プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

EL&Pが好き? 荘厳且つ豪快な70年代キーボード・プログレ傑作選

ATOMIC ROOSTER

試聴 Click!

EL&P参加前のCarl Palmerが在籍する英ハード、70年1stより。クラシカル且つハードなオルガンとへヴィーなベース、そしてテクニカルなドラムが躍動するワイルドな作風。

QUATERMASS

試聴 Click!

英キーボード・トリオ、70年作より。その内容はハード・ロックを基本にクラシックやジャズなどの手法も使い分けるPete Robinsonのオルガンをメインに据えたヘヴィー・ロックの名作。

MAINHORSE

試聴 Click!

Patrick Morazが在籍したイギリスのグループ、71年唯一作より。Patrick Morazのオルガンを中心としたキーボードとギタリストPeter Lockettのドライブ感が素晴らしいプログレッシブ・ロック。

ALBATROSS

試聴 Click!

リック・ウェイクマン的なクラシカルな旋律からキース・エマーソン的なけたたましい旋律まで、このキーボーディストのテクニックは特筆!無名バンドとは思えない驚異のクオリティで、どマイナーながら、米プログレ屈指の名作!

FIELDS

試聴 Click!

英国出身、71年唯一作より。Graham Fieldのハモンド・オルガンを中心に、Andy McCullochのジャジーでテクニカルなドラムをはじめとしたバンド・アンサンブルが英国らしい叙情と味を持った良作。

EGG

試聴 Click!

英プログレバンドの70年デビュー作より。実験的要素も強く出ていますが、複雑に練り上げられた楽曲群はやりすぎなほどの変拍子の嵐であり、音楽的なポテンシャルの高さはかなりのもの。

LE ORME

試聴 Click!

イタリア出身、73年5th。全編で溢れるイタリア然とした叙情とメランコリックな肌触りは特筆すべきもの。オルガンを中心にした攻撃性のあるキーボード・ロックとAldo Tagliapietraの儚げなボーカル曲との対比が素晴らしい。

TRIADE

試聴 Click!

イタリア出身キーボード・ロックグループによる73年唯一作。クラシカルなピアノや、オルガンによるバロック・アンサンブルを聴かせながら進行するタイプのグループ。メロディー・ラインが心地良い、歌モノとしての魅力に溢れたアルバム。

TRIP

試聴 Click!

イタリア出身72年3rd。オルガンやピアノを中心にしたジャズ・ロックフレーバー香るキーボード・ロック。テクニカルなインタープレイを挟みながら、Furio ChiricoのドラムとJoe Vescoviによるオルガンがドライブする名盤。

TRIUMVIRAT

試聴 Click!

ドイツのシンフォニック・ロックグループの75年作。冒頭から「Trilogy」のようなキーボードで幕を開け、ハモンド・オルガンアナログ・シンセサイザーを中心にしたキーボード・ロックを展開。ドイツらしいスペーシーな広がりが非常に個性的。

ELECTRA

試聴 Click!

旧東ドイツを代表するプログレッシブ・ロックグループの75年2ndと80年4thのカップリング作。2nd「Adaptionen」は、全曲でクラシックをベースにしたオルガン・ロックをプレイしており、クラシカル・キーボードロックの名盤。

STARDRIVE

試聴 Click!

アメリカ出身、74年2nd。シンセサイザーをフューチャーしたカラフルなキーボード・ロックで、オルガンやメロトロンではなく、あくまでも分厚いアナログシンセサイザーにこだわり、グルーヴィーなサウンドを放っています。

NICE

試聴 Click!

Keith Emersonが在籍していたグループ、67年作、プログレ黎明期の名作!クラシカルな響きのKeith Emersonのオルガン、Davy O’Listのブルースフィーリングを感じさせるギター、堅実なリズムセクションで聴かせる黎明期のシンフォニック名盤!

REFUGEE

試聴 Click!

元NICEのリズム隊がPatrick Morazと結成したキーボード・トリオの74年作。後にYESの「Relayer」に参加することになる、テクニシャンPatrick Morazのオルガン、ピアノ、モーグ・シンセが堪能できる名盤。

EARTHRISE

試聴 Click!

78年にわずか400枚のみがプレスされた、米キーボード・プログレ・トリオ唯一作。オルガンとムーグの波状攻撃で畳み掛ける、ELPから強く影響を受けたスリリングなキーボード・プログレが痛快!一方でHAPPY THE MANを思わせるファンタジックな広がりあるシンフォ色も魅力です。

Facebookコメント

在庫一覧

  • ATOMIC ROOSTER / ATOMIC ROOSTER

    Carl Palmer在籍の英オルガン・ハード・グループ、70年1st

    THE CRAZY WORLD OF AUTHR BROWN出身のVince Craneを中心に結成され、後にNICEのKeith Emerson、KING CRIMSONのGreg Lakeと共にEL&を結成することになるCarl Palmerが在籍していたことで知られているイギリスのハード・ロックグループの70年デビュー作。その内容はVince Craneのクラシカル且つハードなオルガンとNick Grahamのへヴィーなギター、そしてテクニカルなCarl Palmerのドラムが躍動するワイルドな作風であり、所々でブルース・フィーリングやジャズのアプローチを取りながらハード・ロックでまとめた音楽性が個性的です。ブラス・セクションやフルートなども巧みに取り入れた好盤。

    • BELLE162588

      廃盤、紙ジャケット仕様、SHM-CD、16年リマスター、ボーナス・トラック3曲、定価3143+税

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯有

      2,790円

      2,232円
      (税込2,455円)

      614円お得!

