プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

エストニア・プログレ特集!

東欧プログレと言えば真っ先に思い浮かぶのがハンガリーやチェコスロヴァキアですが、それらの国に比べて規模こそ小さいものの良質なプログレシーンが築かれていた国が東欧には数多くありました。その代表といえるのが今回ご紹介するエストニア。70~80年代に残された名盤から注目の新鋭までエストニア・プログレの魅力に迫ってまいります!

とその前に、エストニアという国について軽く触れておきましょう。

エストニアは、リトアニア、ラトビアとともにバルト三国として知られるとおりバルト海に面する国の一つ。第一次大戦後の1918年にロシア帝国より独立する形で建国されます。その後40年にソビエト連邦によって占領、独ソ戦が勃発した翌41年には今度はナチスドイツによって占領されます。第二次大戦末期の44年にソ連に占領/併合され、91年のソ連崩壊によって約50年ぶりに独立を回復しました。他の多くの東欧諸国の例に漏れずソ連とナチスドイツという強国の間で翻弄された小国の一つだったと言えます。

そんなエストニアの70年代を代表するバンドが、「エストニアのYES」の異名をとるRUJA。『究極』のようなファンタジックでドライヴ感いっぱいのアンサンブル、引きずるように重いブルース・ロック、軽快でノリの良いロックンロールなアプローチなど、多彩なサウンドを取り入れて自分たち流のプログレを演奏していた、東欧全土でも屈指と言うべき実力派バンドです。

RUJA/PONI LOUNA IDA LAAS…

こちらは、フルアルバムとしてリリースが予定されながらも、ソ連当局の検閲によって当時4曲入EPとしてのリリースにとどまった幻のアルバムの完全版を含む18年編集盤。エストニア最高のバンドたる所以をたっぷりと堪能できる一枚ですよ♪

試聴 Click!

試聴 Click!


もう一つのエストニアを代表するバンドがIN SPE。他の東欧勢とは一線を画する透明感溢れるサウンドと霧がかったようなミステリアスな雰囲気が魅力的なプログレを演奏。

試聴 Click!


そのRUJAとIN SPEのメンバーによって結成されたKASEKEは、洗練されたサウンドを持つジャズ・ロック/プログレッシヴ・ロックの傑作。さすがエストニアシーンの猛者が集まっただけあって、エストニア・プログレここに在り!と言わんばかりの高い完成度を持った作品となっています。

こちらは奇跡の18年リマスター/リイシュー盤!

試聴 Click!


RUJAのキーボード奏者Igor Garsnekは個人としてもエストニア・プログレの重要作を生み出しています。ギタリストNEVIL BLUMBERGとのユニットSYNOPSISよるこの86年作は、プログレ・ハードとシンフォニック・ロックが見事に溶け合った80年代東欧プログレの魅力が詰まった名作!

試聴 Click!


こちらはSYNOPSISと同年にリリースされた彼のソロ作。いかにもこの時代の東欧らしいポップなシンセワークとドライヴ感溢れる80年代YESのエッセンスを巧みに取り合わせた力作となっています。

試聴 Click!


もう一人、エストニアのプログレ・ミュージシャンとして重要な人物がシンセ奏者Sven Grunberg。自身のバンドMESSやソロ作品でも披露される、これぞ東欧!と言いたくなるような荘厳かつ粛々としたメランコリーを湛えたシンセサウンドが印象的な名手です。

試聴 Click!

試聴 Click!


このようにエストニアには、旧ソ連プログレという一言ではなかなか片付けられない知られざる豊かなプログレ土壌が築かれていたんですね。

あと、エストニア・プログレという観点で言えば傍流ながら、エストニアのハード・ロック・シーンを切り拓いた名ドラマーGunnar Grapsも上記の2人に匹敵する重要人物。彼が率いた2バンドの作品もご紹介しておきます☆

MIKRONID/1969/1973

65~85年まで活動、エストニア・ロック黎明期よりシーンを支えたグループがこのMIKRONID。

Gunnar Grapsは67年に加入し70年代半ばまで中心メンバーとしてバンドを牽引しました。70年代初頭には上記のSven Grunbergも在籍。

初期ゾンビーズ彷彿のR&Bグルーヴに溢れたサイケ・ポップ期、パブロック的軽快さと哀愁のエストニア語ヴォーカルの組み合わせが良いポップ・ロック期、どちらも辺境的バタバタ感とは無縁の完成度の高さ!

試聴 Click!

