プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ピンク・フロイドのDNAを受け継ぐ00年代~のプログレ特集!

『狂気』や『ウォール』が持つ、時代を超越したスタイリッシュなサウンド・プロダクションと普遍的なメッセージ性。

そんなピンク・フロイドのDNAを受け継いだグループが、00年代に入って続々と登場してきています。

ポスト・ロックを通過し、PCでのデジタル・レコーディングに慣れた00年代デビューのミュージシャンにとって、ピンク・フロイドのサウンドは、変わらぬ輝きとともに、今まで以上に身近なものなのかもしれません。

世界各国から芽吹くフロイドのDNA、どうぞお楽しみください!

スタッフおすすめ作品!

【カナダ】RED SAND/CRUSH THE SEED

前作まではMARILLION影響下のサウンドが特徴でしたが、本作ではPINK FLOYD色が非常に濃厚に。

ふくよかなオルガンの上でブルージーに踊るギター。フロイド・ファンならニンマリすること間違いなし!

試聴 Click!

【ノルウェー】AIRBAG/A DAY IN THE BEACH

モダンなエレクトロニック要素を取り入れつつ、PINK FLOYD的な仄暗さと北欧らしい透明感を併せ持った叙情的な音空間が相変わらず素晴らしい。

ソロでも活躍するギタリストBjorn Riis擁するノルウェー新鋭、20年作5th!

試聴 Click!

【ノルウェー】ARABS IN ASPIC/MADNESS AND MAGIC

こちらもノルウェー新鋭。フロイド彷彿のサウンドと北欧らしい神秘性を融合させたサウンドが実にユニーク。

奥ゆかしいリリカルなメロディ、言葉を選ぶように丹念に歌う英語ヴォーカルなど、ヴィンテージ感をとことん大事にしたスタイルが素晴らしい~。

試聴 Click!

【ポーランド】WAVE/DREAM

フロイド憧憬グループでは国内屈指と言えるポーランドの実力派、20年作3rd。

PINK FLOYD直系の幻想と浮遊感に満ちたサウンドの中、端正かつ妖艶に響き渡るピアノが極上…。前作、前々作以上の傑作!

試聴 Click!

【ポーランド】MILLENIUM/WEB

フロイドDNAを受け継ぐ現ポーランドの中心的シンフォ・バンドによる待望の19年作!

オリジナル・ヴォーカリストが復帰し、変わらぬ素晴らしい歌声を聴かせており感動!

試聴 Click!

ここからは、国ごとにフロイド遺伝子を継ぐグループをご紹介してまいります!

イギリス

【イギリス】EMERALD DAWN/NOCTURNE

ピンク・フロイドをクラシカルなシンフォにしたようなサウンド!?

気品高さと幻想性が溶け合った音像が、夢の中にいるような気分にさせる個性派シンフォ!

【イギリス】ALI FERGUSON/WINDMILLS AND THE STARS

GENESISの3代目シンガーRay Wilsonの右腕として活躍するギタリストの11年ソロ。

ならGENESIS系?と思われそうですが、これがブルース・フィーリングを和らげスタイリッシュになったギルモアといえそうなギターワークを散りばめた、幻想美たっぷりの名品♪

試聴 Click!

北欧

【ノルウェー】AIRBAG/GREATEST SHOW ON EARTH

09年にデビューしたノルウェーの新鋭プログレ・バンド、13年作3rd。

ゆったりと夢想的につむがれるキーボードとギターが描くメランコリックな音世界。

幾重にも重なった音が心地良すぎる名作。

試聴 Click!


ピンク・フロイドのメランコリーを受け継ぐノルウェーの新鋭メロディアス・プログレAIRBAGを特集!

【関連記事】

ピンク・フロイドのメランコリーを受け継ぐノルウェーの新鋭メロディアス・プログレAIRBAGを特集!

ピンク・フロイドに通じるメランコリックなノルウェーのプログレ新鋭グループAIRBAGをピックアップ!

【ノルウェー】BJORN RIIS/FOREVER COMES TO AN END

そのAIRBAGに在籍するギタリストが放った17年ソロ作がこちら。

自身の幻想的でエモーショナルなギタープレイを軸とする、雪深い北欧の自然世界が眼前に映し出されるかのような、映像喚起的な魅力を持つ名品です。

試聴 Click!

【ノルウェー】BJORN RIIS/A STORM IS COMING

こちらも「ピンク・フロイド+北欧らしい静謐な叙情美」と言える貫禄の19年作。

ジャズ色も織り込み静寂を描写するような繊細な音世界がひたすら素晴らしい…。

ギルモア直系のエモーショナルなギターも炸裂!

試聴 Click!

【アイスランド】LUCY IN BLUE/IN FLIGHT

なんと、アイスランドからもフロイドのDNAを継ぐグループが登場!

フロイド譲りのサイケ&ブルージー&メランコリックさに「宮殿」を思わせるメロトロンが雪崩れ込む、ひんやりと幻想的なアンサンブルが心地良い…。

往年のプログレ・ファンにもオススメしたい、センス抜群の19年作。

試聴 Click!

東欧

【ポーランド】MILLENIUM/PUZZLES

ほぼすべての作曲を担い、コンセプト・メイキングも行うKey奏者/コンポーザーは、現代のロジャー・ウォーターズと言っても過言ではないかも!?

ポーランド屈指のプログレ新鋭バンドによる2枚組の11年作で、ジャケットからも分かる通り、彼らが敬愛するピンク・フロイド『ウォール』へのオマージュであり、挑戦でもある力作。

試聴 Click!


現ポーランド・プログレ・シーンをリードするグループMILLENIUMを大特集!

【関連記事】

現ポーランド・プログレ・シーンをリードするグループMILLENIUMを大特集!

