プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

透明感とキレ味を併せ持つ、バルト三国エストニア産のプログレをピックアップ!

リトアニア、ラトビアとともにバルト三国として知られる、バルト海に面する国の一つエストニア。北欧と東欧に挟まれた小国ながら、実は70年代から現代にかけて多くの名プログレ・グループが誕生してきました。


他の東欧諸国と同様ソビエト連邦の一員として発展しつつも、多国とは一味違う特有の透明感とキレの良さを持ったエストニア・プログレ。中でもイチ押しの作品をご紹介いたします!

RUJA

試聴 Click!

エストニアの70年代を代表するバンドが、「エストニアのYES」の異名をとるRUJA。『究極』のようなドライヴ感いっぱいのアンサンブルにロックンロールやアヴァンギャルドなど多彩なサウンドを取り入れ、自分たち流のプログレを演奏していた、東欧全土でも屈指と言うべき実力派。

IN SPE

試聴 Click!

もう一つのエストニアを代表するバンドがIN SPE。他の東欧勢とは一線を画する透明感溢れるサウンドと霧がかったようなミステリアスな雰囲気が魅力的なプログレを演奏。

KASEKE

試聴 Click!

そのRUJAとIN SPEのメンバーによって結成されたKASEKEは、洗練されたサウンドを持つジャズ・ロック/プログレッシヴ・ロックの傑作。さすがエストニアシーンの猛者が集まっただけあって、エストニア・プログレここに在り!と言わんばかりの高い完成度を持った作品となっています。

SYNOPSIS

試聴 Click!

RUJAのキーボード奏者Igor Garsnekは個人としてもエストニア・プログレの重要作を生み出しています。ギタリストNEVIL BLUMBERGとのユニットSYNOPSISよるこの86年作は、プログレ・ハードとシンフォニック・ロックが見事に溶け合った80年代東欧プログレの魅力が詰まった名作!

IGOR GARSNEK ANSAMBEL DATA

試聴 Click!

こちらはSYNOPSISと同年にリリースされた彼のソロ作。いかにもこの時代の東欧らしいポップなシンセワークとドライヴ感溢れる80年代YESのエッセンスを巧みに取り合わせた力作となっています。

SVEN GRUNBERG

試聴 Click!

もう一人、エストニアのプログレ・ミュージシャンとして重要な人物がシンセ奏者Sven Grunberg。自身のバンドMESSやソロ作品でも披露される、これぞ東欧!と言いたくなるような荘厳かつ粛々としたメランコリーを湛えたシンセサウンドが印象的な名手です。

MEGAN QUARTET

試聴 Click!

続きましては90年代後半に活躍したエストニアのジャズ・ロック・グループ。キレのあるリズム隊にフリーキーなサックスや攻撃的なギターが火花散らすスリリングなアンサンブルを聴かせつつ、クールなエレピが醸し出す淡い叙情性はカンタベリー・ロックに通じます。

PHLOX

試聴 Click!

そして00年代のエストニアにもソフツやハットフィールドのDNAを継ぐカンタベリーなバンドが。硬質さとリリシズム、それを包むエストニアならではの透明感。絶品です。

BF(BEGGARS FARM)

試聴 Click!

PHLOXが気に入ったらこのバンドも是非。手数多くもしなやかなリズム隊と、鋭角なトーンでヘヴィに切り込むギターを軸とする硬質なジャズ・ロック・アンサンブルに芳醇な管楽器群を絡ませたサウンドは、息を呑むほどのカッコよさ!

Facebookコメント

在庫一覧

  • BF(BEGGARS FARM) / KLOB

    エストニアの新鋭ジャズ・ロック・バンド、PHLOXにも匹敵するアヴァン・ジャズ・ロックを聴かせる09年作!

