プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

2022年1月のカケレコ・ベストセラーを発表いたします!

カケハシ・レコードです。

2022年1月のカケレコ・ベストセラーよりTOP10をご紹介いたします!

1月は、入荷したばかりのポーランド新鋭シンフォ・シーンの中核を担うアーティスト達による新譜や、多国籍シンフォ・グループSAMURAI OF PROGのメンバー2人のユニットによる新作が、さすがの人気ぶりで上位にラインクインしております。

その他にも耳の肥えたカケレコ・ユーザーの皆様が今どんな作品に注目しているのか、ぜひチェックしてみてください☆


まずは、もう絶対に外さない安定感が凄まじい、ポーランド・シンフォMILLENIUM周辺作品からこの作品が1位を獲得!

1位:FRAMAURO / MY WORLD IS ENDING

MILLENIUMのリーダーがかつてのソロユニットを再始動させ四半世紀ぶりに2ndをリリース!

『The Wall』期フロイド+80年代後半以降のキャメルと言ったスタイルの仄暗くも温もりあるメロディアス・ロックを聴かせます。

おそらく初披露と思われる、本人による切々とした哀愁たっぷりのハイトーンvoがこれまたグッとくる~。

試聴 Click!


【新作追加】ピンク・フロイドのDNAを受け継ぐ00年代~のプログレ特集!

【関連記事】

【新作追加】ピンク・フロイドのDNAを受け継ぐ00年代~のプログレ特集!

00年代に入って世界各国から芽吹くフロイドのDNAを特集!

続くのは、SAMURAI OF PROGとしても活躍中の2人が放った最新作!

2位:MARCO BERNARD & KIMMO PORSTI(BERNARD & PORSTI) / ROBINSON CRUSOE

SAMURAI OF PROGの2人によるユニットですが、これは本家SOPに引けを取らぬスケールと完成度!

「ロビンソン・クルーソー」を題材に描かれるサウンドは、『CONCERTO GROSSO 1&2』にGENESIS/CAMEL的ファンタジーを注ぎ込んだかのよう!?

試聴 Click!


文学作品をテーマとする世界のプログレ・コンセプト・アルバム特集!

【関連記事】

文学作品をテーマとする世界のプログレ・コンセプト・アルバム特集!

世界各国より文学作品をテーマに制作されたプログレ・コンセプト・アルバムの名作をご紹介してまいりましょう!

再びポーランドより、アーティスティックな感性の豊かさでは現ポーランド随一と言っていい天才ミュージシャンの新作が第3位に入りました。

3位:KRZYSZTOF LEPIARCZYK / GAME OF SYMPHONY

LOONYPARKを率いる才人、なんと2021年2作目となった5thアルバム!

刺激的なエレクトロニクスとオペラ風女声voをフィーチャーした荘厳なシンフォが折り重なるアーティスティックすぎるサウンドメイクに驚愕!

冒頭2曲でゾクゾクするようなめくるめく音世界に飲み込まれます…!

試聴 Click!


【新作追加】現ポーランド屈指の人気プログレ・グループ LOONYPARK特集!

【関連記事】

【新作追加】現ポーランド屈指の人気プログレ・グループ LOONYPARK特集!

2000年代以降のポーランド屈指のプログレ新鋭LOONYPARKを特集!メンバーのソロワークも含めた軌跡を辿ります。

フランスから現れたこのジャズ・ロック新星もなかなかの人気っぷり!

4位:ARNAUD QUEVEDO & FRIENDS / ELECTRIC TALES

ZEUHL系にも通じるテクニカルで緊張感あるジャズ・ロックを土台に、カンタベリー・ロックやケベックのMANEIGE彷彿の芳醇でドリーミーなタッチを絶妙に織り込んだスタイルが唯一無二。

ダブルベースのふくよかな響きが良いなぁ。

試聴 Click!


【作品追加】マイナー・フレンチ・ジャズ・ロック探求!

【関連記事】

【作品追加】マイナー・フレンチ・ジャズ・ロック探求!

知られざるマイナー・フレンチ・ジャズ・ロックを一挙ご紹介!

