プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第26回 SEIN / La Flor Y La Mierda (Argentina / 2010)

本連載では「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことに重点を置き、フランスのプログレッシブ・ロックレーベルMusea Recordsからシンフォニック・ロックアルバムでデビューを果たしたnetherland dwarfが、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を、幅広くご紹介します。「ミュージシャンの視点」とは言っても、各コラムは平易な文章で構成されていますので、楽器が弾けない、専門用語は分からないという場合でも、心配せずにご覧下さい。

第26回 SEIN / La Flor Y La Mierda (Argentina / 2010)

ブラジルと共に南米プログレッシブ・ロックの中心国として、その歴史を彩ってきたのがアルゼンチンです。1990年代以降の南米シーンには(ブラジルのTEMPUS FUGITやメキシコのCASTなどに代表される)ネオ・プログレッシブ・ロックからの影響を感じさせるパワフルなシンフォニック・ロックのイメージがありますが、アルゼンチンの70年代プログレッシブ・ロックには、イタリアン・ロックが引き合いに出される甘美なメロディー・ライン、歯切れの良いスペイン語のハイ・トーン・ヴォーカル、沈む夕日を眺めるようなセンチメンタリズムなど、デリケートな印象を持つ作品が多く見受けられます。

試聴 Click!

アルゼンチンの70年代プログレッシブ・ロック・シーンにおいて個人名が紹介されることの多いミュージシャンとしては、デュオ編成のSUI GENERISからキャリアをスタートさせ、LA MAQUINA DE HACER PAJAROSやSERU GIRANのメンバーとしても活躍したキーボーディストCharly Garcia、若干15歳という年齢でアルバム・デビューを果たしたMIAのキーボーディストLito Vitale、そしてCRUCISを率いたベーシストGustavo Montesanoなどが挙げられるでしょう。もちろん同国からは、重量感のあるへヴィー・プログレッシブ・ロックを奏でるBUBUや、ツイン・ギター編成でアグレッシブに迫るAVE ROCKのように、ハードなサウンドを操るグループも登場しています。しかし、上記の代表格グループたちに加えて、CRUCISと並び称される存在であるESPIRITU、素朴なアコースティック・サウンドを放つAUCAN、ツイン・キーボード編成を生かしたシンフォニック・ロックで知られるPABLO EL ENTERRADOR、ジャジーなバンド・アンサンブルで聴かせるBANANAといった有名グループたちの作品からは共通して、ハートフルな中にもどこか翳りを感じさせるような南米特有の美意識が感じ取れるのです。今回は、そんな先人たちのサウンドを受け継ぐ新たな世代のグループを取り上げます。

2006年にキーボード・ヴォーカリストMarcelo Siuttiが製作した14曲のデモ・レコーディングがきっかけとなり、キーボード・トリオ編成で結成されたのがSEINです。彼らの存在がユニークである理由について語るためには、プログレッシブ・ロック・シーンにおける「キーボード・トリオ」というスタイルについて振り返る必要があるでしょう。70年代初頭の実験的なプログレッシブ・ロック・グループ、あるいは一部のジャズ・ロック・グループなどに例外は見られるものの、キーボード・トリオ編成のグループがこれまで選択してきた作風は、キーボーディストのテクニックを中心に聴かせるクラシカル・ロックが中心となってきました。もちろん、その背景にブリティッシュ・プログレッシブ・ロックのトップ・グループであるEMERSON, LAKE & PALMERの強烈な影響力があったことは述べるまでもなく、オランダのTRACEやドイツのTRIUMVIRATを筆頭に世界中のプログレッシブ・ロック・シーンに数多くのフォロワー・グループを生み出したのです。ちなみに70年代のアルゼンチンでも、EMERSON, LAKE & PALMERからの影響を感じさせるALASが活動し必聴作を作り上げています。しかし、SEINの奏でる音楽は上記のキーボード・ロック・グループたちのそれとは全く異なっており、「キーボード・ロック」という分類すら適切ではないのかもしれません。

試聴 Click!

