プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

ギリシャ・プログレ&ロック名作選

ヨーロッパの南東端に位置し、地中海とエーゲ海に数千の島々を擁する国、ギリシャ。 西洋文明の根源と言える古代ギリシャ文明を築き上げ、政治・学問・芸術など様々な方面に影響を及ぼす多くの知識人を輩出した国。 また古来より中東・アジア、そしてアフリカなどヨーロッパ以外の地域と関わりが深かったのもあり、その音楽性にも独特のエキゾチズムと神秘性が滲んでいます。 そんなギリシャを代表するミュージシャンといえば、やはり『ブレードランナー』『炎のランナー』といった映画音楽、また2002年日韓ワールドカップのテーマ曲でも知られる、名コンポーザーのヴァンゲリス。 今回は彼が在籍したプログレ・バンド、アフロディテズ・チャイルドを起点に、ギリシャが生んだプログレ&ロックの名作たちをご紹介してまいりましょう。

APHRODITE’S CHILD

試聴 Click!

ヴァンゲリスを中心に67年に結成されたグループ、最終作の71年作3rd。黙示録をテーマとする2枚組のコンセプト・アルバムで、キャッチーなメロディとギリシャならではのエキゾチズム&崇高さが融け合った、唯一無二のサウンドを鳴らしています。ギリシャのみならずユーロを代表するプログレッシヴ・ロックの傑作。

VANGELIS

試聴 Click!

『666』リリース後、アフロディテズ・チャイルドは解散し、個々のメンバーはソロ活動に専念。後に世界中に名を馳せるヴァンゲリスの初のソロ・アルバムとなったのがこの75年作です。なおこの直前にはキーボーディストとしてYESにも誘われていた彼。そのよしみで、本作を含めた彼のソロ作品では度々ジョン・アンダーソンがヴォーカルとして参加しています。

SOCRATES

試聴 Click!

『HEAVEN & HELL』リリースと同年の75年、ギリシャを代表するハード・ロック・バンド、ソクラテスのプロデュースも手掛けていたヴァンゲリス。76年リリースの『PHOS』では自身もキーボード奏者として参加しています。

FORMINX

試聴 Click!

そんなヴァンゲリスがキャリア最初期に在籍していたギリシャのポップ・バンドがこちら。ほとんどの楽曲を彼が手掛けており、どの曲も芳醇かつ哀愁滲むメロディが絶品。彼の優れた才能がすでに遺憾なく発揮されています。

DEMIS ROUSSOS

試聴 Click!

ヴァンゲリスばかりになってしまいましたが、アフロディテズ・チャイルドでヴォーカル/ベースを務めたデミス・ルソスもまた、数々の世界的ヒットを飛ばしたギリシャが誇る名ミュージシャン。穏やかで哀愁に満ちた歌声に、管弦楽器を取り入れた気品溢れるアレンジ、そして地中海の風に吹かれるような透明感。心打たれる73年のソロ名作。

LUCAS SIDERAS

試聴 Click!

同じくアフロディテズ・チャイルドにてドラムを務めたルカス・シデラスもソロ作品を残しています。フォーキーでビートリッシュな中に、ほんのりと幻想性が漂うサウンドがGOOD。この暖かみと崇高さのバランスは、ジョージ・ハリスンにも近いものも感じますね。

STAMATIS SPANOUDAKIS

試聴 Click!

ルカス・シデラス繋がりで、彼が参加したこの作品もご紹介。現代ギリシャを代表する音楽家の72年デビュー作。プログレ・ファンにはシンフォ系の作品で知られていますが、本作で聴けるのは素朴で心温まるフォーク・ロック。なおかつ時には泣きのギターや哀愁のハモンドなど、ギリシャらしい重厚なドラマチックさも発揮していてグッと来ます。

AKRITAS

試聴 Click!

次はプログレ・ファン必聴のギリシャ・プログレの名作たちをピックアップ!73年唯一作。イタリアン・ロックにも通ずる性急さと、マイク・オールドフィールドも思わせるツーンと尖ったギター、ヒンヤリとしたシンセによるオリエンタルな雰囲気。畳みかけるパートでも終始格調高い雰囲気に満ちた芸術度の高いサウンドは、いかにもギリシャ。

AXIS

試聴 Click!

ギリシャ出身で、アフロディテズ・チャイルドと同じく主にフランスで活動したグループ、73年の2nd。クリムゾン『リザード』に通じる静謐な気品、『太陽と戦慄』ばりのテンションみなぎる変拍子、ヘンリー・カウばりの狂気の室内楽的アンサンブル。極めつけは全面に出て主旋律を奏でるメロトロン!ギリシャのみならずユーロ屈指と言える傑作です。

NOSTRADAMOS

試聴 Click!

男女二人のヴォーカルを擁するグループ、72年の唯一作。清楚な女性ヴォーカルとギリシアらしい哀愁いっぱいのメロディ、フルートが彩る陽光降り注ぐようなアンサンブル。メロウ・キャンドルやヴァーティゴやネオン・レーベルのメロウなバンドに通じる逸品。

KOSTAS TOURNAS

試聴 Click!

