ③ リアル・インディ・ジョーンズとなったDavid Rohlが仕掛けた Mandalabandの壮大な歴史絵巻  ~Woollyが最後まで携わった壮大なシンフォニック・ワールド~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。マンダラバンドを取り上げる全3回のラストは、デヴィッド・ロールとウーリー・ウルステンホルムの2人の関係を中心に、21世紀に復活を果たしたマンダラバンドの活動を追います。


COLUMN THE REFLECTION 第32回 12月に聞く名盤、クリスマスが来ると思い出すムーディー・ブルースの『童夢』 ~2020年、特別な思いで聞くクリスマス・キャロル~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第32回 12月に聞く名盤、クリスマスが来ると思い出すムーディー・ブルースの『童夢』 ~2020年、特別な思いで聞くクリスマス・キャロル~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回は、クリスマスの時期に聴きたくなる、ムーディー・ブルースの代表作『童夢』の魅力を紐解いていきます☆


COLUMN THE REFLECTION 第33回 丑年の始まりに『駱駝(Camel)』と『砂漠の隊商(Caravan)』の話をしよう ~その1 キャメルの70年代 ①~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第33回 丑年の始まりに『駱駝(Camel)』と『砂漠の隊商(Caravan)』の話をしよう ~その1 キャメルの70年代 ①~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。2021年の第1回目は、英国プログレの実力派バンドCAMELにフォーカス。結成~活動初期の足跡を辿ります!


COLUMN THE REFLECTION 第34回 丑年の始まりに『駱駝(Camel)』と『砂漠の隊商(Caravan)』の話をしよう ~その2 キャメルの70年代②(+α)~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第34回 丑年の始まりに『駱駝(Camel)』と『砂漠の隊商(Caravan)』の話をしよう ~その2 キャメルの70年代②(+α)~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。前回に続き、英国プログレの人気バンドCAMELの足跡を辿ります!


COLUMN THE REFLECTION 第35回 丑年の始まりに『駱駝(Camel)』と『砂漠の隊商(Caravan)』の話をしよう ~ その3 キャラヴァンの70年代 ~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第35回 丑年の始まりに『駱駝(Camel)』と『砂漠の隊商(Caravan)』の話をしよう ~ その3 キャラヴァンの70年代 ~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。デビュー~70年代におけるキャラヴァンの軌跡を追います。


COLUMN THE REFLECTION 第36回 カルメン(Carmen)が魅せた幻惑のロック・フラメンコ ~今も褪せることのない衝撃の音世界!!!~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第36回 カルメン(Carmen)が魅せた幻惑のロック・フラメンコ ~今も褪せることのない衝撃の音世界!!!~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。フラメンコ・ロックの代表的バンドCARMENの足跡をたどります。


COLUMN THE REFLECTION 第37回 忘れられない一発屋伝説5 クリスティーの「イエロー・リバー」 ~ ジェフ・クリスティーとカルメン、キャパビリティー・ブラウンの関係 ~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第37回 忘れられない一発屋伝説5 クリスティーの「イエロー・リバー」 ~ ジェフ・クリスティーとカルメン、キャパビリティー・ブラウンの関係 ~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。「忘れられない一発屋伝説」、今回はクリスティーのヒット曲「イエロー・リバー」にスポットを当てます!


COLUMN THE REFLECTION 第38回 すごい世界を発見 !! 北の大地から現在形として発信された驚きのジャズ・ロックの世界 Nonoyaレーベル 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第38回 すごい世界を発見 !! 北の大地から現在形として発信された驚きのジャズ・ロックの世界 Nonoyaレーベル 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回は少し趣向を変えて、北海道発のジャズ/アヴァン・ロック系レーベル、nonoyaレコーズの作品に注目してまいります!