そして、昨年の年間ベストセラーでも大暴れだったFLEESHが2タイトルを送り込んでいます!

5位:FLEESH / ECLIPSED

シンセがしっとり気品高く湧き上がり、その上をA.ラティマーやS.ロザリー彷彿の優美でメロディアスなギターが駆ける幻想度100%の演奏。そこに息をのむように透明な美声で丹念に歌を乗せる女性ヴォーカル。その完成されきった世界観に最後まで惹き込まれっぱなしの21年作!

試聴 Click!


麗しの美声女性ヴォーカルが堪能できるプログレ21年作を厳選ピックアップ!

【関連記事】

麗しの美声女性ヴォーカルが堪能できるプログレ21年作を厳選ピックアップ!

女性ヴォーカル・プログレ21年作から、特に美声ヴォーカルの魅力が堪能できる7作品を各国からチョイスしました。どうぞお楽しみください♪

6位:FLEESH / HERE IT COMES AGAIN (A TRIBUTE TO GENESIS)

前作ではRENAISSANCEの見事なトリビュートを聴かせましたが、今回は全編GENESISナンバーで送る20年作!「Firth Of Fifth」「Entangled」「Ripples」ほか叙情的な名曲をしっかり押さえた選曲で、2人の持ち味が最大に発揮されていて堪りません♪

試聴 Click!


往年プログレ・バンドへの愛に満ちたトリビュート・アルバムを探求!

【関連記事】

往年プログレ・バンドへの愛に満ちたトリビュート・アルバムを探求!

ジェネシス・トリビュート作も好評のブラジル新鋭FLEESHを出発点に、往年のプログレ・バンドへの愛に満ちたトリビュート・アルバムを探求!

こちらも21年年間ベストセラーで第2位に輝いた作品!根強い人気!

7位:PASAJERO LUMINOSO / PUJOL

カンタベリー・ロック彷彿の緻密かつ流麗な音使いと南米らしい芳醇なメロウネスが溶けあったジャズ・ロックは、今作でも絶品の一言。アルゼンチンのみならず現南米で最も注目に値するジャズ・ロック・バンドによる待望4th!!

試聴 Click!


2021年 カケレコ年間ベストセラー TOP20!

【関連記事】

2021年 カケレコ年間ベストセラー TOP20!

2021年にロック・ファンをワクワクさせてくれた世界のニッチ&ディープな作品たちが集結!お聴き逃がしはないかチェックしてみてください☆

ここからは、玄人リスナーも唸らすマニアックなチョイスに定評ありの韓国BIG PINKが3作連続ランクイン!
今回も渋い所突いてきてます…!!

8位:TEA COMPANY / COME AND HAVE SOME TEA WITH THE TEA COMPANY

初期ヴェルヴェット・アンダーグラウンドが好きなら大推薦。溶けてゆくような温かく肌触りのディレイを全面にまぶした、極上のNY産メロウ・アシッド盤。

試聴 Click!

9位:BUCKWHEAT / PURE BUCKWHEAT HONEY

アメリカのバンドですが、ビートルズやキンクスらを彷彿させるほのかな気品を漂わせつつも、ちょっぴり捻くれたポップなサウンドを聴かせる極ニッチな一枚。ふむ、あのストレイ・ドッグのメンバーが率いたバンドなのね。

試聴 Click!

10位:DOUGLAS FIR / HARD HEARTSINGIN’

試聴 Click!


【作品追加】ドアーズから世界のオルガン・サイケを探求!

【関連記事】

【作品追加】ドアーズから世界のオルガン・サイケを探求!

オルガン・サイケのパイオニアとして数々のフォロワーを生んだドアーズから出発して、世界のオルガン・サイケを探求してまいります!

いかがでしたか?
気になる作品がありましたら幸いです♬

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • PASAJERO LUMINOSO / PUJOL

    アルゼンチン出身ジャズ・ロック/フュージョン・グループ、21年作4th、カンタベリー彷彿の流麗な音使いと南米らしい芳醇なメロウネスが溶けあったジャズ・ロックは今作でも絶品!

