プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「夏」をタイトルに掲げたプログレ作品をピックアップ!

開放的なスペース・ロックや異国情緒豊かなガムラン・ロック、あるいはラテン・テイストを取り入れた南米プログレや清涼感のある北欧プログレなど、夏と相性の良いプログレ作品には様々な種類がありそうです。

しかし、そもそも「夏(Summer)をアルバム・タイトルに掲げたプログレ作品」にはどんなものがあるのでしょうか。
調べてみると、広く知られる傑作から知る人ぞ知る1枚まで、色々なアイテムが見つかりました。

どうぞお楽しみください!


CHRIS / Days Of Summer Gone (Holland / 2013)

試聴 Click!

オランダの新世代プログレ・グループSKY ARCHITECTのドラマーChristiaan Bruinのソロ・プロジェクトCHRISは、本家SKY ARCHITECT以上の稼働率を誇ります。「夏」をタイトルに掲げた2013年作『Days Of Summer Gone』において、Christiaan Bruinはベースやキーボードも演奏するなどマルチ・プレイヤーとしての才能を発揮。さらにヴァイオリン、チェロ、フルート、オーボエ、トランペット、トロンボーンの各奏者を迎え、メロディアスなシンフォニック・ロックを構築しました。


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第2回 CHRIS / Snow Stories (Holland / 2012)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第2回 CHRIS / Snow Stories (Holland / 2012)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


【アーティスト・インタビュー】 オランダのシンフォ新鋭プロジェクトCHRISのブレーンChristiaan Bruin

【関連記事】

【アーティスト・インタビュー】 オランダのシンフォ新鋭プロジェクトCHRISのブレーンChristiaan Bruin

注目のプログレ新鋭の魅力に迫る「アーティスト・インタビュー」企画。近年続々とメロディアスな名作がリリースされているオランダのプログレ・シーンの中でも特にその才能に注目が集まるコンポーザー&マルチ・インストゥルメンタル奏者のCHRISことChristiaan Bruinにインタビュー。


HOSTSONATEN / Summereve (Italy / 2011)

試聴 Click!

FINISTERREやLA MASCHERA DI CERAのメンバーとしても知られる、新世代のイタリアン・プログレを代表するミュージシャンFabio Zuffantiを中心とするHOSTSONATENは、四季をコンセプトにした壮大なプロジェクト「Seasoncycles Suite」を立ち上げました。2002年作『Springsong』、2008年作『Winterthrough』、2009年作『Autumnsymphony』という3枚のアルバムを経て最終作としてリリースされたのが、「夏」をタイトルに掲げた2011年作『Summereve』です。


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第33回 HOSTSONATEN / Summereve (Italy / 2011)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第33回 HOSTSONATEN / Summereve (Italy / 2011)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!


【KAKERECO DISC GUIDE Vol.21】夏の叙情がキラキラと輝くシンフォニック・ロック、HOSTSONATEN『SUMMEREVE』

【関連記事】

【KAKERECO DISC GUIDE Vol.21】夏の叙情がキラキラと輝くシンフォニック・ロック、HOSTSONATEN『SUMMEREVE』

イタリアのシンフォニック・ロック新鋭、HOSTSONATEN11年作『SUMMEREVE』をピックアップいたしました。


MOON SAFARI / A Doorway To Summer (Sweden / 2005)

試聴 Click!

清涼感のあるバンド・サウンド、ポップなメロディー、鮮やかなコーラス・ワークを武器に2010年の傑作『Lover’s End』を生み出すことになるMOON SAFARIのデビュー・アルバム『A Doorway To Summer』は、「夏」をタイトルに掲げたプログレ作品の象徴的な1枚です。THE FLOWER KINGSのキーボーディストTomas Bodinに見出された才能は、2000年代のプログレ・シーンを語る上で欠かせない存在へと成長していきました。


フラワー・キングス・ファンにオススメの優美でスケール溢れる新世代プログレ・セレクション☆

【関連記事】

フラワー・キングス・ファンにオススメの優美でスケール溢れる新世代プログレ・セレクション☆

00年代以降のシンフォニック・ロックでは影響下にないバンドのほうが少ないと思えるほど、後進への絶大な影響力を誇るフラワー・キングス。今回は、TFKに影響を受けつつ独自の完成度高いサウンドを練り上げている作品の数々を取り上げてみたいと思います!