    90年代後半より活動するエストニア出身ジャズ・ロック・グループによる09年作。エストニアと言えばあのPHLOXが思い浮かびますが、実際に彼らとも交流を持つというバンドで、アヴァンギャルド要素やサイケデリック・テイストも交えたテクニカルで緊張感あるアヴァン・ジャズ・ロックを繰り広げます。ジャズの素養豊かな手数多くもしなやかなリズム隊と、エッジの立った鋭角なトーンでヘヴィに切り込むギターを軸とする硬質なジャズ・ロック・アンサンブル、そこに芳醇なホーン・セクションを絡ませたサウンドは、息を呑むほどのカッコよさ。時にギターは歪んだトーンでガリガリと弾きまくるサイケデリックなプレイも披露していて、3rd前後のソフト・マシーンを彷彿させる手触りもあります。音の断片を散りばめたようなアブストラクトなナンバーは、決して聴きにくさはなくどこか哀愁が漂っているように感じられるのが印象的。静謐なパートでうっすらと情感を添えるメロディカ(鍵盤ハーモニカ)の切ない音色もまた特筆です。ずばりPHLOXにも匹敵する個性派ジャズ・ロックの名盤!

  • IN SPE / IN SPE

    エストニア、透明感溢れるサウンドが特徴的なシンフォニック・ロックの大傑作、83年発表

    RUJAと並んでエストニア・プログレの代表格と言えるバンド、83年の1stアルバム。息をのむほどにデリケートで透明感に満たされたサウンドによって紡がれる、民族色も織り込んだシンフォニック・ロックはもう絶品の一言。独特の間を感じさせる不思議な聴き心地のリズムに、淡い色彩を広げるシンセやハモンド、神秘的に囁き合うフルート&リコーダー、そしてシャープなトーンでメロディアスに旋律を描くギター。異世界の情景を描写するかのような静謐で美しく仄かにスペイシーな音像は、北欧プログレと東欧プログレ両方の味わいを備えていると言えます。そんなうっとりするようなパートから一転、フュージョン・タッチのシャープで音数の多い技巧派アンサンブルになだれ込む展開も見事すぎます。東欧シーンに留まらず、ユーロ・プログレという枠の中でも上位に位置するであろう大傑作です。

  • KASEKE / POLETUS/SONUM

    [カケレコ国内盤リリース中] エストニアを代表する傑作、テンション溢れるジャズ/プログレッシヴ・ロック、83年作+81年EPの全13曲

    旧ソ連はエストニアを代表するグループ、RUJAとIN SPEのメンバーを中心に結成されたグループ。83年作に81年作のEPをカップリングした2in1CD。シンセとギターがアグレッシヴかつ荘厳に畳みかけるパートと、フュージョン・タッチの流麗なギターが軽やかに舞うメロディアスなパートとを鮮やかに対比した展開が見事。辺境っぽさは全く無く、テクニック、アレンジ、メロディ・センスともにかなりのハイ・クオリティ。YES+HATFIELD & THE NORTHと言うと乱暴ですが、疾走感と繊細さが絶妙に調和された奇跡の傑作。

    曲目リスト

    1. Introduktsioon = Introduction   2:06 2. Sõnum = A Message  4:36 3. Kala Jälg Vees = Fish’s Trace In The Water  3:32 4. Laupäeval Koos Isaga = Together With Dad On Saturday  4:18 5. Elevant = Elephant  4:12 6. Valhalla  4:12 7. Elevantsi Hirmulaul = Heffalump's Song Of Fear  3:34 8. Salajane Rõõm = Secret Joy  3:44 9. Põletaja = Con Fuoco  3:36 10. Tantsija = Dancer  5:50 11. Näotused = Unsightlinesses  4:48 12. Pikk Päevatee = Long Way To Go  4:44 13. Põlenud Maa = Burnt Land  3:42

  • PHLOX / TALU

    [カケレコ国内盤リリース中] エストニアの新鋭ジャズ・ロック・グループ、2010年作4th、ずばり名作!カンタベリーのファンは是非!!

    エストニアのジャズ・ロック・グループ、2010年の4thアルバム。手数多くシャープでアグレッシヴなリズム隊、流麗なフェンダー・ローズ、たおやかに飛翔するサックス!リズム隊の硬質さとエレピや管楽器のしなやかさとのバランスが絶妙。カンタベリー・ミュージックの遺伝子を受け継ぐ正統派グループ!これは素晴らしい作品です。ジャズ・ロックのファンにはかなりオススメ!痺れますよ。