プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

歴史と文化の国イタリアに生まれた珠玉の歌い手たち。イタリア版SSW、カンタゥトーレ特集☆

LUCIO BATTISTI

試聴 Click!

カンタゥトーレ界、伊プログレ界のみならず、イタリア音楽界の重要人物として知られる名ミュージシャン、72年作より。これぞイタリア!と言いたい切々とした叙情的なヴォーカル&ピアノが静かに胸を打つ名曲です。

FRANCO BATTIATO

試聴 Click!

BATTISTIと並び、カンタゥトーレ界の大御所として現在も精力的な活動を続ける鬼才ミュージシャン。カンタゥトーレという枠に捉われないジャンルレスさ、実験精神を感じさせる作品を数多くリリースしています。

CLAUDIO BAGLIONI

試聴 Click!

今も現役で活動する実力派カンタゥトーレ、74年の代表作。若干ハスキーながら温かみのある歌声が沁みますね〜。起伏あるドラマティックなソングライティングは日本人の琴線にも触れる魅力が感じられます。

IVAN GRAZIANI

試聴 Click!

若干ハスキーな高音ヴォーカルが心地良いカンタゥトーレによる77年作。爽やかなアコギと叙情味溢れるピアノにたおやかかつ伸びの良い歌声が心地良い一曲。メロディメイカーとしては数いるカンタゥトーレの中でも屈指。

OSCAR PRUDENTE

試聴 Click!

BATTISTI他、プログレ・ファンには馴染みの深いDELIRIUMのメンバーとも共演するカンタゥトーレの74年作。サイケなギターやそこに絡むフルート吹き荒ぶシンセなど、歌の魅力に加え熱量の高い演奏も楽しめる一曲です。

FABRIZIO DE ANDRE

試聴 Click!

70年代にはサルデーニャ島に移り地中海音楽への接近を試みた不世出のカンタゥトーレ。島で半隠遁状態だった彼をP.F.M.の面々が説得して敢行されたツアーを収録した、伊ロック史上屈指の名ライヴ盤をピックアップ。味のある巻き舌ヴォーカルがもうたまりません!

CLAUDIO FUCCI

試聴 Click!

05年に突如新作がリリースされるまでは名唯一作として語られてきたカンタゥトーレCLAUDIO FUCCIによる74年作。どこか密やかで物悲しい歌声が彼ならではの持ち味となっており、イタリア的な「濃さ」を感じさせないさわやかな作風は、アメリカなどメジャーシーンのSSWにも通じるものがあります。マイルドなアコギのストロークが耳に心地よく響きますね。

ALAN SORRENTI

試聴 Click!

アメリカ進出を果たしたことで世界的にも有名になった名カンタゥトーレですね。この74年作、独特の美声ハイトーンを生かした叙情的な楽曲が光る一枚。ちなみに妹のJENNY SORRENTIはイタリアの名バンドSAINT JUSTのヴォーカリスト。

CLAUDIO ROCCHI

試聴 Click!

RIOの中心バンドとしても知られるアヴァン・プログレ・バンドSTORMY SIXのメンバーであったミュージシャンの79年作。参加メンバーも影響してか、ジャジーな雰囲気も漂うフォーク・タッチの歌物プログレを展開します。

EUGENIO FINARDI

試聴 Click!

52年生まれ、60年代初頭には既に音楽活動を行なっていたというカンタゥトーレによる76年作。AREAをバックに従えた今作では、もちろん切れ味鋭いジャジーな演奏が炸裂しております。

RICCARDO COCCIANTE

試聴 Click!

これぞイタリア!と言うべきドラマティックな歌唱が胸に迫る名カンタゥトーレによる76年作。決して美声ではないものの、ひたすら情熱的に歌いこむスタイルが感動を呼びますね〜。説得力のある歌とはまさにこのこと。

ANGELO BRANDUARDI

試聴 Click!

「イタリアのドノヴァン」の異名を取る不世出のカンタウトーレ、74年のデビュー作より。瑞々しいアコギに乗せて歌われるパストラルな味わいを含んだ歌唱が独特。ハートフルな作風が魅力的ですね。

Facebookコメント

在庫一覧

  • FRANCO BATTIATO / SULLE CORDE DI ARIES

    地中海音楽と歌、現代音楽を統合する鬼才カンタウトーレ、73年3rd、大名作

    地中海音楽と歌、現代音楽を統合する鬼才カンタウトーレ、73年3rd大名作!一見サイケデリックな音の万華鏡を展開しているようで、そこには、シーケンサーを通した楽器の反復音と変調を加えた弦楽器とパーカッション、突然鳴り始めるブラス等、ミニマル・ミュージックの実験性を備えながらも、あくまでコンセプチュアルに歌が導入されたりと、アルバム全体で、一つの音の現実を体現しています。カンタウトーレの枠を大きくはみ出した、イタリア発汎ワールド。ミュージック?最終曲は、東洋と西洋の音楽が混じり合った地中海音楽を基調に美しくも聴いたことのないようなプログレッシヴ・チューンを展開しています。絶対に聞いて欲しい、大傑作!

  • LUCIO BATTISTI / UMANAMENTE UOMO: IL SOGNO

    イタリアを代表するカンタウトーレ、72年発表の傑作

    イタリアを代表するカンタウトーレ、PFMなどでお馴染みのNumero Unoレーベルの設立者としても知られるルチオ・バッティスティが72年に発表した傑作。Numero Unoの記念すべき第一弾レコードでもあります。アコースティック・ギター、ピアノによるシンプルな引き語りの上に紡がれる叙情的なメロディーがとにかく美しく、弦楽器による叙情的なアレンジも曲を一層感動的に引き立てます。全編通して素晴らしい名曲ばかりですが、特に「I Giardini Di Marzo」「E Penso A Te」はイタリアン・ロックを代表するといっても過言ではない名曲です。