プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

辺境地オルガン・ロック探求☆

スタッフ佐藤です。

あるときはクラシカルに格調高く、あるときはジャジーかつ芳醇に、あるときはグルーヴィーで熱量たっぷりに…。

その奥深さ、味わい深さにかけてはあらゆる楽器のなかでも屈指と言えるのがオルガン。

今回は英米や主要な欧州の国々から離れ、辺境地で鳴らされた個性豊かなオルガン・ロックの数々をピックアップしてまいりたいと思います。

オルガン・ロック・ファンの方も、お聴き逃しされていないか是非チェックしてみてください!

W.D.FISHER/W.D.FISHER

これ、間違いなくケベック・プログレの隠れ名盤だと思います。スモーキーなトーンのハモンドを軸とする、ケベックらしいジャジーで洗練されたアンサンブルと、ハード・ロックっぽい哀愁のシャウト・ヴォーカルとの取り合わせが聴きもの。

試聴 Click!

OCARINAH/PREMIERE VISION DE L’ETRANGE

フランスなので厳密には辺境ではありませんが、知名度の無さと立ち込める秘宝感は辺境バンド並み!エッグ~カーン時代のデイヴ・スチュワートを彷彿させる淡いトーンのオルガン、そして、仏カルプ・ディアンに通じるほの暗い幻想美。フレンチ・シンフォの秘宝と言える逸品!

試聴 Click!

AXIS/SOMEONE

ゾンビーズ『オデッセイ&オラクル』にフォルムラ・トレのアルベルト・ラディウスが乱入したら!?って感じのサウンド!こんな素晴らしいオルガン・プログレがギリシャの地に存在したなんて…!

試聴 Click!


ギリシャ・プログレ特集!

【関連記事】

ギリシャ・プログレ特集!

ワールドカップ出場国を特集!ということで、日本とも対戦するギリシャのプログレをピックアップ!

MIKRONID/1969/1973

エストニア・ロック黎明期の名グループによる貴重音源を収録!初期ゾンビーズ彷彿のグルーヴィーなサイケ・ポップ期もいいし、軽快なパブロック調やプロコル・ハルムばりのオルガン・ロックと、辺境らしい「いなたさ」が同居したサウンドのポップ・ロック期もたまらない。60-70年代のエストニアにこんなグッとくるバンドがいたんだなぁ…。

試聴 Click!


エストニア・プログレ特集!

【関連記事】

エストニア・プログレ特集!

今回ご紹介するのはバルト三国に属するエストニア。70~80年代に残された名盤から注目の新鋭までエストニア・プログレの魅力に迫ってまいります!

TIME/TIME

旧ユーゴにVertigoの名作にも比肩する、陰影に富んだオルガン・プログレがあったとは。トラフィックに通じるR&BフィーリングにVertigo直系のくすんだヘヴィネスを加えたサウンドは本格感ぷんぷん。

試聴 Click!

OPUS/OPUS 1

続いても旧ユーゴ・ベオグラード発のオルガン・プログレの逸品。このあまりに劇的に押し寄せるオルガンの旋律!まるで英国のパトゥにキース・エマーソンが入ったかのような強烈さですよ!

試聴 Click!


旧ユーゴの首都ベオグラードで生まれたセルビアン・プログレ特集

【関連記事】

旧ユーゴの首都ベオグラードで生まれたセルビアン・プログレ特集

旧ユーゴはセルビアのベオグラード出身のプログレ/ハード・ロック・バンドの作品をピックアップ。

TRUBROT/LIFUN

ロック・オペラとして極上の完成度を誇る名作なのですが、いかんせんアイスランドのバンドだけに知名度が…。随所で素晴らしいプレイを聴かせ、アンサンブルを牽引するオルガンが大変いい仕事!

試聴 Click!


北欧70sロック・セレクション

【関連記事】

北欧70sロック・セレクション

ビートルズをはじめとしたブリティッシュ・ポップの影響を軸に、ザ・バンドなどルーツ色あるアメリカン・ロックも取り込みつつ、北欧伝統の舞踏曲のエッセンスも盛り込んだ、痛快かつ哀愁いっぱいの北欧ロック作品をセレクト!

