プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~プロコル・ハルム『青い影』から出発する叙情派オルガン・ロック探求~

こんにちは。10月第3週、皆さまはどんな一週間でしたでしょうか。
カケレコのある、ここ埼玉県寄居町は、雨の日が多く寒い一週間でした。着実に冬が近づいて来ているのを感じます。

さて、今週のカケレコFacebookページ『カケレコのロック探求日誌』では、
「プロコル・ハルム『青い影』から出発する叙情派オルガン・ロック探求」というテーマで、様々なアルバムをピックアップしてまいりました。

今週のロック探求投稿をまとめてお楽しみください♪

Facebook

10月16日(月):PROCOL HARUM / 「青い影(原題:A WHITER SHADE OF PALE)」

「青い影(原題:A Whiter Shade of Pale)」といえば英ロック・バンド、プロコル・ハルムによる1967年デビュー曲。あのジョン・レノンも「人生でベスト3に入る曲」と絶賛しただけでなく、なんと松任谷由実もこの曲を聴いて音楽の自作を始めたという、音楽史に残る大名曲です。
ハモンド・オルガンの奏でる優しくも寂しげなメロディと、たまらない哀愁に満ちたヴォーカル、これぞまさに英国的叙情。枯葉落ち、だんだんと冬の気配が近づく今のような季節に必ず聴きたくなる一曲ですね。(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

10月17日(火):AFFINITY / AFFINITY

今日は、英オルガン・ロック代表格、AFFINITYの70年唯一作『AFFINITY』です。
まず、キーフによる寒々しく幻想的なジャケが本当に美しいですよね。何度でも見入ってしまいます。
JOHN PAUL JONESアレンジのブラスやストリングス、ファズの効いたギター、英国の湿度を含んだリンダのハスキーボイス、そして畳み掛けるようなハモンド・オルガン・・・それらが渾然一体となり、独特の陰りあるメロディーを奏でています。
もう、とにかく圧倒されてしまいますよね!特に「Night Flight」「All Along The Watchtower」でじわじわと盛り上がりを見せるオルガン・ソロが圧巻です!聴き終った頃には、70年英国のくすんだ情景に全身とっぷり漬かった気分になります。(みなと)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

10月18(水): FIELDS / FIELDS

今日ご紹介するのは、FIELDSの71年作『FIELDS』。元レア・バードのオルガン奏者グラハム・フィールドを中心としたトリオで、キング・クリムゾン『リザード』への参加などで知られるドラマーのアンディ・マクロック、マイケル・ジャイルズと親交のあったギタ-/ベースのアラン・バリーという布陣です。
流麗でキャッチーなメロディ、そしてクラシカルなオルガンが響きバンド・アンサンブルが一体となって叙情味たっぷりに胸に迫ります。どこか温かみを感じるヴォーカルも良いですね♪ (青山)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

10月19日(木):BIG SLEEP / BLUEBELL WOOD

本日はBIG SLEEPの71年作『BLUEBELL WOOD』をご紹介いたします。
ちょっと意味の分からないジャケなのですが、中身はアーシーなスワンプ色と気品あふれる叙情性が混ざり合った極上のブリティッシュ・ロック。
繊細なギターのアルペジオ、格調高くもブルージーなオルガン、メロウなピアノにほろ苦いヴォーカル…とにかくサウンドの端々から放たれる哀愁が半端じゃなく、これでもかと泣かせにきます。
「泣き」のメロディの濃度はWISHBONE ASHの名盤『ARGUS』にも勝っちゃうかも…。
秋の夕暮れなんか眺めつつ聴いたら、堪らなくセンチメンタルな気分になってしまうであろう逸品です。ぜひご視聴ください。(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

10月20日(金):ARCADIUM / BREATHE AWHILE

ラストの本日は、当時数百枚しかプレスされなかったという英オルガン・ロック最奥の一枚、ARCADIUMの『BREATHE AWHILE』をご紹介します。
サイケデリックな熱気を伴った鋭角的なギターとアート・ロックな気品たっぷりのオルガンが絡みあう、プログレ前夜の構築性も備えた実に69年という時代らしいサウンドを展開。
ダイナミックに演奏を引っ張るリズムもカッコいいし、ラフな歌いぶりの中に英国的な憂いが滲むヴォーカルもまたいいんですよね。
にしてもこの太く存在感ある音色のオルガン、本当に聴き応えがあって素晴らしいです。マイナーですが、オルガン・ロック好きならたまらないはず!(佐藤)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

他にも色々♪ご覧ください。


哀愁のハモンドが聴ける世界のロックをピックアップ!

【関連記事】

哀愁のハモンドが聴ける世界のロックをピックアップ!

はらはらと枯れ葉舞うような、哀愁のハモンドを聴かせる作品を集めました。


世界のオルガン・ロック特集【2020.03.12改訂】

【関連記事】

世界のオルガン・ロック特集【2020.03.12改訂】

くすんだトーンのオルガンが描く幻想的なオルガン・プログレを世界中から選りすぐってご紹介いたしましょう。

次ページは、第二弾です!

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php


コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。