GUNNAR GRAPS & ORNAMENT/RAHATUVI

そのGunnar GrapsがMIKRONID脱退直後に結成した伝説的ハード・ロック・グループ!

ツェッペリンも思わせるブルージーな演奏を土台に、イタリアン・ロック彷彿のダイナミックさと東欧プログレ的な哀愁がたっぷりのハード・ロックを鳴らします。

不思議な説得力を持つエストニア語のヴォーカルにも惹き込まれるなぁ。

試聴 Click!

また、KASEKEやIN SPEのメンバーがかつて結成していた”PROG-PUNK”バンド、PROPELLERも重要なグループと言えるでしょう。

PROPELLER/40

KASEKEの前身にあたる「PROG-PUNK」バンド。疾走感あるサウンドの中に、当局監視下で活動したリアルな緊張感が伝わってくるような楽曲の数々が素晴らしい!

試聴 Click!


そして、00年代にはワールドワイドな実力を持つ新鋭ジャズ・ロック・グループPHLOXやBFらが登場しています。

試聴 Click!

試聴 Click!

変拍子を織り交ぜつつもしなやかなリズムセクション、テクニカルな中にもどこか哀愁を孕んだキーボードやサックスなど、カンタベリーロックからの影響を強く感じさせるジャズ・ロックを展開。その隙のない高度なアンサンブルは、エストニアのハットフィールドと言っても過言ではない完成度!

試聴 Click!

試聴 Click!

PHLOXが気に入ったなら、同等の実力を持つこちらのバンドも是非。手数多くもしなやかなリズム隊と、鋭角なトーンでヘヴィに切り込むギターを軸とする硬質なジャズ・ロック・アンサンブルに、芳醇な管楽器群を絡ませたサウンドは、息を呑むほどのカッコよさっ!


他の東欧諸国とは異なる魅力を持つエストニア・プログレ、ご堪能いただけたでしょうか。ポーランド、ロシア、ハンガリーなどを中心に現在も良質なバンドが続々と登場している中欧/東欧シーン。エストニアもその中の一つとして、今後どんどんとPHLOXレベルの実力派が登場することを期待したいですね!


旧チェコスロヴァキア・プログレ特集!

【関連記事】

旧チェコスロヴァキア・プログレ特集!

70年代より、ユーロ諸国や南米/アジアなどの辺境には、英米の名バンドたちにも負けないハイレベルなプログレ・バンドが数多く存在しました。
今回は、そんな中から東欧は旧チェコスロヴァキアのプログレ・グループたちを一挙ご紹介いたしましょう。


世界のプログレ探求紀行!~東欧・中欧編~

【関連記事】

世界のプログレ探求紀行!~東欧・中欧編~

世界の国々に散らばる魅力あるプログレ作品を求めてカケレコCD棚を巡っていく「世界のプログレ探求紀行!」。今回は東欧・中欧の諸国を巡りながらプログレ盤をピックアップいたします☆


舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第一回 IN SPE 『IN SPE』 (エストニア)

【関連記事】

舩曳将仁の「世界のジャケ写から」 第一回 IN SPE 『IN SPE』 (エストニア)

コラム「そしてロックで泣け!」が好評だった音楽ライター舩曳将仁氏による、新連載コラム「世界のジャケ写から」がスタート!世界のプログレ作品より魅力的なジャケットを取り上げ、アーティストと作品、楽曲の魅力に迫ってまいります。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • PHLOX / TALU

    [カケレコ国内盤リリース中] エストニアの新鋭ジャズ・ロック・グループ、2010年作4th、ずばり名作!カンタベリーのファンは是非!!

    エストニアのジャズ・ロック・グループ、2010年の4thアルバム。手数多くシャープでアグレッシヴなリズム隊、流麗なフェンダー・ローズ、たおやかに飛翔するサックス!リズム隊の硬質さとエレピや管楽器のしなやかさとのバランスが絶妙。カンタベリー・ミュージックの遺伝子を受け継ぐ正統派グループ!これは素晴らしい作品です。ジャズ・ロックのファンにはかなりオススメ!痺れますよ。

  • KASEKE / POLETUSSONUM

    エストニアを代表する傑作、テンション溢れるジャズ/プログレッシヴ・ロック、83年作+81年EPの全13曲

    旧ソ連はエストニアを代表するグループ、RUJAとIN SPEのメンバーを中心に結成されたグループ。83年作に81年作のEPをカップリングした2in1CD。シンセとギターがアグレッシヴかつ荘厳に畳みかけるパートと、フュージョン・タッチの流麗なギターが軽やかに舞うメロディアスなパートとを鮮やかに対比した展開が見事。辺境っぽさは全く無く、テクニック、アレンジ、メロディ・センスともにかなりのハイ・クオリティ。YES+HATFIELD & THE NORTHと言うと乱暴ですが、疾走感と繊細さが絶妙に調和された奇跡の傑作。