COLUMN THE REFLECTION 第39回 ブラス・ロックの萌芽。オリジネイターとしてのBS&T(ブラッド・スウェット&ティアーズ)。  そして、アル・クーパーという存在。 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第39回 ブラス・ロックの萌芽。オリジネイターとしてのBS&T(ブラッド・スウェット&ティアーズ)。  そして、アル・クーパーという存在。 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回はブラス・ロックに着目して、その代表格であるBLOOD SWEAT & TEARSを取り上げてまいります!


COLUMN THE REFLECTION 第40回 ブラス・ロックの浸透とその思い・・・・圧倒的な実力と人気を誇ったシカゴの存在 ! 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第40回 ブラス・ロックの浸透とその思い・・・・圧倒的な実力と人気を誇ったシカゴの存在 ! 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。前回より続くブラス・ロック特集、BS&Tの次はシカゴの魅力に迫ってまいります!


COLUMN THE REFLECTION 第41回 ブラス・ロックの覚醒!・・・・70年スタート時期に国内盤で出た勢いを振り返る ① (Lighthouse;Ides Of March;Chaseを筆頭に!!! そしてラテン・ロックなど) 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第41回 ブラス・ロックの覚醒!・・・・70年スタート時期に国内盤で出た勢いを振り返る ① (Lighthouse;Ides Of March;Chaseを筆頭に!!! そしてラテン・ロックなど) 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!ブラス・ロック特集の第3回は、BS&Tやシカゴと共にブラス・ロック・シーンを彩った名グループ達に注目してまいります。


COLUMN THE REFLECTION 第42回 ブラス・ロックの深淵!・・・・70年代初期発売の国内盤 ② (ジャズ、クラシックの要素を新たな個性として打ち出したプログレッシヴ・ロック的展開の芽生え) 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第42回 ブラス・ロックの深淵!・・・・70年代初期発売の国内盤 ② (ジャズ、クラシックの要素を新たな個性として打ち出したプログレッシヴ・ロック的展開の芽生え) 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!ブラス・ロック特集の第4回は、当時日本でも国内盤がリリースされていた知られざるブラス・ロック・グループを中心にしてディープに掘り下げます!


COLUMN THE REFLECTION 第43回 ブラス・ロックの英国的展開  ~ 気がつくと、どれも名だたるかつてのレア廃盤ばかり ~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第43回 ブラス・ロックの英国的展開  ~ 気がつくと、どれも名だたるかつてのレア廃盤ばかり ~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!ここまで米国のバンドにフォーカスしてきたブラス・ロック特集、今回は英国のブラス・ロック系グループ達をディープに探求!


COLUMN THE REFLECTION 第44回 世界同時に広がったブラス・ロックの嵐、その欧州的展開 ~伝統に彩られた芳醇な音楽性 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第44回 世界同時に広がったブラス・ロックの嵐、その欧州的展開 ~伝統に彩られた芳醇な音楽性 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!米国・英国のバンドにフォーカスしてきたブラス・ロック特集、今回は欧州各国のブラス・ロック系グループ達をニッチ&ディープに探求します!


COLUMN THE REFLECTION 第46回 冬季五輪の開催を機会に50年前の情景を振りかえりながら ~ (私にとってのプログレ5大バンドの思い出 その2) キング・クリムゾン②、エマーソン・レイク&パーマー 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第46回 冬季五輪の開催を機会に50年前の情景を振りかえりながら ~ (私にとってのプログレ5大バンドの思い出 その2) キング・クリムゾン②、エマーソン・レイク&パーマー 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!5大プログレ・バンドをテーマにした第2回目、今回はクリムゾン後編とEL&Pです。


COLUMN THE REFLECTION 第47回 お伽噺と現実の接点の中でやっと聞けた夢の旋律が甦る・・その名も創世記(GENESIS)     (私にとってのプログレ5大バンドの思い出 その3) ~ ジェネシス 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第47回 お伽噺と現実の接点の中でやっと聞けた夢の旋律が甦る・・その名も創世記(GENESIS)     (私にとってのプログレ5大バンドの思い出 その3) ~ ジェネシス 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!5大プログレ・バンドをテーマにした第3回目は、最後のバンドであるGENESISを取り上げます。