ちょっとマイナーな作品ですが、ギリシャ・プログレの名バンドAKRITASのヴォーカルと一緒にバンドを組んでいたギタリスト、KOSTAS TOUVASの74年作2ndソロ!エキゾチック&アーティスティックなオルガン・ロックの名品!

POPI ASTERIADI WITH LAKIS PAPPAS

試聴 Click!

次はギリシャのフォーク名作。軍事独裁政権下だった69年のギリシャで、こんなにもリリカルでドリーミーなフォーク作品が生まれていたとは。素朴で味わい深い現地語ヴォーカルと、美しいピアノ、フルート、ハープシコードの旋律が優しく寄り添い合う涙の逸品。

JACK OF ALL TRADES

試聴 Click!

次はニッチなギリシャ・サイケ!60年代のジェファーソン・エアプレイン・フォロワーかと思ったら、80年代半ばに結成されたバンドだって!?紅一点女性ヴォーカルと男性ヴォーカルのハーモニーといい、グレイトフル・デッド「DARK STAR」のような酩酊感あるギターといい、シスコ・ファンにはたまらぬサウンド。

ILIAS ASVESTOPOULOS & 2002

試聴 Click!

ギリシャのサイケ/プログレ・バンドによる75年作。ポコポコと鳴るパーカッション、どうにも野暮ったいアコギ、ひなびたブルース・ハープの音色に叙情たっぷりのギリシャ語ヴォーカル…とめどない哀愁を滲ませながら突き進むサイケ・ロックが癖になります。ユーロ/辺境サイケ好きならドンピシャな一枚!

PELOMA BOKIU

試聴 Click!

こんなバンドもギリシャにおりました。なんとSANTANAに影響を受けたというギリシャのラテン・ロック/サイケ・バンド。エキゾチックなギターと酩酊感のあるオルガン、ファンキーなパーカッションのグルーヴに、時折炸裂するギリシャらしい哀愁のメロディがたまりません。

CICCADA

試聴 Click!

最後は現代のバンドをピックアップ。10年にデビューした、女性ヴォーカル擁するギリシャのプログレ・グループ。幽玄かつ神秘的でいて、ここぞではヘヴィ&アヴァンギャルドに展開。女性ヴォーカルはマイク・オールドフィールドの作品に起用されそうな美声だし、これはずばりセンス抜群の逸品!

Facebookコメント

在庫一覧

  • AKRITAS / AKRITAS

    性急さと畳み掛けるようなテンションが魅力のギリシャ・プログレを代表する名作、73年唯一作

    ギリシアを代表する名作、73年の唯一作。バロック調のオルガン、端正なタッチのクラシカルなピアノ、アグレッシヴなキーボード、エッジの立ったエキセントリックなギター、手数多くアグレッシヴに疾走するドラム、静と動のパートの鮮やかな対比。これぞまさにプログレ。イタリアン・ロックを想わせる、性急さと畳み掛けるようなテンションも魅力。曲間なく全体がつながったコンセプト作で、静と動を自在に操る演奏力と、30分以上を一気に聴かせる構成力も見事です。

  • APHRODITE'S CHILD / 666

    ギリシャを代表する一枚、72年発表の3rd、プログレ史に残る一大コンセプト作!

    72年作の3rdである本作は、黙示録をテーマとした一大コンセプト作品。ロック、ポップ、クラシック、ジャズ、民族音楽などが渾然一体となっためくるめくサウンド、叙情と狂気を同時に孕んだ圧倒的な表現力は、これぞプログレッシヴ・ロック!VANGELIS率いるAPHRODITE'S CHILDが70年代に世に送り出した一大傑作。

  • AXIS / AXIS

    73年発表、ギリシアのみならずユーロ・ロック屈指と言って過言ではない!アヴァンギャルドかつ気品に満ちた傑作

    ギリシャ出身で主にフランスで活動したグループ。ピアノ/オルガン/メロトロンを操る鍵盤奏者が中心で、デビュー作からギタリストが抜け、ギターレスのキーボード・プログレ4人組となって制作された73年の2nd。ベーシストも代わり、一気にプログレ/アヴァンギャルド色が増しました。キング・クリムゾン『リザード』に通じる静謐な気品を漂わせるパート、鋭利に尖ったトーンのキーボードのミニマルな反復に『太陽と戦慄』ばりに狂気の変拍子が炸裂するパート、ヘンリー・カウばりのフリー・ジャズ/チャンバー・ロックなパートなど、一瞬たりとも気の抜けないテンションみなぎるアンサンブルが続きます。特筆なのがメロトロンで、持続音で荘厳にたなびく感じの使い方が一般的ですが、このグループは、全面に出てまるでピアノばりに主旋律を奏でます。アヴァンギャルドかつクラシカルな気品に満ちたギリシャ屈指・・・なのは言わずもがな、ユーロ・ロック屈指と言っても過言ではない傑作アルバム。必聴です!