2010年にリリースされたデビュー・アルバム『La Flor Y La Mierda』は、PINK FLOYDやGENESISといったブリティッシュ・プログレッシブ・ロックからの影響を公言するグループに相応しく、人間に潜む「慈愛と残酷」の二面性をテーマにした楽曲が並びます。サポート・メンバーとしてギタリスト、サックス奏者、パーカッション奏者が起用されていますが、基本となるスタイルは正式メンバーによるキーボード・トリオ編成であり、アルゼンチンのアーティストらしい歌心に溢れたメロディーを散りばめた作風となっています。彼らが他のキーボード・ロック・グループたちと決定的に異なる点は、あくまでも楽曲の重点をMarcelo Siuttiのヴォーカルに置き、コーラス・ワークを含む堅実なアンサンブルでメロディーを支えるスタイルを採っているということでしょう。ポップ・ミュージックならば当然のアプローチと言える手法ですが、過度な技巧主義に陥りがちなプログレッシブ・ロック・シーンにおいて、彼らのように「メロディーのためのバンド・アンサンブル」という方向性を明確に提示するグループの存在は新鮮に映ります。また、ほとんどの楽曲が、落ち着いた印象のアコースティック・ピアノと包み込むようなシンセサイザー・ストリングスの音色を中心に構成されている点も、ハモンド・オルガンやモーグ・シンセサイザーを弾き倒す一般的なキーボード・ロックのイメージとは異なるものです。もちろん、プログレッシブ・ロックらしい味付けとして、オルガン・サウンドやアナログ・ライクなシンセサイザー・リード、あるいはサポート・ギタリストによるパワフルなユニゾン・ギターなども収録されているものの、それらはあくまでも珠玉のメロディーとコーラス・ワークがあった上でのアクセントと捉えるべきものでしょう。

本作は、「メロディーの美しさ」という評価基準を充分に満たすプログレッシブ・ロック作品でしょう。もちろんその裏には、上記のようにメロディーを引き立たせるためのサウンド・メイクが巧みに施されています。インストゥルメンタル・セクションの充実や、各楽器奏者の超絶技巧などを特徴のひとつとして発展してきたプログレッシブ・ロックではありますが、SEINの作品に耳を傾けてみると、ヴォーカル・パートの重要性と普遍的なメロディーの魅力を実感させられるのです。


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第1回 netherland dwarf / tortoise walks forever (Japan / 2014)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第1回 netherland dwarf / tortoise walks forever (Japan / 2014)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第2回 CHRIS / Snow Stories (Holland / 2012)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第2回 CHRIS / Snow Stories (Holland / 2012)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第3回 GRENDEL / The Helpless (Poland / 2008)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第3回 GRENDEL / The Helpless (Poland / 2008)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第4回 ANUBIS / Hitchhiking To Byzantium (Australia / 2014)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第4回 ANUBIS / Hitchhiking To Byzantium (Australia / 2014)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第5回 AGUSA / Hogtid (Sweden / 2014)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第5回 AGUSA / Hogtid (Sweden / 2014)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第6回 SANHEDRIN / Ever After (Israel / 2011)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第6回 SANHEDRIN / Ever After (Israel / 2011)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第7回 AMOEBA SPLIT / Dance Of The Goodbyes (Spain / 2010)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第7回 AMOEBA SPLIT / Dance Of The Goodbyes (Spain / 2010)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第8回 MAGENTA / The Twenty Seven Club (UK / 2013)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第8回 MAGENTA / The Twenty Seven Club (UK / 2013)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第9回 TOHPATI ETHNOMISSION / Save The Planet (Indonesia / 2010)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第9回 TOHPATI ETHNOMISSION / Save The Planet (Indonesia / 2010)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第10回 HIDRIA SPACEFOLK / Astronautica (Finland / 2012)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第10回 HIDRIA SPACEFOLK / Astronautica (Finland / 2012)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第11回 QUATERNA REQUIEM / O Arquiteto (Brazil / 2012)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第11回 QUATERNA REQUIEM / O Arquiteto (Brazil / 2012)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第12回 SETNA / Guerison (France / 2013)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第12回 SETNA / Guerison (France / 2013)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第13回 FLOR DE LOTO / Nuevo Mesias (Peru / 2014)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第13回 FLOR DE LOTO / Nuevo Mesias (Peru / 2014)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第14回 TRANSATLANTIC / The Whirlwind (Multi-National / 2009)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第14回 TRANSATLANTIC / The Whirlwind (Multi-National / 2009)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第15回 KARFAGEN / Lost Symphony (Ukraine / 2011)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第15回 KARFAGEN / Lost Symphony (Ukraine / 2011)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第16回 SENSE / Going Home (Canada / 2007)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第16回 SENSE / Going Home (Canada / 2007)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第17回 ARANIS / Roqueforte (Belgium / 2010)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第17回 ARANIS / Roqueforte (Belgium / 2010)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第18回  SIKUS BOLIVIA / E.C.L.I.P.S.E. (Bolivia / 2011)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第18回 SIKUS BOLIVIA / E.C.L.I.P.S.E. (Bolivia / 2011)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第19回  LITTLE TRAGEDIES / At Nights (Russia / 2014)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第19回 LITTLE TRAGEDIES / At Nights (Russia / 2014)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第20回  NUCLEUS TORN / Neon Light Eternal (Switzerland / 2015)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第20回 NUCLEUS TORN / Neon Light Eternal (Switzerland / 2015)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第21回  MERRY GO ROUND / Merry Go Round (Italy / 2015)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第21回 MERRY GO ROUND / Merry Go Round (Italy / 2015)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第22回  WOBBLER / Afterglow (Norway / 2009)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第22回 WOBBLER / Afterglow (Norway / 2009)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第23回  MEDIABANDA / Siendo Perro (Chile / 2010)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第23回 MEDIABANDA / Siendo Perro (Chile / 2010)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第24回  FIVE-STOREY ENSEMBLE / Not That City (Belarus / 2013)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第24回 FIVE-STOREY ENSEMBLE / Not That City (Belarus / 2013)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第25回  GLASS HAMMER / If (USA / 2010)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第25回 GLASS HAMMER / If (USA / 2010)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!

