プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第三十四回 ARAGON『MOUSE』(オーストラリア)

あけましておめでとうございます。みなさま、年末年始はいかがお過ごしだったでしょうか? ちなみに僕はというと、休みがそれなりにあったはずなんだけど、気がついたら終わっていた。今回の年末年始だけ時間のスピードが速かったんじゃないかと、そう疑ってみたくなるほど、あっという間だった。年末の休みに入ってすぐ、「休みもたっぷりあるし、部屋でも片付けるかー」と決心し、段ボールにしまい込んでいる本やガラクタを持ち出してきて部屋にひっくり返したはいいけど、そのまま休みが終わってしまった。今もそうで、毎日部屋を見るたび憂鬱になっている。

結局、年またぎの原稿とか家族サービスとかで慌ただしくすぎた2019年末だったが、12月に参加した、『レコードコレクターズ』の「クイーン・ベスト・ソングス100」という企画は面白かった。各ライターがQUEENのベスト30曲を選び、それを集計して1位~100位までランキングするというもので、「このライターさん、これを1位に挙げてるのかー」とか、「えー、この曲が50位以下なん?」とか、楽しんでもらえたらと思います。

僕の1位は、『Ⅱ』収録の「The Fairy Feller’s Master-Stroke」で、『レココレ』で書ききれなかった思いをここで少し。僕の中では、この依頼をいただいた瞬間に同曲1位で即決。後追い世代なので、リアルタイムではないけれど、最初にこの曲を聴いた時の衝撃たるや! そりゃあ「Killer Queen」「Bohemian Rhapsody」も強力かつクイーンの孤高性を伝える曲だと思うけど、オープニング、歌メロ、サビ、展開があってエンディングという、わりとキッチリした構成があるじゃないですか。

でも「The Fairy Feller’s~」は、ハープシコードの乱打から、どこがサビかもわからんままひたすら突っ走るというのが驚きだった。「Pedagogue」「Tatterdemalion」「Junketer」とか聴きなれない単語がバンバン並んでいるのも刺激的で、しかし見事に韻をふみながらメロディに乗っているのは、さらに驚異的。そのメロディも扇情的で興奮を掻き立てる。口に出して歌ってみると、歌詞の音の響きが心地いいのも魅力で、マザーグースの詩を口ずさんだ時の、あの快感に似たものがある。奇妙なコーラスや手拍子などを交えたエキセントリックなアレンジも曲の狂騒的雰囲気を盛り立て、それがギュッと2分半ほどに収められているという、あの当時のQUEENだからなしえた奇跡と僕は思っている。これはロビー・ヴァレンタインでもカヴァーできまい?!

後に知ったことだけど、実はこの曲、イギリスの画家リチャード・ダッドが、ベドラムと呼ばれた精神病院収容中に描いた絵画「The Fairy Feller’s Master-Stroke」にインスパイアされたフレディ・マーキュリーが作ったものだった。この絵、54㎝×39.5㎝というA3よりちょっと大きいサイズのキャンバスに、様々な登場人物がビッシリと描きこまれている。同曲で登場する「トンボのトランペット吹き」「オベロンとティターニア」などのキャラクターは、リチャード・ダッドの絵の中にも見ることができる。リチャード・ダッドが小さいキャンパスに架空の世界を詰め込んだのと同じように、QUEENは2分半の短い曲に、その世界を詰め込んで見せたのだ。と思うと、この曲の凄みがさらに増してくる。いやー、すごい曲です。

というわけで2019年末はQUEEN漬けで終わったわけですが、ちゃんと「世界のジャケ写から」のことも考えておりました。子年なので、それにかけてネズミのものにしようかと思い、そこで頭に浮かんだのが、オーストラリアのプログレ・バンドARAGONが1995年に発表した『MOUSE』だった。

深い緑色のバックにバンド名とタイトル、そしてネズミが黄色で描かれている。配色が絶妙で、格調高さを表す秀逸なデザインとなっている。ネズミをリアルに描かず線描にしたところもセンスがいい。90年代のプログレ、ポンプ・ロック系ジャケットは、初期GENESIS、YESやMARILLION系のイラストもの、ヒプノシスやキーフ系の写真合成によるシュールなものなど、わりと派手なのが多かったような印象を持っているが、そのなかにあって『MOUSE』のデザインは随分シンプルで、それがかえって印象に残るものとなっている。社会批判や人間の孤独をテーマとした壮大なストーリーを持った本作の内容にもふさわしいジャケットだ。

