プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第2回 CHRIS / Snow Stories (Holland / 2012)

本連載では「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことに重点を置き、フランスのプログレッシブ・ロックレーベルMusea Recordsからシンフォニック・ロックアルバムでデビューを果たしたnetherland dwarfが、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を、幅広くご紹介します。「ミュージシャンの視点」とは言っても、各コラムは平易な文章で構成されていますので、楽器が弾けない、専門用語は分からないという場合でも、心配せずにご覧下さい。

第2回 CHRIS / Snow Stories (Holland / 2012)

今回はまず、現在に至るまで多くのミュージシャンが製作してきた「クリスマス・アルバム」について考えてみます。1970年代プログレッシブ・ロックの有名グループ関連だけを見渡しても、例えばYESはJon Anderson、Rick Wakeman、Chris Squire、そしてEMERSON, LAKE & PALMERはKeith Emersonがクリスマス・アルバムをリリースした経験を持ち、オリジナル・アルバムとはまた違った趣向で多くの音楽ファンを楽しませてきましたし、近年ではモンスター・グループTRANSATLANTICのリーダーNeal Morseによる、クリスマスソングのプログレッシブ・ロックアレンジ作などが話題となりました。では「クリスマス・アルバムを作る」とは具体的にどういったことなのでしょうか。

そのファンタジックなコンセプトに魅力を感じるミュージシャンは音楽性を問わず少なくないものの、実際にクリスマス・アルバムを製作するためにはオリジナル・アルバムにはない独自のリスクが伴います。まず、通常のアルバムとは違い、リリース時期が11月下旬から遅くとも12月中旬あたりまでに絞られることになりますから、作曲からレコーディング終了まで仮に2ヶ月程度を要すると考えて逆算した場合、まだ夏の名残が感じられる時期から作業を開始しなければ間に合わないことになります。加えて、もしベストなタイミングでリリースすることが出来たとしても、その音楽はオリジナル・アルバムよりも消費される期間を制限されるものであり、自身の音楽をひとりでも多くのリスナーに届けたいという作り手の期待はある意味で残酷に、しかし当然裏切られてしまうリスクを孕んでいます。逆に言えば、クリスマス・アルバムの最大の魅力はまさにこの「1ヶ月に満たない短い時期にのみ華やかに機能する」という風物詩的な儚さにあり、安定した製作環境と固定ファンによるセールスを持ったメジャー・フィールドのアーティストにのみ許された特権であったとも言えるでしょう。

さらに、クリスマス・アルバムとして作品を成立させるためには「音楽的な制約」も存在します。クリスマスですからクラシカルなシンフォニック・ロックに分類されるような楽曲で、音色としてはチャイムやベル、チャーチ・オルガン、混声合唱などを用いて装飾を図り、そのコントラストとして、アコースティックな温かい肌触りを持った素朴な楽曲を差し込み、場合によってはオリジナル曲ではなく「定番曲」のカバーを・・・といった具合に、おのずと手垢のついた手法に終始してしまいがちであり、その中でオリジナリティーを持った表現を達成するのは非常に難易度の高いパフォーマンスとなるでしょう。また、そういった制約の存在が聴き手に大きな先入観を与え、作品に触れる前からそのサウンドをある程度予測させてしまうことが、クリスマス・アルバムがオリジナル・アルバムに比べて「企画盤」のおもむきが強くなってしまう要因にもなっているのではないでしょうか。

試聴 Click!

さて、上記のような観点を踏まえながらオランダのアーティストCHRISによるクリスマス・アルバムを聴いていくと、彼がいかに稀有の才能とトータル・プロデュース能力に恵まれた人物であるかが理解できるはずです。CHRIS(Christiaan Bruin)はオランダのプログレッシブ・ロックバンドSKY ARCHITECTのドラマーとして2010年にアルバム『Excavations of the Mind』でバンド・デビューを果たしますが、前年には既に『A Glimpse Inside』でソロ・デビューを果たしており、今回取り上げる2012年作『Snow Stories』は彼の4枚目のソロ・アルバムとなっています。彼の音楽性をスウェーデンのプログレッシブ・ロックバンドMOON SAFARIを引き合いに出しながら論じる向きもありますが、もともとオランダは独自のポップ・センスと親しみやすさを持ち、CAMELを彷彿とさせるメロディアスでマイルドな音作りを得意としたグループを多く輩出していることから、どちらかと言えばFOCUSやKAYAKをはじめとした同国の名バンドたちの系譜で捉えるべきなのかもしれません。

