プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第35回 ANIMA MORTE / The Nightmare Becomes Reality (Sweden / 2011)

本連載では「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことに重点を置き、フランスのプログレッシブ・ロックレーベルMusea Recordsからシンフォニック・ロックアルバムでデビューを果たしたnetherland dwarfが、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を、幅広くご紹介します。「ミュージシャンの視点」とは言っても、各コラムは平易な文章で構成されていますので、楽器が弾けない、専門用語は分からないという場合でも、心配せずにご覧下さい。

第35回 ANIMA MORTE / The Nightmare Becomes Reality (Sweden / 2011)

インストゥルメンタルに主軸を置きスケールの大きな世界を描くプログレッシブ・ロックのサウンドが、映像作品と高い親和性を持つのは至って自然なことでしょう。1970年代に活躍したプログレッシブ・ロック・アーティストたちはサウンドトラックの分野にも数多くの足跡を残していますが、そんな中でも真っ先に思い浮かぶのは「ホラー映画」というキーワードです。ブリティッシュ・プログレッシブ・ロックにおける代表格ミュージシャンでは、EMERSON, LAKE & PALMERのキーボーディストKeith Emersonが、後述するDario Argento監督作品である80年作『Inferno』や、やはり後述するLucio Fulci監督作品である84年作『Murder Rock』のサウンドトラックを手がけ、また、YESのキーボーディストRick Wakemanが、アメリカのホラー映画である81年作『The Burning』や87年作『Creepshow 2』のサウンドトラックを担当しました。なお、最も有名な例として、アメリカのホラー映画である「The Exorcist」に使用された、Mike Oldfieldによる73年作『Tubular Bells』も思い浮かびますが、これはオリジナル・アルバムの楽曲が(冒頭部分が抜粋され)ホラー映画に使用されたものであり、サウンドトラックとして製作された作品ではないという点に違いがあるでしょう。

試聴 Click!

プログレッシブ・ロックとホラー映画の関係性を語る上で、Mike Oldfieldの『Tubular Bells』と共に必ず名前が挙がるのが、イタリアのGOBLINです。GOBLINは、75年にCHERRY FIVE名義でアルバム・デビューを果たすと間もなくグループ名を改め、76年作『Profondo Rosso』を皮切りにDario Argento監督作品に携わりました。中でも、「決して、ひとりでは見ないでください」というキャッチフレーズで知られる77年作『Suspiria』のサウンドトラックは、プログレッシブ・ロック・ファンに限らず広く聴かれていることでしょう。また、彼らはサウンドトラックと並行して76年作『Roller』や78年作『Il Fantastico Viaggio Del Bagarozzo Mark』といったオリジナル・アルバムもリリースし、こちらもイタリアン・プログレッシブ・ロックの必聴作として高い評価を獲得しています。新世紀以降のGOBLINは、同監督による2001年作『Non Ho Sonno』のサウンドトラックを担当し、その後、メンバーがGOBLINの名称を分け合い離合集散を繰り返しているため本体を捉えにくいものの、2011年にはベーシストとドラマーによるGOBLIN REBIRTH、あるいは2014年には中心メンバーであったキーボーディストによるCLAUDIO SIMONETTI’S GOBLINが結成され、それぞれ精力的な活動を展開しています。

試聴 Click!

プログレッシブ・ロック・シーンにおいては知名度こそGOBLINに譲るものの、やはりホラー映画のサウンドトラックで知られるミュージシャンFabio Frizziの名前も挙げておきたいところです。GOBLINは76年作『Perche Si Uccidono』を製作するに当たり、Fabio Frizziを迎えた体制でIL REALE IMPERO BRITANNICOという変名を用いたことがありました。GOBLINがDario Argento監督作品によって高い評価を獲得したように、Fabio FrizziはLucio Fulci監督作品に多く関わり、79年作『Zombi 2』や80年作『City Of The Living Dead』、そして81年作『The Beyond』といった同監督の代表作に儚くも美しい楽曲を提供していったのです。ジャンルがジャンルということもあって、あまりにグロテスクな描写に溢れていることから作品自体は視聴者を選ぶものの、その音楽は広くプログレッシブ・ロック・ファンに聴かれるべきものです。

試聴 Click!

さて、スウェーデンのストックホルムで2004年に結成された4人編成のANIMA MORTEは、2007年にデビュー・アルバム『Face The Sea Of Darkness』をリリースし、プログレッシブ・ロック・シーンに登場しました。彼らは一貫して、GOBLINやFabio Frizziから影響を受けたサウンドを追求しており、その作風は「映像なきホラー映画」と呼ぶに相応しいものです。2011年にリリースされた彼らのセカンド・アルバムとなる本作『The Nightmare Becomes Reality』は、女性のすすり泣きと叫び声が切迫感を演出する、ホラー映画のサウンドトラックに影響を受けた彼ららしいオープニングが印象的な注目作となりました。本作には、90年代前半のプログレッシブ・ロック復興期に重要な役割を担ったANGLAGARDのメンバーであり、2012年のグループ脱退後もWHITE WILLOWやTHE OPIUM CARTEL、あるいはNECROMONKEYやKAUKASUSなど数多くのプロジェクトを掛け持ってきたドラマーMattias Olssonが参加しており、作品の完成度に貢献しています。念頭に置いておきたいのは、本作がサウンドトラックではなくオリジナル・アルバムであるということでしょう。サウンドトラックの場合には、映像から得たインスピレーションを元に楽曲製作を行うことが出来ますが、それは逆に言えば、あくまで映像を優先した楽曲製作が求められるということです。そういった制約に縛られることがない彼らのスタイルには、同じく映像の制約から解き放たれたGOBLINのオリジナル・アルバム『Roller』との共通点が伺えます。

試聴 Click!