COLLEGIUM MUSICUM/COLLEGIUM MUSICUM

「東欧のキース・エマーソン」Marian Vargaを中心とする旧チェコの名バンドによる記念すべき70年デビュー作。東欧と言えばシンセのイメージが強いですが、このバンドは攻撃的なオルガンをメインとする熱量みなぎるキーボード・ロックで勝負!ハイドンの曲のプログレ・アレンジが秀逸です!

試聴 Click!


EL&P影響下にある世界のキーボード・トリオ・プログレをピックアップ!

【関連記事】

EL&P影響下にある世界のキーボード・トリオ・プログレをピックアップ!

英5大バンドの一角を担う名グループELPより影響を受けた、各国のキーボード・トリオ・プログレをご紹介してまいります☆

O TERCO/CRIATURAS DA NOITE and CASA ENCANTADA

70sブラジルを代表するロック・バンドですよね。南米らしい叙情的なメロディと、クラシック、ブルース、ジャズ、フォークの要素を取り入れたプログレッシヴなアンサンブルが素晴らしい佳曲揃い。全盛期と言える3rd&4thを収録!

試聴 Click!

PSIGLO/IDEACION AND II

ウルグアイに、キング・クリムゾンとジェントル・ジャイアントをブレンドしたような、イタリアン・プログレ名作にも比肩しちゃうような作品があったって!?クラシカルでどこか怪しげなハモンドの響きがもうたまりません♪

試聴 Click!


諸国漫遊アンダーグラウンド・プログレ特集!

【関連記事】

諸国漫遊アンダーグラウンド・プログレ特集!

英国のNORMAN HAINES BANDを出発点に各国アンダーグラウンド・プログレをピックアップ!

CRUCIS/CRUCIS and LOS DELIRIOS DEL MARISCAL

辺境オルガンものなら、このアルゼンチンの名バンドも外せません!ユーライア・ヒープを思わせるクラシカルで邪悪さ滲むオルガンワークと、テンションたっぷりに弾きまくるギターが絡み合う、熱気みなぎるアンサンブルがカッコいいっ!

試聴 Click!


南米プログレ名盤群をレコメンド!【アルゼンチン&チリ編】

【関連記事】

南米プログレ名盤群をレコメンド!【アルゼンチン&チリ編】

南米プログレ名盤が充実中のカケレコ新品棚より、おすすめタイトルをご紹介!今回はアルゼンチン&チリ編でお送りいたします☆

OSIRIS/MYTHS AND LEGENDS

ラストは辺境中の辺境、中東はバーレーンから!バーレーンなんて石油とサッカーくらいのイメージしかないけど、こんないかにもな名前のプログレ・バンドがいたとは。しかもジェネシスやキャメルをハードに仕立てたようなシンフォニック・ロックで、日本人の琴線にビンビン触れてくるって!?もちろん哀愁のオルガンも聴き所!

試聴 Click!

お気に入りの一枚を見つけていただければ幸いです!


『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~「ドアーズ『ハートに火をつけて』から出発するアングラ・オルガン・サイケ探求」~

【関連記事】

『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~「ドアーズ『ハートに火をつけて』から出発するアングラ・オルガン・サイケ探求」~

ドアーズ『ハートに火をつけて』を起点に、様々なアングラ・オルガン・サイケを聴いてまいります!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • CRUCIS / CRUCIS and LOS DELIRIOS DEL MARISCAL

    アルゼンチン、YESタイプの技巧的かつシンフォニックなプログレ、両作ともプログレファン必聴名盤!

    アルゼンチンを代表するシンフォニック・ロック・グループ。76年作の1st「CRUCIS」と同じく76年作の2nd「LOS DELIRIOS DEL MARISCAL」をカップリングした2in1CD。淡いオルガンとヘヴィなギターによる重厚なサウンド、変拍子を多用しこれでもかと畳み掛けるアグレッシヴな曲構成、次々に溢れ出る泣きのメロディー。とにかく絵に描いたようなシンフォ・プログレ。HR/HMにも通ずる熱気溢れるサウンドは、たおやかなサウンドが特徴の南米シンフォの中では異色。イタリアン・ロック・ファンにもオススメ。

