プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

ケベック・プログレ〜フランス語を公用語とするカナダはケベックで生まれた気品ある70sプログレをピックアップ!

トロントがあるオンタリオ州に次ぐ第二の州がケベック。

古くは、コロンブスのアメリカ大陸発見以後、フランスにより植民地化されたことにはじまり、イギリスによる支配中もフランス文化を保ちながら、独立後もフランス語を公用語としているのが特徴。

その歴史的・文化的背景から、他の北米地域のキャッチーなサウンドとは異なる、ユーロ・ロックに通ずる気品と陰影を持った作品が数多く生まれています。

フレンチ・プログレにも負けないケベック・プログレの世界をどうぞご堪能ください。

MANEIGE

試聴 Click!

ケベックを代表するグループと言えばMANEIGE!最高傑作とされるのが76年作3rd!キャメルがカンタベリー出身だったら?そんな想像をしてしまう、技巧的で精緻でファンタスティックなサウンドが特徴。オリジナリティ溢れる好グループです。

POLLEN

試聴 Click!

ケベック産シンフォを代表する傑作。めくるめく変拍子、ドラマティックなキメ、フックに富んだメロディ。イエスやジェネシスやジェントル・ジャイアントのファンならグッときっぱなしでしょう!

OPUS5

試聴 Click!

POLLENと並んでプログレ・ファンに人気のケベック産グループ。ピアノやフルートによる叙情美、キレのある変拍子を自在に操るテクニック、そして10分ほどの曲を一気に聴かせる構成力。ファンタスティックなシンフォとして一級品!

BREGENT

試聴 Click!

アレアばりにエネルギッシュなジャズ・ロックあり、マグマばりの混声コーラスあり、ムーディーな哀愁あり、幽玄なフォークあり、このグループは一筋縄ではいきません!個性溢れる名作。

MANMADE

試聴 Click!

ピンク・フロイドに通ずるメロウなサウンドを土台に、ハモンドやソリーナやピアノやフルートがプログレッシヴに彩るというスタイル。東欧プログレにも通ずる沈み込むような雰囲気と秘境感がたまりません。

CONVENTUM

試聴 Click!

ケベックらしいチェンバー・ロック。ヴァイオリン、サックス、ヴィオラが行き交い、その中を男女混成の演劇的なヴォーカルが舞う、実験と伝統の交錯する、非常に鋭い知性を感じさせる一枚。ただただクール!

L'ENGOULEVENT

試聴 Click!

リリシズムの中にトラッドの静謐さや芯の太さを感じさせる雄大なヴァイオリン、流れるように美しいクラシカルなピアノ。センチメンタルな男性ヴォーカルと格調高く優美なメロディ。美しくも格調高い名作。

OFFENBACH

試聴 Click!

重厚なハモンド、荒々しくアクの強いヴォーカル、そしてブルージーでエモーショナルなギター。クラシックとトラッドが絶妙にブレンドした華麗かつ芯の太い逸品。

CHAMPIGNONS

試聴 Click!

ジャケはおどろおどろしいけど、音は、初期キャラヴァンやトントン・マクートあたりに通じる愛すべき木漏れ日ジャズ・ロック。気品と牧歌性はいかにもケベック産。サックス/フルートやオルガン奏者を含む好グループです。

MORSE CODE

試聴 Click!

後にYESタイプのバンドとして活動するケベックの代表バンドの一つ。この69年デビュー作では60年代末期の空気をいっぱいに含んだ軽やかでスウィートなポップスが印象的です。引きずるようなハード・ロック調の楽曲との対比が何とも痛快!

FRANCK DERVIEUX

試聴 Click!

KEY奏者を中心としたシンフォ・バンド72年作。浮遊感たっぷりの幻想パートからスピーディーに畳みかけるパートまで縦横無尽な曲展開が魅力ですが、そこに一貫して漂うクラシカルな気品こそケベック・プログレたる所以。

W.D.FISHER

試聴 Click!

個人的にケベックの秘宝的一枚と言ってしまいたいのがこちら。ジャジーさが香る洗練のアンサンブルに、ハスキーなヴォーカル&豊かなハーモニーが乗るプログレッシヴ・ロックを展開。この時代らしいオルガンのスモーキーな音色もたまりません。

SLOCHE

試聴 Click!

多彩なキーボードをフィーチャーした歯切れの良いアンサンブルが気持ちいい、ケベック・ジャズ・ロック75年作。ほんのり香るファンタジーとエキゾチシズムは、さながらYESとRETURN TO FOREVERをミックスした感じでしょうか。

CONNEXION

試聴 Click!

ヌケの良いギター・サウンドを中心に展開するエネルギッシュなハード・ロックが特徴のケベック・ハード。見せ場を心得た巧みなリズム・チェンジが抜群に決まっております。これぞハード・ロックの中のハード・ロック!

UNGAVA

試聴 Click!

