プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【改訂】EL&P影響下にある世界のキーボード・トリオ・プログレをピックアップ!

英国を代表するプログレ・バンドの一つ、EL&Pの影響下にある、世界のキーボード・トリオ名作を取り上げてまいりましょう。

まずは、当時400枚ほど(一説では40枚とも)しか出回らなかったという激レア度でプログレ・ファンより知られる、アメリカのキーボード・トリオ・バンドからスタート!

EARTHRISE/EARTHRISE

ハモンドとムーグを豪快に弾き倒すEL&Pばりのキーボード・プログレ!と思ったら、HAPPY THE MANのキット・ワトキンスみたいな夢見るようにロマンチックなプレイも聴かせて、このキーボーディストの表現力、並じゃありません。幻の米プログレ78年作、こりゃ凄いです…!

試聴 Click!

レフュジー/レフュジー

影響下・・・と言っていいのか分かりませんが、ELPにも匹敵する英国のキーボード・トリオ名盤がこちら!エマーソン脱退後のNICEにYES『リレイヤー』に参加するパトリック・モラーツが加わり結成されたバンドの74年唯一作。各種キーボード群が目まぐるしく行き交う演奏は、さながらキーボードの万華鏡!

試聴 Click!

次はイタリアからご紹介!

ラッテ・エ・ミエーレ / パピヨン

「イタリアのEL&P」とも呼ばれる名キーボード・プログレ・グループですね。その異名通りELPを下敷きにした多彩なキーボードを駆使しているのですが、ELPほどの圧倒的なテクニックはない分、哀愁いっぱいの伊語ヴォーカルを生かしたイタリアらしいロマンティックさが光るサウンドを味わわせてくれます。

試聴 Click!

LE ORME/UOMO DI PEZZA

もう一つの「イタリアのEL&P」と言えばこのグループ。EL&Pからの影響にイタリアならではのバロック音楽のエッセンスを取り入れた、重厚で気品あるサウンドを持ち味とします。こちらも技巧で圧倒するタイプではなく、クラシカルな旋律の美しさと練りに練った楽曲構成の妙が魅力。陽光降り注ぐリリカルなメロディと切ないヴォーカルも胸に迫る、伊キーボード・プログレ屈指の傑作ですね。

試聴 Click!

TRIP/TIME OF CHANGE

さらにイタリアから、EL&Pもたじろいじゃうほどテクニカルに疾走する伊キーボード・トリオをご紹介!後にARTI E MESTIERIで名を広める超絶ドラマー、フリオ・キリコが在籍したグループの73年4thで、スリリングな攻撃性とクラシックとジャズの狭間を自由自在に行き来する技巧性を備えた見事な一作!

試聴 Click!

ドイツにもEL&P直系のキーボード・プログレを聴かせるトリオがいますよね!

TRIUMVIRAT/SPARTACUS

ドイツのELPと言って真っ先に名前が挙がるのが彼ら。古代ローマの「スパルタカス」をテーマに掲げたコンセプト作となっており、冒頭からEL&P「Trilogy」のようなキーボードで幕を開け、ハモンド・オルガンとアナログ・シンセサイザーを中心にしたキーボード・ロックを展開。全体的にキャッチーな聴き心地の良さも好印象!

試聴 Click!

TRITONUS/BETWEEN THE UNIVERSE

ドイツのEL&Pフォロワー代表と言えば上のTRIUMVIRATだけど、「壮大さ」では彼らも負けていませんよね!ジャケ通り宇宙的に広がるシンセと、ロマンチシズム溢れる荘厳なアンサンブルが特徴的。

試聴 Click!

AMOS KEY/FIRST KEY

「Triumvirat辺りまでカバーしてしまい、さらにマニアックな方向へ目を向けたいと言うクラシカルキーボードプログレファンは、挑戦してみたらいかがでしょうか。結構良いですよ。」by レビュワー0321PROGさん。荘厳でクラシカルな独キーボード・トリオ、74年作!

試聴 Click!

さて、ユーロのキーボード・トリオといえば彼らを取り上げないわけにはいきませんね。

トレース / トレースの魔術

キース・エマーソンにも匹敵する技巧派リック・ヴァン・ダー・リンデン率いるオランダのキーボード・トリオ。クラシカルなフレーズを中心にスリリングに畳み掛ける圧巻のキーボードプレイは、生真面目なエマーソンと言った印象です。

試聴 Click!

