プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

2019年総まとめ!カケレコ年間ベストセラーTOP20!

2019年も残すところわずかとなりましたね。

皆様お忙しい中かとは思いますが、2019年の年間ベストセラーTOP20を発表したいと思います!

各国から届いたプログレ新譜からロック・ファン垂涎のリイシューまで、今年も注目すべき作品がたくさんリリースされました。

今年はポーランドやエストニアなど中東欧の作品が人気を集めたほか、往年の名バンドによる渾身の新作も多数ランクインしています。

年末年始のロック探求のガイドとしてお楽しみいただければ幸いです!

第1位 SKYWHALE/WORLD AT MINDS END

アルティ・エ・メスティエリ彷彿のスピードとテクニック、そしてカンタベリー・ロックに通じる柔らかくしなやかな音色使い…。両者が完璧に調和したこんな凄いジャズ・ロックがイギリスに存在したなんて。ずばり全ジャズ・ロック・ファン必聴作。

試聴 Click!


【タイトル追加】世界のジャズ/フュージョン・ロック特集~シャープに引き締まったテクニカルかつ流麗な名品集

【関連記事】

【タイトル追加】世界のジャズ/フュージョン・ロック特集~シャープに引き締まったテクニカルかつ流麗な名品集

世界中より、シャープに引き締まったテクニカルかつ流麗なジャズ・ロック作品をセレクトしてまいりましょう。


第2位 TELEGRAPH/MIR

CAMEL由来の幻想性と叙情性に、イスラエルらしい透明感。ジャケ通りスペーシーかつヴィンテージな暖かみに溢れたサウンドが素晴らしい…。この新鋭18年デビュー作はずばりイチ押し!

試聴 Click!



【関連記事】


第3位 RUJA/PONI LOUNA IDA LAAS…

当局の検閲によって4曲のみがEPリリースされるに留まった幻のアルバムが完全版として復活。エストニア最高のバンドたる実力を発揮した、YESにも通じるファンタジックで構築性に富んだサウンドがとにかく素晴らしい!

試聴 Click!


エストニア・プログレ特集!

【関連記事】

エストニア・プログレ特集!

今回ご紹介するのはバルト三国に属するエストニア。70~80年代に残された名盤から注目の新鋭までエストニア・プログレの魅力に迫ってまいります!


第4位 LOONYPARK/DEEP SPACE EIGHT

ポーランド・シンフォ注目株、待望の19年5th!新たな女性ヴォーカルのエモーショナル&アグレッシヴな歌唱と、端正かつ陰影にも富んだ宝石のように美しいアンサンブルがこれ以上なく調和してるなぁ。文句なしの傑作ですこれ!

試聴 Click!


【23年7thリリース記念】現ポーランド・シンフォ最高峰グループLOONYPARK特集!

【関連記事】

【23年7thリリース記念】現ポーランド・シンフォ最高峰グループLOONYPARK特集!

2000年代以降のポーランド屈指のプログレ新鋭LOONYPARKを特集!リーダーのソロワークも含めた軌跡を辿ります。


第5位 LOST WORLD BAND(LOST WORLD)/SPHERES ALIGNED

現在最もスリリングなヴァイオリン・プログレを聴かせるロシアの雄、19年作もやはり凄い!従来のスピードと切れ味はそのままに、ベースとキーボードが加入した事でよりダイナミックで密度の高いサウンドを構築。ピンと張りつめたクラシカルな音色使いもさすがの充実作です!

試聴 Click!


【タイトル追加】世界のヴァイオリン・プログレ新鋭特集!

【関連記事】

【タイトル追加】世界のヴァイオリン・プログレ新鋭特集!

時に優雅に時にエネルギッシュに舞うヴァイオリンをフィーチャーした世界の新鋭プログレを特集!


第6位 MICHELE CONTA/ENDLESS NIGHTS

77年のイタリアン・シンフォ名作で知られるLOCANDA DELLE FATEのkey奏者が放った19年ソロ作!この1曲目、LDFの1stオープニングナンバーを思い出さずにはいられない、気品と情熱がとめどなく溢れ出す大名曲で興奮しちゃいますよ~。イタリアン・ロック然とした伸びやかな歌ものもたっぷり収録した素晴らしきアルバムです。ドラムは現クリムゾンの技巧派Gavin Harrison!

試聴 Click!


