プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十五回 KAIPA『SOLO』(スウェーデン)

新年度が始まってしまいましたね。次の元号も令和に決定して、なんだかフレッシュな気分……という方は多いんでしょうか? どうなんでしょうか? 四月になると「新生活スタート!」とか、「新しい自分と出会える!」なんてフレーズがCMなどでもバンバン飛び交うわけですが、「新生活も新しい自分もいねーよ!」と、思わず悪態つきたくなる人の割合って、全国民の何パーセントぐらいいるのでしょうか? かくいう僕もその一人でして、今年の初めぐらいから、ずーっと目がまわりそうなほど忙しくて、新生活とか新しい自分とか感じる余裕もなく毎日が過ぎていっている。

今年はゴールデンウィークが十連休もあるけれど、いつも通り仕事しなければいけない僕のような方も、全国民の何パーセントぐらいいるんでしょうか? 働き方改革もへったくれもない。ついさっきだけど、メガネのレンズが汚れていることに気がつき、メガネを外して、近くにあったティッシュでレンズを拭いて、拭き終わったティッシュではなくメガネをごみ箱に捨てるという行動に出てしまいました。だいぶお疲れです。

そういえば先日、二年前に体調を崩したけれど復帰後は頑張って仕事しているという知人に会ってきた。「やあ、元気そうやんか」というと、「ええ体はね。でもメンタルはボロボロです。職場が爆破されないかなって毎日思っています」と、笑えないトーンで話されてしまいました。「くれぐれも君が爆破しないようにね」とだけ伝えたけれど。みんなお疲れだなあ。

暗い前置きで申し訳ないが、四月になったというのにドンヨリした日々を過ごしている皆さんも多いのでは? そんな時でも心を癒してくれるのが音楽です。誰しも「あー、休みてーなー」という気分になることはあるかと思いますが、そんな時に思わず手に取ってしまうKAIPA『SOLO』を今回は紹介したい。

まずはジャケットを見てください。この淡いグリーンの色調! これだけで心がフワッと現実世界から離れていくような気がする。よく見ると、木立の間には五人の子供たちがいる。川の手前に立つ子供と、川の向こうにいる四人の子供。川の手前の子供は、荷物を下に置いて、川の向こうをじっと見ている。川の向こうにいるのは、もしかすると子供ではなく森の妖精たちだろうか? 川の手前の子供が森にやって来て、森の妖精たちと出会った場面なのかもしれない。

川の向こうにいる子供のうち一番右の子は、二本の木の根元に挟まるようにして寝ている。両足を投げ出して、やわらかな表情で「なーんにも難しいことはわかりませ~ん」といった感じだろうか。右から二人目の子は、木の根っこに足を引っかけて、頭を向こうに寝転がっている。こんな無邪気な寝方がありますか? 右から三人目の子供は、木の枝をベッド代わりにスヤスヤ。頭が下の位置にあるので、ちょっと苦しい体勢だけど、スースーといった寝息が聞こえてきそうなほど安らか。一番左にいる子供は、川に足を浸して、両手を頭の後ろで組んで、完全に脱力モード。ああ、なんと平和な光景だろう! どの子になりたいかなあと思って見ているだけで、ほんわかとした気分になってくる。この童話的な世界を表したジャケットの雰囲気が、そのまま『SOLO』という作品の内容ともキッチリ結びついていて、北欧叙情プログレの名作にふさわしいジャケットとなっている。

こう書いたらデビュー作のジャケットにも触れないわけにはいかない。プログレ・ファンなら有名ですが、このジャケットです。

真っ赤な全裸&禿げ頭のおっさんが、両手を広げて空中に浮かんでいるという……。いいように書けば「印象的な」「象徴的な」となるんだろうけど、僕にとっては「恐怖」でしかない。アナログ・サイズで見ると特に。音楽性もイメージできないしね。そうか、デビュー作だから、レコード会社から無理強いされたんだな、と思ったら、メンバーのロイネ・ストルト自らが手掛けたとクレジットされている。スウェーデンが世界に誇る叙情派ギタリストのロイネ・ストルト。だけど、どうにもお茶目なところがあるようだ。

