プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カケレコ棚からホワイト・ソウル名作をピックアップ!

こんにちは。スタッフ増田です。

ついに始まりましたね、巨大大型連休!と言っても我々カケレコは10連休ではありませんが、長い休みではあるので精一杯楽しもうと思います。

さて、今日はカケレコ棚からホワイト・ソウルやブルー・アイド・ソウルの名作をピックアップいたしましょう。

休みの日にゆったり寛ぐ時間にぴったりの、グルーヴィーでソウルフルなサウンドをお楽しみください。

FRANKIE MILLER/HIGH LIFE

英国が誇る名ブルーアイドソウル・シンガーですね。南部ニューオーリンズにてアラン・トゥーサンをプロデューサーに制作された、極上スワンプ・ロックが詰まった名盤。この喉、ポール・ロジャースのファンにも聴いてもらいたいなぁ。

試聴 Click!

JESS RODEN BAND/KEEP YOUR HAT ON

フランキー・ミラーやロバート・パーマーに比べると知名度は低いですが、実力は決して劣らぬ英国の名ブルー・アイド・ソウル・シンガー!バックにブラス・ロック・バンドIGUANAのメンバーを迎え、コクたっぷりの本格ホワイト・ソウル/AORサウンドを聴かせる名作です。

試聴 Click!

バジャー/ホワイト・レディ

元イエスのトニー・ケイによるグループということでプログレコーナーにあるけど、中身はホワイトソウルなので非難轟々という可哀想な作品。サウンドは英国的な憂いもたっぷりで旨味濃厚な愛すべき作品なのになぁ。あのJeff Beckが参加したタイトル曲も特筆!

試聴 Click!

SOUL SURVIVORS/WHEN THE WHISTLE BLOWS ANYTHING GOES WITH THE SOUL SURVIVORS

東海岸ブルー・アイド・ソウルの名バンドですね。サイケかつコクのあるグルーヴィーなサウンドがGOOD!

試聴 Click!

ケヴィン・オデガード/ケヴィン・オデガード

74年に発表されたBOB DYLANの名作、「BLOOD ON THE TRACKS」のセッションに参加した経歴を持つ米ミネアポリスのSSW!前半のA面は「Sound 80」サウンド、後半は情熱的なスワンプ!

試聴 Click!

GARY ST.CLAIR/GARY ST.CLAIR

カナディアン・ホワイト・ソウル・シンガーによる71年作。タイト&グルーヴィーなリズム、温かいトーンの歪みが最高にカッコ良いギター、軽快にローリングするピアノ、そしてエネルギッシュ&エモーショナルなシャウト!これを聴いて体が揺れないロック・ファンは居ないと断言!

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらもどうぞ!

【関連ジュークボックス】

英国ホワイト・ソウル・シンガー!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • GARY ST.CLAIR / GARY ST.CLAIR

    完璧なホワイト・ソウル・シンガーのシャウトが炸裂!マイナーながら内容ではカナディアン・スワンプ・ロック屈指の大傑作!

    イギリスで言えばフランキー・ミラーあたりを彷彿させるソウルフルかつメロウネスもある完璧なカナディアン・ホワイト・ソウル・シンガー、71年作。タイト&グルーヴィーなリズム、温かいトーンの歪みが最高にカッコ良いギター、軽快にローリングするピアノ、ゴスペル調のゴージャズな女性コーラス、そしてエネルギッシュ&エモーショナルなシャウト!これを聴いて体が揺れないロック・ファンは居ないと断言!イーグルスのような陰影あるハーモニーが胸に迫るバラード、ニューオーリンズ的ゴキゲンかつヌケが良いナンバーまで、もうズラリと名曲が揃っています。マイナーではありますが、内容ではスワンプ・ロック屈指の大傑作!

  • JESS RODEN BAND / KEEP YOUR HAT ON

    英国の実力派ホワイト・ソウル・シンガー、ブラス・ロック・バンドIGUANAのメンバーと共に結成したバンド名義での76年作1st

    ALAN BOWN SETやBRONCOに在籍し、フランキー・ミラーやロバート・パーマーとも並び称される英国の名ブルー・アイド・ソウル・シンガー、ジェス・ローデン。彼が英ブラス・ロック・バンドIGUANAのメンバーと共に結成したバンド名義での76年作1st。粘り強くコシのあるリズムに鋭いブラス。スワンプ・ロックを下地にしつつよりファンク/ソウル色を強めた本格派のアンサンブルに、黒人顔負けの太く力強いシャウトが炸裂!パワフル&ファンキーなナンバー揃いかと思いきや、3曲目からは洗練されたエレピや洒脱なコーラスを取り入れたムーディーなAOR/ソフト・ロック的サウンドも聴かせていて、味わい深さいっぱい。英国ホワイト・ソウルの旨味が詰まった名盤です。

  • BADGER / WHITE LADY

    74年2nd、ジェフ・ベック、ブリン・ハワース参加、アラン・トゥーサンのプロデュースによる英ホワイト・ソウルの旨味たっぷりの逸品!

    3rdまでの初期イエスのKey奏者トニー・ケイが結成したグループ。74年作の2nd。1stからトニー・ケイとドラマー以外のメンバーが代わっており、注目は、APPLEからソロ作をリリースしたことで知られるJackie Lomaxの参加。他には、元STEALERS WHEELのギタリストPaul Pilnickが参加しています。なんとアラン・トゥーサンのプロデュースで、録音もニューオーリンズ。作曲も全曲Jackie Lomaxの参加で、米南部色溢れるファンキーなホワイト・ソウルに変化しています。イエスつながりでこの作品を聴いたプログレ・ファンには不評だったようですが、ホワイト・ソウル・バンドで聴くと、曲は良いし、演奏も歌声も旨味たっぷり。ファンキーだけどカラッとしないでどこか哀愁が滲むグルーヴ感が良いし、くすんだオルガンの音色はブリティッシュだし、Jackieのヴォーカルもソウルフルな中に憂いがありグッとくるし、メロディも英国らしい陰影いっぱいで泣けます。ゲストも注目で、英スワンプの名作を残した名スライド・ギター&SSWのBryn Haworthに加え、なんとタイトル・トラックでJeff Beckが参加(さすがの切れ味)!改めて評価されるべき愛すべきニッチな名品です。

  • FRANKIE MILLER / HIGH LIFE

    スコットランド出身のブルー・アイド・ソウル・シンガー、74年2nd、名盤!

    米国ニューオリンズに渡り、あのアラン・トゥーサンにプロデュースを任せたセカンド・アルバム。74年作。地元の名ミュージシャンが多数参加し、生粋のセカンド・ライン・リズムを披露。「プレイ・サムシング・スウィート」や「シューラ」など、アラン・トゥーサン作の名曲を華麗にカヴァーするなど、スワンプ・ロックの英米共演が魅力な1枚。

  • SOUL SURVIVORS / WHEN THE WHISTLE BLOWS ANYTHING GOES WITH THE SOUL SURVIVORS

    ブルー・アイド・ソウル、67年作

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。