  • PHLOX / VALI

    東欧エストニアの新鋭ジャズ・ロック・バンド、13年スタジオ・ライヴ作

    エストニアのジャズ・ロック・バンド、12年スタジオ・ライヴを収録した13年作。シャープな高速変拍子リズム・セクション、野太いトーンでフリーキーに疾走するサックス、ゴリゴリと弾き倒すようなアグレッシヴなギター、そしてカンタベリー系のクールでしなやかなエレピ。デビューからのヘンリー・カウやハットフィールドのDNAを継いだテクニカルかつ流麗なジャズ・ロックをライヴ録音とは思えない精緻さとダイナミズムで一気に聴かせています。カンタベリー・ロックの音を鋭く尖らせて倍速にしたような、痛快極まるアンサンブルが全編で炸裂する傑作!

  • RUJA / PONI LOUNA IDA LAAS…

    名実ともにエストニアを代表する名バンド、当時4曲のみがEPとしてリリースされた幻のアルバム『Pohi Louna Ida Laas…』の12曲完全版をCD1に、当時のライヴ音源やレア音源を13曲をCD2に収録した18年編集作品

    エストニアのYESとも称される、名実ともに同国を代表するプログレ/ロック・バンド。70年代後半にフルアルバムとしてリリースが予定されながらも、ソ連の検閲により4曲のみのEPとしてリリースされた作品『Pohi Louna Ida Laas…』の12曲完全版をCD1に収録。YESやNEKTARあたりを彷彿させるファンタジックな飛翔感、目まぐるしく場面転換するような複雑な曲構成とシアトリカルさコミカルさも織り込んだ表情豊かな音楽性で一気に聴かせる名作です。CD2には同時期のライヴやレア音源13曲を収録。エストニア最高のバンドの所以をたっぷりと堪能できる素晴らしい作品です!

  • GUNNAR GRAPS & ORNAMENT / RAHATUVI

    エストニア・ロック・シーンの名ドラマー/ヴォーカルGunnar Grapsが70年代に率いたハード・ロック・バンド、当時の音源をまとめアルバムにした18年リリース作、これは哀愁ハード・ロック・ファン必聴です!

    エストニア・ロック・シーンの名ドラマー/ヴォーカリストGunnar Grapsが70年代に率いたギタートリオ編成のハード・ロック・バンド。70年代前半に録音された音源10曲を一枚のアルバムとして編集した18年リリース作品。変則的な内容ではあるものの、各曲にみなぎるエネルギーは並ではありません。イタリアのBIGLIETTO PER L’INFERNOを想起させる、幻想的なアコースティック・パートとゴリッとヘヴィなハード・ロック・パートで構築された1曲目から素晴らしく、イタリアン・ロック・ファンならここで早くもハートを鷲掴みにされそう。エッジの立ったスピーディなギターリフに乗ってヴォーカルがユーモラスに歌う2曲目、饒舌なギターとヴォーカルの絡みが絶品なけだるいブルース・ロックの4曲目も素晴らしく、エストニアということ忘れるほどのメインストリームな本格感が漂います。ブルースを土台に細かなニュアンスにまでこだわった高い表現力を持つギターはもちろん、テクニックに裏打たれた安定感と共にグイグイと演奏を引っ張る性急なビート感も持ち合わせたGunnarのドラミングも見事です。しかし最大の魅力と言うなら、Gunnarの全編にわたりこれでもかと哀愁たっぷりに歌い上げるエストニア語ヴォーカル。ヨレヨレのようでいて不思議な説得力を帯びた歌声には何か天性のものを感じさせます。辺境哀愁ハード・ロックとして、これは多分とんでもない発掘モノ!

  • BF(BEGGARS FARM) / KLOB

    エストニアの新鋭ジャズ・ロック・バンド、PHLOXにも匹敵するアヴァン・ジャズ・ロックを聴かせる09年作!

