プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第8回 MAGENTA / The Twenty Seven Club (UK / 2013)

本連載では「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことに重点を置き、フランスのプログレッシブ・ロックレーベルMusea Recordsからシンフォニック・ロックアルバムでデビューを果たしたnetherland dwarfが、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を、幅広くご紹介します。「ミュージシャンの視点」とは言っても、各コラムは平易な文章で構成されていますので、楽器が弾けない、専門用語は分からないという場合でも、心配せずにご覧下さい。

第8回 MAGENTA / The Twenty Seven Club (UK / 2013)

男性メンバーによってグループが編成されることの多いプログレッシブ・ロックの中で、その希少さから、ひとつの個性として注目を集めてきたのが「女性ヴォーカリスト」を擁するグループたちです。メンバーの中で「紅一点」の存在である彼女たちの歌声は、時にシンフォニック・ロックの優雅な響きに寄り添い、また時にトラディショナル・フォークの素朴な味わいと結びつき、それぞれの個性を発揮してきました。1970年代のブリティッシュ・プログレッシブ・ロックにおいてはCURVED AIRのSonja Kristinaをはじめ、AFFINITYのLinda Hoyle、FAIRPORT CONVENTIONのSandy Denny、STEELEYE SPANのMaddy Prior、THE SALLYANGIEのSally Oldfield、SPIROGYRAのBarbara Gaskinなどの女性ヴォーカリストたちが素晴らしい歌声を響かせてきましたが、その中でも「女性ヴォーカリスト」の代名詞と言えば、やはりRENAISSANCEのAnnie Haslamの名前が挙がるでしょう。

女性ヴォーカリストを擁するプログレッシブ・ロックグループの代表格であるRENAISSANCEは、名グループTHE YARDBIRDSのKeith RelfとJim McCartyを中心に活動していた時期を「第1期」とし、第1期にゲスト参加していたMichael Dunfordが中心となり、Annie Haslamを擁した体制で72年に再デビューを果たしてからを「第2期」と考えますが、一般的にRENAISSANCEと言えば、不動のメンバーで世界的な成功を収めた第2期の印象が強く残ります。5オクターブの声域を誇る「クリスタル・ヴォイス」と評されるAnnie Haslamのソプラノ・ヴォーカルをフューチャーし、オーケストラを大胆に導入したクラシカルな色艶と、エレキ・ギターを廃したアコースティックな叙情性を併せ持った彼らの音楽性は、シンフォニック・ロックの理想形のひとつとして多くのファンに支持されました。また、その世界観を築く上で重要な役割を担った作詞家Betty Thatcherやオーケストラ・アレンジの名手たちの存在など、それぞれの突出した才能が完璧な調和を見せることによって素晴らしい作品が生み出されてきたのです。70年代中盤に全盛期を迎えた彼らは80年代に解散、いくつかの時代を経て2000年に再始動作、翌2001年に来日公演のライブ作、2011年には往年の名盤の再現公演を収録したライブ作をリリースしますが、2012年のツアー直後にMichael Dunfordが急逝、翌2013年に発表された新作『Grandine il Vento』が彼の遺作となりました。

試聴 Click!

さて、ヴォーカリストAnnie Haslamはソロ・アーティストとしても優れた作品を残しており、加えて他のミュージシャン作品へのゲスト参加も行ってきましたが、Annie Haslamとのコラボレーションにより2006年にEP『Night And Day』をリリースしたのがイギリスの新世代グループMAGENTAです。

MAGENTAは、メロディック・ロックバンドCYANのメンバーとして90年代前半に登場し、97年にはFYREWORKSとしてもアルバムを残したキーボーディストRob Reedと、女性ヴォーカリストChristina BoothによりTRIPPAというユニットを経て99年に結成され、YESなど往年のプログレッシブ・ロックグループからの影響を感じさせるタイトなバンド・サウンドと、ネオ・プログレッシブ・ロック世代のポピュラリティーに富んだメロディー・センスによって、新世紀のプログレッシブ・ロックシーンを代表する女性ヴォーカル・グループとしての地位を確立しました。近年では、Rob Reedはケルティックな質感を押し出した壮大なサイド・プロジェクトKOMPENDIUMを発足させ、Christina Boothはソロ・アーティストとしても作品を発表するなど、MAGENTAでの安定感のある活動を土台としながらその活躍の場を広げています。