    2014年デビュー、アルゼンチンはブエノスアイレス出身の4人組ジャズ・ロック/フュージョン・グループによる21年作4thアルバム。カンタベリー・ロック彷彿の緻密かつ流麗な音使いと南米らしい芳醇なメロウネスが溶けあったジャズ・ロックは、今作でも絶品の一言。ジャジーなタッチにタンゴのリズミカルさを合わせたようなドラムと歌心を感じる豊かな鳴りのベースによるしなやかなリズムに乗って、リリカルで柔らかなタッチのピアノ、フィル・ミラー彷彿のシャープなトーンのギターが美しい音運びで躍動する、端正かつほのかにファンタジックなアンサンブルに終始耳を奪われます。南米らしいフレイヴァーもたっぷりで、バンドネオンを伴った哀愁のタンゴ・ジャズや、ピアノがリードするボサノヴァ調の軽やかでお洒落なナンバーなど、バンド本来のクールな佇まいはそのままにクルクルと豊かに表情を変化させていく演奏が見事です。一瞬も淀みなく紡がれていく美しく情感あふれるアンサンブルに心が躍る南米ジャズ・ロックの名品。カンタベリー・ロック・ファンには是非お勧めです。

  • FLEESH / ECLIPSED

    美声女性ヴォーカルを擁するブラジル産シンフォ・プロジェクト、21年オリジナル・アルバム!

    2014年に始動した男性ギタリスト/マルチ奏者Celo Oliveiraと女性ヴォーカリストGabby Vessoniによるブラジル産シンフォ・プロジェクト、19年『ACROSS THE SEA』以来のオリジナル・アルバムとなる21年作。勿論本作でもヴォーカルをGabby、すべての演奏をCeloが担当。シンセサイザーがしっとり気品高く湧き上がり、その上をA.ラティマーやS.ロザリーを受け継ぐ優美でメロディアスな珠玉のギターが駆ける、幻想度100%の演奏。そこに息をのむように透明な美声で丹念に歌を乗せる女性ヴォーカル。もう完成されきった世界観に最後まで惹き込まれっぱなしです。ハードだったりヘヴィだったりせず、一貫してメロディアスで幻想的な佇まいを崩さない音楽性がとにかく素晴らしい。でもここぞではギターがドラマチックに飛翔し、ヴォーカルも力を込めてエモーショナルに歌い上げ、熱い叙情をほとばしらせます。これは現女性ヴォーカル・シンフォとして英国のMAGENTAにも匹敵する圧倒的な完成度。紛れもなく傑作です。

  • ARNAUD QUEVEDO & FRIENDS / ELECTRIC TALES

    フランス出身、フルート・サックス・ダブルベースを含む新鋭ジャズ・ロック・グループによる2021年デビュー作。

    フランス出身、ギタリスト/ドラマーのArnaud Quevedoを中心に、フルート/サックス/ダブルベースを含む編成を持つ新鋭ジャズ・ロック・グループ、2021年デビュー作。ZEUHL系にも通じるテクニカルで緊張感あるジャズ・ロックを土台としつつ、そこに浮遊感あるドリーミーなタッチを絶妙に織り込んだサウンドがなんとも個性的。ケベックのMANEIGEに通じる技巧的ながらふんわりした手触りを持つアンサンブルから、管楽器のリードでメロディアスに疾走するカンタベリー・ロックに通じるしなやかで可憐な演奏までを、スムーズに行き来するサウンドが最高に心地いいです。加えてイタリアのFONDERIAを思わせるモダンな洗練味もたっぷりな、これは素晴らしいバンド。オススメ!

  • FLEESH / HERE IT COMES AGAIN (A TRIBUTE TO GENESIS)

    ブラジルの注目男女シンフォ・ユニット、今度は全曲GENESISナンバーを演奏した20年トリビュート・アルバム!!