    90年代後半より活動するエストニア出身ジャズ・ロック・グループによる09年作。エストニアと言えばあのPHLOXが思い浮かびますが、実際に彼らとも交流を持つというバンドで、アヴァンギャルド要素やサイケデリック・テイストも交えたテクニカルで緊張感あるアヴァン・ジャズ・ロックを繰り広げます。ジャズの素養豊かな手数多くもしなやかなリズム隊と、エッジの立った鋭角なトーンでヘヴィに切り込むギターを軸とする硬質なジャズ・ロック・アンサンブル、そこに芳醇なホーン・セクションを絡ませたサウンドは、息を呑むほどのカッコよさ。時にギターは歪んだトーンでガリガリと弾きまくるサイケデリックなプレイも披露していて、3rd前後のソフト・マシーンを彷彿させる手触りもあります。音の断片を散りばめたようなアブストラクトなナンバーは、決して聴きにくさはなくどこか哀愁が漂っているように感じられるのが印象的。静謐なパートでうっすらと情感を添えるメロディカ(鍵盤ハーモニカ)の切ない音色もまた特筆です。ずばりPHLOXにも匹敵する個性派ジャズ・ロックの名盤!

  • BF(BEGGARS FARM) / KUUMOON

    エストニアの新鋭ジャズ・ロック・バンド、00年のライヴ/スタジオ音源で構成された08年リリース作

    90年代後半より活動するエストニア出身ジャズ・ロック・グループによる08年リリース作。2000年のライヴ録音やスタジオ録音を収録しており、サイケデリックなギター、カンタベリー風の陰影あるエレピ、多彩にトーンを変化させるうねりあるシンセなどが交差する、ダイナミックで肉感的なジャズ・ロック。ゴングとハットフィールドを融合させて、現代的なヘヴィネスを纏わせたようなサウンドと言えるかもしれません。09年作も素晴らしい作品ですが、よりギラギラしたエネルギーを放出する初期のサウンドを収めた本作もかなりカッコいいです。

  • MIKRONID / 1969/1973

    エストニアの名ドラマー/シンガーGunnar Grapsが在籍したサイケ・バンド、69年と73年の楽曲を収録した19年盤

    65年結成、エストニア・ハード・ロック・シーンの立役者と言うべきドラマー/シンガーGunnar Grapsが在籍したサイケデリック・ロック・バンドの、69年と73年の楽曲を収録した19年盤。69年の曲は、初期ZOMBIESやGENTLE GIANTの前身SIMON DUPREE & THE BIG SOUNDあたりを彷彿させる、R&B的グルーヴを持つノリの良いサイケ・ポップ。軽やかでポップな音色のオルガン、毛羽立ったトーンのサイケなファズギター、グルヴィーかつ安定感あるリズム隊、そして独特の哀愁ある響きが印象的なエストニア語ヴォーカルらが、辺境的なバタバタ感のない垢ぬけたアンサンブルを構築しています。ピアノとファズギターの哀切極まるプレイにグッとくる70s英国的陰影を帯びた楽曲も素晴らしいです。一方73年の曲は、パブロック色のある軽快ながらもどこか「いなたい」ポップ・ロックで、こちらも大変いい味わい。PROCOL HARUMばりの哀愁が滲むオルガンのプレイで涙を誘ったかと思うと、ニューオーリンズ風の洒脱なピアノが転がり込んできたりと、キーボーディストはかなりの実力者。グルーヴィ―にもジャジーにも緩急自在なドラミングにも注目です。知られざる60年代末期〜70年代初頭エストニアのシーンを垣間見れる貴重な音源集!

  • PROPELLER / 40

    KASEKEの前進にあたるエストニアのPROG-PUNKバンド、79-80年スタジオ音源&ライヴ音源/05年ライヴ音源を収録した26曲収録編集アルバム、19年リリース

    エストニアで79年に結成、ヴォーカリストPeeter Volkonskiを中心に活動した”PROG-PUNK”バンド。反体制的な歌詞が問題視されたことにより、Volkonskiが当局からパフォーマンス禁止を命じられ、残りのメンバー達が新たに結成したのがKAKESEになります。CD1には、録音から15年後の95年にリリースされた唯一作からの曲を中心に13曲を収録。CD2には、80年のライヴ音源と、復活を果たした05年のライヴ音源の計13曲を収録。パンク・ロック的な疾走感あるサウンドに、エッジの効いたハード・ロック・ギターが絡んでくるスタイルがカッコ良し。後のKASEKEだけに演奏力は抜群です。アジテーティッドな表現を交え挑戦的に歌うVolkonskiのエストニア語ヴォーカルには、ある種のカリスマも感じられます。旧ソ連当局監視下で活動していたリアルな緊張感が伝わってくるような音源です。

PHLOXの在庫

  • PHLOX / REBIMINE + VOLTIMINE

    エストニア産ジャズ・ロック、07年作、ソフツやHENRY COWの遺伝子を受け継ぎ、よりヘヴィに畳みかける!