MAGENTAの6枚目のスタジオ・アルバムである本2013年作『The Twenty Seven Club』は、そのタイトルの通り27歳で生涯を閉じた6人のミュージシャンたち(収録曲順にJim Morrison / Jimi Hendrix / Janis Joplin / Brian Jones / Kurt Cobain / Robert Johnson)をコンセプトに製作されており、MAGENTAの最高傑作との呼び声も高い注目作となりました。交響曲第9番を作曲した作曲家は死ぬ、という「第九の呪い」と並んで音楽関連の有名な「死のジンクス」である「27クラブ」ですが、この大きなテーマをコンセプトに掲げるということは比較的最近の具体的なミュージシャンを取り上げるということであり、若くして亡くなったそれぞれのミュージシャンに対する深い考察が不可欠であることは言うまでもありません。本作にはその重厚なコンセプトに基づいた、鎮魂の祈りを感じさせるようなシンフォニック且つドラマティックな楽曲が収録されており、彼らの音楽的特色である構築の美しさと硬質なバンド・アンサンブルが全編を通して強い緊張感を張り巡らせていますが、その堂々としたパフォーマンスからはベテラン・グループに匹敵する風格すら感じることが出来るでしょう。また、オーケストレーションを取り入れたシンフォニック・サウンドのダイナミズムと、切々と奏でられるアコースティック・サウンドのセンチメンタリズムが10分を超える長尺楽曲の中で絶妙なコントラストを放ち、YESやRENAISSANCEが作り上げたシンフォニック・ロックのスタイルをさらに推し進めた彼らが、ついに孤高の領域へと足を踏み入れたことを伺わせます。

「27クラブ」のロック・スターたちの生き様を強烈に描き出した本作は、プログレッシブ・ロックの大きな魅力のひとつである「コンセプト性」が発揮された名盤であり、6曲のタイトルには上記の6名を象徴するワードが用いられ、またジャケット・アートにはそれぞれの姿と、その死因を想起させるアイテムが描かれています。比較的コンパクトな印象のあった前2011年作『Chameleon』と比べると、プログレッシブ・ロックらしい振る舞いが再び舞い戻った、MAGENTAの更なる飛躍を予感させる重要作となっています。


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第1回 netherland dwarf / tortoise walks forever (Japan / 2014)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第1回 netherland dwarf / tortoise walks forever (Japan / 2014)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第2回 CHRIS / Snow Stories (Holland / 2012)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第2回 CHRIS / Snow Stories (Holland / 2012)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第3回 GRENDEL / The Helpless (Poland / 2008)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第3回 GRENDEL / The Helpless (Poland / 2008)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第4回 ANUBIS / Hitchhiking To Byzantium (Australia / 2014)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第4回 ANUBIS / Hitchhiking To Byzantium (Australia / 2014)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第5回 AGUSA / Hogtid (Sweden / 2014)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第5回 AGUSA / Hogtid (Sweden / 2014)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第6回 SANHEDRIN / Ever After (Israel / 2011)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第6回 SANHEDRIN / Ever After (Israel / 2011)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第7回 AMOEBA SPLIT / Dance Of The Goodbyes (Spain / 2010)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第7回 AMOEBA SPLIT / Dance Of The Goodbyes (Spain / 2010)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!

MAGENTA他、関連作在庫

  • MAGENTA / BROKEN

    英シンフォ新鋭の実力派グループ、04年作

  • MAGENTA / GATHERING

    05年のライヴ映像、全11曲

  • MAGENTA / HOME

    00年代以降のシーンを牽引する英シンフォ・グループ、06年3rd

  • MAGENTA / METAMORPHOSIS

    00年代英国を代表するシンフォ・バンド、08年4th

  • ROBERT REED / SANCTUARY

    英シンフォ・バンドMAGENTAの中核をなすkey奏者/マルチミュージシャン、14年作

    MAGENTAのギタリスト/コンポーザーとして活躍する彼が、初期マイク・オールドフィールドへのオマージュとして制作した14年作。22種類に及ぶ楽器群をすべて自身が演奏し、多重録音によって重ね合わせた作風は、まさにマイク・オールドフィールドの初期3作を踏襲するスタイル。各楽器が緻密に織り上げられていくアンサンブルながら、全体としては英国の田園風景を思わせる雄大な流れが感じられるサウンドがただただ素晴らしいです。エグゼクティブ・プロデューサーには何と「TUBULAR BELLS」を手がけたTom Newmanを迎えており、この完成度の高さにも納得です。初期マイク・ファンならきっと唸らずにはいられない傑作!

