プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

CRUCIS and LOS DELIRIOS DEL MARISCAL

CRUCIS

SPCD1618(SUNNY PIERROT

2in1CD、ボーナス・トラック2曲収録。

評価:40 4件のレビュー

伊ヘヴィ・シンフォ勢に比肩するテンションと凶暴性、高速変拍子&オルガンとギターによる重厚かつキレッキレのアンサンブル、そして熱気あふれるラテンチックな歌いまわし。南米プログレの旨みがギュッと詰まった好バンド!

アルゼンチン、YESタイプの技巧的かつシンフォニックなプログレ、両作ともプログレファン必聴名盤!

アルゼンチンを代表するシンフォニック・ロック・グループ。76年作の1st「CRUCIS」と同じく76年作の2nd「LOS DELIRIOS DEL MARISCAL」をカップリングした2in1CD。淡いオルガンとヘヴィなギターによる重厚なサウンド、変拍子を多用しこれでもかと畳み掛けるアグレッシヴな曲構成、次々に溢れ出る泣きのメロディー。とにかく絵に描いたようなシンフォ・プログレ。HR/HMにも通ずる熱気溢れるサウンドは、たおやかなサウンドが特徴の南米シンフォの中では異色。イタリアン・ロック・ファンにもオススメ。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

ESPIRITU / CRISALIDA の商品詳細へ

ESPIRITU/CRISALIDA

「アルゼンチンのYES」の異名を取るシンフォ・グループ、75年1st、ゴリゴリとアグレッシヴなアンサンブルと南米らしい艶やかなリリシズムが共存する傑作

1390円(+税)

EL RELOJ / EL RELOJ FIRST ALUBUM and SECOND ALBUM の商品詳細へ

EL RELOJ/EL RELOJ FIRST ALUBUM and SECOND ALBUM

アルゼンチン、ヘヴィ・シンフォ、75年作1stと76年作2nd

2290円(+税)

ESPIRITU / ESPIRITU III の商品詳細へ

ESPIRITU/ESPIRITU III

アルゼンチン、攻撃性と歌心を併せ持つ絶品シンフォ

2190円(+税)

LOST WORLD / SOUND SOURCE の商品詳細へ

LOST WORLD/SOUND SOURCE

ロシアのシンフォ・グループ、傑作2ndに続く、09年作3rd、文句無しの傑作、鮮烈!

2190円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 幻想絵巻

    クルーシス

    MAR95188

    2in1CD、定価3296

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並 | 不良 |

    ジャケに圧痕あり

    アルゼンチン、YESタイプの技巧的かつシンフォニックなプログレ1st/2nd、両作とも文句なしの名盤!

    アルゼンチン出身、プログレッシヴ・ロック・グループによる76年作1stと77年作2ndとの2in1CD。ハード・ロック色が強い1st、大作指向の2nd共にライブ・テイクを中心に構成されています。

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 バカマルテを生んだ南米から(20 拍手)

akagiさん レビューをすべて見る

セカンド「LOS DELIRIOS DEL MARISCAL」のタイトル曲は圧巻。10分の大作インスト。ギター、雰囲気が最高!この一曲はフィンチ(オランダ)好きの人にはお勧め!!

ナイスレビューですね!

評価:3 もうひとつのFINCHを求めて!?(2 拍手)

schandalevandaleさん レビューをすべて見る

FINCHのような楽曲をネットでさがしていた。
すると、CRUCISにいきついた。

それでさっそく聞いてみた。
すると全曲キャメルのようなありふれた
気迫のない内容だった。

内容にFINCHらしさを求めてほかのバンドを
さがすこと自体ムリがあったなと思います。

ナイスレビューですね!

評価:5 南米体育会系ハードプログレ!(2 拍手)

Durangoさん レビューをすべて見る

1stはハードロック色が濃いプログレで、スペイン語?のヴォーカルがラテンの血を感じさせていい感じです。
時折むさ苦しい体育会系ハードロックで突き進む展開があったりもしてたまりません。
全員技巧派ですが、とくにギターは全編豪快に弾きまくってます。オルガンもいい音してますね。個人的には URIAH HEEP を思い出したりしました。
2ndになると、ジャジーな要素が増えてきてハードロックと混じりあい、ハード・ジャズロックといった様相を呈してきます。
アグレッシブなだけではなく「引き」も心得ており完成度は高い。
しかし終曲になると抑えきれないハードロック魂が牙をむきます。やはり本質はこっちでしょうか。いずれにしてもかっこよすぎ!こればっかり聴いてます。

ナイスレビューですね!

評価:4 インストなら満点なのだが!?(2 拍手)

appo128さん レビューをすべて見る

作曲能力や構成力はハイレベルであり、南米らしい美旋律が随所で顕在する。シンセの使い方が効果的であり、エッジの立ったギター・フレーズも面白く弾きまくっている。一部ジャズ・ロックやブルースもあるが、基本はハード・ロック的シンフォ・プログレだろう。1stと2ndのカップリングらしいが、進化の過程も見て取れる。

各楽器の演奏能力は高く、安定したアンサンブルを披露している。変拍子多用や突然の曲調変化など、プログレッシヴな試みは高評価である。

但し、プログレ・バンドが陥りがちな穴にハマッている。楽器群のレベルと比較してヴォーカルが下手な事である。更にヴォーカルを頼りすぎ。いっそインスト作品にしてしまえば良いのに。惜しいが★4つ。

ナイスレビューですね!