プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

2020年プログレ/シンフォ注目の新譜特集【新鋭編】

1993年にリリースされたアネクドテンによる衝撃のデビュー・アルバム『暗鬱』。キング・クリムゾンをはじめとする70年代プログレッシヴ・ロックのDNAを受け継ぎつつ、オルタナティヴ・ロックの粗野なヘヴィネスも加え、新たな感覚で新世代プログレッシヴ・ロックが轟音メロトロンとともに高らかに鳴らされました。

それ以降、アネクドテンを輩出したスウェーデンに負けてなるものか、とばかりにイタリアでも数多くの70年代イタリアン・ロックのDNAを継ぐバンドが生まれ、さらに、本場イギリス、ユーロ各国、南米や北米でも、往年と変わらぬ勢いで続々と新鋭プログレ・バンドが生まれました。

アネクドテンを率いるNicklas Barkerは1969年生まれ、イタリアで数多くのプログレ・バンドを率いる奇才Fabio Zuffantiは1968年生まれで、ともに60年代末に誕生しているのは偶然ではないはず。リアルタイムで70年代プログレを体験していない”後追い世代”が、90年代ロックと並行して70年代プログレを再発見し、プログレのフォーマットに新鮮な驚きを感じ、そのフォーマットの中でリアルタイムのロックとして鳴らしたサウンドこそ新世代プログレッシヴ・ロックであると言えるでしょう。

00年代に入っても新鋭プログレ・シーンの勢いはおさまらず、70年代サウンドへのオマージュに満ちたバンドから、さらにポスト・ロックなども取り込みながら進化していくバンドまで、世界各国を舞台に音の幅を広げながら、次々と鮮烈なる作品を生み出しています。

はたして2020年にはどういった名作が誕生するのでしょうか。

本記事は、新たな作品が入荷するたびアップデートしていきます。

是非、ブックマークして最新のプログレッシヴ・ロック・シーンの動向をチェックいただければ幸いです。

なお、2019年終盤の発表作品も今年到着したものはこちらでご紹介しております。

それでは、世界の新鋭プログレ作品をめぐる探求の旅へといざ出発!

ただ今のイチオシ新譜!

KIMMO PORSTI/WAYFARER

CAMEL彷彿のファンタジックで気品たっぷりのシンフォニック・ロックに、ジャズ/フュージョン的な滑らかさ、北欧フィンランドらしい神秘的な民族音楽エッセンスを加えた独自のスタイルは非常に完成度高し。SAMURAI OF PROGのドラマーによる息をのむような傑作!

試聴 Click!

BARDIC DEPTHS/BARDIC DEPTHS

CAMEL~TIGER MOTH TALESでお馴染みのPeter Jonesが参加するプロジェクト、20年作!シンセによる浮遊感ある音空間の中、美しくキャッチ―なメロディとハートフルな歌声が響く、幻想的なプログレッシヴ・ポップが極上♪

試聴 Click!

LONG EARTH/ONCE AROUND THE SUN

GENESISをはじめとする70s憧憬に満ち溢れた繊細なファンタスティック・シンフォがたまらない・・・ポンプ・ロック名バンドABEL GANZの元メンバーらによる新バンド、20年作2nd!

試聴 Click!

CHIMPAN A/EMPATHY MACHINE

00s英シンフォ代表格MAGENTAを率いる才人Robert Reed参加ユニット、14年ぶりとなる20年作!心地よいエレクトロ・サウンドとエモーショナルでハートフルな生演奏とのバランスが素晴らしい、流石の一枚です。

試聴 Click!


イタリア&フィンランド

MARCO BERNARD & KIMMO PORSTI/GULLIVER

SAMURAI OF PROGのメンバー2人が、「ガリヴァ―旅行記」をテーマに描く20年作!オルガン、ギター、ヴァイオリンらを中心に紡がれる艶やかで気品に溢れたシンフォ・サウンドは、本家SOPと同等の感動をもたらしてくれます。オススメ!

試聴 Click!

イギリス

TIGER MOTH TALES/A VISIT TO ZOETERMEER

CAMELの一員に抜擢された盲目の天才マルチ・プレイヤーによるソロ・プロジェクト、待望の初ライヴ音源&映像!GENESISやCAMEL影響下のサウンドに現代的なクリアなキャッチ―さを注入した、マジカルなシンフォニック・ロックはライヴで一層躍動感いっぱいに迫ってきて素晴らしい!

試聴 Click!

FINAL CONFLICT/RISE OF THE ARTISAN

YESのタイトさやGENESISの薫り高いファンタジーを受け継ぎつつ、ゆったりと構えたスケール大きなメロディアス・シンフォを奏でます。いつまでも浸っていたくなるジェントルで実直な音作りが感動を呼ぶ、英ベテラン・グループによる20年作!

試聴 Click!

STEVE THORNE/LEVELLED: EMOTIONAL CREATURES PART 3

ポンプ・ロック周辺で活動するマルチ・プレイヤー、20年作。初期GENESISの英国の香りいっぱいの楽曲とJADISに通じる気品に溢れたクリアーな音使いが絶品のメロディアス・シンフォ作!

試聴 Click!

MOON HALO/CHROMA

エレクトロニクスを散りばめたモダンな音作りと、ピアノを軸とする凛と静謐な音空間をセンス良く織り込んだ、英国らしい格調高さと浮遊感に満ちた良質なシンフォを奏でます。あのMostly Autumnのキーボーディストによる新グループ!

試聴 Click!

