プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【作品追加】ドアーズから世界のオルガン・サイケを探求!

今日は、オルガン・サイケのパイオニアとして多くのフォロワーを生んだドアーズから出発して、世界のオルガン・サイケを探求してまいります。まずは本家を聴いてまいりましょう♪

試聴 Click!

ジム・モリソンの圧倒的な存在感とレイ・マンザレクの独特なオルガンが生むサイケデリックな世界。デビュー作にして不朽の名作ですね!

続けて米国のバンドをピックアップしていきますよ~。

NOAH / BRAIN SUCK

ワイルドに唸るオルガンがサウンドカラーを握る、DOORS彷彿の哀愁アート・ロックがカッコいい…!当時未発表に終わった作品ですが、これはオルガン・ロック・ファンならマストと言いたい逸品!

試聴 Click!

DOUGLAS FIR / HARD HEARTSINGIN’

パシフィック・ノースウェスト出身の4人組サイケデリック・バンド、70年唯一作。低音のソウルフルなヴォーカルを生かしたファンキーなオルガン・ロックもありますが、ジム・モリソン彷彿の狂おしいヴォーカルを聴かせるメロウなナンバーが特筆!

試聴 Click!

お隣カナダへ!

IT’S ALL MEAT / IT’S ALL MEAT

「演奏力も高いし、楽曲のクオリティも高く、カナダ出身でなければ、もっと有名になっていただろうと思う。ガレージ・サイケの逸品を探しておられるなら、このバンドにもぜひ耳を傾けて欲しい。」by HAPPYSADさん

試聴 Click!

次はスウェーデンへまいりましょう。

SOUND EXPRESS / SOUND EXPRESS

ハード・ロック前夜の煙のような空気が充満する中で、鳴り響くハモンド・オルガンとファズ・ギター。でも、スウェーデンらしく、ヘヴィさの向こうには透明なリリシズムも感じさせてグレイト。

試聴 Click!

最後はメキシコから!

BODO / HITS INTERNATIONAL

ドイツ出身で、放浪の末にメキシコにたどりつき、68年に録音し、69年にリリースされた唯一作。オープニング・ナンバーから、けたたましいファズ・オルガンとファズ・ギターが乱れ飛び、ダモ鈴木ばりのフリーキーなシャウトが炸裂!

試聴 Click!

いかだでしたか?
ドアーズ好きにおすすめのこちらの記事も合わせてご覧ください!


『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~「ドアーズ『ハートに火をつけて』から出発するアングラ・オルガン・サイケ探求」~

【関連記事】

『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~「ドアーズ『ハートに火をつけて』から出発するアングラ・オルガン・サイケ探求」~

ドアーズ『ハートに火をつけて』を起点に、様々なアングラ・オルガン・サイケを聴いてまいります!


「ロック界の名オルガン奏者」~今週の『カケレコのロック探求日誌』PLUS~

【関連記事】

「ロック界の名オルガン奏者」~今週の『カケレコのロック探求日誌』PLUS~

6月9日は、DEEP PURPLEのオルガン奏者故ジョン・ロードのお誕生日でした。それにちなみ、「ロック界の名オルガン奏者」をピックアップ!


DOORS好きにオススメのドライヴィングなUSオルガン・サイケ選!

【関連記事】

DOORS好きにオススメのドライヴィングなUSオルガン・サイケ選!

DOORSを起点に、グルーヴィーでドライヴィングなオルガンをフィーチャーしたUSサイケをご紹介!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • DOUGLAS FIR / HARD HEARTSINGIN’

    パシフィック・ノースウェスト出身の4人組サイケデリック・バンド、70年唯一作。

    米パシフィック・ノースウェスト出身の4人組サイケデリック・バンド、70年唯一作。オルガンを含む編成で、低音のソウルフルなヴォーカルが印象的です。ファンキーなオルガン・ロックもありますが、特筆はT1、T2のメロウなナンバー。そこではジム・モリソンを彷彿とさせる歌い方で、陰鬱としたメロディのバックにはサイケデリックなオルガンとオーケストラがゆったりと響き、浮遊感あるサイケを聴かせてくれます。

  • SOUND EXPRESS / SOUND EXPRESS

    スウェーデン出身、ハモンド・オルガンが厚みのあるトーンで荘厳に鳴り響くヘヴィ・インスト・アート・ロック、69年デビュー作

    スウェーデン出身、オルガン兼ギター奏者とドラム兼ハーモニカ奏者によるデュオ編成、69年のデビュー作。ほの暗く厚みのあるトーンで荘厳に鳴り響くハモンド・オルガン、重く力強いリズム・セクションを中心とするヘヴィ・インスト・アート・ロック。曲によっては、歪んだトーンのサイケデリック&ブルージー&ヘヴィなギターが炸裂し、ハード・ロック前夜の煙のような空気が充満します。クラシカルなエッセンスを感じさせる曲では、ヘヴィに歪んだ音の向こうにある透明感あるリリシズムも印象的です。

