プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

カナディアン・プログレ

ラッシュをはじめ、カナダ最大の都市トロントが輩出したプログレ・バンドにフォーカス。

同じカナダでも公用語がフランスという独自の文化圏を持つケベックのグループはこちらのジュークボックスで特集しています。
http://kakereco.com/kakereco_jukebox.php?id=218

RUSH

試聴 Click!

トロント出身、カナダが誇る偉大なるプログレ・ハード・トリオ。ツェッペリン・スタイルの直球ハードでのデビューから、SFをモチーフにしたコンセプチャルなプログレ色を増しながら、さらに全米に轟くキャッチーなメロディという武器も手に入れた代表作。

FM

試聴 Click!

トロント出身。カナダなのに、まるで東欧のような翳りに包まれた幻想美。霧の向こうで、ヴァイオリンとゴリゴリ・ベースが崇高なるバトルを展開!

SYMPHONIC SLAM

試聴 Click!

トロント出身。当時最先端の360 Systems社製ポリフォニック・ギター・シンセを駆使したヘヴィ・シンフォ。76年作より。どこまでも荘厳でメロディアスに盛り上げるサウンドは圧巻!

DRUCKFARBEN

試聴 Click!

同郷トロントの偉大なる先輩のDNAを次ぐ新鋭もピックアップ。キャッチーなメロディ、緻密かつドラマティックな展開。変拍子を多用しつつも一糸乱れぬインプロには度肝を抜かれます。

RICK MILLER

試聴 Click!

カナダのマルチ・ミュージシャン/コンポーザーによる18年作。80年代からTVや映画音楽の場で活躍しているだけあって、物語の中に入り込んでしまったかのようなドラマチックなサウンドが素晴らしい。フロイドのダークさ&メロディアスさにCAMELのリリカルさが融け合ったような幻想的で深遠なサウンド、いつまでも浸っていたくなるなあ。

Facebookコメント

在庫一覧

  • FM / DIRECT TO DISC

    Nash The Slashのヴァイオリンをフィーチャーしたカナダのプログレ・グループ、78年作2nd、東欧に通ずる陰影ある幻想美に包まれた逸品

    カナダはトロント出身のプログレッシヴ・ロック・バンド。ヴァイオリン奏者が交代し、一気にプログレ色を強めた78年作2nd。カナダというとラッシュのシャープなプログレ・ハードをイメージしますが、このバンドの特徴は東欧のプログレ・バンドにも通じるようなダークさと奥深さ。オープニングから、手数多くシャープに疾走するドラムをバックに、ゴリゴリのリッケンバッカー・ベースとヴァイオリンがバトルを展開。テクニカルなんですが、クリムゾンのように音圧で迫るタイプではなく、霧の向こうから聴こえるような幻想性に包まれているのが聴き所です。旧LPのA面/B面で1曲ずつという大作指向。B面曲では冷ややかなトーンのシンセがフィーチャーされ、これもまるで東欧な幻想美。ユーロ・ロック・ファンは必聴と言える名作。

  • RICK MILLER / DELUSIONAL

    80年代初頭よりTV音楽/映画音楽の分野で活動してきたカナダのマルチ・ミュージシャン/コンポーザーによる18年作、フロイド影響下のドラマチックなシンフォニック・ロック

    80年代初頭よりTV音楽/映画音楽の分野で活躍するカナダ出身マルチ・ミュージシャン/コンポーザーによる18年作。過去作同様ピンク・フロイドを彷彿とさせる映像喚起的なシンフォニック・ロックを聴かせていますが、全体的に陰鬱としたゴシック色の漂う前作と比べると、パストラルなアコギや朝日のようにまばゆく柔らかなシンセ、フルートをフィーチャーした穏やかなパートが増えているのが印象的。仄暗さのあるパートでも音使いは柔らかく、空間的なシンセサイザーとギルモア影響下のエモーショナルなギター、静かに歌い上げるヴォーカルの創り出す深遠な音世界は、まるで一つの映画の中に入り込んだように幻想的でドラマチック。フロイドのダークさ・メロディアスさにキャメルのリリカルさを織り交ぜ、ジェネシスのストーリー性を加えたような、感動的で深みのあるサウンドを聴かせてくれる美しい作品です。

  • RUSH / PERMANENT WAVES

    80年作

  • SYMPHONIC SLAM / SYMPHONIC SLAM

    カナダ産、ポリフォニック・ギター・シンセを駆使した荘厳なプログレ・ハード、76年作

    非常に大仰でスケール感のあるへヴィー・シンフォニック・ロックを奏でるカナダのバンドによる76年作。その音楽性はTimo Raineによる、当時最先端の360 Systems社製ギター・シンセサイザーを導入したへヴィー・シンフォニック・ロックの傑作であり、スリーピースではありえない音の厚みを描くことに成功した作品です。先端機材を導入しているとは言っても実験的な要素は皆無でありどこまでも荘厳でメロディアスに盛り上げるサウンドが特徴。RAINBOWの「GATES OF BABYLON」への参加で有名となるDavid Stoneによる分厚いキーボード・アンサンブルが圧巻であり、力強いシンフォニック・ロックを聴かせる名作です。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!