KARFAGEN/BIRDS OF PASSAGE

英国を拠点に活動するウクライナ人ミュージシャンAntony Kalugin率いるグループ、なんと前作から1年を待たず届けられた11th!THE FLOWER KINGS影響下のサウンドをベースに、幻想のカーテンをなびかせるシンセ、ハケットからロイネまでを自在に行きかうギター、語り部のように丹念な男女Voらがファンタジックに織り上げる、さすが極上の一品!

試聴 Click!

LIFE IN DIGITAL/SIGNS TO THE FAR SIDE

『DRAMA』~『90125』期の80年代イエスへのリスペクトに満ち溢れた「シンセ・ポップ+プログレ」な英ユニット!T.ホーン彷彿の華やかなアレンジ、T.ラヴィンばりの色彩感あるギター、そしてジョン・アンダーソンによく似たハイトーンと、こだわりが素晴らしい♪

試聴 Click!

STUCKFISH/WATCHER

この英バンド、残響音を強調した淡く幻想的なギターと伸びやかなヴォーカルが特徴の開放感に溢れたメロディアス・ロックが絶品です。FOCUSのThijs Van Leerが参加しているのにも注目!

試聴 Click!

SUNS OF THE TUNDRA/MURMURATION

「PINK FLOYD+TOOL」!?重くタイトに刻むリズム隊とエッジの立ったソリッドなギターワークが強烈なヘヴィ・プログレに、メランコリックで幻想的な音響を纏わせた力作です!

試聴 Click!

MAGENTA & FRIENDS/ACAPELA

バンド・パートとメンバーのソロ・パートを均等に収録した16/17年のライヴを収録。MAGENTAというバンドの懐の深さが味わい尽くせる内容です♪

試聴 Click!

GURANFOE/SUM OF ERDA

初期YES風のファンタジーを紡いだかと思うと、次の瞬間にはOZRIC TENTACLESばりの酩酊感でサイケデリックに疾走を始める、色彩豊かで目まぐるしいサウンドに翻弄されます。でも英国らしい「気品」は終始溢れんばかりで、この新鋭はGOODですよ~!

試聴 Click!

アメリカ

HUSBAND/SITUATION ROOM

ヴィンテージなオルガンやエレピ炸裂するグルーヴィーなポップ・ロックが実に良いなあ。STEELY DANや後期CARAVANを思わせる、洒脱で温かみあるアンサンブルが楽しめる米新鋭19年作!

試聴 Click!

IN CONTINUUM/ACCELERATION THEORY PART TWO: ANNIHILATION

シンセサイザーをはじめとするキーボード群がスケール大きく広がる、心地よい浮遊感を帯びたシンフォニック・ロックが素晴らしい…。SOUND OF CONTACTを率いる才人キーボーディストDave Kerznerによる注目バンド!

試聴 Click!

イタリア

QUEL CHE DISSE IL TUONO/IL VELO DEI RIFLESSI

UNREAL CITY、CELLAR NOISEという現イタリア屈指の有力バンドのメンバーらが結成した期待の新鋭バンド!バンコやムゼオら70s伊プログレを受け継ぐ、オルガンとメロトロンを軸にした哀愁のクラシカル・プログレは洗練されつつも風格に満ちていて圧巻!

試聴 Click!

MORREALE/APPUNTI DI VIAGGIO

まるでCELESTEがいきなり初期OSANNAになったような、繊細さと激しさの落差大きなサウンドが魅力。シアトリカルでエキセントリックなイタリア語Voも素晴らしい、これは期待のイタリア新鋭!

試聴 Click!

SINTONIA DISTORTA/A PIEDI NUDI SULL’ARCOBALENO

ヘヴィな硬質感とクラシカルな気品高さ、そして哀愁溢れるイタリア語ヴォーカル。この気高くも熱いシンフォニック・ロックは、NEW TROLLSやLOCANDA DELLE FATEあたりのファンなら是非!

試聴 Click!

MANGALA VALLIS/VOICES

ジャケはアレですが、内容はGENESIS憧憬と明快かつスケール大きく広がるモダンな音作りが見事に共存する、聴きやすくも風格に満ち満ちたシンフォニック・ロック!BIG BIG TRAINやSPOCKS BEARDやECHOLYNがお好きならこれは是非!

試聴 Click!

I MODIUM/L’ANNO DEL CONTATTO

キレのあるギター、オルガン、シンセらが躍動する歯切れのいい演奏に、朗々と力強いイタリア語ヴォーカルが抜群に映えるメロディアス・プログレ!なるほど、QUASAR LUX SYMPHONIAEのギタリストによるバンドだったのね。

試聴 Click!

フランス

BEND THE FUTURE/PENDELLOSUNG

異郷の地で鳴らされたカンタベリー・ロック!?フランスらしいうっすらダークで幻想的なタッチに、トルコ人奏者によるエキゾチックなサックスが哀愁を添える、注目のユーロ・ジャズ・ロック!

試聴 Click!

ポーランド

SEGUE/HOLOGRAMS

あのORGANIC NOISESのギタリスト&キーボーディストによるバンドなだけあって、息をのむほどに技巧的で鮮やかな隙のないインストゥルメンタル・ジャズ・ロックを聴かせてくれます。「洗練の極致」と表現したいほどに完成された圧巻の傑作!

試聴 Click!

IKONODRAMA/ETCHED IN THE SPIRIT

ゴリゴリ凄まじい圧力で畳みかけるリズム・セクションと、嵐のような轟音ヘヴィリフが波状攻撃のように迫りくるプログレメタルと、ストリングスを用いた退廃的なゴシック・エッセンス。ポーランド産ゴシック・プログレ・メタルの逸品。

試聴 Click!