    2014年に始動した男性ギタリスト/マルチ奏者Celo Oliveiraと女性ヴォーカリストGabby Vessoniによるブラジル産シンフォ・プロジェクト、20年作。前作ではRENAISSANCEの見事なトリビュートを聴かせてくれた彼らですが、今回はお待ちかねの全編GENESISナンバーによる2枚組全14曲!「Dancing With The Moonlit Knight」に始まり、「Firth Of Fifth」「Looking For Someone」「Ripples」「Entangled」「Carpet Crawlers」「Musical Box」と、70年代の叙情的な名曲をしっかり押さえた選曲で、2人の持ち味が最大に発揮されているところはさすが。前作RENAISSANCEトリビュートを堪能されたなら、ただただ本作も間違いなし!と言っておきます。

  • MARCO BERNARD & KIMMO PORSTI(BERNARD & PORSTI) / ROBINSON CRUSOE

    SAMURAI OF PROGのメンバー2人によるサイド・プロジェクト、「ロビンソン・クルーソー」をテーマにした2021年作!

    多国籍シンフォ・プロジェクトSAMURAI OF PROGの中核メンバー2人によるサイド・プロジェクトの2021年作。今作で題材となっているのが「ロビンソン・クルーソー」。20年作『BEYOND THE WARDROBE』より迫力あるストリングスをフィーチャーしたクラシカル・シンフォ路線へと舵を切ったSAMURAI OF PROGと呼応するように、こちらのユニットも従来より気品高いクラシカルな色合いを強めています。そのサウンドはまるでNEW TROLLS『CONCERTO GROSSO 1&2』にGENESIS/CAMEL的なファンタジーを注ぎ込んだかのよう。ヴァイオリンによる荘厳なリフレインをバックにフルートが物悲しい旋律を紡ぐ重厚な導入から、ドラムがなだれ込みシンセがアグレッシヴに疾走し、一気にダイナミックに動き出すアンサンブル。いきなりの壮大すぎる音の流れに圧倒されます。2曲目ではそんなクラシカル・シンフォにGENESIS的な英国的叙情性が加わり、ヴィンテージ・テイストを帯びた色彩豊かなサウンドが繰り広げられ悶絶。3曲目の流麗かつファンタジックなピアノ独奏ナンバーも素晴らしい。エマーソンが弾きそうなフレーズを柔らかく繊細なタッチで綴る演奏が特筆です。ずばり本流のSAMURAI OF PROGにまったく引けを取らない完成度の逸品!

  • DOUGLAS FIR / HARD HEARTSINGIN’

    米パシフィック・ノースウェスト出身の4人組サイケデリック・バンド、70年唯一作。

    米パシフィック・ノースウェスト出身の4人組サイケデリック・バンド、70年唯一作。オルガンを含む編成で、低音のソウルフルなヴォーカルが印象的です。ファンキーなオルガン・ロックもありますが、特筆はT1、T2のメロウなナンバー。そこではジム・モリソンを彷彿とさせる歌い方で、陰鬱としたメロディのバックにはサイケデリックなオルガンとオーケストラがゆったりと響き、浮遊感あるサイケを聴かせてくれます。

  • TEA COMPANY / COME AND HAVE SOME TEA WITH THE TEA COMPANY

    VELVETSを想わせる極上のNY産アシッド・サイケ、68年唯一作

    NYで活動した4人組サイケデリック・ロック・バンドの68年唯一作。穏やかで温かく、溶けてゆくような肌触りのディレイを全面にまぶした、極上のアシッド盤。VELVETSを彷彿とさせるアート色の濃いガレージ・サウンドを下地に、マジカルな彩りを加えるソフト・サイケ調のコーラス、効果的に配されたオルゴール、酩酊感誘う流水音などのSE、そしてそれらすべてを包み溶かすアシッドなディレイ…。こんなに心ゆくまでトリップ感を味わせてくれるUSサイケ盤はなかなかないのではないでしょうか。VELVETSら東海岸アート/サイケ・ロックはもちろん、英サイケ・ポップのファンの方にも、USアングラ・サイケの入り口として聴いてほしい一枚です。

  • KRZYSZTOF LEPIARCZYK / GAME OF SYMPHONY

    ポーランドのLOONYPARKを率いるキーボーディスト、同年リリースの前4thに続く21年5thアルバム!