カケレコ棚よりクリムゾン・メンバー参加のプログレ作品をピックアップ!

【関連記事】

カケレコ棚よりクリムゾン・メンバー参加のプログレ作品をピックアップ!

スタッフが日替わりのテーマでオススメ作品をご紹介する「日々是ロック」。キング・クリムゾンの新旧メンバーが参加した作品をピックアップします!


第7位 MOONRISE/TRAVEL WITHIN

MILLENIUMをはじめポーランド新鋭作品のミキシングも手掛けるKamil Konieczniakのソロ・プロジェクト19年作。持ち味の息を飲むような幻想美に溢れたサウンドメイクはそのままに、よりスタイリッシュに磨き上げられたメロディアス・シンフォを聴かせます。7年待った甲斐がありました…!

試聴 Click!


【新作追加】新世代ポーランド・プログレの総本山 LYNXレーベル特集!

【関連記事】

【新作追加】新世代ポーランド・プログレの総本山 LYNXレーベル特集!

現在のポーランド・プログレを支えるレーベルLYNX MUSICを大特集します!


第8位 ミズキ・ダ・ファンタジーア/クエスチョン1969 去り行く時代に

新世代ジャパニーズ・プログレの注目グループ。古き良きプログレへの敬意を抱きつつ新たな時代のプログレを模索した19年作3rd。メロトロンやムーグや躍動し、存在感みなぎる女性ヴォーカルが歌い上げるこれぞ会心の一枚!


【タイトル追加】ワールドクラスの実力派揃い!日本が誇る新鋭プログレ特集!

【関連記事】

【タイトル追加】ワールドクラスの実力派揃い!日本が誇る新鋭プログレ特集!

我が国日本にも続々と登場しているワールドクラスのプログレ・グループたちをご紹介します!


A BAND CALLED O/OASIS

ブリティッシュ・ロックの隠れ傑作を残したPARLOUR BANDが改名した知る人ぞ知る名グループ。前作と路線を同じくするファンキーなバンド・アンサンブルとマリオット彷彿のセクシーなヴォーカルを中心に、SMOKIEやSAD CAFEなどを彷彿させるモダン・ポップ・テイストを散りばめた、相変わらずの完成度高いサウンドで魅了する75年2nd!

試聴 Click!


【タイトル追加】ひねりの効いたメロディ&アレンジが魅力、世界のモダン・ポップ&プログレ・ポップ探求!

【関連記事】

【タイトル追加】ひねりの効いたメロディ&アレンジが魅力、世界のモダン・ポップ&プログレ・ポップ探求!

魅力的なモダン・ポップ/ニッチ・ポップを聴かせるのは何も英国のバンドばかりではありません。英国勢を手本として時にその国ならではの要素も組み入れた、各国のモダン・ポップ/ニッチ・ポップを見てまいりたいと思います♪


第9位 ORGANIC NOISES/ORGANIC NOISES

アルメニアの伝統音楽とジャズ、ロック、メタルを融合させた「コーカサシアン・エスノ・ジャズ・ロック」!?力強くも粛々とした神秘性漂うサウンドが素晴らしすぎる、堂々の19年デビュー作!

試聴 Click!


民族音楽とプログレ【新鋭編】

【関連記事】

民族音楽とプログレ【新鋭編】

民族音楽のエッセンスを巧みに取り入れて自分たちだけの音楽性を築き上げている新鋭グループたちを見てまいりたいと思います!


第10位 SOLARIS/NOSTRADAMUS 2.0 – RETURNITY

ご存じハンガリー・シンフォの雄による、99年作『NOSTRADAMUS』の続編19年作!持ち味である哀愁たっぷりのフルートやシンセを伴った、この終始力みっぱなしの生真面目なまでに厳粛なサウンド、相変わらずでほんっと素晴らしい!!

試聴 Click!


ハンガリー・プログレの重鎮、SOLARIS特集!

【関連記事】

ハンガリー・プログレの重鎮、SOLARIS特集!

2019年、待望の新作をリリースした、ハンガリーが誇る重鎮プログレ・グループSOLARISの軌跡を辿ります!


第11位 CELESTE/IL RISVEGLIO DEL PRINCIPE

イタリア屈指のメロトロン名盤を残したグループによる奇跡の19年作で、これが大げさでなく1stに匹敵する完成度でビックリ。往年そのままの幻想美が静謐に広がる演奏には感動を禁じえません。この世のものとは思えない神秘的なメロトロンの調べもやはり唯一無二だなぁ。

試聴 Click!


