プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

MISSING FIREFLIES

LOCANDA DELLE FATE

FAD005(ALTROCK/FADING) 【2012年発売CD】

評価:30 1件のレビュー

奇跡の復活を果たして、2012年作をリリース!しかも、あの77年の名作と、同時期にイングランドで生まれたイングランド『ガーデンシェッド』を掛け合わせたような、最上級の傑作だって!?

これは驚きました!イタリアン・シンフォの最高峰バンドによる2012年作、1曲目を聴いて心躍らないプログレ・ファンは居ないと断言!

77年にイタリアン・シンフォ屈指の傑作をリリースしたグループによる、2012年再結成作。ヴォーカル、キーボード、ドラム、ベースのオリジナル・メンバー4人に加えて、ギターとキーボードの2人を新たなメンバーとして迎えた6人編成。いや〜、1曲目を聴いて心躍らないプログレ・ファンは一人もいないと断言!77年作に比べて幾分力強くタイトなドラムを土台に、ヴィンテージな音色のファンタスティックなキーボードとマイルドな歪みのギターがリズムを刻む中、ムーグ・シンセがどこまでも続くようにリリカルなフレーズを奏でる。場面が切り替わるように、ムーグからギターへとリードが移り、あの77年作を彷彿とさせる、繊細なタッチの歌心いっぱいのギターが流れると、もう胸がいっぱいになります。手数多くシャープにリズム隊が走りだし、キレのある変拍子の中をピアノが流麗にフレーズを奏でる・・・もうあまりの素晴らしさに笑みがこぼれます。ふぅ、あれ、はじまってからまだ5分しかたってない!8分を超える大曲2曲を含む新録の4曲の完成度の高さは圧巻の一言です。77年のライヴ音源(クリアなオーディエンス録音)を3曲収録しており、そちらももちろん素晴らしい。ベテランの復活作とは思えない瑞々しさに溢れた大傑作です!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

LOCANDA DELLE FATE / HOMO HOMINI LUPUS の商品詳細へ

LOCANDA DELLE FATE/HOMO HOMINI LUPUS

23年ぶりにリリースされた00年の復活作

1,390円(税込1,529円)

LOCANDA DELLE FATE / FORSE LE LUCCIOLE NON SI AMANO PIU の商品詳細へ

LOCANDA DELLE FATE/FORSE LE LUCCIOLE NON SI AMANO PIU

イタリアン・シンフォニック・ロックの頂点に君臨する名盤中の名盤、77年作

2,090円(税込2,299円)

MUSEO ROSENBACH / ZARATHUSTRA の商品詳細へ

MUSEO ROSENBACH/ZARATHUSTRA

イタリアン・ヘヴィ・シンフォの大傑作、73年作

890円(税込979円)

SUBMARINE SILENCE / THERE'S SOMETHING VERY STRANGE IN HER LITTLE ROOM の商品詳細へ

SUBMARINE SILENCE/THERE'S SOMETHING VERY STRANGE IN HER LITTLE ROOM

伊シンフォの名バンドMOONGARDENの別動バンド13年作、GENESIS式ファンタジーを理想的に受け継いだ壮大なシンフォ絵巻!

2,450円(税込2,695円)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:3 完全復活とは言えないが・・・(4 拍手)

yes_90125さん レビューをすべて見る

数多いイタリアン・シンフォ作品の中でも人気が高い名作「Forse Le Lucciole Non Si Amano Piu」を発表したLOCANDA DELLE FATE。
プログレ界隈に関わらず、1作で消えてしまうバンドは少なくないが、このバンドも時代の流れに逆らえず伝説となってしまった。
しかし、 2012年のこのアルバムで復帰し、確か来日公演も実現したような記憶が・・・!?

この作品は、スタジオ録音4曲+77年のライブ3曲という構成で、完全復活とは言い難いが、当時のメンバーが再集結(+新メンバー)しているということもあり、1曲目から1stを彷彿とさせるシンフォニック・ロックとなっている。
ヴォーカルが入ると、如何にもイタリアン・ロックという雰囲気になる存在感!
後半のライヴ曲はオーディエンス録音らしいが、 録音状態は悪くはなく、前半の新作との対比を楽しむことが出来る。

ナイスレビューですね!