ムーン・サファリ(Moon Safari)来日レポート〜ヨーロピアン・ロック・フェス 2013

【関連記事】

ムーン・サファリ(Moon Safari)来日レポート〜ヨーロピアン・ロック・フェス 2013

ムーン・サファリ(Moon Safari)来日レポート〜ヨーロピアン・ロック・フェス 2013


SHAKARY / The Last Summer (Switzerland / 2002)

試聴 Click!

90年代に発表されたプログレ名盤のひとつに、スイスのネオ・プログレッシブ・ロック・グループCLEPSYDRAによる97年作『Fears』があります。CLEPSYDRAの元ギタリストLele Hofmannは、イタリアのPREMIATA FORNERIA MARCONIに在籍した経歴を持つドラマーWalter Calloniらと共にSHAKARYを結成。「夏」をタイトルに掲げた2002年作『The Last Summer』には、パワフル且つドラマティックなサウンドが収められています。


LANDBERK / Indian Summer (Sweden / 1996)

試聴 Click!

スウェーデンのプログレ・グループLANDBERKは、ANEKDOTENやANGLAGARDと共に90年代前半のスウェーデンで活動し、プログレ・シーンの復興にも立ち会った重要グループです。92年に『Riktigt Akta』でデビューを果たした彼らは、96年までに『Indian Summer』を含む4枚のアルバムを発表しています。その後、LANDBERKの音楽性は女性ヴォーカリストを擁した後身グループPAATOSへと受け継がれました。


HORIZONT / Summer In Town (Russia / 1986)

試聴 Click!

80年代のロシアから登場したプログレ・グループHORIZONTは、85年作『Summer In Town』、そして89年作『The Portrait Of A Boy』という2枚の必聴作を送り出しました。「夏」をタイトルに掲げたデビュー・アルバム『Summer In Town』では、YESを彷彿とさせる楽曲構成とEMERSON, LAKE & PALMERに通じるキーボード・ロックを巧みにブレンド。質の高いクラシカル・ロックを展開しています。


【ユーロロック周遊日記】ロシアン・プログレの古典的名作HORIZONTの85年1st『SUMMER IN TOWN』

【関連記事】

【ユーロロック周遊日記】ロシアン・プログレの古典的名作HORIZONTの85年1st『SUMMER IN TOWN』

一日一枚ユーロロックの名盤をピックアップしてご紹介する「ユーロロック周遊日記」。
本日は、ロシアン・シンフォの古典的名作とも言われるHORIZONTの85年作『SUMMER IN TOWN』をピックアップいたしましょう。


MAURO PAGANI / Sogno Di Una Notte D’Estate (Italy / 1981)

試聴 Click!

イタリア語で夏は「Estate」です。イタリアン・ロック・グループPREMIATA FORNERIA MARCONIのヴァイオリン奏者Mauro Paganiは、世界的な評価を獲得していたグループから脱退を表明し、地中海音楽と結びついた78年作『Mauro Pagani』を発表。以降も独自の音楽性を開拓していきました。81年作『Sogno Di Una Notte D’Estate』には、シェイクスピアによる舞台「真夏の夜の夢」に提供された楽曲が収められています。


プログレ嫌いなロック・ファンにこそ聴いて欲しいイタリアン・ロック・セレクション!

【関連記事】

プログレ嫌いなロック・ファンにこそ聴いて欲しいイタリアン・ロック・セレクション!

「イタリアン・ロック?プログレ聴かないしな~。」 そんなあなたにオススメしたい『プログレ嫌いなロック・ファンにこそ聴いて欲しいイタリアン・ロック・セレクション!』


NOVALIS / Sommerabend (Germany / 1976)

試聴 Click!

ドイツ語で夏は「Sommer」です。ギタリストJurgen WenzelとベーシストHeino Schunzelを中心とするジャーマン・ロック・グループNOVALISは、73年に『Banished Bridge』でデビューを飾りました。76 年のサード・アルバム『Sommerabend』は、「夏」をタイトルに掲げた彼らの代表作として広くプログレ・ファンに知られてきた名盤。「過ぎ去りし夏の幻影」という幻想的な邦題が示す通りのロマンティックなシンフォニック・ロックとなっています。


ジャーマン・シンフォニック・ロック特集 - プロテスタントの敬虔主義が息づくドイツならではのシンフォニック・ロック -

【関連記事】

ジャーマン・シンフォニック・ロック特集 – プロテスタントの敬虔主義が息づくドイツならではのシンフォニック・ロック –

プロテスタントの敬虔主義をベースにして生まれた職人的ストイシズムと人間の感情にフォーカスしたロマン主義が息づくドイツで生まれた、器楽的に繊細でいてファンタスティックなリリシズムに溢れたジャーマン・シンフォニック・ロックを特集!