  • BODO / HITS INTERNATIONAL

    メキシコのレア・サイケ、69年作、ジャケにピンときたガレージ/サイケのファンは悶絶必至の好盤

    ドイツ出身で、放浪の末にメキシコにたどりつき、68年に録音し、69年にリリースされた唯一作。レーベル・メイトのKALEIDOSCOPEの唯一作とともにメキシカン・サイケのレア盤のひとつ。オープニング・ナンバーから、けたたましいファズ・オルガンとファズ・ギターが乱れ飛び、ダモ鈴木ばりのフリーキーなシャウトが炸裂!ビートルズ「シーズ・ア・ウーマン」のガレージ・サイケなカヴァーもカッコいいし、コロコロとキャッチーなピアノとファンキー&グルーヴィーなヴォーカルがカッコ良いナンバーなど、R&B、ソウル、ジャズの確かな素養をベースに、ガレージ・サイケで豪快にペインティングしたようなナンバーずらり。ジャケにピンときたガレージ/サイケのファンは悶絶必至でしょう。オススメです。

  • NOAH / BRAIN SUCK

    オハイオ州出身のサイケ・ハード/アート・ロック・グループ、72年に録音されながらお蔵入りとなったアルバムを中心とする編集盤、ワイルドなオルガンが炸裂!

    オハイオ州出身のサイケ・ハード/アート・ロック・グループ、72年に録音されながらお蔵入りとなったアルバムと、前身バンドSound Barrierの録音を含む未発表デモで構成された全13曲。ギターよりはワイルドに唸るオルガンがサウンドカラーを握る、DOORSに通じる哀愁を帯びたアート・ロックを鳴らします。抑揚を抑え気味に朗々と歌い上げるヴォーカルの存在感も強烈。とにかく全編で迫りくるオルガン・サウンドに圧倒される、これが未発表に終わったことが信じられない一枚!

DOORSの在庫

  • DOORS / BRIGHT MIDNIGHT SAMPLER

    ライヴ・アーカイヴ・シリーズ。

  • DOORS / STRANGE DAYS

    デビュー作と並んでUSサイケデリック・ロックを代表する67年作の2nd

    カリスマJim Morrison率いる偉大な米ロック・グループ、67年2nd。初期2枚では呪術的な雰囲気を持ったサイケデリックなオルガン・ロックを指向。本作は1stと同路線ながらより内省的で洗練されています。エフェクトが施され禍禍しく浮遊するキーボード、煌びやかな音色を奏でるギター、そして低音で静かに語りかけ不意に絶叫するJim Morrisonのヴォーカルの引力に引き付けられます!幻想的なバンド・サウンドは美しいメロディに彩られており、異次元「まぼろしの世界」へと誘います。いつまでも浸かっていたくなる35分の小旅行!67年のサイケデリック・ロックを知るうえで外すことの出来ない名盤にして、1stと並ぶ代表作。印象的なアルバム・ジャケットに惹かれたあなたも、異次元への旅に誘われてみませんか?

  • DOORS / SOFT PARADE

    ブラス・セクション&ストリングスを大胆に導入した69年4th

  • DOORS / ALIVE SHE CRIED

    1968~1970年の未発表ライヴ・テイク集

  • DOORS / BEST OF THE DOORS

    85年リリースのベスト盤、全19曲

  • DOORS / DOORS BOX SET

    レア音源満載のCD4枚組、全53曲

    • 7559621232ELEKTRA

      4枚組ボックス、60頁ブックレット付仕様、各CDはそれぞれプラケース入り

      盤質:傷あり

      状態:

      ボックスにスレ・圧痕・若干角潰れ・接着剤のような付着物あり

  • DOORS / OTHER VOICES and FULL CIRCLE

    ジム・モリソンの死後、残された3人が作り上げた71年作と72年作を収録

    JIM MORRISONの死後、残された者たちが創り上げた71、72年作のカップリング。RAY MANZAREKが直接JIMに言及した「Tightrope Ride」を初め、JIMというカリスマ不在の中で作られたアルバムですが、バンド・サウンドを重視した作りは、THE BANDのようなアメリカン・サウンドに近いものを醸しだしており、ROBBY KRIGERのソロ・ギターが全開となる箇所があったりと音楽的には、果敢な成長を遂げた新生DOORSの姿がここにあります。当然JIM不在という事実を直視出来ないファンからは評価されなかったようですが、個人的には、ファンキーかつジャジーで知的かつ野蛮なDOORSサウンドの、最も進化した姿を垣間見た思いを新たにしました。これは力作です。

「DOORSの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。