プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

ジャーマン・シンフォの深き森を探検しませんか?

NOVALIS

試聴 Click!

ジャーマン・シンフォを代表するバンドと言えばこのNOVALIS。77年作より、哀愁のシンセ/オルガンを基調としたファンタジックなアンサンブルに熱いハイトーンヴォーカルが乗るナンバーをどうぞ。

ANYONE'S DAUGHTER

試聴 Click!

キャメルに通じるファンタスティックなメロディーと、ジャーマンらしい翳のあるロマンティシズムを備えたシンフォニック・ロックを卓越した演奏技術で聴かせる名グループ。80年2ndより彼らの技巧が炸裂するこの曲をピックアップ!

GROBSCHNITT

試聴 Click!

イエスとジェネシスからの影響を強く感じる明朗でシンフォニックなエッセンスを中心に、それを霧で覆うようにドイツらしいロマンティシズムで包み込んだ、幻想性たっぷりなジャーマン・ファンタスティック・ロック。ジャーマン・シンフォ屈指の傑作。

NEUSCHWANSTEIN

試聴 Click!

数あるジェネシス・フォロワー・バンドの中でも完成度の高いシンフォニック・サウンドを聴かせる彼らの79年作。ピーター・ガブリエルに非常に近い声質を持つヴォーカルに、シンセとギターがファンタスティックに紡ぐインストパートの素晴らしさは本家に肉薄!?

TIBET

試聴 Click!

こちらも、ジェネシス系シンフォの隠れた名品と言えるTIBETの79年唯一作。イントロのメロトロン、まるでジェネシス「Watcher Of The Skies」!クラシカル&リリカルなパートの美しさは特筆!

FAITHFUL BREATH

試聴 Click!

ジャーマン・シンフォ界の隠れた名バンド、80年リリースの2ndより。ジェネシスやルネサンスなどのリリカルな70年代英シンフォを踏襲しつつも、ジャーマンらしい深い陰影とロマンティシズムが滲む絶品シンフォニック・ロック!

WALLENSTEIN

試聴 Click!

70年代初期より活動したジャーマン・シンフォ・グループ、73年の3rd。初期のハードロック寄りサウンドと、儚げなシンフォニック・ロックが理想的なバランスで共存したバンドの代表作です。

EDEN

試聴 Click!

イエス直系のダイナミズム、ドイツらしいロマン溢れる幻想美、そして、ソプラノの女性ヴォーカル。ジャーマン・シンフォの名グループによる80年の傑作2nd。

ROUSSEAU

試聴 Click!

ドイツを代表するキャメル・フォロワー・バンドと言えるグループ、80年デビュー作。「Moonmadness」期のCAMELを踏襲した、リリカルなフルートとキーボードが織りなす儚くもファンタジックな色合いを持つサウンドが印象的。

MADISON DYKE

試聴 Click!

77年唯一作。全4曲の大作志向の作品で、優美なシンセのトーンと叙情的なギター&フルートによる、ジェネシスタイプのシンフォニック・ロックを演奏。ドイツのジェネシスタイプと言うとNEUSCHWANSTEINですが、彼らにも引けをとらない完成度の作品。

EPIDAURUS

試聴 Click!

自主盤ながら、叙情派ジャーマン・シンフォの至宝とも言うべきハイクオリティーで知られる77年デビュー作。ツイン・キーボード編成によるメロトロン、シンセ、ピアノのめくるめくキーボードに、アニー・ハズラム系美声女性ヴォーカルをフィーチャー!

PANCAKE

試聴 Click!

テクニカルかつ幻想性溢れるサウンドが持ち味のグループによる77年2nd。ゆったりとメロディを紡ぐ泣きのギターと、そのバックで疾走する手数多いドラム。そしてひなびた風情のキーボード。あぁ、これぞ古のジャーマン・シンフォですね。

ZOMBY WOOF

試聴 Click!