スウェーデン

HASSE FROBERG & MUSICAL COMPANION/PARALLEL LIFE

RUSH、KANSASあたりを思わせる明朗なプログレ・ハード・スタイルと北欧シンフォらしいファンタジックさが心地良く合わさったアンサンブルがたまらない!FLOWER KINGSのリード・ヴォーカリスト率いるバンド、堂々の19年作4th!

試聴 Click!

フィンランド

KOSMOS/AJAN PEILI

麗しくも少し厳かな表情の女性ヴォーカル、ゆったりと雄大に湧き上がるメロトロンらが描く、あまりに幻想的なサウンドに涙が出そうです。北欧フィンランドより届けられたイマジネーション豊かなプログレッシヴ・フォ―ク名作。

試聴 Click!

ベラルーシ

WORM OUROBOROS/ENDLESS WAY FROM YOU

CAMELの豊かな情感はそのままにより緻密でテクニカルにしたような、ヴィンテージ色たっぷりのシンフォニック・ロックがもうとにかく素晴らしい。なんと東欧はベラルーシ出身のグループ!

試聴 Click!

いかがだったでしょうか?
気になる作品を見つけていただけたなら幸いです。

今年もカケレコは、各国からリリースされる新鋭プログレの注目盤をドシドシご紹介してまいりますので、乞うご期待♪



2019年の新譜特集【新鋭プログレ編】はこちら。

2018年の新譜特集【新鋭プログレ編】はこちら。


2018年プログレ/シンフォ注目の新譜特集【新鋭編】

【関連記事】

2018年プログレ/シンフォ注目の新譜特集【新鋭編】

2018年リリースの世界各国の新鋭プログレ作品を一挙大特集!力作ぞろいでお届けいたします☆

関連カテゴリー

2020年注目のプログレ新譜【新鋭編】

  • QUEL CHE DISSE IL TUONO / IL VELO DEI RIFLESSI

    UNREAL CITYのギタリスト、CELLAR NOISEのキーボーディストらによるイタリアン・プログレ新鋭20年デビュー作、オルガンとメロトロンを軸にした哀愁のクラシカル・プログレを聴かせる傑作!

    現イタリアの有力バンド、UNREAL CITYのギタリスト、CELLAR NOISEのキーボーディストらによって結成されたプログレ・グループによる20年デビュー・アルバム。BANCOやMUSEO ROSENBACHなど70年代イタリアン・プログレの遺伝子を受け継ぐ、オルガンとメロトロンを軸にした哀愁のクラシカル・プログレは、さすが実力派メンバーが集結しているだけあって、洗練されつつも風格に満ちていて圧巻!70年代初頭に聴かれたようなヴィンテージ・トーンで荘厳に鳴るオルガン、ここぞで洪水の如く流れ込むメロトロンらによって構築的に展開していく、重厚ながらもスリルに満ちた音世界を構築しています。一音一音に零れんばかりの哀感を湛えた泣きのギター、神秘的な調べのフルートも絶品です。また熱唱タイプではないながら聴く者を惹きつけるエモーションを湛えたイタリア語ヴォーカルも伊ロック・ファンならグッと来るはず。これは間違いなく往年のイタリアン・ロック好きのツボを心得たサウンドと言えるでしょう。傑作です。

  • SINTONIA DISTORTA / A PIEDI NUDI SULL’ARCOBALENO

    イタリアン・プログレ新鋭、硬質さとクラシカルな気品高さが共存する熱く気高いシンフォニック・ロック、20年作

    95年に結成され、メタル系バンドとして活動、初のフルアルバムとなった前15年作でシンフォニックなサウンドへとシフトしたイタリアのプログレ・バンドによる20年作。メタル出自を反映する硬質な打撃のドラムスとゴリッとアグレッシヴなリフワークが得意なギター。そしてシンフォ然としたクラシカルなキーボードとリリシズムに満ちた気品あるフルート。両者が自然に調和した気高く雄大なアンサンブルに、熱い哀愁を帯びた男性的な歌声を響かせるイタリア語ヴォーカルが入ると、70s伊ロックが持っていたとめどない熱情が溢れ出してきてただただ圧倒されます。ギターはメランコリックな繊細さも光っていて、アコースティックギターの瑞々しいタッチも素晴らしい。クラシカルで格調高く聴かせるアンサンブルが、突如熱くハードに疾走を始めるこの緩急の激しさは、まさしく70年代イタリアン・ロックそのもの。メタリックな硬質感も、前に出過ぎずシンフォニックなサウンドと対比されることで楽曲のドラマ性を引き立てておりセンス抜群です。NEW TROLLSやLOCANDA DELLE FATEあたりのイタリアン・ロック・ファンの方には是非お楽しみいただきたい一枚!

  • KOSMOS / AJAN PEILI

    女性ヴォーカルと2人メロトロン奏者を擁するフィンランドのグループ、19年作、あまりに幻想的なサウンドに息をのむ名作!