本作で最も特筆すべきは、CHRISが作曲から録音に至るプロセスを2012年11月下旬から12月上旬のわずか2週間程度で完遂しているということであり、恐らくは作曲、各楽器のアレンジ、レコーディングの作業を同時進行しながら驚異的なスピードでアルバムを仕上げていったことを伺わせます。コンパクトにまとめられた楽曲と33分という収録時間からも製作スケジュールのタイトさが感じ取れますが、ミニ・アルバムサイズの収録時間は結果的に、昨今のオールド・ロック再発における「デラックス・エディション」や「ボーナス・ディスク」的なボリューム戦略、もしくはCDの78分を使い切った一大コンセプト・アルバムとは真逆の、「いつもより少しだけ特別な日のために贈られるささやかなプレゼント」というようなイメージを持つクリスマス・アルバムの特性を生かした愛らしい演出と捉えることも出来るでしょう。収録された楽曲は数曲のソロ演奏や弦楽器を除き全て彼自身の手によって録音されていますが、自身の演奏のみで楽曲の骨格を形成できるマルチ・プレイヤーのアドヴァンテージが、本作を製作する上での過密なスケジュールを乗り切る爆発的な機動力となっており、また、彼がロックの土台であるドラムを専任とするミュージシャンであるということが、リズム・セクションが往々にしてチープになりがちなキーボーディストやギタリストの作品とは異なる、本作の高度なサウンド・プロダクションに大きく影響していることは間違いありません。恐らく自身の演奏技術を超えてしまうであろうソロ・フレーズや、シンセサイザーによる再現に奏法的な限界のあるヴァイオリンやチェロのストリングス音色をゲストに割り振るプロデュース能力の高さには舌を巻くばかりです。

CHRISは、本作の制作にあたり「赤鼻のトナカイ」で有名なルドルフや、赤と白を企業カラーに採用する清涼飲料水メーカー、そしてクリスマスの象徴的なキャラクターであるサンタクロースといった安易なモチーフから脱却したアルバム製作を決意しており、確かにクリスマスらしいきらびやかな音色を散りばめたサウンド・メイクを展開しながらも、クリスマスだからこそ孤独に映ってしまう人々、悲しみを内に秘めた人々に大きくフォーカスされたコンセプトを用いて、非日常を感じさせるクリスマスの永らえない寂しさを、包み込むような優しい語り口で伝えています。

音楽には純粋な自己表現としての側面と、何らかのイヴェントや儀式などの「機能」としての側面があり、クリスマス・アルバムという表現方法はその「機能」としての側面の強さゆえに作り手に様々な制限を課す難しさを持っていますが、あくまでもクリスマスというコンセプトを土台に持ちながらその制約をくぐり抜け、しかしステレオタイプなイメージに寄り添う方向性を拒絶し自身の音楽を貫いたCHRISの『Snow Stories』は、彼の「オリジナル・アルバム」として堂々たる佇まいを見せながら師走の喧騒を彩ります。


【アーティスト・インタビュー】 オランダのシンフォ新鋭プロジェクトCHRISのブレーンChristiaan Bruin

【関連記事】

【アーティスト・インタビュー】 オランダのシンフォ新鋭プロジェクトCHRISのブレーンChristiaan Bruin

注目のプログレ新鋭の魅力に迫る「アーティスト・インタビュー」企画。近年続々とメロディアスな名作がリリースされているオランダのプログレ・シーンの中でも特にその才能に注目が集まるコンポーザー&マルチ・インストゥルメンタル奏者のCHRISことChristiaan Bruinにインタビュー。


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第1回 netherland dwarf / tortoise walks forever (Japan / 2014)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第1回 netherland dwarf / tortoise walks forever (Japan / 2014)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第3回 GRENDEL / The Helpless (Poland / 2008)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第3回 GRENDEL / The Helpless (Poland / 2008)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!

CHRISの在庫

  • CHRIS / MAKING SENSE

    オランダの天才マルチ・ミュージシャンによる2010年作2nd、ジェネシスが好きで、ニッチ・ポップも好きならド直球!

    オランダのマルチ・ミュージシャンChristian Bruinによる一人プロジェクト。2010年作2nd。元はドラマーで(SKY ARCHITECTのドラマーとしても活躍)、その後、ギターやキーボードなどの楽器も習得し、音楽学校時代にスタジオワークを学んだ若手ミュージシャン。ジェネシスやIQをはじめ、同国のトレース、ビートルズあたりに影響を受けたようです。繊細なタッチで伸びやかに紡がれるメロディアスなギター、荘厳にたなびく深みのあるキーボード・ワークと叙情がこぼれる格調高いピアノによる叙情的&ファンタスティックなアンサンブル。そして、ビートリッシュなポップバンドでも映えそうなドリーミーな歌声とそれを柔らかく包む巧みなコーラス・ワーク、カナダのクラトゥあたりを彷彿させるハートフルかつキャッチーな美旋律メロディ。元々がドラマーとは思えないドラマティックなソングライティングとともに、さすがドラマーと言えるメリハリの効いた躍動感あるグルーヴは特筆ものです。ジェネシスが好きで、ニッチ・ポップも好きならド直球と言える好作品。オススメです。

  • CHRIS / SNOW STORIES

    オランダ出身のマルチ・ミュージシャン、4作目となる12年作、クリスマスをテーマにしたひたすら優美な音世界がすばらしい傑作!