  • OSIRIS / MYTHS AND LEGENDS

    中東バーレーン出身のグループ、84年作2nd、ジェネシスやキャメル直系の哀愁溢れるシンフォニック・ロック

    79年に結成され、82年にデビューしたなんと中東はバーレーンのプログレ・グループ。84年作の2ndアルバム。高らかなトーンで幻想的に鳴り響くキーボード、スティーヴ・ハケットを彷彿させる一音一音丁寧に紡がれるエレキ・ギター、よく動くリッケンバッカー・ベースと手数多くシャープで安定感あるドラムによる魅力的なリズム隊、そして、クセのないジェントルな歌声の英語のヴォーカル。70年代末〜80年代はじめの中東にこれほどまでハイ・クオリティなジェネシス/キャメル直系のプログレ・バンドが居たとは。フランスのASIA MINORあたりにも比肩する名作です。

  • AXIS / SOMEONE

    ギリシャ出身で主にフランスで活動したグループ、71年デビュー作、荘厳かつ気品に満ちたオルガン・プログレの名品

    ギリシャ出身で主にフランスで活動したグループ。71年のデビュー作。ピアノ/オルガン奏者が中心で、ゾンビーズやグレイシャスやスプリングなど気品あるブリティッシュ・ロックからの影響を感じますが、やはりギリシャ出身ならではの美意識が溢れているのが特筆。地中海つながりでイタリアン・ロックを思わせ、特に突っかかるようなファズ・ギターやパーカッシヴなアコギなど、ギタリストはフォルムラ・トレのアルベルト・ラディウスを彷彿させます。ゾンビーズ『オデッセイ・オラクル』にアルベルト・ラディウスが乱入して混沌とさせつつも気品が損なわれていない楽曲など、このグループならではの魅力いっぱい。フルートやストリングスがリリカルに流れる曲も美しいし、トレの『夢のまた夢』もびっくりな荘厳なオルガンをフィーチャーしたラスト曲「Bad Trip」もすごいテンションだし、英語の歌メロはどれも流麗で絶品だし、英ロックのファンもユーロ・ロックのファンも必聴のずばり名作!

  • PSIGLO / IDEACION AND II

    ウルグアイ出身、プログレ・ハードの好グループ、72年作1stと73年作2nd、クラシカルなハモンドのプレイが素晴らしい!

    ウルグアイを代表するグループ。72年作1stと72年作2ndをカップリングした2in1CD。ハードなオルガンとファズ・ギターをフィーチャーしたプログレ・ハード。1stはちょっと野暮ったいですが、2ndは叙情的なフルートやクラシカルなハモンドをフィーチャーし、格段に洗練された印象。10分を超える大曲での変拍子を巧みに用いた緊張感溢れる構成、イタリアン・ロックに通ずる情熱的なヴォーカル、哀愁溢れるメロディが聴き所。

  • GRUPA OPUS / OPUS 1

    旧ユーゴ出身、クラシカルなオルガンがとにかく荘厳に鳴り響くオルガン・プログレ、75年作

    旧ユーゴはベオグラード出身、YU GRUPAの結成メンバーながらメンバー間の対立によりデビュー前に脱退したKey奏者とギタリストの2人を中心に73年に結成されたグループ。75年の唯一作。シンガーは初期KORNI GRUPAに在籍してシングルを残したことでも知られ、後にはセルビアを代表するシンガーとなるDusan Prelevic。オープニングから分厚く荘厳に鳴り響くクラシカルなオルガン。前のめりの性急かつシャープなドラムが入ると、テクニカルなピアノ、荒々しく熱情的なヴォーカルも入って、バンコなどイタリアン・ロックに通じる爆発的なシンフォニック・ロックを聴かせます。ブルージーな野蛮さとクラシックの荘厳さとがせめぎ合うアンサンブルは、まるで英国のパトゥにキース・エマーソンが入ったかのような強烈さ。プロコル・ハルム的クラシカル&ソウルフルなバラードもグッとくるし、これは素晴らしいグループです。名作。なお、本作リリース後、バンドは解散。ベーシストのDusan CucuzはTAKOを結成します。

  • TIME / TIME

    旧ユーゴを代表するオルガン・プログレ名作、72年作

    旧ユーゴで、現クロアチアはザグレブ出身のオルガン・ロック・グループ、72年のデビュー作。トラフィックに通じるR&Bフィーリングに、VERTIGO勢に通じる陰影やハードさを加えたサウンドが持ち味。手数多くタイト&グルーヴィーなドラムと地を這うようにヘヴィなベースによる屈強なリズム隊、くすんだトーンのオルガン、ここぞでファズ・ギターを炸裂させるブルージー&ソリッドなギター、ちょっぴりアクの強い声のソウルフルなヴォーカル。各楽器ともテクニック抜群で、一体感もあり、本格感ぷんぷん。ズシリと重いアンサンブルを軸に、変拍子による細かなキメも織り交ぜた展開も見事。フルートがむせび泣くジャジーでアコースティックなパートなど、表現力も特筆です。これは、素晴らしいグループ!英ロックのファンは必聴と言える名作!