    フィンランドの新鋭シンフォ/プログレッシヴ・フォーク・グループによる19年5thアルバム。女性ヴォーカルと2人のメロトロン・プレイヤーを擁する5人組なのですが、このメロトロンの響きは本当に素晴らしい!民族色を帯びたパーカッション、うつむき加減につま弾かれるアコギ、うっすらと哀愁を添えるサックス、ひんやりとしたシンセ、そしてゆったりと雄大に湧き上がるような生メロトロンらが作り上げる、この世とは思えない幻想美を感じさせるアンサンブル。そこに麗しくも少し厳かな表情で歌われる神秘的なフィンランド語ヴォーカルが生命を吹き込みます。夢の世界のようでありながら、同時に北欧の厳しい自然情景も想起させるイマジネーションに富む演奏があまりに見事です。ドイツのHOELDARLINの1stやバスクの女性シンガーITZIARなどに通じるサウンドと言えるかも。まさに息をのむような名作です。

  • KIMMO PORSTI / WAYFARER

    フィンランド出身、SAMURAI OF PROGのドラマーによる2020年ソロ作

    注目の多国籍シンフォ・プロジェクトSAMURAI OF PROGのパーマネント・メンバーとして活動するフィンランド出身ドラマーによる2020年ソロ作。IONAのギタリストDave Bainbridge、STERN MEISSENにも参加したサックス奏者Marek Arnold、ユニット作『GULLIVER』でもプレイしたスペインの実力はギタリストRafael Pachaなど腕利きが参加。CAMELを彷彿させるファンタジックで気品たっぷりのシンフォニック・ロックに、ジャズ/フュージョン的な滑らかさや、北欧フィンランドらしい神秘的な民族音楽エッセンスを加えたスタイルは大変完成度高いです。優雅な聴き心地の中に耳を惹くクリエイティヴなサウンド作りが光ります。リーダーによる安定感と躍動感がバランスした見事なドラミングも聴き物!

  • SEGUE / HOLOGRAMS

    ポーランド、ORGANIC NOISESのギタリストとキーボーディストによるグループ19年作、目の覚めるようにテクニカルで鮮やかなジャズ・ロック傑作!

    ポーランド出身、アルメニアの伝統音楽を取り入れた注目グループORGANIC NOISESのギタリストRobert WierciochとキーボーディストKarolina Wieriochを中心とするプログレ・グループの19年デビュー作。切れ味の鋭さと哀感が同居するフレーズを次々と紡ぎ出すテクニカルなギター、ジャズを基軸にクラシカルな美麗さも織り交ぜて鮮やかに舞うピアノが交錯する、洗練の極致と言いたくなるほどに隙のないインストゥルメンタル・ジャズ・ロックを展開します。ORGANIC NOISESから民族エッセンスを抜き、よりタイトで硬質に再構築したようなアンサンブルのカッコよさと言ったらありません。あまりに技巧的で洗練された演奏に耳が行きますが、ポーランド・プログレの特徴とも言えるPINK FLOYD的なメランコリーと空間的な広がりを持つも随所に散りばめてあり、陰影に富んだ幻想美が立ち上がってくるナンバーも魅力的。ORGANIC NOISESを気に入られた方は勿論、テクニカルなジャズ・ロックのファンには是非聴いてほしい傑作です。

  • KARFAGEN / BIRDS OF PASSAGE

    奇才コンポーザー/key奏者Antony Kalugin率いるシンフォ・グループによる19年作11th、THE FLOWER KINGSのファンタジック度を高めニューエイジ的センスを散りばめたような圧巻の一枚!

    ウクライナ出身、英国を拠点に活動する1981年生まれのコンポーザー/キーボーディストAntony Kaluginによるプロジェクト。なんと前作『ECHOES FROM WITHIN DRAGON ISLAND』から1年を待たずしてリリースされた19年作11th!米詩人H.W.ロングフェローと英詩人ウィリアム・ブレイクの詩をテーマにした「Birds of Passage」組曲のパート1(22分)とパート2(21分)という大作2曲で構成されています。そのサウンドは、最も影響を受けるTHE FLOWER KINGSにニューエイジ系ミュージシャンだった経歴を反映したクリアで透明感ある音色を散りばめたかのような、スケール大きくも宝石のような輝きを放つ愛すべきシンフォニック・ロック。フェードインして勇壮に立ち上がるシンセサイザーが物語の幕開けを告げると、ハケットばりに繊細なギターとつややかなトーンのシンセがユニゾンで走り出す、これでもかファンタスティックな導入からもうシンフォ・ファンはハートを奪われること必至です。歌声を重ねながら語り部のように丹念に歌い上げる男女ヴォーカルもグッとくるし、ハケット調のデリケートなギターはソロでは一転エモーショナルで伸びやかに飛翔するロイネ・ストルトばりの入魂プレイで魅了します。A.Kaluginのキーボードも負けじと幻想のカーテンをなびかせるように雄大なシンセで包み込んだかと思うと、妖精の浮遊音のごとき美麗なシンセSEを散りばめて個性を発揮。パート1終盤は、優雅なストリングスも一体となってドラマチックに上り詰めていく演奏があまりに感動的です。パート2は、初期のA.フィリップスを思わせるリリシズム滴るアコースティック・パートから、一気に躍動感溢れるスピーディーな展開に切り替わる「静」と「動」の構成が見事です。従来に増して、TFKファンには是非聴いてほしい一枚となっています。おすすめ!

  • STEVE THORNE / LEVELLED: EMOTIONAL CREATURES PART 3

    JADISのサポートなどで知られる英マルチ奏者、初期GENESIS影響下の英国の香り漂うシンフォに、ポンプ・ロックの煌びやかなサウンドメイクを施したような力作!