COLUMN THE REFLECTION 第48回 Gentle Giant ・・・穏やかな巨人? 優しい巨人?  静かで激しく、複雑さの中で優しい音楽に彩られたジェントル・ジャイアントの世界 (前編) 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第48回 Gentle Giant ・・・穏やかな巨人? 優しい巨人?  静かで激しく、複雑さの中で優しい音楽に彩られたジェントル・ジャイアントの世界 (前編) 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!3回にわたり5大プログレ・バンドをテーマにお送りしましたが、今回はその5大バンドも凌駕するほどの技巧派集団GENTLE GIANTを取り上げます!


COLUMN THE REFLECTION 第49回 Gentle Giant ・・・穏やかな巨人? 優しい巨人?  静かで激しく、複雑さの中で優しい音楽に彩られたジェントル・ジャイアントの世界 (後編) 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第49回 Gentle Giant ・・・穏やかな巨人? 優しい巨人?  静かで激しく、複雑さの中で優しい音楽に彩られたジェントル・ジャイアントの世界 (後編) 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!今回は、高度な音楽性と超絶技巧を有する孤高の英プログレ・グループGENTLE GIANTの後編をお届けいたします☆


COLUMN THE REFLECTION 第50回 忘れられない一発屋伝説⑥ オリジナル・キャスト(The Original Caste)  ~「ミスター・マンディ」の日本での大ヒット、今も息づく「天使の兵隊」の世界観~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第50回 忘れられない一発屋伝説⑥ オリジナル・キャスト(The Original Caste)  ~「ミスター・マンディ」の日本での大ヒット、今も息づく「天使の兵隊」の世界観~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!久しぶりの「忘れられない一発屋伝説」、今回はカナダのオリジナル・キャストを取り上げます☆


COLUMN THE REFLECTION 第51回 夏が来れば思い出す 暑気払いの ベガーズ・オペラ  ~アルバムごとに音楽性が変化し、名曲のカヴァーが忘れられない不思議なバンド~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第51回 夏が来れば思い出す 暑気払いの ベガーズ・オペラ  ~アルバムごとに音楽性が変化し、名曲のカヴァーが忘れられない不思議なバンド~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!今回はVERTIGOレーベル屈指の人気バンド、ベガーズ・オペラのサウンドの変遷を追いながら、その魅力に迫ります。


COLUMN THE REFLECTION 第52回 ヴァーティゴ・レーベルの至宝、クレシダの奇跡と軌跡 ~ 40年後に甦った伝説のオルガン・ロック 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第52回 ヴァーティゴ・レーベルの至宝、クレシダの奇跡と軌跡 ~ 40年後に甦った伝説のオルガン・ロック 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!今回は名実共にVERTIGOレーベルを代表するバンドと言えるクレシダを取り上げてまいります。


COLUMN THE REFLECTION 第53回 極私的・英国キーボード・ロック再考試案~  オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪① 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第53回 極私的・英国キーボード・ロック再考試案~  オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪① 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!今回は氏が選ぶ英国キーボード・ロックの名曲を、グループの来歴と共にご紹介してまいります。


COLUMN THE REFLECTION 第54回 極私的・キーボード・ロック再考試案  ~ 英国オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪② 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第54回 極私的・キーボード・ロック再考試案  ~ 英国オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪② 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!前回に引き続き、氏が選ぶ英国キーボード・ロックの名曲を、グループの来歴と共にご紹介してまいります。どうぞお楽しみください☆


COLUMN THE REFLECTION 第55回 極私的・キーボード・ロック再考試案  ~ 英国オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪③ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第55回 極私的・キーボード・ロック再考試案  ~ 英国オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪③ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!前々回・前回に引き続いて、氏が選ぶ英国キーボード・ロックの名曲を、グループの来歴と共にご紹介してまいります!