  • MAGENTA / CHAOS FROM THE STAGE

    現英国シンフォ屈指の実力派バンド、2015年母国でのライヴの模様を収録した16年作

    女性ヴォーカリストChristina Boothを擁する現英国シンフォ屈指の実力派バンド、2015年におこなった母国でのライヴを収録した16年作。近作『The Twenty Seven Club』『Cameleon』収録曲を中心にキャリアよりバランス良く選曲されています。手数多くアグレッシヴに叩くドラムとよく歌うベースの存在感あるリズム隊、ザクザクと重厚に刻むリフワークから歌心溢れる伸びやかなプレイまで自在のギター、ジェネシスを宿すリリカルで温かみのあるシンセ&ピアノ。そして美声を生かしつつもぐっと抑えた表現も素晴らしいヴォーカル。ライヴでもそのサウンド・クオリティは一切下がりません。ベテランの域に入ったバンドによる瑞々しくも貫禄あるパフォーマンスが楽しめる好ライヴ作。

  • ROBERT REED / SANCTUARY II

    MAGENTAの中心人物による16年作ソロ、マイク・オールドフィールドへのオマージュに溢れたシンフォニック&トラディショナルな逸品

    00年代以降のイギリスを代表するシンフォ・バンドMAGENTAのブレイン、Robert Reedによる16年作ソロ。14年作のEPに続き、トム・ニューマンのプロデュースで、ドラムには名手サイモン・フィリップス、ヴォーカルにはKOMPENDIUMでもおなじみの女性Angharad Brinnが参加。初期マイク・オールドフィールドを彷彿させるシンフォニック&トラディショナルなサウンドが魅力的です。まるでマイク・オールドフィールドとアンソニー・フィリップスがブレンドされたような繊細なタッチの幻想的なギター、ニューエイジ色とシンフォニック色とが絶妙にバランスしたキーボードから溢れ出る英国ならではの気品。マイク・オールドフィールドも好きで、ジェネシスも好きなら、このサウンドはきっとたまらないはず。ハンドメイドなタッチのサウンド・プロダクションも良い感じです。

  • MAGENTA / WE ARE LEGEND

    美声女性ヴォーカルを擁する現英国シンフォ・シーンを牽引するバンド、26分の大作を含む17年作!

    女性ヴォーカルのクリスティーナ・ブースの美声とコンポーザーのロブ・リードのソングライティング力を武器に00年代屈指の英シンフォ・バンドへと上り詰めた実力派バンドによる17年作。サポートメンバーから今作より正規メンバーとなるベースのDan Nelson、KINKY WIZZARDなどで活動するドラマーJon Griffithsらが新加入。26分に及ぶ大作を冒頭に配し、約11分の楽曲2曲が後に続く全3曲という、イエス『危機』を思わせる構成を持ちます。新リズム隊による自在な切り返しを見せるタイトなプレイを土台に、溢れんばかりの情感を込めてフレーズを紡ぐギター、ピアノと艶やかなシンセを駆使して端正な英国叙情を添えるキーボード、そして清涼感に満ちた美声で時にポップに時にしっとり情緒的に歌い上げるフィメール・ヴォーカル。エレクトロニクスも巧みに導入しながら進行していく溌剌としたアンサンブルが本当に見事で、そのサウンドは活動歴17年目というベテランの域に入ったバンドとは思えない鮮度を誇っています。また本作では従来にも増してグッと抑えたエモーショナルな演出力が光っており、ヴォーカルが切々と歌うドラマチックなパートで繊細に織り上げられる泣きのアンサンブルには感涙必至。本作も彼らの持ち味が十二分に発揮された充実の一枚です。

  • ROBERT REED / SANCTUARY III

    MAGENTAのギタリスト/コンポーザーによる、『TUBULAR BELLS』へのオマージュ・シリーズ第3作目、初期マイクを愛するすべての方への贈り物と言える素晴らしき名品!

    現在の英プログレ・シーンを牽引するバンドMAGENTAのギタリスト/コンポーザーである彼が、敬愛するマイク・オールドフィールドの名作『TUBULAR BELLS』へのオマージュを込めて制作する一人多重録音アルバム・シリーズ「SANCTUARY」の第3作目となる2018年作。本人と見紛うほどにマイクの音色とプレイを研究し尽くした瑞々しくも緊張感を帯びたギター・サウンドを軸に、緻密かつクリアに織り上げられていく音のタペストリーは、前2作を楽しんだ方はもちろん、初期マイクのファンなら必ずや感動がこみ上げてくるはず。「OMMADAWN」で演奏したリコーダー奏者Les Pennings、名手Simon Phillips、そしてプロデュースには前作に引き続き『TUBULAR BELLS』を手がけたTom Newmanを起用しており、脇を固めるメンツからも本気度が伝わってきます。草原を吹き抜ける風のように凛とした美声を提供する女性ヴォーカリストAngharad Brinnも相変わらず素晴らしい。前2作同様、初期マイクを愛するすべての方への贈り物と言える名品に仕上がっています。

