プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

幻惑のフレンチ・プログレ入門編

美しいフランス語のイントネーションとほの暗い耽美サウンドがあなたを包み込む、幻惑のフレンチ・プログレ入門編

フレンチ・ロックの大きな特徴は、イタリアのような土着的な民族性とは対照的な、薄闇(または暗黒)に包まれるような耽美性にあります。美しいフランス語の響きを生かした語り口調のヴォーカルによる演劇性、アンサンブルに見る内省的でアーティスティックな感性、そして、激しいインプロヴィゼーションに表れる攻撃性や即興性。

演劇的なシンフォニック・ロックから、暗黒の即興演奏で畳みかけるジャズ・ロックまで、宇宙に漂っているかのような浮遊感&気だるさとともに美しいメロディが奏でられる耽美なフレンチ・プログレの傑作群をここにご紹介いたしましょう。

シーンと静まりかえった夜長。深遠なるフレンチ・ロックの世界をじっくりゆっくりとご堪能ください。



ATOLL

試聴 Click!

75年2ndのB面組曲(タイトルトラック)より。YESを彷彿とさせる構築美や美しいコーラス・ワーク、ジャズ・ロックアンサンブルに加えてKING CRIMSONの屈折したヘヴィネスまで織り交ぜて聴かせてくれる名曲。

TAI PHONG

試聴 Click!

ベトナム系フランス人を中心に結成されたグループの75年デビュー作より。ストレートなハード・ロックに甘んじない構築力と演奏力、プログレッシブ・ロックとしての旨みにあふれた名曲。どこを切っても美しいメロディーが滲み出します。

PULSAR

試聴 Click!

大作1曲のみを収録した77年3rdより。メロトロンの幻想はKING CRIMSONの静的な部分を想起、ロングトーンで静かに広がるキーボードや流れるような無理の無い展開はPINK FLOYDのような麻薬的魅力を放出。夢想の中に落ちていくような感覚が味わえます。

ASIA MINOR

試聴 Click!

CAMEL系の名グループ、79年1stより。フルート奏者を擁して、変拍子を織り交ぜながらジャジーなアプローチを聴かせる、ファンタジックなシンフォ・ロック。冷ややかながらも肌触りの良いキーボードのロングトーンがマイルドな雰囲気を演出。

SANDROSE

試聴 Click!

73年唯一作より。ソウルフルなRose Podwojnyの歌声とJean Pierre Alarcenのエモーショナルなギターを中心にしたアンサンブルに、ジャジーなオルガン、メロトロンも使用し、シンフォニック・ロック然としたサウンドを作り出しています。

ANGE

試聴 Click!

最高傑作と言われる77年作より。GENESISの影響を受けながらも、ガブリエルとは違ったダークでアクの強い演劇性を持ったChristian Decampsのヴォーカルが強烈。ドラマチックな仕掛けに溢れたシアトリカル・ロックはフランスならでは。

MAGMA

試聴 Click!

73年作の3rdより。ヤニック・トップが加入。重厚かつエキセントリックなバンド・アンサンブルとオペラ風の男女混声コーラスが爆発的なエネルギーを放つ、あのマグマ・サウンドが確立。唯一無二のインパクト。

ZAO

試聴 Click!

76年4thより。超絶ヴァイオリニストDedier Lockwoodと、Yochk'o Sefferとの凄まじいインタープレイが聴きものです。超絶技巧を余すところなく堪能出来るテクニカル・ジャズ・ロックの最高峰。

GONG

試聴 Click!

「Radio Gnome Invisible」シリーズの幕開けとなった73年作より。David Allenの音楽性を象徴するような、トリッピーで摩訶不思議なスペース・サイケサウンドが魅力的。

CARPE DIEM

試聴 Click!

76年2ndより。耽美で広がりのある世界観はGONGなどのスペース・サイケデリック・ロックにも通じるものですが、澄み切った音像は彼らならではの個性であり、今にも消え入りそうな儚げな世界を構築しています。

ARACHNOID

試聴 Click!

78年唯一作より。中期KING CRIMSONを髣髴とさせるヘヴィーなギターに、咽び泣くようなシアトリカルな語り口のヴォーカル、アナログ・シンセサイザーを加えたヘヴィー・シンフォ。フランスらしい冷ややかな響きが印象的。

STEP AHEAD

試聴 Click!

82年唯一作より。STYXのようなアメリカン・プログレハード的な垢抜けたものを目指しつつも、零れ落ちるように、CAMELのマイルドさやSTEVE HACKETTのような叙情的ギターワークなど、70年代の名残が感じられる所がポイント。

MEMORIANCE

試聴 Click!

