プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カケレコ棚よりクリムゾン・メンバー参加のプログレ作品をピックアップ!

スタッフ佐藤です。

本日、市川哲史氏のコラム「どうしてプログレを好きになってしまったんだろう@カケハシ」を更新いたしました!
今年出たボックスセット「HEAVEN & EARTH」BOXに関連した3回にわたるコラムの完結編となっております。
ぜひお楽しみください☆


「どうしてプログレを好きになってしまったんだろう@カケハシ」 第二十九回: ロバート・フリップの〈夢破れて山河あり〉物語  プログレ「箱男」通信【KC『ヘヴン&アース』箱】号➌  文・市川哲史

【関連記事】

「どうしてプログレを好きになってしまったんだろう@カケハシ」 第二十九回: ロバート・フリップの〈夢破れて山河あり〉物語 プログレ「箱男」通信【KC『ヘヴン&アース』箱】号➌  文・市川哲史

2016年末、話題のプログレ本『どうしてプログレを好きになってしまったんだろう』を出版した、あの市川哲史氏がカケレコでコラムを執筆!その名も「どうしてプログレを好きになってしまったんだろう@カケハシ」!!

ここでは、それに関連して新旧のクリムゾン・メンバーが参加したプログレ作品をピックアップしていきたいと思います。
70年代のものから最新作まで取り上げてまいりますよ~。

ピーター・ガブリエル/II

ピーガブのソロの中でも秋~冬頃に聴きたくなるのがこの2nd。ロバート・フリップがプロデュースと演奏にも参加していて、全体にモノトーンな雰囲気の地味めなサウンドですが、とても味わい深い佳曲が並ぶ名品なんですよね。

試聴 Click!

ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター/天地創造

英国が誇る孤高の暗黒プログレ、70年3rd!当時の英ロックシーンで間違いなく最高の表現力を誇ったヴォーカルパフォーマンスと、オルガン&サックスによる鈍い光沢を放つような演奏の絡みがただただ強烈。極めつけはロバート・フリップによる緊張感MAXのギター!相性良すぎっ!

試聴 Click!

KEITH TIPPETT/BLUEPRINT

流麗にもエキセントリックにも自在なプレイを聴かせるキース・ティペットのピアノはもちろん、フランク・ペリーのアヴァンギャルドなパーカスワーク、ロイ・バビントンの芳醇なダブルベースも絶品。ロバート・フリップ・プロデュースの名作!

試聴 Click!

スティーヴ・ハケット/新約創世記

かつてのGENESISサポートメンバーに加え、ビル・ブルーフォード/ジョン・ウェットン/トニー・レヴィン/エイドリアン・ブリューといったクリムゾンのメンバーも大挙して参加した96年のGENESIS再演作!ハケット独自の解釈で描かれるGENESISワールドに胸踊らせずにはいられない一枚!

試聴 Click!

STICK MEN/MIDORI

ご存じトニー・レヴィン/パット・マステロット/マーカス・ロイターのトリオ・ユニット。本作は元クリムゾンのヴァイオリン名手デヴィッド・クロスが参加した来日公演盤。哀愁たっぷりにプレイするヴァイオリンがひたすら美しい「STARLESS」は圧巻です!

DIALETO/LIVE WITH DAVID CROSS

クロス関連ではこっちも必聴盤!ブラジルの新鋭プログレ・バンドと一緒にクリムゾン・ナンバーを披露しまくってる!ウェットンに近いヴォーカルも違和感ないし、クロスの哀愁溢れるヴァイオリンのプレイもさすがです。

試聴 Click!

ゴーディアン・ノット/ゴーディアン・ノット

フリップの一番弟子トレイ・ガンが参加する、CYNICを率いた知性派ベーシストショーン・マローンによるプロジェクト。タッチギターによる緊迫感ある緻密なプレイはもちろん聴き物ですが、マローンによる変幻自在なスティックさばきもまた圧巻です。

試聴 Click!

GLEB KOLYADIN/GLEB KOLYADIN

ロシア新鋭IAMTHEMORNINGのkey奏者によるソロデビュー作。Gavin Harrison/Nick Beggs/Steve Hogarth/Theo Travis/Jordan Rudessという豪華過ぎるミュージシャン達を従え、目の覚めるようにシャープでテクニカルなキーボード・プログレを展開。「鮮烈」という一言が似合う逸品!

試聴 Click!

MICHELE CONTA/ENDLESS NIGHTS

こちらもGavin Harrison大活躍!イタリア屈指の名バンドLOCANDA DELLE FATEのkey奏者による19年ソロ作なのですが、この1曲目、LDFの1stオープニングナンバーを思い出さずにはいられない、気品と情熱がとめどなく溢れ出す大名曲!他の曲もイタリアらしい伸びやかで歌心溢れる佳曲揃いでオススメです♪

試聴 Click!

いかがだったでしょうか。こちらの記事もあわせてどうぞ!


キング・クリムゾンのDNAを受け継ぐ90~10年代プログレ特集!

【関連記事】

キング・クリムゾンのDNAを受け継ぐ90~10年代プログレ特集!

迫りくる凶暴なアンサンブル、そして叙情美。クリムゾンの遺伝子を受け継いだ90年代以降の新鋭グループを世界中からピックアップ!


強靭なサックスをフィーチャーしたプログレ特集!

【関連記事】

強靭なサックスをフィーチャーしたプログレ特集!

クリムゾン『宮殿』を思わせるような、スリリングで強靭で熱気あふれるサックス…。そんなサックスをフィーチャーしたプログレを集めてみました!

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • KEITH TIPPETT / BLUEPRINT

    ロバート・フリップのプロデュース、最上質のブリティッシュ・ジャズの逸品、70年発表

    ロバート・フリップによるプロデュースで72年に制作された作品。流麗なプレイからエキセントリックなプレイまでさすがの演奏を聴かせるキース・ティペットのピアノはもちろん、フランク・ペリーのアヴァンギャルドなパーカッション、ロイ・バビントンの芳醇なダブル・ベースも絶品。3人の個性がピタリとかみ合った濃密な演奏は、この上なく上質なブリティッシュ・ジャズと呼ぶべきもの。名作です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事