プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「世界のジャケ写から」 第十七回 TAI PHONG『TAI PHONG』(フランス)

今年は日本各地で自然災害が頻発している。まさに天変地異といえる異常気象ぶりだ。各地で大雨被害があったし、僕が住んでいる大阪でも珍しく大きな地震があった。台風が日本列島の東から西に進むなんて、ちょっと信じられないようなことも起こっている。それに加えて、この猛暑だ。「命の危険に関わる暑さ」っていう表現もすごいけど、それを過剰だと思わせないほど毎日が暑いったらありゃしない。熱中症で搬送された人の数は、7月だけで5万人ほどにのぼるという。ベランダに置いてあったゴム製のサンダルが、熱で変形して履けなくなっていたぐらいだから、この暑さは異常だ。まあ我が家の猛暑被害はその程度で済んでいるけど。

そんな今年の夏の熱中症対策として、「かき氷マシン」を導入した。手動の安いやつだけど、これが今年の夏は大活躍だった。子どものウケも抜群で、毎日のようにガリガリと氷を削っている。大人の方には、かき氷をガラスのコップにギュウギュウにつめて、焼酎とかウイスキーを注いで飲むのがおすすめ。シャリシャリしたのど越しがたまらんです。

暑さにぐったりしている人も多いと思うので、今回のこのコラムは涼し気なジャケットのTAI PHONG『TAI PHONG』を紹介したいと思います。日本でも人気の高いフランスのバンドです。

TAI PHONG結成の中心となったのは、ベトナム出身のカーンとタイのホー・トン兄弟。二人の父は、ベトナム共和国の初代大統領ジエムのもとで大臣を務めていたぐらいの有力者だったという。63年、ベトナムでクーデターが起こり、ジエム大統領が殺害されてしまう。ジエム大統領の関係者たちは各国に亡命するが、おそらくカーンとタイの一家もそのあおりを受けてイギリス、そしてフランスへと辿り着いたのだろう。二人は60年代中ごろにMOUSSONなるバンドを組んで活動していたこともあるが、その後しばらくは別々の道を歩んでいる。

カーンとタイの二人が再びバンド結成を目指したのは72年のこと。イギリス人のレス、アメリカ人のジョンとの四人編成でTAI PHONGをスタートさせる。パリでデモ録音を行なうが、なかなか契約ができなかったのに業を煮やしてレスとジョンが脱退。カーンとタイの二人はメンバー探しを開始し、シンガー兼ギタリストのジャン・ジャック・ゴールドマン、キーボード奏者のジャン・アラン・ガルデが加入する。

カーンがフランスのバークレイ・レコーズで働いていたことから、同レーベルと契約を獲得。シングル用に「Melody」他1曲をレコーディングするが、レコード会社の事情で発売に至らず、何の結果も出せないままにバークレイを離れる。

改めてデモ・テープを制作したTAI PHONGは、それが功を奏してWEAと契約を獲得。ドラムにステファン・コーサリューを加えてバンドとしての体制を整える。こうしてレコーディングされたのが、75年に発表されたデビュー・アルバム『TAI PHONG』である。

同作収録のバラード・ナンバー「Sister Jane」が本国のラジオ等で評判を得て、同曲をシングル・カット。テレビ出演などのプロモーションも実を結び、好調なセールスを記録する。

さて、その『TAI PHONG』のジャケットだ。オリジナルはゲートフォールド仕様になっている。表ジャケットにはサムライが描かれていて、そのヨロイから電気のコードが何本も出ている。コードの先は裏ジャケットへと伸びていて、裏ジャケットに描かれた正面を見据えるサムライへとつながっている。うっすらと彩色されてはいるが、基本的には白と黒を基調にしたデザインで、水墨画を思わせる。それも日本人には親しみやすい。ヒヤリとした冷たいイメージもある。これがアルバムの叙情的な作風とピッタリはまっている。このデビュー作のジャケットを手掛けたのは、ラン(Lang)という人物。実は彼はカーンとタイの三番目の兄弟で、後にはTAI PHONGのステージでライティングも担当している。