最近でも、ロイネ・ストルトがPAIN OF SALVATIONのダニエル・ギルデンロウたちと結成したTHE SEA WITHIN『THE SEA WITHIN』(2018年)の内ジャケットで、顔の半分だけヒゲを剃った自分のアップ写真を掲載していた。このアルバム、表ジャケットのイラストが本当に美しくて、近年のロイネ・ストルト関連作の中でもお気に入りなのだが、ジャケットをめくった一ページ目が、ロイネのオフザケ写真で思わず笑ってしまう仕掛けになっている。

KAIPAに話を戻すと、彼らの二作目『INGET NYTT UNDER SOLEN』のジャケットには、宇宙服を着た二人組が月面作業者に乗っている写真が使われている。そんなにスペーシーなアルバムでもないんだけどなぁ。そこでようやく作品の質とジャケット・センスの一致をみたのが三作目の『SOLO』なのでした。

ではスウェーデンが誇る叙情派プログレの名バンドKAIPAについて簡単に紹介しておこう。KAIPAの中心人物となるのは、キーボード奏者のハンス・ルンディン。彼は1964年に五人編成のST MICHAEL SECTを結成。1965年発表の「Road Runner」から計三枚のシングルを発表する。1970年にはハンス・ルンディン、トーマス・エリクソン(b)、ギュンナー・ウェストベルグ(ds)というトリオ編成でSAN MICHAEL’S名義で同名アルバムを発表。セカンド・アルバム用の録音を行なうが未発に終わってしまう。こちらは後に『NATTAG』というタイトルでCD化されている。

1974年にはURA KAIPAと名乗り、シングル「For Sent」を発表。ドラムがインゲマール・ベルグマンに交代し、当時17歳だったギタリストのロイネ・ストルトが加入。1975年にデビュー作の『KAIPA』を発表する。1976年には、組曲を収録した『INGET NYTT UNDER SOLEN』を発表。ハンス・ルンディンは、本作を初期作の中で最高傑作としている。専任シンガーとしてマッツ・ロフグレンが加入。ベースがマッツ・リンドベリに交代して1978年に発表されたのが『SOLO』となる。

先に彼らの歴史をもう少しだけ紹介すると、ロイネ・ストルトが脱退してソロ活動を開始。KAIPAはメンバー・チェンジをして、1980年に『HANDER』、1982年に『NATTDJUSTID』と、時代性を反映させたポップな作品を発表するも解散してしまう。のちにハンス・ルンディンとロイネ・ストルトを中心に再結成して、2002年に『NOTES FROM THE PAST』を発表。以降もハンス・ルンディンを中心に活動を続けて優れた作品を発表している。ロイネ・ストルトは途中でKAIPAを離れているが、2016年にはインゲマール・ベルグマン、トーマス・エリクソンの元メンバーらとKAIPA DA CAPOを結成して『DARSKAPENS MONOTONI』を発表している。

『SOLO』はKAIPAが叙情派プログレを貫いていた初期三作の最後の作品ということになる。ロイネ・ストルトとハンス・ルンディンの曲を約半数ずつ収録。メロディアスなギターと温かみのあるシンフォニックなキーボードが、『SOLO』のジャケットにあるような童話的ファンタジーを掻き立てる楽曲を多数収録している。どこから聴き始めても、疲れた頭と体と心を癒してくれる柔らかな音色とメロディに出会える素敵な作品です。ぜひジャケットを眺めながら聴いていただきたい。ここでは、「Respektera Min Varld」をおススメしておきます。

それでは、また世界のジャケ写からお会いしましょう。

Respektera Min Varld

試聴 Click!



舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第一回 IN SPE 『IN SPE』 (エストニア)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第一回 IN SPE 『IN SPE』 (エストニア)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」がスタート!世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第ニ回 ELEND 『WEEPING NIGHT』 (フランス)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第ニ回 ELEND 『WEEPING NIGHT』 (フランス)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第三回 ISLAND『PICTURES』 (スイス)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第三回 ISLAND『PICTURES』 (スイス)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第四回 DICE『THE FOUR RIDERS OF THE APOCALYPSE』(スウェーデン)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第四回 DICE『THE FOUR RIDERS OF THE APOCALYPSE』(スウェーデン)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第五回 NUOVA IDEA『CLOWNS』(イタリア)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第五回 NUOVA IDEA『CLOWNS』(イタリア)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第六回 ART ZOYD『LE MARIAGE DU CIEL ET DE L’ENFER』(フランス)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第六回 ART ZOYD『LE MARIAGE DU CIEL ET DE L’ENFER』(フランス)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第七回 NEUSCHWANSTEIN『BATTLEMENT』(ドイツ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第七回 NEUSCHWANSTEIN『BATTLEMENT』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第八回 AKRITAS『AKRITAS』(ギリシャ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第八回 AKRITAS『AKRITAS』(ギリシャ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第九回 BANCO『CAPOLINEA』(イタリア)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第九回 BANCO『CAPOLINEA』(イタリア)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十回 NOVALIS『BRANDUNG』(ドイツ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十回 NOVALIS『BRANDUNG』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十一回 ANALOGY『ANALOGY』(ドイツ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十一回 ANALOGY『ANALOGY』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十二回 RAINBOW THEATER『ARMADA』(オーストラリア)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十二回 RAINBOW THEATER『ARMADA』(オーストラリア)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十三回 DRAGONFLY『DRAGONFLY』(スイス)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十三回 DRAGONFLY『DRAGONFLY』(スイス)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十四回 TRIADE『1998:LA STORIA DI SABAZIO』(イタリア)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十四回 TRIADE『1998:LA STORIA DI SABAZIO』(イタリア)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十五回 Charles Kaczynski『LUMIERE DE LA NUIT』(カナダ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十五回 Charles Kaczynski『LUMIERE DE LA NUIT』(カナダ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十六回 Adelbert von Deyen『ATMOSPHERE』(ドイツ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十六回 Adelbert von Deyen『ATMOSPHERE』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十七回 TAI PHONG『TAI PHONG』(フランス)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十七回 TAI PHONG『TAI PHONG』(フランス)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十八回 TOTO TORQUATI『GLI OCCHI DI UN BAMBINO』(イタリア)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十八回 TOTO TORQUATI『GLI OCCHI DI UN BAMBINO』(イタリア)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十九回 ANYONE'S DAUGHTER『ADONIS』(ドイツ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第十九回 ANYONE’S DAUGHTER『ADONIS』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十回 EXTRADITION『HUSH』(オーストラリア)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十回 EXTRADITION『HUSH』(オーストラリア)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十一回 L'ENGOULEVENT『L'ILE OU VIVENT LES LOUPS』(カナダ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十一回 L’ENGOULEVENT『L’ILE OU VIVENT LES LOUPS』(カナダ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十二回 BIRTH CONTROL『HOODOO MAN』(ドイツ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十二回 BIRTH CONTROL『HOODOO MAN』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十三回 ASH RA TEMPEL『STARRING ROSI』(ドイツ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十三回 ASH RA TEMPEL『STARRING ROSI』(ドイツ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十四回 POLLEN『POLLEN』(カナダ)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第二十四回 POLLEN『POLLEN』(カナダ)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」。世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。

KAIPAの在庫

  • KAIPA / KEYHOLDER

    スウェーデンを代表するシンフォニック・ロック・グループ、03年作

  • KAIPA / MINDREVOLUTIONS

    再編後の3作目となる05年作、オリジナル・メンバーのRoine Stolt&Hans Lundin他、TFKのJonas Reingold、MATS/MORGANのMorgan Agren、RITUALのPatrik Lundstromなど強力メンバーが集結!

  • KAIPA / ANGLING FEELINGS

    スウェーデン・プログレの黎明期を担った名グループ、オリジナル・キーボーディストHANS LUNDINを中心に強力メンツを揃えた07年作!

    オリジナルkey奏者Hans Lundinを中心に、MATS/MORGANのMorgan Agren(dr)、RITUALのPatrick Lundstrom(vo)など強力メンツによる07年作!

  • KAIPA / CHILDREN OF THE SOUNDS

    北欧を代表するシンフォニック・ロック・グループによる17年作、ずばり北欧シンフォに求めるあらゆる要素が凝縮され結晶となったような文句なしの大傑作!