ANIMA MORTEのようなタイプのグループがスウェーデンから登場するのは今回が初めてではありません。と言うのも、ANGLAGARDと共にプログレッシブ・ロック復興期を象徴するグループであるANEKDOTENとLANDBERKのメンバーが98年、MORTE MACABREというプロジェクトを結成しており、彼らがホラー・ミュージックのカバー楽曲を中心とした『Symphonic Holocaust』を発表しているためです。寒々とした大地を描き出すような空気感を持つスウェーデンのプログレッシブ・ロック・グループだからこそ、背筋が凍るようなホラー・ミュージックと相性の良さを示すのでしょう。

試聴 Click!

netherland dwarfによるカバー
IL REALE IMPERO BRITANNICOの76年作『Perche Si Uccidono』


「netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』連動 ANGLAGARDを始点とするMattias Olsson関連作」 を読む




netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第1回 netherland dwarf / tortoise walks forever (Japan / 2014)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第1回 netherland dwarf / tortoise walks forever (Japan / 2014)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第2回 CHRIS / Snow Stories (Holland / 2012)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第2回 CHRIS / Snow Stories (Holland / 2012)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第3回 GRENDEL / The Helpless (Poland / 2008)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第3回 GRENDEL / The Helpless (Poland / 2008)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第4回 ANUBIS / Hitchhiking To Byzantium (Australia / 2014)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第4回 ANUBIS / Hitchhiking To Byzantium (Australia / 2014)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第5回 AGUSA / Hogtid (Sweden / 2014)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第5回 AGUSA / Hogtid (Sweden / 2014)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第6回 SANHEDRIN / Ever After (Israel / 2011)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第6回 SANHEDRIN / Ever After (Israel / 2011)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第7回 AMOEBA SPLIT / Dance Of The Goodbyes (Spain / 2010)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第7回 AMOEBA SPLIT / Dance Of The Goodbyes (Spain / 2010)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第8回 MAGENTA / The Twenty Seven Club (UK / 2013)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第8回 MAGENTA / The Twenty Seven Club (UK / 2013)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第9回 TOHPATI ETHNOMISSION / Save The Planet (Indonesia / 2010)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第9回 TOHPATI ETHNOMISSION / Save The Planet (Indonesia / 2010)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第10回 HIDRIA SPACEFOLK / Astronautica (Finland / 2012)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第10回 HIDRIA SPACEFOLK / Astronautica (Finland / 2012)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第11回 QUATERNA REQUIEM / O Arquiteto (Brazil / 2012)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第11回 QUATERNA REQUIEM / O Arquiteto (Brazil / 2012)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第12回 SETNA / Guerison (France / 2013)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第12回 SETNA / Guerison (France / 2013)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第13回 FLOR DE LOTO / Nuevo Mesias (Peru / 2014)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第13回 FLOR DE LOTO / Nuevo Mesias (Peru / 2014)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第14回 TRANSATLANTIC / The Whirlwind (Multi-National / 2009)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第14回 TRANSATLANTIC / The Whirlwind (Multi-National / 2009)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第15回 KARFAGEN / Lost Symphony (Ukraine / 2011)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第15回 KARFAGEN / Lost Symphony (Ukraine / 2011)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第16回 SENSE / Going Home (Canada / 2007)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第16回 SENSE / Going Home (Canada / 2007)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第17回 ARANIS / Roqueforte (Belgium / 2010)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第17回 ARANIS / Roqueforte (Belgium / 2010)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第18回  SIKUS BOLIVIA / E.C.L.I.P.S.E. (Bolivia / 2011)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第18回 SIKUS BOLIVIA / E.C.L.I.P.S.E. (Bolivia / 2011)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第19回  LITTLE TRAGEDIES / At Nights (Russia / 2014)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第19回 LITTLE TRAGEDIES / At Nights (Russia / 2014)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第20回  NUCLEUS TORN / Neon Light Eternal (Switzerland / 2015)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第20回 NUCLEUS TORN / Neon Light Eternal (Switzerland / 2015)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第21回  MERRY GO ROUND / Merry Go Round (Italy / 2015)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第21回 MERRY GO ROUND / Merry Go Round (Italy / 2015)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第22回  WOBBLER / Afterglow (Norway / 2009)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第22回 WOBBLER / Afterglow (Norway / 2009)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第23回  MEDIABANDA / Siendo Perro (Chile / 2010)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第23回 MEDIABANDA / Siendo Perro (Chile / 2010)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第24回  FIVE-STOREY ENSEMBLE / Not That City (Belarus / 2013)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第24回 FIVE-STOREY ENSEMBLE / Not That City (Belarus / 2013)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第25回  GLASS HAMMER / If (USA / 2010)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第25回 GLASS HAMMER / If (USA / 2010)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第26回  SEIN / La Flor Y La Mierda (Argentina / 2010)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第26回 SEIN / La Flor Y La Mierda (Argentina / 2010)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第27回  CICCADA / A Child In The Mirror (Greece / 2010)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第27回 CICCADA / A Child In The Mirror (Greece / 2010)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第28回  CAST / Originallis (Mexico / 2008)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第28回 CAST / Originallis (Mexico / 2008)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第29回  AFTER CRYING / Creatura (Hungary / 2011)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第29回 AFTER CRYING / Creatura (Hungary / 2011)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第30回  MARTIGAN / Vision (Germany / 2009)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第30回 MARTIGAN / Vision (Germany / 2009)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第31回  ROBERT REED / Sanctuary (UK / 2014)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第31回 ROBERT REED / Sanctuary (UK / 2014)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第32回 DEWA BUDJANA / Zentuary (Indonesia / 2016)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第32回 DEWA BUDJANA / Zentuary (Indonesia / 2016)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第33回 HOSTSONATEN / Summereve (Italy / 2011)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第33回 HOSTSONATEN / Summereve (Italy / 2011)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第34回  PAMPA TRASH / Ya Fue (Argentina / 2014)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第34回 PAMPA TRASH / Ya Fue (Argentina / 2014)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!

ANIMA MORTEの在庫

  • ANIMA MORTE / FACE THE SEA OF DARKNESS

    GOBLINに影響を受けたスウェーデンのシンフォ・グループ、07年デビュー作、メロトロンをフィーチャーした荘厳なシンフォ

    スウェーデンのシンフォ・グループ。07年のデビュー作。GOBLINなどによるイタリアン・ホラー映画のサントラに影響を受けたグループ。メロトロンやムーグなどヴィンテージ・キーボードを中心に、力強くタイトなリズム隊、メランコリックかつ先鋭なリード・ギターがヘヴィで荘厳で叙情的なサウンドを奏でる、というスタイル。アコギとピアノによるほの暗く格調高いパートも素晴らしい。オール・インストですが、映像喚起的なアレンジ&構成と主旋律が際立っていて、一気に聴かせます。北欧の新鋭は本当にレベル高い。

  • ANIMA MORTE / NIGHTMARE BECOMES REALITY

    スウェーデン出身11年2nd、GOBLINの影響を汲んだヘヴィ・プログレをダイナミックに進化させた力作

    スウェーデン出身11年2nd。ホラー・テイスト満載のヘヴィ・プログレ。浮遊感あるシンセサイザー、ロング・サスティーンなども交えて泣きまくるギター、タメの効いたドラムによる幻想的なアンサンブルはGOBLINを彷彿とさせます。柔らかいアコースティック・ギターがソロを爪弾く静のパートから、うねるドラムとスペイシーなシンセサイザーが飛び交う動のパートへと、鮮やかな対比を見せる楽曲はGOBLIN以上にダイナミックなもの。ジワジワと浸透するGOBLINとは別の個性を発揮しています。随所で北欧トラッドのメロディも顔を出すなど叙情的な一面も覗かせます。ドラマがきっちりと構成されたスケールの大きなホラー・プログレ。デジパック仕様。

  • ANIMA MORTE / UPON DARKENED STAINS

    元ANGLAGARDのMattias Olssonとの共同プロデュースの2014年作3rd、狂気と寂寥感みなぎる北欧シンフォの一大傑作

    イタリアのゴブリンの他、母国のサムラやBo Hanssonに影響を受けたスウェーデンの新鋭シンフォニック・ロック・グループ。07年作、11年作に続く14年作3rd。元ANGLAGARDのドラマーで現KAUKASUSのMattias Olssonとバンドとの共同プロデュースで、Mattiasは演奏でも参加。他にKAUKASUSのKey奏者やフルート奏者もゲスト参加し、前作までのゴブリン影響下のヘヴィなサウンドを軸に、より北欧シンフォらしい透明感と音響的センスが散りばめられた幻想性溢れるサウンドが印象的。リリシズムがシトシトとこぼれ落ちるような静謐なピアノ、まるで聖歌隊のように荘厳なキーボード、高らかに鳴り響くムーグ・シンセ、たなびくメロトロン、そして、狂おしくヘヴィに炸裂するエレキ・ギターとタイト&アグレッシヴに畳み掛けるリズム隊。アコギやブズーキなどによる古楽的なパートも挟み込まれ、透明感ある狂気の中にふと現れる手工芸のような温かみも印象的。狂気と寂寥感とが圧倒的に増幅されたサウンドで聴き手に襲いかかるサウンドはこれぞ北欧ヘヴィ・シンフォ。00年代以降屈指のバンドと言えるANGLAGARDにも比肩するスケールを持った大傑作。

「ANIMA MORTEの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。