  • COLLEGIUM MUSICUM / COLLEGIUM MUSICUM

    東欧のキース・エマーソン、Marian Varga率いるクラシカル・キーボード・プログレ!70年作1st

    東欧のキース・エマーソンと言えるKey奏者、Marian Varga率いる旧チェコスロバキアを代表するグループ。70年作の1st。13分ほどの大曲3曲の構成。1曲目は、ブイブイと吹かれるブラス隊とキース・エマーソンばりの攻撃的なオルガンが塊となって突き進む東欧版ブラス・ロック。でもソリッド&シャープなリズム隊は「ブラス・ロック」というにはかなり屈強ですし、中盤ではノイズまじりに暗黒へと破天荒に突っ走るし、1st/2ndの頃のマグマにも比肩する凄まじいテンション。2曲目は、クラシック、R&B、ジャズのゴッタ煮で、ずばり「プロコル・ハルムをEL&Pばりにテクニカルにすると?」。3曲目は、ハイドンの曲で、目の覚めるように艶やかな弦楽器、コロコロとファンタスティックなキーボードとが躍動するクラシカル・ロックの逸品。ナイスやトレースのファンは悶絶必至でしょう。

  • MIKRONID / 1969/1973

    エストニアの名ドラマー/シンガーGunnar Grapsが在籍したサイケ・バンド、69年と73年の楽曲を収録した19年盤

    65年結成、エストニア・ハード・ロック・シーンの立役者と言うべきドラマー/シンガーGunnar Grapsが在籍したサイケデリック・ロック・バンドの、69年と73年の楽曲を収録した19年盤。69年の曲は、初期ZOMBIESやGENTLE GIANTの前身SIMON DUPREE & THE BIG SOUNDあたりを彷彿させる、R&B的グルーヴを持つノリの良いサイケ・ポップ。軽やかでポップな音色のオルガン、毛羽立ったトーンのサイケなファズギター、グルヴィーかつ安定感あるリズム隊、そして独特の哀愁ある響きが印象的なエストニア語ヴォーカルらが、辺境的なバタバタ感のない垢ぬけたアンサンブルを構築しています。ピアノとファズギターの哀切極まるプレイにグッとくる70s英国的陰影を帯びた楽曲も素晴らしいです。一方73年の曲は、パブロック色のある軽快ながらもどこか「いなたい」ポップ・ロックで、こちらも大変いい味わい。PROCOL HARUMばりの哀愁が滲むオルガンのプレイで涙を誘ったかと思うと、ニューオーリンズ風の洒脱なピアノが転がり込んできたりと、キーボーディストはかなりの実力者。グルーヴィ―にもジャジーにも緩急自在なドラミングにも注目です。知られざる60年代末期〜70年代初頭エストニアのシーンを垣間見れる貴重な音源集!

  • OCARINAH / PREMIERE VISION DE L’ETRANGE

    カルプ・ディアンに通じるほの暗い幻想美を持つフランスのキーボード・トリオ、77年に自主制作された唯一作

    スイスはジュネーブ近くのフランス中東部の街、オヨナで結成されたキーボード・トリオ。77年に自主制作された唯一作。ゴリゴリと強いアタックでよく動くベースとキレのある手数多いドラム、ほの暗い幻想美に包まれたキーボード。フランスの名グループ、カルプ・ディアンにも通じる、フランチ・シンフォならではの耽美的でクールなサウンドが印象的です。スペーシーかつ淡いトーンのオルガンには、エッグ〜カーン時代のデイヴ・スチュワートも彷彿させます。80年代に発掘されて日本に紹介されていれば、ユーロ・ロック・ファンに人気が出ていたかもしれません。フレンチ・シンフォの秘宝と言える逸品です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。