先に紹介しておくと、彼らのセカンド・アルバム『WINDOWS』のジャケットを手掛けたのもランだった。前作と同じくサムライが描かれているが、白黒基調のデザインではなく色彩豊かな水彩画となっている。桜の木と思われるピンクも鮮やかなゲートフォールド仕様のデザインは、『TAI PHONG』とも並ぶ美しさを誇っている。

ところが3作目『LAST FLIGHT』のジャケットがこれです。まあバンド内部もバラバラになっていたとはいえ、このデザインはどうだろう? 前2作との落差にはすさまじいものがある。EL&Pの『LOVE BEACH』にも匹敵するC級デザインだ。もちろんこのジャケットは、ランが手掛けたわけではない。内容も前2作とは雰囲気が異なる曲があって、どこか中途半端なだけに、ジャケットぐらいはビシッと決めてほしかったなぁ。


さて、デビュー作以降のTAI PHONGヒストリーに関しても紹介しておこう。彼らは76年にセカンド・アルバムのレコーディングを開始。同年に『WINDOWS』を発表する。前作と並ぶ傑作だと思うが、本国ではデビュー作ほどの評判を得られなかったようだ。そのこともあってジャン・ジャック・ゴールドマンがソロでシングルを発売。これがTAI PHONGの活動に微妙な影を落とすことになる。

TAI PHONGは『WINDOWS』に伴うツアーを77年から行う予定だったが、ジャン・ジャック・ゴールドマンがツアー活動を拒否。その理由は緊張に耐えられないというものだったといわれている。バンドはマイケル・ジョーンズなる代役シンガーを迎え入れてツアーの準備に入るが、今度はキーボード奏者のジャン・アラン・ガルデがツアー直前に脱退してしまう。バンドは苦肉の策として、6人のキーボーディストに数曲ずつを覚えさせてツアーに参加させることを選択するが、結局は数日間のみ行われただけでツアーは中断してしまう。そんななか、ついにタイが脱退してしまう。

TAI PHONGの活動はスローダウンし、78年には「Back Again / Cherry」のシングル1枚だけがリリースされたに終わった。79年にはシングル「Fed Up / Shanghai Casino」を発表し、同年に3作目となる『LAST FLIGHT』を発表。曲はそれぞれのメンバーが持ち込み、全員が録音に参加していない曲もあるなど、バンドがバラバラの状態にあったことがわかる。

80年にTAI PHONGは解散。バンド・メンバーはそれぞれの活動に入る。TAI PHONG在籍中からソロで活動していたジャン・ジャック・ゴールドマンは、フランス本国で成功を収めることに。80年代中ごろ、彼はライヴで「Sister Jane」をレパートリーに加え、TAI PHONGのメンバーもステージに参加したという。それで再注目されたのをきっかけに、86年にカーンとステファン・コーサリューの二人でTAI PHONG名義のシングル「I’m Your Son / Broken Dreams」を発表。この時は、これ以上の発展はなかった。

ところが90年代の終わりごろからカーンとステファン・コーサリューを中心に再々結成が実現し、00年に新作『SUN』が発表される。なんと、ジャケット・アートを手掛けたのは、ラン・ホー・トン!! 内容的にも往年の雰囲気がある良作だった。さらに13年には『RETURN OF THE SAMURAI』という新作を発表。オリジナル・メンバーはカーンだけになっていたし、アルバム・ジャケットの出来も良くなかったが、内容的には往年のスタイルを思わせる良作に仕上がっている。ちなみに日本盤はデビュー作を思わせる別ジャケットで発表された。


14年には奇跡の来日公演をおこない、その模様を収めたライヴ・アルバムも発売されているが、以降の活動は活発ではないようだ。またいつの日かTAI PHONGらしい叙情プログレ作を出してくれることを、かき氷を食べながら心待ちにしていたい。

それでは、また世界のジャケ写からお会いしましょう。

Sister Jane

試聴 Click!