    JADISのサポート、PENDRAGONやGALAHADらのメンバーソロ作への参加など、ポンプ・ロック周辺で活動する英国のマルチ・ミュージシャン、20年作。05年の『Part One』、07年の『Part Two』がリリースされた「Emotional Creatures」シリーズ13年越しの第3弾が本作です。自身がこなすヴォーカル/ギター/キーボード/プログラミングに加え、リード・ギタリスト/フルート奏者/ドラマーが参加。経歴が示す通り、JADISをはじめとするポンプ・ロックに通じる英国らしい気品に溢れたクリアーなメロディアス・シンフォを鳴らします。時に手数多く畳みかけるダイナミックなリズム隊に乗って、煌めくアコースティック・ギターと歌うように自在にフレーズを紡ぐリードギターが、瑞々しくポップなアンサンブルで疾走、ヴォーカルが語り掛けるように優しく歌い上げます。初期GENESISからの直接的な影響が強く感じられる英国の香り漂うシンフォに、ポンプを通過した煌びやかなサウンドメイクを施したような力作です。GENESISファンにおすすめ!

  • MORREALE / APPUNTI DI VIAGGIO

    イタリア新鋭20年デビュー作、CELESTEがいきなり初期OSANNAになったような、落差激しいシアトリカルなイタリアン・ロック!

    ヴォーカル/ギター/キーボードを担当するマルチ・プレイヤーMassimiliano Morrealeを中心とするイタリア新鋭、2020年デビュー・アルバム。1曲目は、木漏れ日を感じるアコギ爪弾きと少しサイケデリックに揺らめくエレキ・ギターのコンビが美しいリリカルなインスト。穏やかに紡がれる音世界に浸っていると、2曲目はフリップばりの鋭角的なギター&エキセントリックに上下する歌メロをシアトリカルに歌うイタリア語Voが存在感抜群な、外連味たっぷりのハード・ロックが飛び出してきて、その落差にビックリします。例えるならCELESTEがいきなり初期OSANNAに変貌したかのような感じでしょうか。そんなフォークとハード・ロックを行き来するスタイルを軸としつつ、本格的なジャズ・ギターを聴かせるムーディーなジャズ・ナンバーあり、CAMELとPINK FLOYDが合わさったような叙情シンフォに流麗なクラシック・ギターが乗るナンバーあり、チェンバロが独奏するバロックなナンバーありと、コロコロと表情を変えていくサウンドに翻弄されます。Massimiliano Morrealeの多才さが奔放に発揮された、目まぐるしく濃厚なイタリアン・ロックが味わえる快作です。

  • TIGER MOTH TALES / A VISIT TO ZOETERMEER

    CAMELのキーボーディストに抜擢された盲目の天才マルチ・プレイヤーPete Jonesによるソロ・プロジェクト、待望のライヴ作品!2020年リリース

    CAMELのキーボーディストに抜擢された盲目の天才マルチ・プレイヤーPete Jonesによるソロ・プロジェクト、待望の初ライヴ作品!彼が参加するバンドRED BAZARのメンバー3人がバックを務めた、19年1月オランダでのライヴを収録。ほぼ全楽器を自身が演奏する多重録音スタイルのスタジオ・バージョンとは異なり、バンド・アンサンブルならではの呼吸やダイナミズムが、持ち前のファンタジックなシンフォニック・ロック・サウンドを一層キラキラと輝かせていて素晴らしい。初期GENESISやCAMELから影響を受けたファンタスクティックにしてリリカルな叙情性も感じさせるシンフォに、現代的なクリアなキャッチ―さを注入した、親しみやすさ抜群のサウンドには終始ワクワクさせられっぱなし。本人によるトニー・バンクスばりに流麗なキーボードさばき、そして切なさを含んだ美声のヴォーカルが何と言っても特筆です。ライヴでも、改めて圧倒的な才能を実感させる好ライヴ作品です。

  • BEND THE FUTURE / PENDELLOSUNG

    ずばり「異郷の地で鳴らされたカンタベリー・ロック」!?フランスの新鋭ジャズ・ロック・グループ、19年作!

    フランスの新鋭ジャズ・ロック・グループによる2019年デビュー作。これぞフランス!と言いたくなる、うっすら漂うダークな質感とヨーロピアンな哀愁を孕んだ情感溢れるジャズ・ロックが絶品。変拍子を驚くほどしなやかに叩き出すドラムスに芳醇な響きのベース、うつむき加減なタッチで幻想的なフレーズを紡ぐギター、そしてトルコ系フランス人メンバーが吹くエキゾチックな哀感が滲むサックスらが織りなす演奏には「異郷の地で鳴らされたカンタベリー・ロック」といった趣があります。ギターが荒々しく疾走する場面も現代的なゴリゴリした感じにはならず、70年代ジャズ・ロック的に通じる硬質感で渋く聴かせる感性も素晴らしい。耽美なフランス語ヴォーカルが一層に異国情緒を掻き立てます。デビュー作とは思えぬ完成度に驚く、ダークなロマンに満ちた名品です。

  • WORM OUROBOROS / ENDLESS WAY FROM YOU

    東欧はベラルーシ出身のシンフォ・グループ19年作2nd、CAMELファン必聴のファンタジックでメロディアスなシンフォ傑作!