    スウェーデン出身、75年にデビューした北欧を代表するシンフォニック・ロック・グループ。2017年リリースの13thアルバム。一曲目からクライマックス!Hans Lundinの芳醇にしてそそり立つように荘厳なオルガン、Per Nelssonの雄弁にメロディを紡ぐギターが折り重なり、エネルギッシュながらも輝かしい気品に満ちた幻想的な音世界を構築。そこにPatrick LundstromとAleena Gibsonの男女ヴォーカルによる、溢れんばかりのエモーションを込めた熱唱が絡み合いアンサンブルを伴って劇的に高まっていきます。北欧シンフォらしい神秘性と凄まじいまでのエネルギーの放射が見事に共存したサウンドに早くも驚愕…。特に素晴らしいのが、KAIPAのギタリストとしてすでに偉大な前任者Roine Stoltの印象を払拭したPer Nelssonによる、音数多く畳み掛けるようにスリリングなギター。イマジネーションが溢れ出るままに美麗フレーズを次々と紡ぎ出すプレイに息をのみます。Patrickのフレディー・マーキュリーを宿した野性味あるヴォーカルも優美なサウンドの中で活き活きと立ち上がってるし、タイトかつ緻密なリズムプレイでアンサンブルをダイナミックに牽引するMorgan Agren&Jonas Reingoldの鉄壁リズム隊もさすが。そしてオルガンとシンセを駆使して魔法のようにファンタジックで色彩感に満ちたサウンドを生み出すHans Lundin。改めて凄いメンバーが揃っていることを実感します。さらに、Hansが操るハープシコードやゲスト奏者による室内楽風のヴァイオリンを大胆にフィーチャーし中世音楽風の格調高いエッセンスを加えたナンバーも圧倒的に素晴らしく、中世風味を違和感なくKAIPAのサウンドに溶け込ませていて、その手腕にバンドとして更なる音楽性の成熟を感じさせます。もう北欧シンフォニック・ロックとして他の追随を許さない高みに到達した感さえあります。北欧シンフォに求めるあらゆる要素が凝縮され結晶となったような、文句なしの大傑作。

  • KAIPA / KAIPA

    ロイネ・ストルト在籍、北欧を代表するシンフォ・グループ、北欧ならではの澄みわたるシンフォニック・サウンドが素晴らしい75年1st

    北欧ロックを語る上では欠かせないアーティストROINE STOLTが在籍したていたことで知られるスウェーデンのグループ。75年作の1st。シンフォニック・ロックの名作。

  • KAIPA / INGET NYTT UNDER SOLEN

    ROINE STOLT在籍、北欧を代表するシンフォ・グループ、76年作

    スウェーデンのみならず北欧を代表するシンフォ・グループ、76年2nd。FLOWER KINGSのリーダー、Roine Stoltが在籍することで知られています。本作は、デビュー作での牧歌的なメロディやクラシカルな持ち味はそのままに、冒頭に21分の組曲を配するなど楽曲構成力を発揮した名作です。Roine Stoltによる端正なギター・アルペジオのイントロから、瑞々しい音色を奏でるエレピと情熱的にむせび泣くヴォーカルによる哀愁溢れる導入部。軽やかにリフを刻むベースとオルガンが絡み合い疾走したかと思えば、テンポを落とし、シンセサイザーと泣きのブルース・ギターがユニゾンする雄大且つメロウなパートが湧き上がるなど、終始惹きつけられる構成が素晴らしい。GENESIS、YESを彷彿させるファンタステイックな叙情を堪能出来る名盤です。

  • KAIPA / SOLO

    北欧を代表するシンフォ・グループ、ロイネ・ストルト在籍最後の78年3rd

    スウェーデンを代表する名シンフォ・グループ、Roine Stolt在籍最後の作品となった78年作3rd。前2作で聴かせたクラシカルな格調高さを持ったシンフォニック・ロックと比べ、ジャケットにも表れるより親しみやすいハートウォームなサウンドが主となっています。透明感のある音色を重ね優美な広がりを作り出すキーボード、躍動感とタイトさがバランスするリズム隊、どれも素晴らしいですが、特筆はやはりRoineのギター。のちのTHE FLOWER KINGSに通じるブルージーでエモーショナルな高まりを見せる独自のプレイをすでに披露しており、作品を通じての温もりのあるファンタジックな世界観に対し、叙情的でありながらシリアスで深みもあるギターのタッチが素晴らしい対比を生んでいます。1st、2ndとともに北欧シンフォの最高峰に位置する名作です。

  • KAIPA / NATTDJURSTID

    スウェーデンを代表する名グループ、ニューウェーブ然とした82年作

    スウェーデンを代表する名グループ、82年リリースの5作目。打ち込みを大幅に導入した80年代然としたニューウェーブ/エレポップ・サウンドを展開。

「KAIPAの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。