プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

漆黒のゲルマニアの森を映し出す、ディープなディープなジャーマン・フォーク!

英国フォークの湿り気のある陰りを更に更に、凝縮したかのようなドイツのフォーク・ミュージック。英国や北欧など、隣接する地域のトラッド・フォークを基盤としながらも、様々な管弦楽器を織りまぜながら、時に静逸に、時に激しくその純度の高い歌を残した彼ら。ユーロ・フォークの中でも一際、その神秘のベールに包まれたその楽曲群をどうぞ!

EMTIDI

試聴 Click!

ギター、ブズーキ、フルートの音色の中をたゆたうような透明感いっぱいのフィメール・ヴォーカルに誘われて付いて行けば、そこはもうゲルマニアの深い森…!

GURNEMANZ

試聴 Click!

深い森の泉に映り込む立ち枯れの木々の姿を映し出すのは、その鏡のような水面なのか。それとも君の心の中に巣食う幻影ではないのか…。珠玉の独バロック・フォーク名演集!

WIND

試聴 Click!

メロトロンがこれでもかとフューチャーされた作品としてプログレッシブ・ロック・ファンの琴線に触れるアイコン満載のもうひとつのドイツ・フォーク!

SIBYLLE BAIER

試聴 Click!

一度聴いたら、そのシンプルで呟くような歌声が忘れられない、70年代初期に録音された、ヴィム・ヴェンダーズ「都会のアリス」にも出演した薄命女優の唯一作…。

GILA

試聴 Click!

POPOL VUHにメンバーとして参加したConny Veitが在籍したことで知られているジャーマン・フォーク!ネイティブ・アメリカンの歴史をコンセプトに製作された異色作…!

EMMA MYLDENBERGER

試聴 Click!

欧州古謡の流れを豊かに汲んだ芳醇なヨーロピアン・ジャーマン・フォークを聴かせてくれます。西はスペインやバスク、東はアラビアにまでその遺伝子を感じさせる豊かな楽曲!

LIVING ROOM

試聴 Click!

独ブレーメンのアシッド・サイケ・フォーク6人組による、60-70年リヴァイヴァル色高い、97年作!ミスティックな二人の女性ヴォーカルが浮遊感たっぷり。時空を歪める幽玄な独ヒッピー・フォーク、GURNEMANZ辺りが好きな人な方に大推薦です!

ARNO CLAUSS

試聴 Click!

ルーラルなおとぼけクラウト吟遊詩人!?DONOVAN的メルヘン感もたっぷりな独SSW。冒頭からユーモア・センス溢れるほのぼのジェントル・ヴォイスとバンジョー、フィドルの音色に、ドイツの田舎パブを思わせる牧歌感が微笑ましい作品です。

SUNDENFALL II

試聴 Click!

サイケ・ビート・バンド出身者等による、72年にドイツでリリースされた哀愁のジャーマン・フォーク自主制作盤!憂いに満ちた男女ヴォーカルと、時折響くサクソフォンやフルートがなんとも言えない欧州特有の場末感を漂わせます。

WITTHUSER & WESTRUPP

試聴 Click!

ジャーマン・サイケを代表する三大レーベル「Ohr」「Pilz」「Kosmische」それぞれのレーベルから作品を発表、ヨーロッパの民族音楽と瞑想的なアシッド・サウンドをミックスさせたプログレ・フォーク二人組。瞑想への導入を後押しする名品。

BAUMSTAM

試聴 Click!

骨太ハード×ジャーマン・シンフォ×木漏れ日フォーク!?75年の激レア作で知られるジャーマン・ロック・グループ、17年作とは思えぬぬくもりに満ち溢れた快作!

Facebookコメント

在庫一覧

  • ARNO CLAUSS / AN TANTE GERTIE IN ZONS AM RHEIN

    ドイツにこれほどの木漏れ日フォーク・ロックがあったとは!キンクス『ヴィレッジ・グリーン〜』のファンは必聴!

    ドイツのSSW、Ohrレーベルより73年にリリースされたデビュー作。いや〜、これは英パブ・ロックやニッチ・ポップのファンにとって驚きの一枚!ドイツにこれほど牧歌的で温かみがあってポップな木漏れ日フォーク・ロック作品があったとは!もったりとルーラルなリズム隊、ほんわかとしたブラスやリコーダーやフィドル、「いなたい」ハートウォームなヴォーカル&メロディ。キンクス『ヴィレッジ・グリーン〜』やギャラガー&ライルやニック・ロウやヘロンの2ndあたりのファンはたまらないだろうなぁ。愛すべき名品です!