ケベック出身のギター・トリオ・バンドによる77年唯一作。流麗なフージョン・タッチのギターを中心に時に軽やかに時にドラマティックに展開するジャズ・ロック。運動性の高いベースにも注目。

Facebookコメント

在庫一覧

  • BREGENT / PARTIR POUR AILLEURS

    ケベック・シンフォの名作、79年作

    カナダはケベック出身、BREGENT兄弟を中心とするグループ。79年作。AREAばりにアグレッシヴかつエネルギッシュなジャズ・ロックあり、マグマを彷彿とさせる混声コーラスあり、エキセントリックなチェンバー・ミュージックあり、ムーディーな哀愁あり、幽玄なフォークあり、一筋縄ではいかないサウンドが持ち味。めくるめく多彩なサウンドにかかわらず、ささやくようにシアトリカルな仏語ヴォーカルが終始フィーチャーされています。独特の雰囲気を持った個性溢れる名作。

  • CHAMPIGNONS / PREMIERE CAPSULE

    カナディアン・サイケ・プログ、72年作

    カナダはケベック出身、サックス/フルート奏者とオルガン奏者を含む6人組プログレ・グループ。72年の唯一作。ナチュラルなトーンを中心に、時にファズやワウを効かせながらジャジーなタッチのカッティング&リードでバンドを引っ張るギター、手数多く軽快なリズム隊、全編でフィーチャーされるサックス&フルート、穏やかなフランス語のヴォーカル。ふくよかで哀愁いっぱいのジャジーなサウンドは、初期キャラヴァンやトントン・マクートあたりを彷彿させます。ジャケはちょっとおどろおどろしいですが、そんな雰囲気はなく、牧歌的な雰囲気に溢れた愛すべき逸品です。

  • L'ENGOULEVENT / L'ILE OU VIVENT LES LOUPS

    ケベック産プログレ、77年作1st、クラシックとトラッドが絶妙にブレンドした華麗かつ芯の太い逸品

    カナダはケベックのグループ、77年作1st。リリシズムの中にトラッドの静謐さや芯の太さを感じさせる雄大なヴァイオリン、そして流れるように美しいクラシカルなピアノ。センチメンタルな男性ヴォーカルと格調高く優美なメロディ。アコギが柔らかなバッキングを奏でるたおやかなパートと混声合唱が鳴り響く壮大なパートとの緩急に富んだ構成も見事。名作です。

  • MANEIGE / NI VENT NI NOUVELLE

    カナダはケベック出身グループ、ファンタスティックなチェンバー・ロック、77年作

    カナダのジャズ・ロック系シンフォニック・ロックバンドの76年3rd。バンド・セクションにフルートのマイルドな響きを加えたテクニカル且つデリケートな味わいを持つジャズ・ロック作品となっており、技巧的なジャズ・ロックアンサンブルと、CAMELのようなマイルドで繊細な質感の狭間を行き来するファンタジックな音像を構築しているのがとても個性的です。変拍子に包まれたせわしない進行を聴かせながらユーモラスなメロディーやカンタベリー的な肌触りを演出するなど、その幻想的でかわいらしい中に内包されたヴァラエティーの多さには脱帽するしかありません。

  • POLLEN / POLLEN

    76年リリース、カナダ・ケベックを代表するシンフォニック・ロックの傑作、ジェネシス、イエス、GGを融合させたような作風、とにかく圧倒的な存在感!

    同郷HARMONIUMとも関連のあるカナダのシンフォニック・ロックグループの76年作。非常にテクニカルなプレイの応酬で迫るその内容は、YESの構築的なアンサンブルを基本に、変拍子を多用し、ピアノ、オルガン、アナログ・シンセサイザーが盛り上げていく技巧派シンフォニック・ロックであり、加えてGENTLE GIANTのような音数の多さとフックに富んだ曲調、アコースティック・ギターの鮮やかな響きにはGENESISのファンタジアを内包させています。ドライ且つクールな響きを発するカナダのグループの中にあって、英国然としたサウンドが強調された名盤と言えるでしょう。

  • SLOCHE / J'UN OEIL

    カナダ出身、YESとRETURN TO FOREVERを掛け合わせたようなサウンド、75年デビュー作

    ケベックのプログレ・グループ、75年作の1st。キース・エマーソンからジャズ/フュージョンまで幅広い素養のあるキーボードを中心にした、テクニカルかつ流麗で、「RELAYER」あたりのYESを彷彿とさせる明快さも持ち合わせたプログレ/ジャズ・ロック。流麗さや浮遊感と、変拍子とゴリゴリとしたベースによる硬質さとのバランスが絶妙。いかにも北米らしいキャッチーなメロディと豊かなハーモニーも印象的。

  • UNGAVA / UNGAVA

    ケベック出身、フュージョン・タッチのテクニカルなギターを軸にプログレのエッセンスをまぶした逸品

    ケベックのギター・トリオ。77年の唯一作。楽曲によってキーボード奏者、サックス&フルート奏者がサポート。Jeff Beckを彷彿とさせるフュージョン・タッチの流麗かつテクニカルなギター、変拍子を軽くこなす切れ味抜群のリズム隊によるスリリングなプログレ。アコースティカルなパートも魅力で、端正なタッチのアコギにリリカルなエレピが絡み、美しいメロディがたゆたいます。テクニカルなパートでもソリーナをフィーチャーしたり、シンフォニックなエッセンスもたっぷり。ケベック恐るべし奥行きのある好グループです。