 



「世界のジャケ写から」 第一回 IN SPE 『IN SPE』 (エストニア)

【関連記事】

「世界のジャケ写から」 第一回 IN SPE 『IN SPE』 (エストニア)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」がスタート!世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


「世界のジャケ写から」 第ニ回 ELEND 『WEEPING NIGHT』 (フランス)

【関連記事】

「世界のジャケ写から」 第ニ回 ELEND 『WEEPING NIGHT』 (フランス)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


「世界のジャケ写から」 第三回 ISLAND『PICTURES』 (スイス)

【関連記事】

「世界のジャケ写から」 第三回 ISLAND『PICTURES』 (スイス)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


「世界のジャケ写から」 第四回 DICE『THE FOUR RIDERS OF THE APOCALYPSE』(スウェーデン)

【関連記事】

「世界のジャケ写から」 第四回 DICE『THE FOUR RIDERS OF THE APOCALYPSE』(スウェーデン)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


「世界のジャケ写から」 第五回 NUOVA IDEA『CLOWNS』(イタリア)

【関連記事】

「世界のジャケ写から」 第五回 NUOVA IDEA『CLOWNS』(イタリア)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


「世界のジャケ写から」 第六回 ART ZOYD『LE MARIAGE DU CIEL ET DE L’ENFER』(フランス)

【関連記事】

「世界のジャケ写から」 第六回 ART ZOYD『LE MARIAGE DU CIEL ET DE L’ENFER』(フランス)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


「世界のジャケ写から」 第七回 NEUSCHWANSTEIN『BATTLEMENT』(ドイツ)

【関連記事】

「世界のジャケ写から」 第七回 NEUSCHWANSTEIN『BATTLEMENT』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


「世界のジャケ写から」 第八回 AKRITAS『AKRITAS』(ギリシャ)

【関連記事】

「世界のジャケ写から」 第八回 AKRITAS『AKRITAS』(ギリシャ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


「世界のジャケ写から」 第九回 BANCO『CAPOLINEA』(イタリア)

【関連記事】

「世界のジャケ写から」 第九回 BANCO『CAPOLINEA』(イタリア)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


「世界のジャケ写から」 第十回 NOVALIS『BRANDUNG』(ドイツ)

【関連記事】

「世界のジャケ写から」 第十回 NOVALIS『BRANDUNG』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


「世界のジャケ写から」 第十一回 ANALOGY『ANALOGY』(ドイツ)

【関連記事】

「世界のジャケ写から」 第十一回 ANALOGY『ANALOGY』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


「世界のジャケ写から」 第十二回 RAINBOW THEATER『ARMADA』(オーストラリア)

【関連記事】

「世界のジャケ写から」 第十二回 RAINBOW THEATER『ARMADA』(オーストラリア)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


「世界のジャケ写から」 第十三回 DRAGONFLY『DRAGONFLY』(スイス)

【関連記事】

「世界のジャケ写から」 第十三回 DRAGONFLY『DRAGONFLY』(スイス)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


「世界のジャケ写から」 第十四回 TRIADE『1998:LA STORIA DI SABAZIO』(イタリア)

【関連記事】

「世界のジャケ写から」 第十四回 TRIADE『1998:LA STORIA DI SABAZIO』(イタリア)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


「世界のジャケ写から」 第十五回 Charles Kaczynski『LUMIERE DE LA NUIT』(カナダ)

【関連記事】

「世界のジャケ写から」 第十五回 Charles Kaczynski『LUMIERE DE LA NUIT』(カナダ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


「世界のジャケ写から」 第十六回 Adelbert von Deyen『ATMOSPHERE』(ドイツ)

【関連記事】

「世界のジャケ写から」 第十六回 Adelbert von Deyen『ATMOSPHERE』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。



前連載コラム「そしてロックで泣け!」はコチラ!