THE ENID / In The Region Of The Summer Stars (UK / 1976)

試聴 Click!

クラシカル・ロックの最高峰として高い評価を獲得しているのが、BARCLAY JAMES HARVEST のオーケストレーションを手掛けたことでも知られているミュージシャンRobert John GodfreyによるTHE ENIDです。「夏星の国」という邦題が名付けられたTHE ENIDのデビュー・アルバム『In The Region Of The Summer Stars』は、CD化に際して音色の差し替えなどが行われていましたが、現在では70年代当時のオリジナル・バージョンもCD化されています。


エニド来日公演2日目「エアリー・フェアリー・ナンセンス」(4/22)ライブレポート

【関連記事】

エニド来日公演2日目「エアリー・フェアリー・ナンセンス」(4/22)ライブレポート

4月21日と22日に渋谷のTSUTAYA O-EAST行われた、エニド(THE ENID)来日公演の22日のステージを観てまいりました!予想を超えるとても素晴らしいライヴでしたので、その模様をお伝えしてまいります!


JUKKA TOLONEN / Summer Games (Finland / 1973)

試聴 Click!

ジャズ・ロック・グループTASAVALLAN PRESIDENTTIでの活動や、同郷WIGWAM作品への参加でも知られているフィンランドのギタリストJukka Tolonenは、73年に「夏」をタイトルに掲げた『Summer Games』を発表しました。ジャズ・シーンのミュージシャンを動員して編み上げられた作品となっており、ブラス・セクションなども交えつつも北欧らしい清涼感に恵まれたサウンドを聴かせます。


北欧はフィンランドを代表する名ギタリスト Jukka Tolonen特集

【関連記事】

北欧はフィンランドを代表する名ギタリスト Jukka Tolonen特集

フィンランド出身で、北欧を代表する名ギタリストJukka Tolonenの関連作を特集!


この夏に聴きたい作品は見つかりましたか?

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • MOON SAFARI / A DOORWAY TO SUMMER

    05年リリースの1stアルバム、これでもかと叙情性溢れるファンタスティックでメロディアスな北欧シンフォ、これは名作!

    スウェーデンのメロディアス・シンフォ・グループ。05年のデビュー作。FLOWER KINGSのTomas Bodinによるプロデュース。アコギのアルペジオをバックに、キーボード、フルート、ピアノ、エレキが控えめながらリリカルなフレーズを奏でるファンタスティックなアンサンブルがなんとも素晴らしい。夢見心地の優美なメロディも絶品に一言。1音1音の響きを確かめるように丁寧に編み上げた精緻でいて暖かみ溢れるアンサンブル。アルバム全編を貫く叙情性。メロディ好きにはたまらない逸品です!

  • ENID / IN THE REGION OF THE SUMMER STARS

    英クラシカル・プログレの名グループ、76年デビュー作

    名バンドBarclay James Harvestの作品のオーケストラ・アレンジを手がけていたRobert John Godfreyを中心に結成され、その純クラシカル然とした楽曲でオーケストラとの華麗なる融合を叶えたイギリスのシンフォニック・ロックバンドの76年デビュー作。彼らの代表作として挙がることも多い名盤であり、いかにも英国然とした格調高いサウンドを繰り広げています。ロックのダイナミズムこそ薄いものの、贅沢なまでにオーケストラ・サウンドをフューチャーし大仰なシンフォニック・ロックを奏でており、全てインストルメンタルで製作されていることが、よりクラシカルな気品をアルバムに与えています。

  • CHRIS / DAYS OF SUMMER GONE

    オランダの天才マルチ・ミュージシャン、ほとばしる才能溢れる、あまりにマジカルな2013年作

    オランダのマルチ・ミュージシャンChristian Bruinによる一人プロジェクト。クリスマス・アルバムの前作から1年も経たずにリリースされた2013年作。「夏が過ぎ去った日々」というタイトルの通りに、夏の終わりから秋にかけての郷愁をテーマにしたコンセプト・アルバム。ヴァイオリンとチェロが室内楽的に艶やかに鳴るオープニング。ドラムがダイナミックに入ると、キーボードが柔らかに広がり、ヴァイオリンが伸びやかに舞う。荘厳なコーラス・ワークが鳴り響くとともに場面が切り替わり、アグレッシヴな変拍子の中、レ・オルメのような深い響きのシンセがヘヴィな戦慄を奏でる。また場面が変わり、アコースティック・ギターとともにロマンティックな歌の世界へ。オープニングからの5分間、ただただうなりっぱなし。映像喚起的なサウンド・プロダクションと美し過ぎるリリシズムからは、イタリアが誇る奇才、HOSTSONATENを率いるFabio Zuffantiに比肩するほとばしる才能を感じます。Fabio Zuffantiと異なるのは、オランダらしい包み込むように優美なポップ・フィーリング。ジャケットの通りの鮮やかで温かみもあるファンタスティックな逸品。あまりにマジカルな傑作です。