  • BAUMSTAM / LOVE DIVIN

    70年代に激レア盤1枚を残して解散したジャーマン・ハード、復活後4作目の17年作!

    70年代に活動したジャーマン・ロック/ハード・ロック・グループ、00年代に復活を果たしてから4作目のスタジオ盤となる17年作。壮大なシンセやフォーキーなアコギ、菅弦楽器など様々な音色を取り入れ、プログレッシヴな要素が強まってはいますが、サウンドの軸となるのは70年代そのままの叙情的かつ骨太なハード・ロック。縦ノリのドラムにちょっぴり攻撃的なツイン・ギター、力強くもアーティスティックなビブラートを響かせるヴォーカル……昔ながらの「いなたい」ハード・アンサンブルと、これまた往年のジャーマン・シンフォを思わせる煌びやかで奥行きのあるアレンジの組み合わせは、懐かしくも同時にどこか新鮮。フレッシュさと昔懐かしい木漏れ日のようなぬくもりが同居したサウンドがたいへん魅力的な、ジャーマン・プログレ・ハード快作です!

  • GILA / BURY MY HEART AT WOUNDED KNEE

    POPOL VUH人脈を迎えた繊細かつ幻想的なジャーマン・フォーク・ロック、73年作、これは傑作!

    POPOL VUHメンバーとして名盤「Hosianna Mantra」などに参加したConny Veitが在籍したことで知られているジャーマン・ロックグループの73年作。前作からConny Veit以外メンバーを入れ替え、POPOL VUHのFlorian FrickeとDaniel Fichelscherが参加。ネイティブ・アメリカンの歴史をコンセプトに製作された作品である本作は、女性ボーカリストSabian Merbachをフューチャーしたサイケデリック・フォークを聴かせる音楽的なセクションと、エフェクティブな実験色で聴かせるPOPOL VUHにも似たセクションから成り、POPOL VUHと同様に濃密なジャーマン・ロックが詰まった傑作となっています。

  • SIBYLLE BAIER / COLOUR GREEN

    疲れた夜にそっと聴きたい、美しくメランコリックなミッドナイト・アシッド・フォーク。

    ヴェム・ヴェンダース監督映画『都会のアリス』に出演のドイツ人女優、シビル・ベイヤーが70年代に録音し、06年に陽の目を見た唯一作。ギター弾き語りの簡素なフォークなのですが、再生してすぐに、濃厚に漂うメランコリーに圧倒されます。素朴に爪弾かれるアコースティックギターに、ろうそくの炎のようなボーカルがかすかに響き、ダウナーながらも柔らかく心地よいそのサウンドにはすっと心が落ち着くような鎮静作用があります。ジュデイ・シルやニコ、ニック・ドレイクなどに通じる、真夜中のアシッド・フォークです。

  • WITTHUSER & WESTRUPP / TRIPS + TRAUME

    ドイツのプログレ・フォーク・デュオ、71年にOhrレーベルからリリースされた2nd

    ジャーマン・サイケを代表する三大レーベル「Ohr」「Pilz」「Kosmische」それぞれのレーベルから作品を発表、ヨーロッパの民族音楽と瞑想的なアシッド・サウンドをミックスさせたプログレ・フォーク・デュオ。本作は、71年にOhrレーベルからリリースされた2nd。ヨーロッパ民族音楽調の神秘的なメロディ、瞑想への導入を後押しするかのようなドイツ語の語り部、キラキラ、シャンシャンと、ゲルマンの深い森に降りそそぐ光煌めくような鐘の音。それらの楽器群がゆったりと溶け合いながら、じっくりと聴き手を引き込む、極上のアシッド・フォーク・アンサンブル。次作にあたる彼らの代表作『DER JESUSPILZ〜』と比べると、リヴァーヴ効果は控えめに、ギターやリュート等の弦楽器による美しい旋律が際立ったサウンド。フォーク・リスナーにはまずこちらを推薦します。サウンド・エンジニアは、次作同様、COSMIC JOKERSの中心人物として、あるいはSCHICKE FUHRS FROHLINGのプロデューサーなどとして知られるDieter Dierks。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!