プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

アメリカン・プログレ名作選

華やかなキーボード・サウンドと爽快なコーラス・ワーク、英プログレに対するアメリカからの回答

日本ではプログレ・ハードとも呼ばれ、英国以上に華やかなキーボード・サウンドと爽快なコーラス・ワーク、明朗快活なメロディが際立つ音楽性で人気を獲得しているアメリカン・プログレ。シーンとして定着したのは、KANSAS、JOURNEY、BOSTONなど英国プログレの影響を受けたグループが次々にデビューした1970年代半ば。彼らはGENTLE GIANTを髣髴とさせる変拍子を組み込んだ緻密な曲展開やコーラス・ワーク、YESやGENESISを彷彿とさせる叙情的なキーボード・サウンドなどを導入し、アメリカ本来のルーツ・ミュージックであるカントリーやブルースなどと自然な形で融合されることで、独自のサウンドを確立しました。

一方で英国プログレの叙情性をより純粋に追及したETHOSやPAVLOV'S DOGといったグループも存在。メロトロンやフルートを効果的に使用したドラマティックなサウンドは、英国への憧憬に満ち溢れています。

大国アメリカから数多く生まれたプログレッシヴな作品群の中から英プログレ名作にも負けない魅力を持った作品をご紹介いたしましょう。

KANSAS

試聴 Click!

アメリカン・プログレと言えば、まずはこれでしょう。ポップなメロディーと抜けの良いバンド・アンサンブル、分厚いコーラス、そしてシンフォニックなヴァイオリンやキーボードが一体となったドラマティックな大作。

PAVLOV'S DOG

試聴 Click!

ハマると抜け出せないDavid Surkampの個性的なハイトーン・ボーカルは是非お試しいただきたい。湿り気のあるメロトロンや、ヴァイオリン、フルートを加えたアンサンブルは、ブリテイッシュ・ロックを髣髴とさせるロマンティックな叙情に満ちた逸品。

ETHOS

試聴 Click!

75年デビュー作より。英国然とした湿り気と気品を持ったファンタジックなシンフォニック・ロック。メロトロンやチェンバリンを駆使した儚げなサウンドとアコースティック・ギターによるGENESISのような御伽噺の世界。

HAPPY THE MAN

試聴 Click!

後にCAMELへ参加することになるKit Watkinsを中心としたグループ、78年2ndより。CAMELのようなシンフォニック・ロックのマイルドさと、GENTLE GIANTを髣髴とさせるようなテクニカルなアプローチが絶妙にブレンドされた独特の叙情が魅力。

YEZDA URFA

試聴 Click!

75年作より。クラシカル且つレトロなシンフォニック性を感じるキーボードと、やたらとせわしないドラム、管楽器を巧みに利用したアプローチ。最大瞬間風速のように過ぎる超絶技巧にはただただ驚愕の一言。

CATHEDRAL

試聴 Click!

78年作より。メロトロンの名盤として知られる作品。硬質なギターとベースはYES系の構築美、ドラムはKING CRIMSONの緊張感、キーボードはGENESISのファンタジックさ、と英国憧憬が滲み出たサウンドは魅力的。

HOLDING PATTERN

試聴 Click!

81年作より。Steve Hackettを髣髴とさせるメロディアスなギタープレイと、キーボードのふくよかさで聴かせるインストゥルメンタルによるシンフォニック・ロック。CAMELとGENESISを併せたような爽やかな叙情がじんわりと浸透します。

ZAZU

試聴 Click!

75年唯一作より。耳に残るキャッチーなメロディーと爽やかに重なるコーラスワークがとても印象的。華やかなキーボードとハードに攻めるギター、そして甘みを持ったメロディーはKANSASに引けを取らない魅力に溢れています。

BABYLON

試聴 Click!

77年唯一作。GENESISからの影響を露骨に表現しており、ダブル・キーボード編成でTony Banksを髣髴とさせるヴィンテージなサウンドを聴かせる一方で、本家GENESISにはないスペース・ロックのような広がりと浮遊感のあるアナログ・シンセサイザーが個性的。

GLASS

試聴 Click!

73年〜75年にかけて録音された未発表作品より。クリムゾンやEL&Pの影響を感じるシンフォ・プログレ。(インストゥルメンタル)。洪水のように次々と鳴らされるメロトロンから溢れ出る叙情性には、ノック・アウト必至!