ポーランドのみならず、現代のプログレ・シーン屈指と言えるグループMILLENIUM。デビュー20周年を迎え、活動を包括するボックスもリリースした彼らの、これまでの作品をピックアップしながら、その軌跡を追っていきます!

【ポーランド】RYSZARD KRAMARSKI PROJECT/SOUNDS FROM THE PAST

そんなMILLENIUMのキーボーディストによるソロ・プロジェクト第2弾となった18年作。

20年前に彼が自主制作した98年の作品をリアレンジ/再録した意欲作で、随所にフロイド・テイストを散りばめつつ、凛とした透明感と姉御な力強さを兼ね備えた女性ヴォーカルをフィーチャーした聴き応えあるメロディアス・ロックを鳴らしています。

試聴 Click!

【ポーランド】AMAROK/STORM

抽象的なエレクトロ/アンビエント色をさらに強めつつ、PINK FLOYDに通じる仄暗さやMIKE OLDFIELDに通じる土着的な幻想性は健在。99年結成のポーランド産ユニット19年5th、嵐の前の神秘的な静謐さを感じさせる壮大な一作。

試聴 Click!

【ポーランド】WAVE/ME AND REALITY

「狂気」~「ウォール」期フロイドをポーランド特有の深い陰影とモダンな質感で蘇らせたような新鋭バンド。

エフェクトを効かせ淡く幻想的なトーンを鳴らす2本のギターと、ひんやりと冷たい質感を持つシンセが浮遊感あるダークな色調の音世界を構築します。深遠かつ静謐な幻想性に溢れたサウンドは、フロイドに肉薄!

試聴 Click!

【ポーランド】LEBOWSKI/PLAYS LEBOWSKI

2010年のデビュー作で完成度の高いシンフォニック・ロックを聴かせた注目グループによる、待望の2作目となるライヴ・アルバム!

拍手がなければライヴとは思わない緻密で静謐な音世界が素晴らしすぎです!この世界観、フロイドファンにもきっと響くことでしょう。

試聴 Click!

【ポーランド】FIZBERS/DIE WITHOUT LIVING

弱冠19歳のメンバーによるポーランド産プログレ・トリオ、18年2nd。

1stに引き続きフロイド影響下の仄暗くメランコリックな音世界を展開しつつ、より壊れ物のようなセンチメンタルさを増したメロディ&アレンジが胸を打つ逸品。

試聴 Click!

【ポーランド】PROAGE/DIFFERENT STATE OF REALITY

この繊細なギター、まさに『ザ・ウォール』や『鬱』を彷彿とさせますね!

フロイド憧憬のメランコリックなサウンドを、モダンなヘヴィネスとポーランドらしい荒涼感で包み込んだ2017年デビュー作。

試聴 Click!

【ポーランド】MOODMAN/MAN OF THE NEW AGE

フロイド『鬱』やRoger Watersのソロが好き?ならこのポーランドのプロジェクト19年作も気に入るかも。

メランコリックかつ体内にじわじわと染み込んでいくような音空間がいいなあ。

試聴 Click!

西欧

【イタリア】TWENTY-FOUR HOURS/CLOSE – LAMB – WHITE – WALLS

91年にデビューしたイタリアのプログレ・バンドによる、2枚組の大作となった2018年作。

ピンク・フロイド的メランコリー&映像喚起的センスと、VDGGのダークなドラマ性をあわせ持ったようなサウンドは本作でも健在。

ベテランによる完成度の高い内容に唸らされる逸品です。

試聴 Click!

【イタリア】FLUIDO ROSA/LE VIE DEI SOGNI

「FLUIDO(流体)」「ROSA=ピンク」というバンド名がまんまですが、やはりフロイド・トリビュート・バンドとしての活動歴を持ち、フロイド影響下のスケール溢れる中にも柔らかな陰影を秘めたメロディアスさが持ち味。

そこに乗る伊ヴォーカルの「歌」もさすが絶品です。

試聴 Click!

【フランス】MAGNESIS/PRES EN BULLES…

シンセ、メロトロン、ハケット調のギターらが柔らかく織り上げる、ジェネシス系シンフォかと思ったら、突如陰鬱に広がるシンセ&ギルモア風のブルージーなギターが登場して一気にフロイドに変貌。

70年代ファンも思わずニヤリな仏シンフォ新鋭。

試聴 Click!

【ドイツ】FINALLY GEORGE/LIFE IS A KILLER

ドイツのマルチ・ミュージシャンによるソロ・プロジェクト18年作。

フロイドに通ずるメランコリックな雰囲気に包まれつつ、同時に瑞々しいポップ・フィーリングにも満ちたサウンドがいいなあ。

ジャケからは想像できない(失礼!?)リリシズムがこれでもかと溢れ出る逸品。

試聴 Click!

北米・南米

【ブラジル】SUB ROSA/GIGSAW

ブラジルの新鋭、10年デビュー作。

ギルモアやアンディ・ラティマーからの影響が色濃いメロウなギター、穏やかにたなびくハモンド、そしてクリアな美声の男性&女性ヴォーカル。

フロイドはもちろんRENAISSANCEも彷彿とさせるヴィンテージ感たっぷりの実力派グループ!

試聴 Click!

【カナダ】RICK MILLER/DELUSIONAL

PINK FLOYD的メランコリックさとCAMEL的リリカルさの融合!?

TVや映画音楽の場でも活躍するカナダ出身の名コンポーザー、深く沈み込むようにドラマチックで夢想的なサウンドを聴かせる18年作。

試聴 Click!

関連カテゴリー

ピンク・フロイドのDNAを受け継ぐ00年代の新鋭プログレ・バンド選

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。