TAI PHONGの在庫

  • TAI PHONG / RETURN OF THE SAMURAI

    フレンチ・シンフォの名グループ、2013年作

    70年代に傑作を残したフレンチ・シンフォを代表する名グループ、タイ・フォンによる2013年作。オリジナル・メンバーでギター&ヴォーカルのKhanh Maiに、女性ヴォーカルなど新メンバー3人による4人のバンド・メンバーを中心に、多数のゲストが参加して制作。柔らかなトーンで夢想的に広がるキーボード、叙情がしたたり落ちるリリカルなピアノ、そして、70年代から彼らの魅力である繊細なタッチで伸びやかに紡がれる哀愁たっぷりの泣きのギター!オープニング・ナンバーから、流麗すぎるギター・ソロにグッときっぱなし。さらに、何と言っても魅力的なのが、男女リード・ヴォーカル!変わらぬセンチメンタルなハイ・トーンが胸を震わせるKhanhのヴォーカル、透き通った女性ヴォーカル。これでもかと美旋律と美声が響き渡ります。パーカッシヴなアコースティック・ギターや打楽器によるアジアンなエキゾチズムも良い案配で、甘美な歌世界を引き締めています。あとは、ジャケが初期作のようにファンタスティックだったら完璧だったんですが!アルバムのどこを切り取っても彼ららしいリリシズムが溢れでるシンフォニック・ロック逸品。

  • TAI PHONG / TAI PHONG

    ベトナム系フランス人兄弟を中心とするフレンチ・プログレの代表的グループ、75年デビュー作

    ベトナム系フランス人を中心に結成され、ASIA MINORと並び、混血グループの強みを生かした無国籍な魅力を持ちながらも、フランス産らしいシンフォニック・ロックと独特の哀愁、そしてテクニカルなバンド・アンサンブルで有名なグループの75年デビュー作。どこを切っても美しいメロディーが滲み出す傑作であり、その音楽性はストレートなハード・ロックに甘んじない構築力と演奏力、プログレッシブ・ロックとしての旨みにあふれたものです。甘美なメロディーが胸を打つ彼らの代表曲「シスター・ジェーン」などを収録した名盤です。

  • TAI PHONG / WINDOWS

    フレンチ・シンフォを代表するグループ、76年作、繊細な幻想美、泣きの叙情、ハードロックの哀愁が同居する大名作!

    ベトナム系フランス人を中心に結成され、ASIA MINORと並び、混血グループの強みを生かした無国籍な魅力を持ちながらも、フランス産らしいシンフォニック・ロックと独特の哀愁、そしてテクニカルなバンド・アンサンブルで有名なグループの76年2nd。基本的な路線は前作と変わらず、普遍的なメロディーと哀愁を放ちながら、ハードに、そしてシンフォニックに盛り上げる作風となっていますが、前作以上に幻想を帯びた楽曲構成とアレンジの上手さが見て取れ、彼らの持ち味である美しいメロディーと絶妙に絡みついた、デビュー作と並ぶ傑作となっています。

  • TAI PHONG / LIVE IN JAPAN

    2014年の初来日公演を収録したライヴ・アルバム

    2014年10月に大阪・東京で行われた初来日公演をCD2枚に完全収録したライヴ・アルバム。詳細は、ライヴ・レポートをご覧ください。
    https://kakereco.com/magazine/?p=14375

  • TAI PHONG / LIVE IN JAPAN (DVD)

    2014年の初来日公演を収録したライヴDVD

    2014年10月に大阪・東京で行われた初来日公演を収めたライヴDVD。ライヴの詳細は、ライヴ・レポートをご覧ください。
    https://kakereco.com/magazine/?p=14375

「TAI PHONGの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。