プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

名盤『ムーンマッドネス』より出発する、キャメル・ファンにオススメしたい叙情プログレ探求☆

スタッフ佐藤です。

英国の叙情派プログレの筆頭と言えばキャメル。

後進バンドへの影響の大きさは5大プログレにも匹敵するほどで、70年代半ば頃から現在に至るまで、世界各国でキャメルへの憧憬を滲ませたグループが誕生し続けています。

そんなわけで今回は、キャメル好きの方に是非聴いてみてほしい作品を、ちょっとディープに探求してまいりたいと思います!それでは、キャメル黄金期を代表するこの名盤からスタート。

キャメル/ムーンマッドネス「月夜の幻想曲」

前作『スノーグース』も大傑作だけど、この4thも同等に素晴らしいですよね。

キーボードとフルートが幻想的すぎる「静」のパートと、引き締まったドラミングにギターとキーボードが泣きのフレーズを応酬させる「動」のパートとの鮮やかすぎる対比。

ファンタスティックさではプログレ史上の最高峰!

試聴 Click!

続いては、リリースされたばかりのとっておきの一枚をピックアップ。CAMELファンの方々にとって、これは今もっとも熱い一枚と言えるはず!

DAVID MINASIAN/SOUND OF DREAMS

キャメル関連の映像作品の制作にも関わった米キーボーディストによる、10年ぶりとなった3rdアルバム。

ひたすら美しいタッチのキーボードが描くキャメル系シンフォ・スタイルに、ハケット、アニー・ハズラム、ビリー・シャーウッド、ジャスティン・ヘイワードらゲストの持ち味を絶妙に溶け込ませたサウンドに、とにかく感動しっぱなし!

試聴 Click!

ラストは、長らくスイスに眠っていた珠玉のキャメル系シンフォ秘宝を取り上げましょう。

SICHER/SICHER

まさか「トレース meets キャメル」と言えちゃうこんな絶品シンフォがスイスの地に存在したとは…。

古典の引用も多用したクラシカルなツイン・キーボードと、リリカルで牧歌的に奏でられるチェロやフルートとの調和が見事な一枚です。

試聴 Click!

いかがだったでしょうか。
よろしければ、こちらの記事もどうぞ!


「CAMEL愛」選手権!?CAMEL憧憬の叙情溢れる実力派新鋭グループをご紹介!

【関連記事】

「CAMEL愛」選手権!?CAMEL憧憬の叙情溢れる実力派新鋭グループをご紹介!

クリムゾンやフロイドといった四大プログレにも匹敵する影響を後世のグループに与えたCAMEL。そんなCAMELの遺伝子を受け継ぐ、実力派叙情プログレ・グループをピックアップいたしました!


叙情美と技巧性を併せ持ったスイス・プログレを探求!

【関連記事】

叙情美と技巧性を併せ持ったスイス・プログレを探求!

フランス・ドイツ・イタリアという大国に囲まれつつ独自の規律を貫いてきた、永世中立国スイスのプログレを一挙ご紹介!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • DAVID MINASIAN / SOUND OF DREAMS

    CAMELの映像作品制作にも関わる米key奏者、ハケット、アニー・ハズラム、ビリー・シャーウッド、ジャスティン・ヘイワード他をゲストに迎えひたすら美麗なシンフォ・プログレを紡ぐ20年3rd

    84年にデビュー作をリリース、『COMING OF AGE』などCAMELの映像作品制作にも関わった米key奏者。CAMEL系シンフォの傑作として名高い2nd『RANDOM ACTS OF BEAUTY』から10年ぶりにリリースされた20年作3rd。本作では、Steve Hackett、Annie Haslam、Billy Sherwood、MOODY BLUESで知られるJustin Haywardらを各曲にフィーチャー。CAMEL直系の叙情シンフォに各ゲストの持ち味をしっかり溶け込ませた美麗ナンバーがずらりと並びます。シンセが幻想的に広がる演奏をバックにJustinの語りかけるようにジェントルな歌声を響かせるナンバー、波打つような美しいピアノの調べとAnnieによる天上のソプラノ・ヴォイスが調和するナンバー。そしてこれでもかとメロディアスに飛翔するHackett渾身のギターソロがたっぷり味わえるナンバーと、どの曲もひたすら美しくて絶え間なく感動がこみ上げてきます。スリリングなシンセワークとスクワイア譲りのブンブン唸るベースの絡みが痛快なBilly Sherwood参加曲もカッコいいです。しかし何といってもゲストの名演を支えつつ、全編で印象的なキーボード・サウンドを奏でるこのDavid Minasianというミュージシャンの才能は底知れません。CAMELファン、キーボード主体のシンフォがお好きな方には是非聴いて欲しい名盤!

  • CAMEL / MOONMADNESS

    前作「スノーグース」と並び初期キャメルの持ち味が最大限に発揮されたファンタジックな大名作、76年作

    Andrew Latimerを中心にファンタジックなアプローチでプログレッシブ・ロックの重要バンドに位置づけられるイギリスのバンドの76年4th。前作「スノー・グース」と並んでファンタジックなCAMELの音楽性をダイレクトに伝える作品であり、Andrew Latimerの消え入るような儚げなフルート、Peter Bardensの堅実かつ時に奔放なキーボードの妙技、そして軽やかに変拍子を紡ぐリズムセクションのトータル感で聞かせます。シンフォニックに、そしてジャジーに、肌触りの良いマイルドさを持った傑作であり、ゆったりと身を任せられるような自然なサウンドが一貫して個性的な1枚です。

  • SICHER / SICHER

    81年に自主制作リリースされた、TRACE+CAMELと言えるスイス産シンフォニック・ロックの逸品!

    81年に自主制作リリースされた、スイス産シンフォニック・ロックの逸品。TRACEとCAMELを合わせたような、クラシックの引用も多用し凛とした気品を保ちつつも情熱的に展開される、ツイン・キーボードを主体とするアンサンブルが絶品です。スイスと言えばISLANDやDRAGONFLY、CIRCUS当たりが知られますが、こんな素晴らしいバンドが存在したとはっ!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。