同作は1999年に内容を一部変更して再発されるが、そちらでは廃墟の壁にネズミの線描画をあしらったものになっていた。現実味のある、どこかシリアスなデザインで、裏ジャケの壁にはネコが描かれているという、これはこれで面白いデザインではあるけれど、個人的にはオリジナルのジャケットを推したい。

ARAGONについて簡単に紹介しておくと、1987年、オーストラリアのメルボルンで結成された。シンガーのLes Dougan、ギターのJohn Poloyannis、キーボードのTom Behrsing、ベースのRob Bacon、ドラムのTony Italiaという編成で、同年に「Rocking Horse」という大作を収録した自主制作カセット・シングルを発表している。1988年には同じく自主制作でデビュー・アルバム『DON’T BRING THE RAIN』を発表する。1980年代後半から1990年代中ごろにかけては、70年代のプログレに影響を受けた若手プログレ・バンドが次々と登場してきたミニ・ブーム(?)があったが、ARAGONもそのひとつだった。

1992年には、若手プログレ・バンドを多数輩出していたオランダのSI Musicからミニ・アルバム『THE MEETING』を発表する。同作は、壮大なストーリー作『MOUSE』の第5章だけを取り出したものだった。1993年には自主制作シングルに収録された大曲「Rocking Horse」などの音源を収録した6曲入りEP『ROCKING HORSE AND OTHER STORIES FROM THE PAST』を発表。日本では、1994年に『DON’T BRING THE RAIN』と『THE MEETING』が発売されて、ARAGONの存在が知られるようになる。その日本盤の『THE MEETING』には、『ROCKING HORSE~』からの5曲がつけ加えられていた。

続いて1995年にリリースされたのが『MOUSE』で、これは日本でもアポロンからリアルタイムで発売された。なんと第1~8章に及ぶストーリーを全30曲で表現した大作。この1995年版CDでは、第5章にあたる『THE MEETING』がカットされているが、1999年には『THE MEETING』の曲も組み込んだ2CDヴァージョンの『MOUSE』が発売されている。

まず全30曲というところでビビってしまうが、短い曲やSEなども1曲に数えられていて、それほど構えなくてもいい。メンバーはLes Dougan、John Poloyannis、Rob Baconの3人になっているが、演奏に物足りなさは感じない。PAVLOV’S DOGのデヴィッド・サーカンプとMARILLIONのフィシュを混ぜて2で割ったようなシアトリカルなヴォーカルが好き嫌いを分けるかもしれないし、さすがに1回聴いただけでは全体像を把握できないかもしれないが、叙情的メロディやSEを駆使したアレンジでじっくりと聴かせてくれる。ネズミの目を通してみる社会批判がテーマとなっている長文の物語がブックレットに掲載されていて、なかなか読むのが大変だったりするが、年末年始みたいに時間のある時にこそジックリ聴きこみたくなるアルバムだ。

ここではしっとりとした雰囲気の「Waiting For The Big One Part1」と「Part2」を聴いてもらいたい。アルバムのラスト曲「Auld Lang Syne」は、オルゴール風の音色による「蛍の光」のインストで年末感もたっぷり。だからこのアルバムが頭に思い浮かんだのかも?

それでは、また世界のジャケ写からお会いしましょう。

Waiting For The Big One Part1 & Part2

試聴 Click!



舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第一回 IN SPE 『IN SPE』 (エストニア)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第一回 IN SPE 『IN SPE』 (エストニア)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」がスタート!世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第ニ回 ELEND 『WEEPING NIGHT』 (フランス)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第ニ回 ELEND 『WEEPING NIGHT』 (フランス)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第三回 ISLAND『PICTURES』 (スイス)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第三回 ISLAND『PICTURES』 (スイス)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第四回 DICE『THE FOUR RIDERS OF THE APOCALYPSE』(スウェーデン)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第四回 DICE『THE FOUR RIDERS OF THE APOCALYPSE』(スウェーデン)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第五回 NUOVA IDEA『CLOWNS』(イタリア)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第五回 NUOVA IDEA『CLOWNS』(イタリア)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第六回 ART ZOYD『LE MARIAGE DU CIEL ET DE L’ENFER』(フランス)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第六回 ART ZOYD『LE MARIAGE DU CIEL ET DE L’ENFER』(フランス)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第七回 NEUSCHWANSTEIN『BATTLEMENT』(ドイツ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第七回 NEUSCHWANSTEIN『BATTLEMENT』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第八回 AKRITAS『AKRITAS』(ギリシャ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第八回 AKRITAS『AKRITAS』(ギリシャ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第九回 BANCO『CAPOLINEA』(イタリア)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第九回 BANCO『CAPOLINEA』(イタリア)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十回 NOVALIS『BRANDUNG』(ドイツ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十回 NOVALIS『BRANDUNG』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十一回 ANALOGY『ANALOGY』(ドイツ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十一回 ANALOGY『ANALOGY』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十二回 RAINBOW THEATER『ARMADA』(オーストラリア)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十二回 RAINBOW THEATER『ARMADA』(オーストラリア)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十三回 DRAGONFLY『DRAGONFLY』(スイス)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十三回 DRAGONFLY『DRAGONFLY』(スイス)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十四回 TRIADE『1998:LA STORIA DI SABAZIO』(イタリア)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十四回 TRIADE『1998:LA STORIA DI SABAZIO』(イタリア)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十五回 Charles Kaczynski『LUMIERE DE LA NUIT』(カナダ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十五回 Charles Kaczynski『LUMIERE DE LA NUIT』(カナダ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十六回 Adelbert von Deyen『ATMOSPHERE』(ドイツ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十六回 Adelbert von Deyen『ATMOSPHERE』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十七回 TAI PHONG『TAI PHONG』(フランス)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十七回 TAI PHONG『TAI PHONG』(フランス)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十八回 TOTO TORQUATI『GLI OCCHI DI UN BAMBINO』(イタリア)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十八回 TOTO TORQUATI『GLI OCCHI DI UN BAMBINO』(イタリア)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十九回 ANYONE'S DAUGHTER『ADONIS』(ドイツ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十九回 ANYONE’S DAUGHTER『ADONIS』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十回 EXTRADITION『HUSH』(オーストラリア)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十回 EXTRADITION『HUSH』(オーストラリア)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十一回 L'ENGOULEVENT『L'ILE OU VIVENT LES LOUPS』(カナダ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十一回 L’ENGOULEVENT『L’ILE OU VIVENT LES LOUPS』(カナダ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十二回 BIRTH CONTROL『HOODOO MAN』(ドイツ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十二回 BIRTH CONTROL『HOODOO MAN』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十三回 ASH RA TEMPEL『STARRING ROSI』(ドイツ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十三回 ASH RA TEMPEL『STARRING ROSI』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十四回 POLLEN『POLLEN』(カナダ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十四回 POLLEN『POLLEN』(カナダ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十五回 KAIPA『SOLO』(スウェーデン)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十五回 KAIPA『SOLO』(スウェーデン)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十六回 PELL MELL『FROM THE NEW WORLD』(ドイツ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十六回 PELL MELL『FROM THE NEW WORLD』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十七回 LUCIFER'S FRIEND『SNEAK ME IN』(ドイツ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十七回 LUCIFER’S FRIEND『SNEAK ME IN』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十八回 PEARLS BEFORE SWINE『ONE NATION UNDERGROUND』(アメリカ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十八回 PEARLS BEFORE SWINE『ONE NATION UNDERGROUND』(アメリカ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」  第二十九回 ASGARD『TRADITION & RENOUVEAU』(フランス)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十九回 ASGARD『TRADITION & RENOUVEAU』(フランス)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」  第三十回 WIND『MORNING』(ドイツ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第三十回 WIND『MORNING』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」  第三十一回 UNO『UNO』(イタリア)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第三十一回 UNO『UNO』(イタリア)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」  第三十二回 FAITHFUL BREATH『FADING BEAUTY』(ドイツ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第三十二回 FAITHFUL BREATH『FADING BEAUTY』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」  第三十三回 ATLANTIS PHILHARMONIC『ATLANTIS PHILHARMONIC』(アメリカ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第三十三回 ATLANTIS PHILHARMONIC『ATLANTIS PHILHARMONIC』(アメリカ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。

前連載コラム「そしてロックで泣け!」はコチラ!

ARAGONの在庫

「ARAGONの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。