    オランダのマルチ・ミュージシャンによる前作から1年を経ずに早くもリリースされた2012年作4th。ジャケット通りのしんしんと雪が降り積もるような幻想的な演奏から、一転して艶やかなストリングス・シンセとギターが躍動感いっぱいに飛び出していくオープニングから作品の世界に一気に引き込まれます。甘い歌声のキャッチーなヴォーカルとハート・ウォームなメロディ、ムーン・サファリばりの透明感と広がりを持ったコーラス・ワーク。そして、ジェネシスやキャメルのDNAを受け継ぐ優美で歌心いっぱいのギター。包み込むように優しい音色で演奏を彩るヴァイオリン、チェロなど弦楽器も印象的で、ひたすらファンタジックに紡がれるアンサンブルに心躍ります。それにしてもこのオープニングの「High Spirits」は、ムーン・サファリ『Lover’s End』に入っていてもおかしくはないほどに素晴らしすぎるファンタスティック・ロック。その後も、クリスマスをモチーフにした作品らしく、ハートウォーミングな優美さに満ちた楽曲が並んでいます。アンサンブルからヴォーカル、メロディまで、どこを切り取っても溢れだすロマンティックな叙情美。音もひたすらにヴィンテージで温もりに溢れています。ファンタスティックなシンフォニック・ロックのファンにはたまらなすぎる傑作!

  • CHRIS / DAYS OF SUMMER GONE

    オランダの天才マルチ・ミュージシャン、ほとばしる才能溢れる、あまりにマジカルな2013年作

    オランダのマルチ・ミュージシャンChristian Bruinによる一人プロジェクト。クリスマス・アルバムの前作から1年も経たずにリリースされた2013年作。「夏が過ぎ去った日々」というタイトルの通りに、夏の終わりから秋にかけての郷愁をテーマにしたコンセプト・アルバム。ヴァイオリンとチェロが室内楽的に艶やかに鳴るオープニング。ドラムがダイナミックに入ると、キーボードが柔らかに広がり、ヴァイオリンが伸びやかに舞う。荘厳なコーラス・ワークが鳴り響くとともに場面が切り替わり、アグレッシヴな変拍子の中、レ・オルメのような深い響きのシンセがヘヴィな戦慄を奏でる。また場面が変わり、アコースティック・ギターとともにロマンティックな歌の世界へ。オープニングからの5分間、ただただうなりっぱなし。映像喚起的なサウンド・プロダクションと美し過ぎるリリシズムからは、イタリアが誇る奇才、HOSTSONATENを率いるFabio Zuffantiに比肩するほとばしる才能を感じます。Fabio Zuffantiと異なるのは、オランダらしい包み込むように優美なポップ・フィーリング。ジャケットの通りの鮮やかで温かみもあるファンタスティックな逸品。あまりにマジカルな傑作です。

「CHRISの在庫」をもっと見る

SKY ARCHITECTの在庫

  • SKY ARCHITECT / EXCAVATIONS OF THE MIND

    CHRISことChristiaan Bruin在籍、オランダのテクニカル・プログレ・グループ、2010年作

  • SKY ARCHITECT / NOMAD

    オランダ出身、マルチ・ミュージシャンとして活躍するCHRISが本職のドラマーとして在籍する5人組テクニカル・プログレ・バンド、17年作

    オランダ出身、マルチ・ミュージシャンとして活躍するCHRISが本職のドラマーとして在籍する5人組テクニカル・プログレ・バンドの17年作。ギターアルペジオやピアノが彩るメランコリックで少しミステリアスなメロディのヴォーカルパートと、ギターとシンセを軸にゴリゴリと熱量高く展開する変拍子アンサンブルで構築された、演奏強度の高いモダン・プログレを聴かせます。最終曲では威勢のいいダイナミックなアンサンブルが繰り広げられたかと思いきや、終盤不意に現れるフリューゲルホルンがもたらす哀愁たっぷりの展開がまたいいです。CHRISのドラムは手数や技巧よりも印象的なリズムパターンの構築などに才能を見せています。快作!

「SKY ARCHITECTの在庫」をもっと見る

関連カテゴリー

クリスマス・アルバム・セレクション

  • LITTLE TRAGEDIES / MAGIC SHOP

    ロシアを代表するシンフォニック・ロック・グループ、09年作

    ドラマティックなサウンドでシンフォ・ファンを魅了し続けるロシアを代表するグループ。09年作。クリスマス・アルバムとして制作された全編インストのコンセプト・アルバム。持ち味であるドラマティックさは抑え気味に、柔らかなトーンのキーボードとリリカルなギターを軸としたファンタスティックで温かみ溢れるサウンドが印象的。KAIPAやMOON SAFARIなど、北欧シンフォに通ずる温かみが感じられます。丁寧に構築された流れるような構成も見事。愛すべき名品です。バンド自主制作のCD-R盤。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。