ATOLLと同じEURODISCレーベルから76年にリリースされたデビュー作。スティーヴ・ハケットとスティーヴ・ハウからの影響を感じさせつつも、繊細なタッチのとろけるようなトーンや、歌うようにエモーショナルなチョーキングがオリジナリティを放つギターが実に魅力的。

ALPHA RALPHA

試聴 Click!

タイ・フォンのキーボード奏者が結成したフレンチ・シンフォニック・ロック・バンド、77年の唯一作。他のタイ・フォンのメンバー(Khanh Mai、Tai Sinh、Jean-Jacques Goldman)の参加も特筆。フランスらしい独特の色彩感覚を持ったアーティスティックなシンフォ傑作です。

Facebookコメント

在庫一覧

  • ALPHA RALPHA / ALPHA RALPHA

    タイ・フォンのメンバーがゲスト参加するなど、タイ・フォンの弟分と言えるバンドによる77年作、叙情派シンフォの名作

    タイ・フォンのキーボード奏者が結成したフレンチ・シンフォニック・ロック・バンド、77年の唯一作。ジャケットのイメージ通りのほの暗いスペーシーなトーンで鳴るシンセ。繊細なタッチとサステインの効いた幻想的なトーンが魅力のメロディアスなリード・ギター。そんなシンセとギターを中心とするスペーシーかつ幻想的なパートを軸に、アコギの軽やかなバッキングとパーカッションをフィーチャーしたP.F.M.「セレブレーション」ばりに躍動するパート、クラシカルなアコギの爪弾きと格調高いピアノによる「春」を想わせるパート、マリンバをフィーチャーしたドリーミーなパートをはさむなど、イマジネーションがめくるめくアンサンブルが持ち味です。独特な音の色彩感覚はいかにもフランス。ゲスト・ヴォーカルとして、タイ・フォンのKhanh Mai、Tai Sinh、Jean-Jacques Goldmanが参加しているのも特筆で、壮麗な多声コーラスも聴きどころ。フランスらしい魅力に溢れたシンフォニック・ロック傑作です。

  • GONG / FLYING TEAPOT

    「Radio Gnome Invisible」第1弾、3部作中最もトリッピーでブッ飛んだサウンドを聴かせる73年作

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立。メンバーの出入りの多さからその人脈図は幾重にも枝分かれし、ファミリーバンドも多く存在し、プログレッシブ・ロックシーンに留まらず、エレクトロシーンなどにまでその影響を与えるグループの73年作。「Radio Gnome Invisible」と題されたシリーズの第1弾であり、GONG黄金期のメンバーであるSteve HillageやTim Blake 、Pierre Moerlenが初めて参加しています。David Allenの音楽性を象徴するような、トリッピーで摩訶不思議なスペース・サイケサウンドが魅力的な作品であり、全盛期GONGのサウンドの幕開けとなったアルバムです。

    • 14828TEMPEL

      デジパック仕様

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      圧痕あり、盤に若干曇りあり

    • SNAP025CDCHARLY

      デジパック仕様、黒地に水色ジャケット、デジタル・リマスター

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      若干スレあり

    • 7714150VIRGIN

      デジパック仕様、2枚組、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック5曲

      盤質: | 未開封

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

  • PULSAR / HALLOWEEN

    フロイド、クリムゾンからの影響を取り込んだ、アーティスティックなフレンチ・プログレの傑作、77年作

    メロトロンなどの積極的な利用で、フレンチ・プログレッシブ・ロックの名盤を作り上げた代表的グループの77年3rd。彼らの最高傑作といわれる本作は2部構成から成る大曲のみで構成された作品であり、非常に映像的なドラマチックさを持った傑作となっています。メロトロンの幻想はKING CRIMSONの静的な部分を想起させ、ロングトーンで静かに広がるキーボードや流れるような無理の無い展開はPINK FLOYDのような麻薬的魅力を放ちます。全編にフレンチ・ロックの冷ややかな質感と芸術性が表われており、夢想の中に落ちていくような傑作です。

  • ZAO / KAWANA

    76年リリース、ヴァイオリンとサックスのスリリングな応酬に息つく暇もないフレンチ・ジャズ・ロック史上の傑作!

    MAGMAのメンバーであったYochk'o SefferとFrancois Cahenが73年に結成したジャズ・ロックグループの76年4th。前作でバンドとしての個性を手に入れることに成功した彼らですが、本作では超絶ヴァイオリニストDedier Lockwoodが参加し、Yochk'o Sefferとの凄まじいインタープレイを聴かせています。楽曲自体も前作の構築性は影を潜めており、よりメンバーの力量に頼った即興色とソロパート押し出しており、彼らの超絶技巧を余すところなく収録したテクニカル・ジャズ・ロック最高峰の1枚と言えるでしょう。