    マルチ奏者2人にドラマーという編成の、東欧はベラルーシ出身のシンフォ・グループ。13年のデビュー作以来、バスーン奏者/オーボエ奏者/打楽器奏者をゲストに迎え6年ぶりにリリースされた19年作2nd。冒頭14分超の大作で、70年代プログレ・ファンなら早くもハートを鷲掴みされること必至!ジャジーで技巧的なリズム・セクション、クラシカルで清らかに鳴るピアノ、叙情溢れるオルガン、メロトロン(シミュレーション?)、流麗で色彩感いっぱいに駆け巡るギターらがファンタジックかつメロディアスに紡ぐ美麗なアンサンブル。そして大半でリードを取る麗しさとオーボエのような温かみをあわせ持ったアルトフルートのプレイが絶品です。まるでCAMELの豊かな情感はそのままに、よりテクニカルにしたような大変に素晴らしい一曲。各楽器とも途方もなくテクニカルなのですが、モダンなヘヴィさに寄らず常にヴィンテージな味わいがたっぷりなのが堪りません。随所でアンサンブルを格調高く彩るオーボエやバスーンもいい仕事です。比較的「陰」のサウンドという印象が強い東欧プログレにおいて、ここまで「陽」のエッセンスに満ちたスタイルで聴かせるバンドはほとんどこれまでいなかったはず。スペインのKOTEBELあたりにも匹敵しうる超実力派と言っていいでしょう。70sプログレ、特にCAMELファンは必聴の逸品です!

  • MANGALA VALLIS / VOICES

    02年デビューのイタリアン・プログレ・バンドのによる2020年作4thアルバム、70年代テイストと明快かつスケール大きなモダンさが見事に共存する、聴きやすくも風格に満ち満ちたシンフォ傑作!

    02年にデビューしたイタリアン・プログレ・バンド、2020年作4thアルバム。BIG BIG TRAINやSPOCK’S BEARDあたりのグループに通じる、GENESISをはじめとする70年代プログレ的ヴィンテージ・テイストと、明快かつスケール大きく広がるモダンな音作りが見事に共存する、聴きやすくも風格に満ち満ちたシンフォニック・ロックは、8年というブランクを微塵も感じさせない素晴らしさです。どっしり安定感のあるリズム・セクションを土台に、新加入のキーボーディストによるジョワーっと芳醇に鳴るヴィンテージなオルガンと艶やかで輝かしい音色を響かせるシンセ、シャープながらエモーションいっぱいのメロディアスなプレイで躍動するギター、スタイリッシュさと繊細さが絶妙に共存する男性ヴォーカルらが力強く紡ぐシンフォニック・ロックには、終始感動が収まりません。パワフルなアンサンブルが不意に静まり、アコギやピアノによる気品あるパートへと切り替わるしなやかさを持つ演奏も特筆。上記2バンドやアメリカのECHOLYNなどがお好きな方ならグッとくる事間違いない傑作です!

  • HASSE FROBERG & MUSICAL COMPANION / PARALLEL LIFE

    FLOWER KINGSのリード・ヴォーカリスト/ギタリストによる別働バンド、明るくファンタスティックなプログレ・ハード・サウンドが溢れ出す19年作4th!

    フラワー・キングスのリード・ヴォーカル&2ndギタリストHasse Froberg率いるグループ、15年の3rdに続く19年作4th。本家フラワー・キングスに通じる北欧らしいメロディアス&ファンタジックさとRUSHやDREAM THEATERを思わせるハード・エッジなスタイルを掛け合わせた、瑞々しくキャッチーなプログレ・ハード・サウンドは今作も絶好調!ヴィンテージなハモンド、重厚でエネルギッシュなギター、そしてFrobergの伸びやかで表現力豊かなヴォーカル。暖かみ溢れるメロディアス・パートとソリッドな変拍子パートを切り替えつつ壮大に展開していく冒頭20分超の組曲から、明るくファンタスティックなアンサンブルがとめどなく溢れ出して大変グッと来ます。フラワー・キングス・ファンはもちろん、RUSH、KANSAS、STYXなどのプログレ・ハード・ファンにも是非聴いていただきたい渾身の一作!

  • HUSBAND / SITUATION ROOM

    STEELY DANや英プログレを愛好する米国の4人組、オルガンやエレピをフィーチャーしたヴィンテージなポップ・ロックを聴かせる19年作!

    スティーリー・ダンやエルヴィス・コステロ、ブリティッシュ・プログレを愛好するメンバーによって結成された、米メリーランド州ベセスダの4人組。19年作1st。丸みを帯びたオルガンに洒脱なクラビネット、キレ良く跳ねるギターにグルーヴィーなリズム隊。ファンキーでドライヴィングでいて渋く落ち着いた色合いも持った、暖かみいっぱいの70’s直系ポップ・ロック・サウンドが実に良い感じ!流れるようなリズムに乗って穏やかなエレピやジェントルなヴォーカルが軽やかにメロディを紡ぐナンバーは後期CARAVANにも近いものを感じ、英国ジャズ・ロック・ファンもきっと気に入りそう。派手さはありませんが、70年代音楽好きの耳に心地よく響く好内容です!

  • MARCO BERNARD & KIMMO PORSTI / GULLIVER

    SAMURAI OF PROGのメンバー2人によるサイド・プロジェクト、「ガリヴァー旅行記」をテーマに描かれる傑作!

    多国籍シンフォ・プロジェクトSAMURAI OF PROGのサイド・プロジェクトによる2020年作。イタリア人ベーシストMarco Bernardとフィンランド人ドラマーKimmo Porstiのユニット体制となっており、SOPのもう一人Steve Unruhは一曲にゲスト参加、他にも多数のゲスト・プレイヤーをフィーチャーし制作されています。そんな本作がテーマとするのはあの「ガリヴァー旅行記」。SOPの19年作『Toki No Kaze』で獲得した繊細な「静」の表現力を生かした、オルガン、ギター、ヴァイオリンらで紡がれる艶やかで気品に溢れたサウンドを中心に聴かせます。クラシカルな深みある表現を織り交ぜた奥ゆかしいタッチで物語を描き出す演奏が見事です。ラストでは従来のSOPを想起させるシンセが高らかに響くファンタジックなシンフォニック・ロックが登場し一気に盛り上がるドラマチックなアルバム構成も特筆すべき点。サイド・プロジェクトという位置づけながら、SOPの進化の延長線上にある作品というべき完成度の高いサウンドを閉じ込めた傑作です!