こちらもジャーマン・シンフォの隠れ名品と言うべき77年唯一作。オルガンが醸し出すひなびた哀愁がたまらないジャーマン・シンフォとなっており、イギリスの牧歌性とはまた違う古城が目に浮かぶような彫り深い陰影と気品を感じさせます。

AMENOPHIS

試聴 Click!

80年代のドイツに、こんなにもジェネシスやキャメルへの愛情に満ちた作品が生まれていたんですね。時代を考えると自主制作なのは仕方がないけど、泣きの美メロに溢れた叙情派シンフォの名品ですよ、これ!

Facebookコメント

在庫一覧

  • AMENOPHIS / AMENOPHIS

    83年作、キャメルやジェネシスのファンは必聴と言えるジャーマン・シンフォの名作

    78年に結成されたドイツのプログレ・バンドによる83年のデビュー作。スティーヴ・ハケットゆずりの繊細なタッチのメロディアスなフレーズ、ゴリゴリと高速ピッキングで畳みかけるフレーズ、さらにフラメンコ・ギターまでこなすテクニック抜群のギター。そして、いかにもジャーマンらしい古色蒼然とした味わいのキーボード、涼やかなフルート、線の細いセンチメンタルなヴォーカル。自主制作ということもあって、音質はクリアではありませんし、多少バタバタとしたところもありますが、それがまたこのグループの持つメランコリックな質感を引き立てている印象。キャメルやジェネシスのファンは間違いなくグッとくるでしょう。泣きの美メロとドラマティックなアンサンブルに溢れた叙情派シンフォの名品です。

  • EDEN / PERELANDRA

    女性ヴォーカルをフィーチャーしたYES系統のジャーマン・シンフォ・グループ、80年作2nd

    Dirk SchmalenbachとMichael Dierksを中心に結成され、70年代後半から80年代初頭のジャーマン・シンフォニック・ロックシーンを代表する名盤を作り上げたグループの、80年作2nd。基本的な路線は前作の流れを汲んだ華やかなYES系のシンフォニック・ロックとなっていますが、前作よりは管弦セクションが押さえられ、シンセサイザーによる彩りが増していることから、バンドとしてのダイナミズムをより感じることが出来ます。また、前作に続いてAnnie Haslam系の女性ボーカリストの存在が楽曲にシンフォニックな味わいを与えており、そのメロディーも時代性を反映した非常にポピュラリティーに富んだもの。デビュー作に続いてこちらもやはり名作と言えるでしょう。

  • GROBSCHNITT / ROCKPOMMEL'S LAND

    ジャーマン・シンフォの名バンド、77年リリースの4th

    70年代のドイツを代表するシンフォニック・ロック・グループ。前作で転換を果たしたシンフォニック・ロック路線をさらに推し進めた77年リリースの4th。イエスとジェネシスからの影響を強く感じる明朗でシンフォニックなエッセンスを中心に、それを霧で覆うようにドイツらしいロマンティシズムで包み込んだ、幻想性たっぷりなジャーマン・ファンタスティック・ロックが印象的です。手数多くもタイトなドラムとクリス・スクワイア的なベースによる安定感抜群のリズム隊を土台に、糸をひくように繊細に紡がれるギター、流麗なキーボードがメロディアスなサウンドを織り成していきます。ヴォーカルのシアトリカルさは健在ですがアクは薄まり、ピーター・ガブリエルに比肩するような個性でサウンドの持つファンタスティックな要素を増幅させています。ジャーマン・シンフォニック・ロック屈指の傑作です。