      CD詳細ページへ

  • MAINHORSE / MAINHORSE

    渡英直後のパトリック・モラーツが在籍したキーボード・プログレ・バンド、スリリングかつ技巧的な71年唯一作、名作!

    後にREFUGEE、そしてYESへと参加し、その卓越した技巧を見せつけることとなるスイス人キーボーディストPatrick Morazが在籍したイギリスのグループの71年唯一作。その内容はPatrick Morazのオルガンを中心としたキーボードとギタリストPeter Lockettのドライブ感が素晴らしいプログレッシブ・ロックであり、サイケデリックな質感を残したハード・クラシカルな作風はNICEとも共通するものですが、叙情的な楽曲では非常にメロディアスなヴァイオリンやチェロなどの弦楽器が登場するなど多彩な仕掛けが施されており、シンフォニック・ロック黎明期の名盤となっています。

  • NICE / THOUGHTS OF EMERLIST DAVJACK

    Keith Emersonが在籍していたグループ、67年デビュー作、プログレ黎明期の名作

    後にKING CRIMSONのGreg Lake、ATOMIC ROOSTERのCarl Palmerと共にEMERSON LAKE&PALMERを結成し、キーボード・プログレッシブ・ロックの名盤を連発し、バンドサウンドにおけるキーボーディストの可能性を切り開く天才Keith Emersonが在籍していたグループの67年作。その内容はクラシカルな響きのKeith Emersonのオルガン、Davy O'Listのブルースフィーリングを感じさせるギター、そしてLee Jackson、Brian Davisonの堅実なリズムセクションで聴かせる黎明期のシンフォニック・ロックであり、時代を反映したサイケデリック風味を残しながらも素晴らしい名作です。

    • VICP61472

      デジタル・リマスター、ボーナス・トラック5曲、定価1900+税

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯有

      若干ケースツメ跡あり、帯にインク汚れあり、帯はラミネート加工されています

  • QUATERMASS / QUATERMASS

    キーボード・トリオ編成のハード・ロック・グループ、レインボーがカバーした「Black Sheep Of The Family」収録の70年作、オルガンの響きがこれぞブリティッシュ!

    後にSUN TREADERを経てBRAND Xへと加入することとなるPete Robinson、HARD STUFF、ROXY MUSICなどで活躍するJohn Gustafson、STRAPPS、GILLANへと参加するMick Underwoodによるキーボード・トリオ。Harvestレーベルからの70年作。その内容はハード・ロックを基本にクラシックやジャズなどの手法も使い分けるPete Robinsonのオルガンをメインに据えたヘヴィー・ロックの名作であり、オルガンのほかにピアノやハープシコードなどで巧みに表情を変え、楽曲によってはストリングスも導入したシンフォニック・ロック的な音楽性も聴かせます。

  • TRIADE / 1998 : LA STORIA DI SABAZIO

    73年唯一作、激しさと格調高さを兼ね備えた、伊プログレ史上の名作

    イタリアのキーボード・ロックグループによる73年唯一作。いわゆるキーボード・トリオ編成のグループであり、同郷LE ORMEやLATTE E MIELEなどに通じるクラシカルなピアノや、オルガンによるバロック・アンサンブルを聴かせながら進行するタイプのグループですが、爆発的なキーボード・ロックという雰囲気は無く、さっぱりとした印象を受けます。加えて、LATTE E MIELEなどもそうであったように、端正なキーボード・ロックのパートよりもむしろアコースティック・ギターが爪弾かれながらフォーキーに綴るパートなどに彼らの個性が見受けられ、イタリア然としたメロディー・ラインが心地良い、歌モノとしての魅力に溢れています。

  • TRIUMVIRAT / SPARTACUS

    「ドイツのELP」の異名を取るグループ、75年作

    あまたのEmerson Lake & Palmerフォロワーの中でも、Keith Emersonに強く影響を受けたスタイルで有名であるドイツのシンフォニック・ロックグループの75年作。古代ローマの「スパルタカス」をテーマに掲げたコンセプト・アルバムとなっており、冒頭からEmerson Lake & Palmerの名盤である「Trilogy」のようなキーボードで幕を開け、ハモンド・オルガンアナログ・シンセサイザーを中心にしたキーボード・ロックを展開。彼らのディスコグラフィーの中でも最もドイツのシンフォニック・ロックらしいらしい、スペーシーな広がりが非常に個性的であり、キャッチーにまとめられた彼らの代表作と言える1枚です。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!