そんなTRACEにも匹敵するバンドが東欧にもいるんです。EL&P好きは必聴!

COLLEGIUM MUSICUM/COLLEGIUM MUSICUM

東欧のキース・エマーソン!?Marian Vargaを中心とする旧チェコの名バンドによる記念すべき70年デビュー作。東欧と言えばシンセのイメージが強いですが、このバンドは攻撃的なオルガンを軸とする熱量たっぷりのキーボード・ロックで勝負。ハイドンの曲のプログレ・アレンジが秀逸!

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらの記事もどうぞ!


EL&P『展覧会の絵』、トレース『鳥人王国』から出発するクラシカルなキーボード・プログレ特集!

【関連記事】

EL&P『展覧会の絵』、トレース『鳥人王国』から出発するクラシカルなキーボード・プログレ特集!

クラシカルな美旋律に彩られたドラマティックなキーボード・プログレをピックアップ!往年の名作から90年代以降の新鋭作品までセレクトいたしましたよ~。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • REFUGEE / REFUGEE

    エマーソンが抜けたNICEに、彼に匹敵する実力者パトリック・モラーツが収まる形で結成されたキーボード・トリオ、74年の唯一作

    Keith Emerson率いるThe Niceのリズム隊であったLee Jackson、Brian Davisonが、EL&P結成のためThe Niceを解消したKeith Emersonの代わりに、MAINHORSEのメンバーのスイス人Patrick Morazを引き入れて結成したキーボード・トリオの74年作。その内容はPatrick Morazの技巧が冴え渡るクラシカルなキーボード・プログレであり、The Niceと同じリズム隊を擁しながら、The Niceとは違ったタイトなプレイを連発。後にYESの「Relayer」に参加することになる、プログレッシブ・ロック界屈指のテクニシャンPatrick Morazのオルガン、ピアノ、モーグ・シンセが堪能できる名盤となっています。

  • TRACE / TRACE

    技巧派key奏者R.V.D.リンデン率いるオランダのキーボード・シンフォ・グループ、74年デビュー作

    元EKSEPTIONのRick Van Der Lindenが新たに結成したキーボード・トリオ。74年作1st。クラシカルかつテクニカルなオルガン、ピアノ、メロトロンをフィーチャーしたドラマティックな一枚。オランダ・プログレを代表する名作。

  • TRIUMVIRAT / SPARTACUS

    「ドイツのELP」の異名を取るグループ、75年作

    あまたのEmerson Lake & Palmerフォロワーの中でも、Keith Emersonに強く影響を受けたスタイルで有名であるドイツのシンフォニック・ロックグループの75年作。古代ローマの「スパルタカス」をテーマに掲げたコンセプト・アルバムとなっており、冒頭からEmerson Lake & Palmerの名盤である「Trilogy」のようなキーボードで幕を開け、ハモンド・オルガンアナログ・シンセサイザーを中心にしたキーボード・ロックを展開。彼らのディスコグラフィーの中でも最もドイツのシンフォニック・ロックらしいらしい、スペーシーな広がりが非常に個性的であり、キャッチーにまとめられた彼らの代表作と言える1枚です。

  • TRITONUS / BETWEEN THE UNIVERSE

    ドイツのキーボード・トリオ、76年作2nd、EL&Pスタイルの名作

    THE NICE/ELPに影響を受けたドイツのキーボード・トリオの76年作2nd。知名度という意味では同郷TRIUMVIRATには及ばないものの、ジャーマン・シンフォニックロック然としたサウンドという意味では決してTRIUMVIRATに引けを取りません。モーグ・シンセサイザーやハモンド・オルガンを弾き倒すリーダーのPeter SeilerのプレイにはKeith Emersonからの影響が顕著に表れており、クラシカルなアプローチ、ジャケット通りの宇宙的な広がりと翳りを見せる楽曲はドイツ産バンドのロマンティシズムと美意識を強く感じさせます。また、ジャーマン・エレクトロに通じる瞑想的なシンセサイザーの使い方などに、彼らの独自性を見出すことも出来ます。TRIUMVIRATに並ぶ、ドイツ産キーボード・ロックの名盤です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。