  • HOSTSONATEN / SUMMEREVE

    90年代以降のイタリアン・シンフォを語る上で最も重要なグループ、四季をテーマにしたコンセプト作の完結編となる『夏』編、11年作

    FINISTERREやLA MASCHERA DI CERAの中心人物Fabio Zuffantiによるプロジェクト・グループ。90年代以降のイタリアン・シンフォを語る上で最も重要なグループ。春『SPRINGSONG』、冬『WINTERTHROUGH』、秋『AUTUMNSYMPHONY』に続き、四季をテーマにした作品の『夏』編。2011年作。キーボードがまるで幻想的な夜明けの風景のように広がり、パーカッションが躍動し、煌びやかなキーボードが朝露のようにこぼれ落ちる。そんな映像喚起的なイントロから期待度120%!太陽光が広がるようにドラムがスパっと入り、風のようなSEとともに、ギターが疾走を始める。メロトロンが溢れ出すのを合図にクールな音像へと場面が切り替わり、フルートがリリカルなメロディを奏で、アコギのアルペジオが入り、グッとファンタスティックなアンサンブルへ。柔和なトーンのムーグがしなやかにメロディを奏で、フルートが入って会話するように折り重なる。混声合唱のサンプリングとともに、フツフツとエネルギーを増加。フィナーレでは、スティーヴ・ハケットが乗り移ったかのようなギターが優美なメロディを奏でる。完璧なオープニング曲。2曲目は、一転して格調高いピアノではじまり、艶やかな弦楽器が重なり・・・。文句なしに素晴らしいサウンド!HOSTOSONATENの作品にやはりハズレなし。ファンタスティックなシンフォニック・ロックのファンは必聴の名作です。

  • JUKKA TOLONEN / SUMMER GAMES

    北欧ロックを代表すると言っても過言では無い傑作、73年発表

    TASAVALLAN PRESIDENTTIのリーダーであり、北欧を代表するギタリスト。73年作の2ndソロ・アルバム。ジャズ・ロックは前作でやり尽くしたのか、本作では、アコースティック・ギターとフルートを中心としたリリカルなアンサンブルによる叙情的なサウンドを聴かせています。前作のスリリングな演奏を期待すると肩透かしを食らいますが、メロディアスなアルバムとしての完成度はかなりのもの。北欧らしい静謐なアンサンブルをベースに、スリリングなパートを効果的に配置しサウンドを引き締める構成など、ただならぬ才能を感じさせます。北欧ロックを代表すると言っても過言では無い傑作。

  • HORIZONT / SUMMER IN TOWN

    ロシア産シンフォニック・ロックの名作、85年作

    ロシアのグループ。85年作の1stアルバム。清涼感溢れるクラシカルなキーボードとSteve Howe譲りの硬質なタッチのスリリングなギターが印象的なシンフォニック・ロック。クラシカルな優美さだけでなく、チェンバー・ロック的な緊張感やダークネスも持ち味で、硬軟取り混ぜたダイナミックな展開が聴き所。テクニック、アンサンブル、アレンジともにハイレベル。名作です。

  • NOVALIS / SOMMERABEND

    ジャーマン・シンフォの名グループ、76年作

    ANYONE’S DAUGHTERなどと並び、ジャーマンシンフォニックロックの頂点に位置するプログレバンドの代表作として名高い3rdアルバム。20分に及ぶ大作を含む3曲によって構成されており、どこを切っても霧に包まれたジャーマン・シンフォニックロックの深みと叙情が溢れ出る、ドイツロマン派を代表する傑作。硬質なリズムセクションと対比するように柔らかに空間を彩るストリングス・シンセサイザーとメランコリックなフレーズを放つギターが特に印象的であり、ボーカル、コーラスのジェントリーで儚げな雰囲気も非常に魅力的な1枚です。

  • MAURO PAGANI / SOGNO DI UMA NOTTE D’ ESTATE

    P.F.M.に在籍した名ヴァイオリン奏者/マルチ・プレイヤー、83年2ndソロ作

    83年作の2ndソロ。シェイクスピアの「真夏の夜の夢」のサウンド・トラックとして制作された作品。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事