  • NEUSCHWANSTEIN / BATTLEMENT

    抜群の歌心を持ったジェネシス系ジャーマン・シンフォの名作、79年発表

    ドイツの古城をバンド名に据えたシンフォニック・ロックグループの79年作。いわゆるGENESISフォロワーの中でもその徹底したサウンドメイクで評価を得たグループであり、初期、中期GENESISの音楽性を堅実に継承しています。ボーカルはPeter Gabrielそっくりのしゃがれ声でシアトリカルな歌い回しを聴かせ、のどかな田園風景を想起させるような12弦ギターのファンタジックな調べはまさに黄金期GENESISそのもの。そこに厚みのあるシンフォニックなキーボードが加わると、ジャーマン・シンフォニック・ロック独特の音の深み、そしてブリティッシュとはまた質感の違うロマン派の翳りが見える、素晴らしい作品です。

  • NOVALIS / BRANDUNG

    ジャーマン・シンフォの名グループ、ロマンティシズム溢れる演奏とキャッチーなメロディが絶品な77年作!

    ジャーマン・シンフォの名グループ。新たにヴォーカリストFred Muhlbockが加わり5人編成となり制作された5thアルバム。77年作。バンドの持ち味であるロマンティシズムやリリシズムはそのままに、キャッチーなヴォーカル・メロディが加わったのが印象的。A面は小曲3曲で構成。ラジオでヒットした1曲目「IRGENDWO」、美しいメロディが胸を打つクラシカルなバラードの2曲目「ASTRALIS」、CAMELを彷彿とさせる流麗な3曲目ともに、新生NOVALISの魅力が凝縮された佳曲。最大の聴き所は、B面すべてを使った組曲「SONNENWENDE」で、ジャーマン・シンフォの名曲。キャッチーさの中にも、ジャケットのイメージ通りの気品が滲み出た名作。

  • ROUSSEAU / FLOWER IN ASPHALT

    80年デビュー作、CAMELタイプの優美でファンタスティックなジャーマン・シンフォ名作

    フルート奏者を擁し、その肌触りの滑らかさとファンタジックなサウンドで、ドイツを代表するCAMELフォロワーの地位を確立、名作を生み出したグループの80年デビュー作。ストレートに「Moonmadness」期のCAMELを意識したサウンドを作り上げており、特にリリカルなフルートの音色とキーボードの爽やかな響きが印象的。一方でギターワークはAndrew Latimerよりも堅実なプレイに徹する場面が多く、やはりフルートとキーボードの彩りで構築していくタイプのフォロワーと言えるでしょう。垢抜けないながらも味のあるドイツロマンを醸し出した叙情的な名盤です。

  • TIBET / TIBET

    メロトロンが溢れるジャーマン・シンフォの名作、79年唯一作

    79年リリースの唯一作、ドイツ。メロトロンの洪水とリリカルなハモンドが印象的で、ドイツらしい哀愁漂うメロディーは絶品。メロトロンの使い方は、GENESIS「Watcher Of The Skies」を思い起こします。指板をなぞるように「泣き」フレーズを連発するギターも、テクニックはそれほどでも無いもののメロディアスな楽曲を一層魅力的に聴かせています。構成力も素晴らしく、クラシカルな決めフレーズなどシンフォニック・ロック・ファンはかなりグッとくるでしょう。名作。

  • WALLENSTEIN / COSMIC CENTURY

    ハラルド・グロスコフ在籍のジャーマン・シンフォ・グループ、73年リリースの3d

    多くのグループがサイケデリックな質感を引きずりながら活動していた70年代最初期から、メロトロンやピアノを中心とした本格的なシンフォニック・ロックを放っていたグループであり、COSMINC JOKERSやASHRAへの参加が有名なHarald Groskopfが在籍していることでも知られているジャーマン・シンフォニック・ロックバンドの73年3rd。Kosmischeレーベルから発表された本作は、ヴァイオリニストJoachim Reiserを迎え、初期のへヴィーなサウンドと、儚げなシンフォニック・ロックのバランスを取ることに成功した作品であり、彼らの個性が成熟した代表作となっています。

    • BELLE111801

      紙ジャケット仕様、SHM-CD、11年デジタル・リマスター、定価3300

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯有