プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【新規リイシュー登場!】カナダ生まれのブルース&ハード・ロック裏番長!Neil Merryweatherってどんな人?

「米ブルース・ロックの裏番長」としてカケレコでもたびたびご紹介している、カナダ生まれの名ベーシスト/ヴォーカリスト、Neil Merryweather。

60年代から様々なグループや自身のプロジェクト・バンドで活躍し、スティーブ・ミラーやリタ・フォード、ビリー・ジョエルらとも共演。70歳を過ぎた今もコンスタントに活動を続けている、エネルギッシュな人物です。

バンド名義やソロ、当時の恋人Lynn Careyとの共作・・・ずばりどの作品もハズレなし。今回はそんな彼の魅力に迫ってまいりましょう。

Neil Merryweatherって?

ニール・メリーウェザー(本名:Robert Neilson Lillie)はカナダの中南部に位置するマニトバ州ウィニペグ生まれ。

60年代初頭にトロントに移り、”Bobby Neilson”や”Neil Lillie”といった名前で音楽活動を開始。JUST US(後にTHE TRIPPに改名)やMYNAH BIRDS、FLYING CIRCUSといったグループでベーシストとして加入します。(ちなみにMYNAH BIRDSはアルバムこそ残さなかったものの、その後BUFFALO SPRINGFIELDに参加するニール・ヤング&ブルース・パーマー、ファンク・ミュージシャンとして大成するリック・ジェームズなど数々の名ミュージシャンを輩出したグループ!)

彼が”メリーウェザー”の名を名乗るきっかけとなったのは68年。フォーク・ロック路線のFLYING CIRCUSを脱退し、よりヘヴィなロックを追求するため元THE TRIPPのバンドメイトと共に新しいグループを結成。NEW KING BOILERと名付けられたそのグループはHEATHER MERRYWEATHER、そしてMERRYWEATHERと名前を変え、レコード・デビューの為にLAへと渡米。さらに彼も”Neil Merryweather”へと名を改め、心機一転米国デビューを果たします。

デビュー~キャリア初期

MERRYWEATHER/MERRYWEATHER(1969)

試聴 Click!

MERRYWEATHER/WORD OF MOUTH(1969)

試聴 Click!

MERRYWEATHERは69年に1stアルバム『MERRYWEATHER』、2nd『WORD OF MOUTH』を発表。特に2ndはスティーブ・ミラーにバリー・ゴールドバーグ、元TRAFFICのデイヴ・メイスンなど早々たるゲストを迎えて録音された2枚組の傑作ジャム・アルバム!売上も成功といってよかったものの、バンド内の軋轢によりMERRYWEATHERは2枚のアルバムを残して解散。

NEIL MERRYWEATHER/NEIL MERRYWEATHER JOHN RICHARDSON AND BOERS(1970)

試聴 Click!

MERRYWEATHER脱退後、NeilはギターのJohn Richardson、ドラムのRobin Boersと共に一時的なトリオを結成。彼らが残した70年唯一作がこちら。どっしりとしたベースに、男の色気漂うヴォーカル。ブルージーでソリッドな中にもどことなく遊び心を感じさせるサウンドが彼の作品の魅力です。

with Lynn Carey

彼の作品を語る上で欠かせないのが、ガールフレンドで女優兼モデル兼シンガーのLynn Carey。美人なうえに抜群の歌唱力を持つ彼女と共に、IVAR AVENUE REUNIONやMAMA LIONといった名義で強力なハード・ロック作品を残していきます。

MERRYWEATHER & CAREY/VACUUM CLEANER(1971)

試聴 Click!

MAMA LION FEAT NEIL MERRYWEATHER/PRESERVE WILDLIFE and GIVE IT EVERYTHING I’VE GOT(1972/73)

試聴 Click!

MERRYWEATHER & CAREY名義でリリースされた『VACUUM CLEANER』もブルージーな女性ヴォーカル・ロックが楽しめる好盤ですが、やはり必聴はMAMA LION。ガツンとソリッドなハード・ロック・サウンド、そこに炸裂するジャニス・ジョプリンばりの強烈なシャウト!ハード・ロック・ファンは悶絶間違いなしです。

HEAVY CRUISER~SPACE RANGERS~ソロ時代

HEAVY CRUISER/LUCKY DOG(1973)

試聴 Click!

MAMA LIONの活動と並行して、彼は自身がヴォーカルを務めるHEAVY CRUISERというバンドも結成。こちらは73年の2nd。またバンド内部の軋轢やLynnとの破局によりMAMA LIONから身を引くと、今度はSPACE RANGERSというバンドを結成。74年作『SPACE RANGERS』&75年作『KRYPTONITE』という、ちょっぴりスペーシーでグラム・チックな2作品をリリースしていきます。

NEIL MERRYWEATHER/SPACE RANGERS(1974)

試聴 Click!

NEIL MERRYWEATHER/KRYPTONITE(1975)

試聴 Click!

NEIL MERRYWEATHER/DIFFERENCES(1978)

試聴 Click!

78年にはバンドではなくソロ作品として『DIFFERENCES』をリリース。タイトル通り、従来のハード・ロック路線ではなく爽やかなウェストコースト・ロック的作風に変化しています。とはいえ豊潤なコーラスや彩りあるアレンジを施した、ヴァラエティ豊かな楽曲はどれも見事な出来栄え。彼の多彩な音楽センスを感じ取ることができる一枚です。

MERRYWEATHERの在庫

  • MERRYWEATHER / WORD OF MOUTH

    NEIL MERRYWEATHER率いるサイケ・ブルース・ハード・バンド、69年作2nd、スティーブ・ミラー、デイブ・メイソン、バリー・ゴールドバーグ、チャーリー・マッセルホワイトら参加

    NEIL MERRYWEATHER率いるサイケ・ブルース・ハード・バンド、69年作2nd。冒頭「I Found Love」から凄いテンション!ソリッドなギター・リフで幕を上げ、歪んだ分厚いオルガンが駆け巡るとNEILの豪快なボーカルが吠えまくります。男臭くワイルドなシャウトが滅茶苦茶に格好いいです!キレの良いギターが炸裂しオルガンが粘っこく絡む中盤の展開もたまりません。続く「Teach You How To Fly」はギターとオルガン、ピアノを交えた哀愁たっぷりのキャッチーなバンド・サウンドにNEILのボーカルとコーラスがこれ以上なく熱く響き、早くも胸がいっぱい。他にもファズ・ギターとオルガンが長尺セッションを繰り広げる「Mrs. Roberts Son」、ヴァイオリンがユニークな味をつけるヘヴィ・ブルース・ロック「The Hard Times」などなど、ボリュームたっぷりの内容です。

「MERRYWEATHERの在庫」をもっと見る

NEIL MERRYWEATHERの在庫

  • NEIL MERRYWEATHER / JOHN RICHARDSON AND BOERS

    HEAVY CRUISER〜MAMA LIONなどで活躍したNeil Merryweather率いるヘヴィ・ブルース・ロック、70年作

    カナダが誇るブルース裏番長、Neil MerryweatherがMERRYWEATHER脱退後に結成したブルース・ロック・トリオの1970年唯一作。メンバーはベース/ヴォーカルにMerryweather、ギターにカナダのサイケ・グループNUCLEUSなどで活躍したJohn Richardson、ドラムにUGLY DUCKLINGSのRobin Boers。さらに一部の曲では49TH PARALLELに在籍したオルガン奏者が参加しているのですが、このオルガン・ロック・ナンバーが特に格好いい!60年代のサイケでモッズな色合いを残した軽やかなハモンドと、ツェッペリンばりにキレのあるギター、色気のあるMerryweatherのヴォーカルがスピーディーかつ洒脱に絡んでいくT1「Aren”t You Glad That You Know」は間違いなくオルガン・ロックの隠れ名曲。他にもバッファロー・スプリングフィールドの「Hot Dusty Roads」を大胆にカヴァーしたT2「City Boy」や、ルーズかつ切れ味鋭いリフがガツンと来るT4「Flat Black」など、ブルージーでソリッド、かつどこか洗練された印象のあるクールな良曲揃い。Merryweatherのプロジェクトでも後の女性ヴォーカリストLynn Careyをフィーチャーした作品とはまた違った、男の色気を感じさせるヘヴィ・ブルース・ロックに仕上がっています。

  • NEIL MERRYWEATHER / SPACE RANGERS

    カナダのヘヴィー・サイケ・ベーシスト兼ソングライターによる、74年作4thソロ!

    カナダのヘヴィー・サイケ・ベーシスト兼ソングライターによる、74年作4thソロ!MAMA LIONやHEAVY CRUISER等でベースを弾いて来た百戦錬磨な彼が放ったB級SFオペラ?的スペイシーなコンセプチュアル・アルバムに仕上がっています。タップリと流れるメロトロンにグルーヴ感たっぷりのファンク・ロックが時にハードに、時に洒脱なジャジー感を伴って展開されて行きます。グラム的中性ヴォーカルとスペース感溢れるサウンド・プロダクションがプログレッシヴに展開する濃い一枚です!

  • NEIL MERRYWEATHER / KRYPTONITE

    MERRYWEATHER〜HEAVY CRUISER〜MAMA LIONで活躍したギタリスト、75年作

    Neil Merryweatherは、MERRYWEATHER〜HEAVY CRUISER〜MAMA LIONといったグループで活躍した米ブルース・ハード・シーンでは欠かせないギタリスト。ジャケは胡散臭いですし、時折ミュオ〜ンとシンセが絡みますが、根っこにあるのは、エネルギッシュかつブルージーなギターが炸裂するハード・ロック。ギターはかなり早弾きしてます

「NEIL MERRYWEATHERの在庫」をもっと見る

MAMA LION FEAT NEIL MERRYWEATHERの在庫

  • MAMA LION FEAT NEIL MERRYWEATHER / PRESERVE WILDLIFE and GIVE IT EVERYTHING I’VE GOT

    存在感抜群の女性シャウト・ヴォーカルを擁する米ハード・グループ、72年作1stと73年作2nd

    72年作1stと73年作2ndをカップリングした2in1CD。とにかく女性ヴォーカルLynn Careyが必殺!アンプで増幅しているかのようなエキセントリックなシャウトは存在感抜群。本当凄いです。バンドの方もヴォーカルの迫力に負けじとソリッド&ブルージー&ファンキーな力強いサウンドを炸裂させています。どちらも名作!

  • MAMA LION FEAT NEIL MERRYWEATHER / GIMME SOME LOVIN

    エキセントリックなシャウトが魅力の女性ヴォーカルLynn Carey擁する米ハード・グループ、72年と73年の未発表音減集

    まるでアンプで増幅しているかのようなエキセントリックなシャウトがジャニス・ジョップリン級の存在感を放つ女性ヴォーカル、Lynn Carey擁するグループ。音楽面をリードするのは、Neil Merryweatherで、彼が率いるバンドの作品はすべて名作といえる米ブルース・ロック・シーンの隠れた名ミュージシャン。72年と73年のアルバムからは漏れたスタジオ未発表音源を収録した編集盤。

「MAMA LION FEAT NEIL MERRYWEATHERの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。