OCTOBER

試聴 Click!

79年作より。英シンフォ・プログレ、カンタベリー、ドイツ産シンセ・ミュージックなどからの影響が感じられるグループ。変拍子を多用しながらも静謐な感覚が一貫しており、HATFIELDを髣髴とさせます。英国プログレに通ずるリリシズムも印象的。

GUNS & BUTTER

試聴 Click!

この作品はヤバい、ヤバすぎます!ユダヤ人メンバーが居るボストンのグループ。ヴァイオリン、サックス、フルートをフィーチャーし、めくるめくしなやかに展開。無国籍プログレの大傑作!

MINGO LEWIS

試聴 Click!

イエス『リレイヤー』ってカッコ良いよね。そんなあなたに一押しなのが、これ。AL DI MEOLAやSANTANAの作品にも参加した名パーカッション奏者による76年作ソロ。突き抜ける疾走感!超ハイテンション・ジャズ・ロック!

FIREBALLETT

試聴 Click!

クリムゾンのイアン・マクドナルドのプロデュースでデビューした米シンフォの隠れた名盤。ジャケからして秘宝臭ぷんぷんですが、音もイエス&ジェネシス直系のファンタスティック・プログレでたまりません!

MAELSTROM

試聴 Click!

米プログレの隠れ名盤として知られる73年作。ダブルメロトロン、マリンバ、フルートなど多彩な管弦打楽器をフィーチャーしたGENTLE GIANTに近い音楽性を披露。繊細なヴォーカルや陰影に富んだくすみ感のあるアンサンブルからも、英プログレからの色濃い影響が感じ取れます。

Facebookコメント

在庫一覧

  • HAPPY THE MAN / CRAFTY HANDS

    のちにキャメルに参加するkey奏者キット・ワトキンス在籍の米テクニカル・シンフォ・グループ、78年作2nd

    CAMELへ参加することになるKit Watkinsが在籍したことでも知られている、非常にファンタジックなシンフォニック・プログレッシブ・ロックを聴かせるアメリカのグループの78年2nd。前作で顔を覗かせていたフュージョンテイストと、前作から少し落ち着きが出たものの依然としてGENTLE GIANTを髣髴とさせるようなテクニカルなアプローチは健在であり、そこにCAMELのようなシンフォニック・ロックのマイルドさを絶妙にブレンドすることに成功した傑作。スリリングでありながら独特の叙情を感じさせ、緩急を織り交ぜながら聴かせる名盤です。

  • MAELSTROM / MAELSTROM

    アメリカ、GENTLE GIANT影響下のシンフォ・プログレ、73年作+80年のライヴ音源2曲を収録、97年リリース

    アメリカのプログレ・バンド、73年作。森の中にこだまするように響く2台のメロトロン、マリンバ、フルート。そうかと思うと、次の瞬間には手数の多いリズムが前のめりに走り出し、緩急自在のテクニカル・プログレへと華麗に展開していきます。多くのメンバーが複数の楽器を操る点、ケリー・ミネアを思わせるどこか虚ろなヴォーカル、そして何よりその変拍子まみれの緻密すぎるアンサンブルからは、同時代の英国のテクニカル集団GENTLE GIANTの姿がよぎります。よりジャズ・ロック・テイストが強いものの、テクニックにかけては引けを取らないレベル。まさにアメリカのGENTLE GIANTという言葉が相応しいサウンドを披露しています。ずばり70'Sプログレ隠れた名作と言うべき一枚!

  • PAVLOV'S DOG / PAMPERED MENIAL

    ゲディ・リーを彷彿させるハイトーンVoと吹きすさぶメロトロンが印象的な米プログレ・バンド、75年デビュー作

    David SurkampとRick Stocktonを中心に結成されたアメリカのプログレッシブ・ロックグループの75年デビュー作。その内容はDavid Surkampの非常に個性的なハイトーン・ボーカルで聴かせるハード・ロック的な音楽性を基本にしたもの。ヴァイオリン、フルートといったアクセントも巧みに取り入れたサウンドを聴かせていますが、なんと言っても湿り気のあるメロトロンが使われていることがこのグループの音楽性をプログレッシブ・ロックへと接近させており、アメリカよりはブリティッシュ・ロック的な味わいを感じさせる作風となっています。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!