SEINの在庫

  • SEIN / TESIS

    アルゼンチン・プログレ新鋭13年作、往年のアルゼンチン・プログレの詩情溢れるメロディアスさを濃厚に受け継ぐサウンドが素晴らしい名品

    アルゼンチンの新鋭プログレ・バンド、2013年作。大河のごとく雄大に流れていく分厚いシンセに、SERU GIRAN、PABLO EL ENTERRADORなどを受け継ぐ珠玉のヴォーカルメロディが重なる冒頭のシンフォニック・ナンバーから、南米ファンなら悶絶間違いなし!その他の曲も、PABLOの1st中盤に入っていそうな、高鳴るシンセが印象的な抜けるようにポップでメロディアスなナンバーから、NEXUSなどを彷彿させる哀愁メロディとヴィンテージなシンセ、オルガンが力強く駆け抜けるプログレ・ハード調のナンバーまで、多彩なアンサンブルで聴かせます。なかでも出色が、たおやかなアコギ、センシティヴなピアノが優しくヴォーカルを支えるアコースティカルな楽曲で、アルゼンチンらしい豊かな情感に満ちた演奏にここでも思わずグッと来てしまいます。これは間違いなく往年のアルゼンチン・プログレの詩情溢れるメロディアスさを最も濃く受け継ぐバンドの一つ。10年デビュー作とともに、南米ファンには是非ともお聴きいただきたい名品です。

  • SEIN / LA FLOR Y LA MIERDA

    え!?これ本当に新鋭なの? SERU GIRANやPABLO EL ENTERRADORの遺伝子を受け継ぐ正統派アルゼンチン・プログレ、名作!

    南米アルゼンチンの新鋭、2010年デビュー作。「え!?これ本当に新鋭なの?」と思ってしまうほど70年代プログレのエッセンスに溢れています。SERU GIRANやPABLO EL ENTERRADORの遺伝子を受け継いだ叙情美と構築美。柔らかくたゆたうキーボード、「詩情」豊かなメロディと繊細な歌声が胸を打つヴォーカル。時にジャジーなフレーズをさらりと挿入するセンスも往年のアルゼンチン・ロックの名グループ譲り。これは素晴らしいグループです!SERU GIRAN、PABLO EL ENTERRADORのファンは必聴!

    • 115250EPSA MUSIC

      24cm四方の特殊ペーパーケース仕様、ボーナスDVD付きの2枚組、DVDの入力方式・リージョン不明

      レーベル管理上、ペーパーケースの状態が悪いです。ご了承ください。

「SEINの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。