【タイトル追加】「若い者には負けちゃいられん!」とばかりの、往年の名バンド達による貫禄の新作群を探求!

【関連記事】

【タイトル追加】「若い者には負けちゃいられん!」とばかりの、往年の名バンド達による貫禄の新作群を探求!

続々登場する新鋭バンドに負けじとハイクオリティな作品を発表している、70年代に活躍したベテラン・バンド/アーティストたちの作品に注目してまいります☆


第12位 SUSAN WEBB/BYE-BYE PRETTY BABY

米国ポピュラー音楽界を代表するコンポーザー/SSWジミー・ウェッブの妹である彼女が75年にリリースした唯一の作品!透き通った声質で軽やかに歌うヴォーカルと、名手たちが紡ぐ鉄壁のAORサウンドの組み合わせが極上です。ジェシ・エド・デイヴィス、ジェフ・ポーカロ、ジム・ゴードン、ジム・ケルトナー、ハーブ・ペダーソン、ジミー・ウェッブらが参加。

試聴 Click!


リンダ・ロンシュタットの次に聴きたいアルバム特集

【関連記事】

リンダ・ロンシュタットの次に聴きたいアルバム特集

リンダ・ロンシュタットの次に聴きたい女性シンガーの特集です。


第13位 SAMURAI OF PROG/TOKI NO KAZE

何とスタジオ・ジブリの作品世界に触発され制作されたという19年作7th!従来の壮大なシンフォニック・ロックに、息をのむような深みある「静」の表現力が加わった新境地と言えるサウンドを聴かせます。各ジブリ作品をモチーフにしたファンタジックで美麗に綴られる音世界は、日本人としてきっとワクワクしちゃうはず。

試聴 Click!


プログレ新鋭のコンセプト・アルバム・セレクション!

【関連記事】

プログレ新鋭のコンセプト・アルバム・セレクション!

新鋭バンドたちによるコンセプト・アルバムの力作の数々をご紹介いたしましょう!


第14位 JESS RODEN BAND/KEEP YOUR HAT ON

フランキー・ミラーやロバート・パーマーに比べると知名度は低いですが、実力は決して劣らぬ英国の名ブルー・アイド・ソウル・シンガー!バックにブラス・ロック・バンドIGUANAのメンバーを迎え、コクたっぷりの本格ホワイト・ソウル/AORサウンドを聴かせる名作です。

試聴 Click!


カケレコ棚からホワイト・ソウル名作をピックアップ!

【関連記事】

カケレコ棚からホワイト・ソウル名作をピックアップ!

休みの日にぴったりのグルーヴィー&ソウルフルな作品をピックアップ!


第15位 SUSTAIN/SUSTAIN

演歌調と言ってもいいほどの哀切極まるフレーズを奏でるギターに、アルトサックスが叙情たっぷりに絡み、シンセサイザーが幻想のカーテンをなびかせる冒頭で、叙情派シンフォ・ファンならノックアウト必至!フレンチ・プログレに通じる儚さと浮遊感で包まれたオランダの秘宝盤がこちら。

試聴 Click!


【新作追加!】ドイツの注目レーベルPAISLEY PRESSのマニアックすぎるプログレ・リイシューを一挙ピックアップ!

【関連記事】

【新作追加!】ドイツの注目レーベルPAISLEY PRESSのマニアックすぎるプログレ・リイシューを一挙ピックアップ!

欧米各国の「ど」がつくマイナープログレを発掘リリースしている注目の新興レーベルPAISLEY PRESS。リリース作品を一挙ご紹介!


第16位 GUNNAR GRAPS & ORNAMENT/RAHATUVI

70年代エストニアの伝説的ハード・ロック・グループ!ツェッペリンも思わせるブルージーな演奏を土台に、イタリアン・ロック彷彿のダイナミックさ、不思議な説得力を持つエストニア語ヴォーカルを乗せた、哀愁ハード・ロック・ファン必聴音源ですよ~!

試聴 Click!


世界のハードロッキンなプログレ探訪☆

【関連記事】

世界のハードロッキンなプログレ探訪☆

有名所から知る人ぞ知るマイナーグループまで、世界各国のハード・ロック・テイストに溢れたプログレ作品を見てまいりたいと思います!


第17位 NEMO/NEMO

これ、ジャズファンク+カンタベリーと言えちゃうかな?ヴァンデ総帥からMAGMAの2ndドラムに抜擢されるメンバーやB.パガノッティがいたCRUCIFERIUSの元メンバーなど実力者が集った仏ジャズ・ロック・バンド、強靭かつ気品高い73年デビュー作!

試聴 Click!


マイナー・フレンチ・ジャズ・ロック探求!

【関連記事】

マイナー・フレンチ・ジャズ・ロック探求!

知られざるマイナー・フレンチ・ジャズ・ロックを一挙ご紹介!


第18位 SAINO/SAINO

夢想的なキーボードワークとジャジーで緊張感あるギターが対比する、フレンチ・マイナー・プログレ82年作。70年代に出ていれば名を残していたであろう完成度にビックリ!

試聴 Click!


スタッフ厳選☆今週の3枚!!【2019年7月~12月アーカイブ】

【関連記事】

スタッフ厳選☆今週の3枚!!【2019年7月~12月アーカイブ】

「これは聴いてもらいたい!」というカケレコメンドな作品を毎週3枚ご紹介。2019年7月~12月に取り上げた作品はこちらでチェックどうぞ♪


第19位 COMA/FINANCIAL TYCOON

トラッド色を醸し出しつつ吹きすさぶサックス、アヴァンギャルドに切り込むギター、そしてザッパばりの諧謔精神!こんな凄いバンドがデンマークに眠っていたとは…。視聴是非!

試聴 Click!


強靭なサックスをフィーチャーしたプログレ特集!

【関連記事】

強靭なサックスをフィーチャーしたプログレ特集!

クリムゾン『宮殿』を思わせるような、スリリングで強靭で熱気あふれるサックス…。そんなサックスをフィーチャーしたプログレを集めてみました!


第20位 CERVELLO/LIVE IN TOKYO 2017

70sイタリアの代表するへヴィ・プログレ・バンドが17年におこなった奇跡の来日公演を収録!荘厳さの中に邪悪な気配が立ち込めるあの個性的なサウンドを、45年の歳月を経てほぼ完璧に鳴らしていて、その再現度にただただ驚きます…!

試聴 Click!


熱気みなぎるプログレの来日ライヴ・アルバムを探求!

【関連記事】

熱気みなぎるプログレの来日ライヴ・アルバムを探求!

スタッフが様々なテーマに沿ってオススメ作品を取り上げ、世界のロックをカケハしていく「日々是ロック」。今回のテーマは「プログレの来日ライヴ盤」!

いかがでしたか?
みなさまにとってぴったりの一枚が見つかれば幸いです。

来年もまた、みなさまにとってのロック探求における最良のパートナーとなるべく、ニッチ&ディープな発信につとめてまいります。

2020年も引き続きカケレコをよろしくお願いいたします!

関連カテゴリー

2019年のカケレコ・ベストセラーTOP20

  • SKYWHALE / WORLD AT MINDS END

    このサウンド、ずばり「アルティ・エ・メスティエリ meets カンタベリー・ロック」!77年リリース、驚くほどハイレベルな英ジャズ・ロックの名作!

    1974年に英ブリストルで結成、2人の管楽器奏者を擁する7人組ジャズ・ロック・バンドによる77年の唯一作。このサウンド、ずばり「アルティ・エ・メスティエリ meets カンタベリー・ロック」!手数多くも精密に刻む技巧的なドラミング&ベースが作り出すタイトかつスピーディなリズムに乗って、流れるように快速フレーズを繰り出すギター、ふわりとファンタジックな音色を紡ぐエレピ&シンセ、そして艶のあるしなやかな音色で駆け抜けるフルート&サックスが躍動。アルティばりのスピードとテクニックでひた走るテクニカル・ジャズ・ロックに、カンタベリー風の優雅で芳醇な管楽器群を重ねたこのアンサンブル、ジャズ・ロック然とした強度と、柔らかく軽やかなタッチが見事に一体となっていて、もうとにかく素晴らしすぎます。アルバム後半で聴けるアコースティック・ギターをメインとする地中海的エキゾチズム薫るアンサンブルも極上。こんな大変な傑作がまだイギリスにあったなんて!と驚かずにはいられない逸品です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。