    現ポーランド・プログレ屈指の人気バンドLOONYPARKを率いるキーボーディスト/コンポーザーが、前4thに続きリリースした21年2作目となる5thアルバム。前作はLOONYPARKの新たな作風と呼応するようにフロイド調とメロディックでキャッチーなスタイルを調和させていましたが、本作ではダンサブルなエレクトロニクスのパートとオペラ風の女声スキャットをフィーチャーした荘厳なシンフォ・パートが折り重なる様に配された緩急激しいサウンドメイクを披露していて驚愕!冒頭約15分の大作は、オペラチックな女声とアンビエントなタッチも交えた緻密なシンフォニック・サウンドによる張り詰めた空気感に言葉を失うアーティスティックな傑作ナンバー。この調子で行くかと思いきや、2曲目ではいきなり刺激的なエレクトロニック・サウンドが疾走、いつの間にかスッとピアノが滑り込みクラシカルに落ち着かせると、女声スキャットが清らかに歌い上げる超絶展開に思わずゾクゾクします。冒頭2曲だけでもKRZYSZTOF LEPIARCZYKというアーティストの底知れぬ才覚が感じ取れるはず。傑作です。

  • FRAMAURO / MY WORLD IS ENDING

    ポーランド、MILLENIUMのリーダー/キーボーディストが90年代末に活動したソロユニット、24年ぶりの22年復活作!

    現代ポーランドを代表するシンフォ・グループMILLENIUMのリーダー/キーボーディストRyszard KramarskiがMILLENIUM以前の90年代末に活動したソロ・ユニット、24年ぶりとなる22年復活作!かつて残された98年作『ETERMEDIA』は彼がほぼ単独で作り上げた作品でしたが、本作ではLOONYPARKのGrzegorz Fieber(dr)、MILLENIUMのKrzysztof Wyrwa(b)、リーダーバンドtRKprojectのMarcin Kruczek(g)ら盟友たちを従え、本人はキーボードとヴォーカルを担当。MILLENIUMに通じる『The Wall』期PINK FLOYD的なリアリスティックで空間的な音作りと、80年代後半以降のCAMELを思わせる幻想的かつ翳のあるメランコリックなタッチを調和させた印象のメロディアス・ロックを鳴らします。エッジの立ったシャープでタイトなリズム・セクションと、霧が立ち込めるように淡く空間を埋めるオルガンとシンセが対比され、「ギルモア+ラティマー」なありったけのエモーションを乗せたギターが雄弁にフレーズを紡ぐアンサンブルは、どちらかと言うとシリアスなタッチながら全編とめどない哀愁を感じさせる見事なもの。そして印象的なのがKramarskiによるヴォーカルで、切々と哀愁たっぷりに歌うハイトーンには思わずグッと来てしまいます。MILLENIUMやtRKprojectを気に入られている方なら、これはマストリッスンな逸品!

  • BUCKWHEAT / PURE BUCKWHEAT HONEY

    ELPのレーベルMANTICOREからデビューした米ハード・ロック・バンドSTRAY DOGのメンバーが率いた米サイケ・ポップ・バンド、69年唯一作。

    Greg LakeプロデュースでMANTICOREよりデビューしたハード・ロック・バンドSTRAY DOG。彼らの2nd『WHILE YOU’RE DOWN THERE』より加入したギタリストTimmy Dulaineが、60年代末に率いた米サイケ・ポップ・バンドの69年唯一作。アメリカのバンドですが、ビートルズやキンクスらを彷彿させるほのかな気品を漂わせつつもちょっぴり捻くれたポップ・サウンドを聴かせます。冒頭の「Yes」から『A Hard Day’s Night』期ビートルズ風の甘酸っぱいメロディと溌溂とした演奏で駆け抜けるキャッチー過ぎる名曲でびっくり。全体としてはキンクスの捻くれ感とバッドフィンガーの哀愁を折衷したようなサウンドが中心で、気品ある管弦アレンジをバックに、甘いコーラスを伴った伸びやかなヴォーカルが歌う瀟洒にしてメロディアスなナンバーが並びます。バンジョーが彩るカントリー・タッチのナンバーを除けば、英バンドかと思ってしまうほど英国調の端正な味わいが印象的な作品です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。