プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【ユーロロック周遊日記】AREAの名デビュー作『Arbeit Macht Frei』

一日一枚ユーロロックの名盤をピックアップしてご紹介していく「ユーロロック周遊日記」。

本日は、イタリアが誇るジャズ・ロック・グループAREAの73年の名デビュー作『Arbeit Macht Frei』をピックアップいたしましょう。

アレアは、エジプト出身のギリシャ人でミラノ工科大学で学んでいたヴォーカリストのデメトリオ・ストラトス、Keyのパトリツィオ・ファリセッリ、ドラムのジュリオ・カピオッツォを中心に72年に結成されました。バンド名の由来となったのは、アメリカの詩人アレン・ギンスバーグの「The original task was to widen the area of consciousness」。

『Arbeit Macht Frei』録音時のメンバーは、中心メンバーの3人の他に、ギター/Keyのパオロ・トファーニ、ベースのパトリック・ジヴァス、Saxのヴィクター・エドゥアルド・ブスネッロで、もう一人のメンバーとして、Crampsレーベルのデザイナーでもあるジャンニ・サッシが詩を担当しています。

『Arbeit Macht Frei』というタイトルは、アウシュツヴィッツ強制収容所の門に掲げられていた銘で、硬派な政治思想と、東洋と西洋が入り乱れたサウンドの無国籍感とを見事に「アレア」というイメージに結んでいるのが、ジャンニ・サッシの詩世界といえるでしょう。

早速、注目の曲をピックアップして聴いてまいります。

まずは、何と言ってもオープニング・ナンバーですね!

「Luglio agosto settembre(nero)7月、8月、9月(黒)」

キーボードとギターがユニゾンでウネるリフが何と言っても強烈。これぞバルカン音楽のエキゾチズム。

そして、さらに凄いのがデメトリオのヴォーカル。喉を開閉するような唱法は唯一無比。

アレアでしか味わえないサウンドで、恐るべしなオリジナリティですね。

試聴 Click!

ベースのジヴァスとSaxのブスネッロは、本作のみで脱退するのですが、ジヴァスのロック的ダイナミズムあるベースと、ブスネッロのサックスが、2nd以降にはない、硬派なアヴァン・ロック/プログレ感を出しているのも特筆。

2曲目以降は、クリムゾンやソフト・マシーンなどにも通じる、英プログレ・ファン必聴と言えるサウンドも聴かせています。

Arbeit macht frei

クリムゾンのジェイミー・ミューアの感覚にも通じる異空間なインプロからはじまり、怒濤のジャズ・ロックへスイッチする瞬間のカッコ良さ!

反復するクールなKeyと淡くむせぶサックスはソフト・マシーンに通じていますし、一定のリフを刻んでいる陰影あるベースはニュークリアスを思い出します。

後半は「21世紀の精神異常者」ばりのサックスも飛び出て、クリムゾン『太陽と戦慄』、ソフト・マシーン『3rd』『4th』のファンにはたまらない展開が続きます。

キレのある変拍子も凄い!

試聴 Click!

アレア的暗黒キーボード・プログレと言える3曲目、アレア的スペース・ジャズ・ロックと言える4曲目、マイルス的なエキゾチックなフリー・ジャズを聴かせる5曲目と、次々に「おおっ」と唸る展開が続き、いよいよ最終曲。

パブで観客からツェッペリンの「Whole Lotta Love」を演ってくれ、と要求され、曲を知らなかったメンバーが、インプロでこの曲をやり、即刻演奏から降ろされた、という逸話どおりに好き放題に暴れまわってます。

L’abbattimento dello Zeppelin

宇宙の交信音のようなスペーシーなKeyと室内楽的なSaxによるイントロからはじまり、ミニマルなKeyが入ってきて、ソフト・マシーン『4th』的フリー・ジャズに。構わず左右chで狂ったように暴れるギターがまた凄い。

デメトリオのヴォーカルは、相変わらず奔放でもはや楽器で、「歌」というより「インプロヴィゼーション」。

ここぞではバンド全体が一体となって硬質に畳みかけ、クリムゾン『太陽と戦慄』の沸点に匹敵しています。言葉が出ない凄まじさ。

—–

久々にじっくりと聴きましたが、あらためて破格のデビュー作ですね。

アヴァン・ロック/ジャズ・ロック/プログレとしてもデビューの時点でクリムゾンやソフト・マシーンのレベルに到達していて、さらに地中海音楽やバルカン音楽の要素を取り込んで強烈すぎるオリジナリティも獲得。そして、さらに唯一無比のデメトリオの存在。

ジャケや詩の世界観も圧倒的だし、ユーロ・ロックのみならず70年代ロックが生んだ文句なしの金字塔!


『太陽と戦慄』ファンにオススメのテンションみなぎる各国プログレをピックアップ!