COLUMN THE REFLECTION 第56回 極私的・キーボード・ロック再考試案  ~ 英国オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪④・マニアック名盤編A 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第56回 極私的・キーボード・ロック再考試案  ~ 英国オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪④・マニアック名盤編A 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!今回も氏が選ぶ英国キーボード・ロックの名曲を、グループの来歴と共にご紹介。カケレコ・ユーザー御用達グループ多数でお送りします☆

AFFINITYの在庫

  • AFFINITY / AFFINITY(4CD BOX)

    Vertigo産オルガン・ジャズ・ロックの傑作を残した名グループ、アルバム本編と関連音源をまとめた21年リリースの4CDボックス!

    Vertigo産オルガン・ジャズ・ロックの代表作として名高い70年唯一作で知られるグループ。アルバム本編、03年リリースの発掘ライヴ作『LIVE INSTRUMENTALS 1969』、デビュー以前にあたる60年代の音源集『ORIGINS 1965-67』、唯一作リリース後の音源集『1971-72』の4タイトルを収めた決定盤ボックス!

  • AFFINITY / AFFINITY

    紅一点のvoリンダ・ホイルを擁する英オルガン・ロックの人気グループ、70年唯一作

    VERTIGOレーベル発のブリティッシュ・ロックを代表するグループの70年唯一作。KEEFの手によるジャケットアートがよく知られているその内容は、特徴的なハスキー・ボイスの持ち主であるフィンランド出身のLinda Hoyleをフューチャーしたジャズ・ロック寄りのブリティッシュ・ロックであり、ハモンド・オルガンの渋い弾き倒しを中心に英国然としたアンサンブルを聴かせます。また、バンド以外にもLED ZEPPELINのJohn Paul Jonesによりアレンジされたブラス・セクションのダイナミックな響きが大きくその存在感を示す楽曲など、当時のブリティッシュ・ロックならではのアプローチが素晴らしい傑作と言えるでしょう。

「AFFINITYの在庫」をもっと見る

SPRINGの在庫

  • SPRING / SPRING

    「トリプル・メロトロン」でお馴染みの叙情性溢れる英国ロック秘宝、71年作

    Gus Dudgeonのプロデュースで録音され、NEONレーベルからリリースされたイギリスのプログレッシブ・フォーク・ロック・グループによる71年作。トリプル・メロトロン・グループとしての話題性が先行しがちなグループであり、事実楽曲にはメロトロンのストリングスやフルートと言った王道音色からオルガン、チェロなどまで幅広いメロトロン・サウンドが使用されています。しかしその音楽性の基本となっているのは牧歌的で親しみやすい素朴さを持った田園フォーク・ロックといった趣のサウンドであり、むしろその点にこそ彼らの個性を見出すべき叙情的な名盤と言えるでしょう。

「SPRINGの在庫」をもっと見る

GRACIOUSの在庫

  • GRACIOUS / GRACIOUS

    VERTIGOレーベル発の70年1st、ピアノ/オルガン/メロトロン/ハープシコードを用いた絢爛なキーボードワークが冴えるクラシカル・ロック名盤!

    70年にVERTIGOレーベルよりリリースされた1stアルバム。1曲目「Introduction」は、ブリティッシュ・ロック然としたハードなリフから、一転して叙情的なハープシコードへとつながる展開が素晴らしい名曲。コーラス部分のマイナー調のメロディーも美しく、コーラスも絶品。続く2曲目「Heaven」も、バロック調の荘厳なメロトロンの響きと格調高いメロディーが絶妙に合わさった佳曲。その他の曲も、ジャズの要素を取り入れた白熱のインプロビゼーションやハープシコードとギターのみによるインストなど、オリジナルなサウンドを作り出そうとするバンドの意欲が真空パックされた魅力的な曲で溢れています。

「GRACIOUSの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。