  • IN CONTINUUM / ACCELERATION THEORY PART TWO: ANNIHILATION

    SOUND OF CONTACTを率いる米キーボーディストによるバンド、シンフォ然とした壮大さと洗練されたモダンなメロディセンスが一体となったサウンドが心地よい19年作!

    フィル・コリンズの息子サイモン在籍のSOUND OF CONTACTを率いるアメリカ人キーボーディストDave Kerznerによるバンド、19年作。YESのJon Davison/SAGAのMichael Sadler/SPOCK’S BEARD〜BBTのドラマーNick D’Virgilio/ARISTOCRATSのMarco Minnemannなど実力派がゲスト参加しています。シンセサイザーをはじめとするキーボード群がスケール大きく広がる、心地よい浮遊感を帯びたシンフォニック・ロックが素晴らしい。プログラミングも駆使した近未来的なサウンドメイクと、GENESISやYESからの影響を感じさせるファンタジックなアンサンブルとのバランスが秀逸です。ゲスト・ヴォーカル達はその世界観に合わせた繊細な歌声を聴かせていて、全編にわたり切なさを湛えているのも印象的。シンフォ然とした壮大さと洗練されたモダンなメロディセンスが一体となったサウンドが、独自の気持ちよさを感じさせてくれる一枚です。

  • FINAL CONFLICT / RISE OF THE ARTISAN

    85年結成の英シンフォ・グループ2020年作、ジェントルで実直に紡がれる感動のメロディアス・シンフォ作

    85年に結成された英国のベテラン・シンフォ・グループによる20年作8th。キャリア35年の風格を湛える、ゆったりと構えたスケール大きなメロディアス・シンフォニック・ロックが大変に気持ちいいです。YES的なタイトさで疾走するリズム隊、GENESISの薫り高いファンタジーを宿すキーボード、MARILLIONのS.ロザリーに通じる叙情的な中に英国的気品を秘めたギター、そしてハートウォームに歌い上げる男性ヴォーカル。派手に展開せずとも、いつまでも浸っていたくなる包み込むようなジェントルな世界観が魅力です。奇を衒うことなく実直に紡がれるサウンドが静かな感動をもたらす秀作です。

  • LIFE IN DIGITAL / SIGNS TO THE FAR SIDE

    英国の2人組プログレ・ユニット19年デビュー作、80年代イエスへのリスペクトに満ち満ちた「シンセ・ポップ+プログレ」な快作!

    90年代より活動しSimon Collins、David Cross、David Jacksonらと共演するシンガー/マルチ・プレイヤーJohn Beagleyと、18年のYESトリビュート・アルバムに参加したヴォーカリストRobin Schellによる英国の2人組プログレ・ユニット、19年デビュー作。これは素晴らしい!『DRAMA』〜『90125』期の80年代イエスへのリスペクトに満ち溢れた「シンセ・ポップ+プログレ」なスタイルとキレのいいポップなメロディで聴かせる、スケール大きくドラマチックなサウンドは驚くべき完成度です。トレヴァー・ホーン彷彿の華やかなシンセアレンジにトレヴァー・ラヴィンばりの色彩感あるギターワーク、そしてジョン・アンダーソンによく似たハイトーンVoらが描く80sイエス愛たっぷりのサウンドを全編にわたって楽しませてくれます。そんなイエス・リスペクトの中にもコズミックな広がり感のあるシンセを織り交ぜて壮大な世界観を築き上げる手腕に彼らならではの個性を発揮していて注目です。80sイエス好きは勿論、往年のシンセ・ポップがお好きな方にもこれはきっと刺さるサウンド!

  • BARDIC DEPTHS / BARDIC DEPTHS

    プロジェクトによる20年デビュー作、ハートフルで幻想的な美麗プログレ・ポップ、CAMELのPeter Jonesらが参加!

    共にマルチ・プレイヤーであるDave BandanaとBradley Birzerを中心とするプロジェクト、CAMEL〜TIGER MOTH TALESのPeter Jones(Vo/Sax)やSteve Walshのソロ作に参加したドラマーTim Gehrt、COSMOGRAFのRobin Armstrong(g/key)など実力派メンバーと共に制作した20年デビュー作。「友情と戦争」を題材にしたコンセプト作ですが、サウンド自体にテーマから想像される重々しさは皆無。シンセサイザーが丹念に折り重なり描かれる浮遊感ある音空間の中、美しくキャッチ―なメロディとハートフルな歌声が印象的に響くプログレッシヴ・ポップが抜群に心地よいです。メロウにたゆたうギターとサックスも加わって映像を喚起させるような美しく情緒に富んだアンサンブルが続く中盤も素晴らしく、サイケ色はありませんがちょっぴりGONGやSteve Hillageの初期ソロに近い彼岸(?)的な世界観も感じます。淡い音色が重なり合いさざ波のように押し寄せてくるサウンドが静かに心を打つ、感動の一枚です。

  • STUCKFISH / WATCHER

    開放感に溢れたメロディアス・ロックを鳴らす英新鋭19年作2nd、一曲でFOCUSのThijs Van Leerがゲスト参加!