  • CICCADA / FINEST OF MIRACLES

    女性ヴォーカルを擁するギリシャのプログレ新鋭、2015年作2nd、幽玄かつ神秘的でいて、ここぞではヘヴィ&アヴァンギャルドに展開する傑作

    05年にギリシャはアテネで結成された、女性ヴォーカルEvangelina Kozoniと、男性フルート/サックス/Key奏者のNicolas Nikolopoulosを中心とするグループ。2010年デビュー作に続く2015年作2nd。フォーク、プログレ、アヴァンギャルドの垣根を超えてダイナミックに行き来する構成が魅力で、ヴァイオリンが舞い、フルートがギリシャの深い森の神秘性を漂わせると幽幻なるユーロ・フォークが立ち現れますが、次の瞬間、エレキ・ギターがガツンと炸裂し、ハモンド・オルガンがウネリを上げるまるでイタリアン・ヘヴィ・シンフォばりの荘厳さで畳み掛け、さらにそこから急展開で、管弦楽器が格調高くも暗黒の世界を描くチェンバー・ロックへと突入。すさまじいアレンジ・センスと演奏力にはただただ言葉を失います。クラシカルな流麗さとアヴァンギャルドな硬質さとのバランスは、いかにもYUGENなどを擁するイタリアのAltrOck/FADINGレーベルが目をつけるのも納得。透明感ある高音が美しい女性ヴォーカルもまた特筆で、マイク・オールドフィールドの作品に起用されそうな孤高の美しさを醸しています。これはずばり傑作!

  • FORMINX / FORMINX

    ヴァンゲリス在籍のギリシャ産ポップ・バンド、76年リリースの音源集、全14曲

    かのヴァンゲリスがAPHRODITE'S CHILD結成前に在籍していたギリシャのポップ/ガレージ・ロック・グループ、76年リリースの音源集。ほとんどの楽曲をヴァンゲリス(本名のV. Papathanasiou名義)が作曲しており、歌詞は英語。サーフ・ミュージックにも通ずるビート弾むナンバーから熱情たっぷりのバラードまで、どの曲も芳醇かつ哀愁滲むメロディが秀逸!ヴァンゲリス・ファンは是非チェックしたい一枚です。

  • JACK OF ALL TRADES / AROUND AND AWAY

    80年代半ばから90年半ばに活動したギリシャのサイケ・バンドの未発表作。グレイス・スリックを思わせる女性ヴォーカルが印象的。

    80年代半ばから90年半ばに活動したギリシャの4人組。ギタリストの事故死によって余儀なく解散に至ったようです。90年に自主制作ミニアルバムを、95年にアルバムをリリースしていて、本作は未発表だった3作目のアルバムを14年にリリースしたもの。活動中に録音されたものですが、オープニングを聴くと60年代シスコ・バンドの作品かと思うほど60年代の雰囲気たっぷり。まず紅一点の女性ヴォーカルがグレイス・スリックのようなのびやかで力強い高声で、そこに男性ヴォーカルが重なりジェファーソン・エアプレインを彷彿とさせます。ギターもグレイトフル・デッド「DARK STAR」のような酩酊感あるサウンドで、シスコ・サイケのバンド好きならたまらない好作です。

  • PELOMA BOKIU / PELOMA BOKIU

    ギリシャの6人組、エキゾチックな雰囲気漂う72年作。

    ギリシャの6人組による72年作。SANTANAに大きく影響を受けたバンドのようで、腰にくるリズムや伸びやかなギターソロ、さらにチープなオルガンも鳴り響き酩酊感漂うハード・サイケです。エネルギッシュな熱いヴォーカルも辺境サイケ・ファンにはたまりません。

  • POPI ASTERIADI WITH LAKIS PAPPAS / ANOTHER SUNDAY GONE

    ギリシャ、繊細かつリリカルな男女フォーク、69年作

    ギリシア、69年作。アコギの爪弾きをベースに、ピアノ、フルート、ハープシコードが透明感溢れるリリカルなフレーズを添える美しいアンサンブルと、ちょっと虚ろな男女ヴォーカルとによるフォーク作品。繊細で格調高いサウンドは、季節で言えば「冬」。ピンとはった空気に心引き締まる好盤。

  • STAMATIS SPANOUDAKIS / BEAUTIFUL LIES

    プログレ・ファンにも人気の高いギリシアを代表する音楽家である彼の72年デビュー作、素朴で心温まるフォーク・ロック作

    コアなプログレ・ファンにはシンフォニック・ロックの傑作を多数発表しているミュージシャンとして知られている、現代ギリシャを代表する音楽家である彼が、72年にリリースした1stアルバムが本作。APHRODITE'S CHILD〜EROSのドラマーLucas Siderasや同じくEROSのkey奏者Lakis Vlavianosらを迎え、自身はギターと英語によるヴォーカルを担当。基本的にはギリシャ的なエキゾチックさはほとんどなく、英米フォーク・ロック影響下の飾り気のない素朴で心温まるフォーク・ロックを聴かせてくれますが、サイケがかったトーンで泣きのメロディを紡ぐエレキギターや哀愁のハモンド・オルガンが被さってくるところはギリシャらしい濃厚なドラマチシズムに溢れていてかなりグッと来ます。英米ロック・ファンにもオススメの良作。