    エストニアのジャズ・ロック・グループ、07年作。圧倒的な手数と肉感的なヘヴィネスで突っ走るエネルギッシュかつシャープなリズム隊、キレ味鋭いフレーズをビシバシとキめるテクニカルなギター、熱気ほとばしるサックス、硬質なテンションの中に陰影を描くエレピ。これでもかと変拍子で畳みかけ、KING CRIMSONばりの硬質かつヘヴィなアンサンブルを炸裂させます。SOFT MACHINEやHENRY COWの遺伝子を受け継ぎ、よりヘヴィなアンサンブルで聴き手をなぎ倒す!これは好グループです!

  • PHLOX / KERI

    カンタベリーのDNAを受け継ぐエストニアの新鋭ジャズ・ロック・バンド、緊張感あるダークな音像とカンタベリーなメロディアスさの見事な融合を聴かせる17年作!

    2000年デビューのエストニア出身ジャズ・ロック・グループ、スタジオ・アルバムとしては2010年作『TALU』から7年ぶりとなった17年作。いやはや本作も凄いっ!圧巻の手数とともに疾走するテクニカルかつ硬質なリズム・セクションに乗り、サックスとヴァイオリンが繰り広げる、クリムゾンばりのダークなテンションとカンタベリー・ジャズ・ロックを受け継ぐ滑らかでメロディアスなフレーズが共存するサウンドの何と強烈なこと。1曲目から「これぞPHLOX!」と拳を握ること間違い無しです。それを支える、ジャズ・ロック然としたクールなエレピをメインとするキーボード、クリーントーン主体で情緒豊かに旋律を紡ぐギターも非常に美しいし、哀愁を誘うアコーディオンの調べも絶品。そして何より素晴らしいのが、カンタベリー・ロックを手本としつつも、メロディやアンサンブルの端々に垣間見れるヨーロピアンな深い陰影と透明感ある音色使い。北欧と東欧に接するバルト三国エストニアならではと言っていいサウンドが芳醇に広がります。アヴァンギャルドなパートも度々登場しますが、聴きづらさはなく持ち前の気品あるメロディアスなジャズ・ロックの中に違和感なく挿入されていて、そのセンスの良さにも唸らされます。今作も期待を裏切らない痺れる傑作!




    試聴はこちら!
    https://phloxmkdk.bandcamp.com/album/keri

  • PHLOX / TALU

    [カケレコ国内盤リリース中] エストニアの新鋭ジャズ・ロック・グループ、2010年作4th、ずばり名作!カンタベリーのファンは是非!!

    エストニアのジャズ・ロック・グループ、2010年の4thアルバム。手数多くシャープでアグレッシヴなリズム隊、流麗なフェンダー・ローズ、たおやかに飛翔するサックス!リズム隊の硬質さとエレピや管楽器のしなやかさとのバランスが絶妙。カンタベリー・ミュージックの遺伝子を受け継ぐ正統派グループ!これは素晴らしい作品です。ジャズ・ロックのファンにはかなりオススメ!痺れますよ。

  • PHLOX / VALI

    東欧エストニアの新鋭ジャズ・ロック・バンド、13年スタジオ・ライヴ作

    エストニアのジャズ・ロック・バンド、12年スタジオ・ライヴを収録した13年作。シャープな高速変拍子リズム・セクション、野太いトーンでフリーキーに疾走するサックス、ゴリゴリと弾き倒すようなアグレッシヴなギター、そしてカンタベリー系のクールでしなやかなエレピ。デビューからのヘンリー・カウやハットフィールドのDNAを継いだテクニカルかつ流麗なジャズ・ロックをライヴ録音とは思えない精緻さとダイナミズムで一気に聴かせています。カンタベリー・ロックの音を鋭く尖らせて倍速にしたような、痛快極まるアンサンブルが全編で炸裂する傑作!

「PHLOXの在庫」をもっと見る

東欧・ロシア(旧ソ連)プログレの在庫

「東欧・ロシア(旧ソ連)プログレの在庫」をもっと見る

ユーロ・ジャズ・ロックの在庫

「ユーロ・ジャズ・ロックの在庫」をもっと見る

プログレ新鋭の在庫

「プログレ新鋭の在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。