    豊富なキャリアを持つベテラン・ミュージシャン達で結成された、18年デビューのイギリス出身プログレ・グループ、19年作2nd。残響音を強調した淡く幻想的なギターを軸とする、開放感に溢れたメロディアス・ロックが絶品!そんな演奏に乗って朗々と歌い上げる伸びやかな男性ヴォーカルもよく映えていて、シリアスかつハードに展開するパートにも独特の気持ちよさがあるサウンドが特徴的です。ギターはギルモアかラティマーかという渾身のギターソロも数曲で聴かせておりかなりの実力派。ラスト曲ではFOCUSのThijs Van Leerがゲスト参加、リリシズムが零れ落ちるようなフルートソロを提供しており聴き所です。全編通してアメリカのグループかと思うようなスケール感たっぷりの音世界が素晴らしい力作!

  • MOON HALO / CHROMA

    Mostly AutumnのキーボーディストIain Jenningsを中心とする新グループ、2020年作

    英シンフォの代表格Mostly AutumnのキーボーディストIain Jenningsを中心とする新グループによる20年デビュー作。エレクトロニクスを散りばめたモダンなサウンド・メイクと、ピアノを軸とするアンビエント色のある凛と静謐な音空間をセンス良く織り込んだ、英国らしい格調高さと浮遊感に満ちたシンフォニック・ロックを奏でます。打ち込みを大胆に取り入れたスピード感あるナンバーもカッコいいですが、湧き上がるオーケストラをバックにリリカルなピアノと伸びやかに歌うギターが交歓するナンバーが特に出色です。「動」と「静」の振れ幅あるサウンドを、ベテランらしい円熟したセンスでまとめ上げたさすがの一枚です。

  • I MODIUM / L’ANNO DEL CONTATTO

    QUASAR LUX SYMPHONIAEで活動したギタリストElvio Tavian在籍のイタリア新鋭19年1st、濃厚なイタリア叙情を湛えたメロディアスなモダン・プログレ快作!

    イタリアの実力派バンドQUASAR LUX SYMPHONIAEで活動したギタリストElvio Tavianが在籍するシンフォニック・ロック・バンドによる19年デビュー作。エッジの効いたキレのあるギター、オルガン、シンセらが躍動する歯切れのいいアンサンブルに、朗々と力強く歌うイタリア語ヴォーカルが映えるメロディアスなモダン・プログレを展開。合間に聴かせるアコースティカルなナンバーもとても良く、地中海の穏やかな水面が目に浮かぶような詩情を湛えた美しい演奏が心に残ります。PFMやBANCOら先人からの影響も含め、濃厚なイタリア叙情が堪能できる作品です。

  • GURANFOE / SUM OF ERDA

    ギター主体のサイケデリックなプレイが持ち味の英テクニカル・インスト・プログレ、19年作

    2015年にデビュー、これまでに3作品をデジタル・リリースしている英国のプログレ・グループによる4thアルバム。サイケデリックなトーンでテクニカルに畳みかけるギターを特徴とするインスト・プログレを展開。ヴァイオリンも交えたふくよかでファンタジックなサウンドは初期YESを思わせますが、チェンバー風の緊張感あるパート、古楽をイメージさせるGENTLE GIANT風のパート、そしてOZRIC TENTACLESばりの疾走感でひた走るサイケデリックなパートなどが次々と現れる目まぐるしいアンサンブルに飲み込まれます。それほどの振れ幅を持ちつつ、終始英国らしい「気品」を失わない演奏がまた素晴らしい。GGファンにOZRICファン、そしてアメリカのDELUGE GRANDERなどがお好きな方にもきっと響くサウンドです!

  • SUNS OF THE TUNDRA / MURMURATION

    03年結成の新鋭ブリティッシュ・プログレ・バンド、PINK FLOYD+TOOLと言えるヘヴィ・プログレ、19年作4th

    90年代前半に活動したプログレ・メタル・バンドPEACHのメンバーらによって03年に結成された英プログレ・バンド、19年リリースの4th。重くタイトに打ち込むドラムと、エッジの立ったソリッドなギターワークが強烈なヘヴィ・プログレは、TOOLを彷彿させる緊張感と重量感を帯びていてカッコ良し。一方でギターがメランコリックに揺らめいて幻想的な音空間を作り出しているのも印象的で、PINK FLOYDからも強い影響を感じます。まさに「PINK FLOYD + TOOL」と言える一枚です。

  • MAGENTA & FRIENDS / ACAPELA

    新世代英国シンフォの代表格、メンバーのソロワークもたっぷりの16/17年ライヴ・パフォーマンスを収録!

    00年代以降の英国を代表するシンフォ・バンドである彼らの、16年と17年のライヴを収録した19年リリース作品。16年/17年のライヴ共に、前半はMAGENTAメンバーのソロワークから選曲されたステージ、後半はMAGENTAとしてのステージという構成になっていて、各メンバーの幅広い音楽性が垣間見れると同時に、MAGENTAというバンドの懐の深さが実感できる内容となっています!

  • IKONODRAMA / ETCHED IN THE SPIRIT

    ポーランド、ゴシック色濃厚なプログレッシヴ・メタル、20年作

    ヘヴィ・メタル・バンドElintを率いたポーランドのマルチ・ミュージシャンDomink Burzymによるソロ・プロジェクト、2020年作。ゴリゴリと凄まじい圧力で畳みかけるリズム・セクションと、ギターによる嵐のような轟音ヘヴィ・リフが波状攻撃のように迫りくるプログレ・メタルに、ストリングスも用いた退廃的なゴシック・エッセンスを纏わせたスタイルが特徴。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。