  • ROBERT REED / SANCTUARY LIVE

    MAGENTAを率いるギタリスト/マルチ・ミュージシャン、『TUBULAR BELLS』へのオマージュ作『SANCTUARY』『SANCTUARY II』をバンド編成で演奏した16年ライヴ作品

    現英国シーンをリードするシンフォ・グループMAGENTAを率いる彼が、14年にリリースした1stソロ『SANCTUARY』とその続編となる16年作『SANCTUARY II』。マイク・オールドフィールドの『TUBULAR BELLS』へのオマージュとして制作されたこの2作を演奏した、16年ライヴ作品が本作です。スタジオ・アルバムではほとんどの楽器を自らが演奏していましたが、ライヴということでMAGENTAのメンバーを含むバンド編成での演奏となっています。バンド演奏ならではの躍動感と呼吸が加わり、オリジナルの多重録音バージョンよりも生き生きと音像が立ち上がっている印象。最後にはKOMPENDIUMの女性シンガーAnghard Brinnのうっとりするような美しいヴォーカルをフィーチャーした「WILLOW’S SONG」で締められ、ライヴ作品としてトータルの完成度も抜群です。長年の彼の憧れであった初期マイク・オールドフィールドへの限りない愛情とリスペクトを感じさせる非常に感動的なパフォーマンスとなっています。

  • MAGENTA / SINGLES: COMPLETE

    00年代以降のイギリスを代表するシンフォニック・ロック・バンド、07年の『Singles』に多数の音源を追加したコンプリート・エディション

    女性ヴォーカルのクリスティーナ・ブースの美声とコンポーザーのロブ・リードのソングライティング力を武器に00年代屈指の英シンフォ・バンドへと上り詰めたバンド。シングル収録のレア・トラックを再録音して07年にリリースした『SINGLES』に、EL&Pの「Lucky Man」、YESの「Wonderous Stories」のカヴァーをはじめ、ミックス違いやアコースティック・バージョンなどを追加収録したコンプリート・エディション。

    【CD 1】
    1. Wonderous Stories
    2. Speechless
    3. When We Were Young
    4. I’m Alive
    5. Call Me
    6. King Of The Skies
    7. Lucky Man
    8. Lemminkainen’s Lament
    9. The Lizard King (Single Mix)
    10. Night And Day
    11. Cold
    12. Broken

    【CD 2】
    1. The Visionary (2015 Mix)
    2. Wonderous Stories (Acoustic Mix)
    3. Speechless (Extended Mix)
    4. Anger
    5. Lucky Man (Extended Mix)
    6. Sloth (String Mix)
    7. The Lizard King (Acoustic Mix)
    8. I’m Alive (Chimpan A Mix)
    9. Demons (2015 Mix)
    10. RAW (Classical Mix)
    11. Sunshine Saviour
    12. Opus 3 (Instrumental)

  • MAGENTA / WE ARE SEVEN LIVE(2CD)

    現英国シーンをリードするシンフォ・グループ、18年4月のライヴ音源を収録、全13曲

    2018年4月8日に母国イギリスでおこなったライヴの音源を収録。Disc1には17年リリースの最新作『WE ARE LEGEND』の全3曲をメインとする5曲を、Disc2には04年の名作「SEVEN」を全曲含んだ8曲を収録。麗しい美声女性ヴォーカルをフィーチャーし、英国らしい端正なスタイリッシュさと哀愁いっぱいに盛り上がるドラマ性をあわせ持った無敵のサウンドで迫ります!

  • MAGENTA / WE ARE SEVEN LIVE(2DVD)

    現英国シーンをリードするシンフォ・グループ、18年4月のライヴ映像を収録、全13曲

    2018年4月8日に母国イギリスでおこなったライヴの映像を収録。Disc1には17年リリースの最新作『WE ARE LEGEND』の全3曲をメインとする5曲を、Disc2には04年の名作「SEVEN」を全曲含んだ8曲を収録。相変わらずの麗しい美声女性ヴォーカルをフィーチャーし、英国らしい端正なスタイリッシュさと哀愁いっぱいに盛り上がるドラマ性をあわせ持った無敵のパフォーマンスで迫ります!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。