【関連記事】

『太陽と戦慄』ファンにオススメのテンションみなぎる各国プログレをピックアップ!

『太陽と戦慄』ファンにオススメのテンションみなぎる各国プログレをピックアップ!


ニュートロルス&アレア来日公演 1日目ライヴ・レポート

【関連記事】

ニュートロルス&アレア来日公演 1日目ライヴ・レポート

クラブチッタ川崎で9月21日、22日の日程で開催されている、イタリアン・ロックが誇る2組の名バンド、ニュートロルス&アレアの来日公演に行ってまいりました。


祝本年2度目の来日!イタリアが誇るテクニカル・ジャズ・ロック・バンドAREAを特集!

【関連記事】

祝本年2度目の来日!イタリアが誇るテクニカル・ジャズ・ロック・バンドAREAを特集!

いよいよ今週の土曜、日曜に迫ってきたアレアとニュー・トロルスの来日公演。というわけで、本日は1日目にメインで演奏するイタリアが誇るテクニカル・ジャズ・ロック・バンドAREAを特集してまいります!

AREAの在庫

  • AREA / CAUTION RADIATION AREA

    イタリアン・ジャズ・ロックの最高峰グループ、1stに比べ即興演奏を軸とするアヴァンギャルド要素を強めた74年2nd

    強靭な声帯の持ち主であるDemetrio Stratosを中心に結成され、超絶的なテクニカルさとバルカン独特の叙情香る、イタリアのプログレッシブ・ロックシーンを代表するジャズ・ロックグループの74年2nd。ベースのPatrick DjivasはP.F.Mへと移籍し、技巧的なサックスなどを聴かせていたEdouard Busnelloも脱退し新メンバーを迎えた本作は、1曲目のみが前作からの正統的な流れを感じるバルカン・ジャズロックであり、それ以降は技巧的な即興演奏、アヴァンギャルド・サウンドの応酬が収められています。やや前衛的ながらも、彼らのポテンシャルの高さを示す名盤です。

  • AREA / CRAC !

    イタリアン・ジャズ・ロックを代表するグループ、テクニカルで熱量の高い演奏はそのままに、よりキャッチーなメロディーで聴かせる75年3rd

    強靭な声帯の持ち主であるDemetrio Stratosを中心に結成され、超絶的なテクニカルさとバルカン独特の叙情香る、イタリアのプログレッシブ・ロックシーンを代表するジャズ・ロックグループの75年3rd。彼らの代表作に数えられることの多い本作は、デビューアルバムのバルカン・ジャズロックサウンドをより強力に示し、複雑で技巧的な演奏に磨きをかけた地中海ロックの大傑作であり、前作で見せたアヴァンギャルドな実験色はテクニカルなインプロヴィゼーションなどに昇華されています。息つく暇もないゴリ押しの名盤です。

  • AREA / 1978

    伊ジャズ・ロックを代表するグループ、従来のバルカン・テイストのハイテンションなサウンドを保持しつつも、より聴きやすい作風に仕上げた78年作

    強靭な声帯の持ち主であるDemetrio Stratosを中心に結成され、超絶的なテクニカルさとバルカン独特の叙情香る、イタリアのプログレッシブ・ロックシーンを代表するジャズ・ロックグループの78年6th。前作からギタリストPaolo Tofaniが脱退して製作された本作は、変拍子を巧みに取り入れたバルカン・ジャズロックから、今までよりも聴きやすくなったテクニカルで前衛的なインプロヴィゼーション、そして非常にキャッチーな側面すら感じさせるDemetrio Stratosのボーカルまで聴き所に恵まれた作品であり、Paolo Tofani脱退により、前作よりもキーボードのPatrizio Fariselliの手腕が発揮された名盤です。

  • AREA / TIC & TAC

    デメトリオ逝去後にリリースされた80年作、フュージョン・タッチのテクニカルな逸品

    ディメトリオ・ストラトスの死後、その他のメンバーにより制作されたラスト・アルバム。80年作。

  • AREA / CONCERTO TEATRO UOMO

    伊ジャズ・ロックを代表するグループ、76年ミラノでの名演、96年リリース

  • AREA / ARBEIT MACHT FREI/RADIATION AREA/CRAC!/ARE(A)ZIONE/MALEDETTI

    73/74/75/75/76年作

  • AREA / INTERNATIONAL POPULAR GROUP

    12曲収録のベスト

「AREAの在庫」をもっと見る

イタリアン・プログレの在庫

「イタリアン・プログレの在庫」をもっと見る

ユーロ・ジャズ・ロックの在庫

「ユーロ・ジャズ・ロックの在庫」をもっと見る

NHK-FM『プログレ三昧』の在庫

イタリアン・プログレ定番の在庫

「イタリアン・プログレ定番の在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事