プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

<BACK TO THE 1971>第29回:71年11月に誕生した名盤たち!



2021年にカケレコがお届けする特別企画「BACK TO THE 1971」!

今からちょうど50年前、1971年に産み落とされた名盤を取り上げて、その魅力に改めて触れてみようというのがこの企画です。

ビートルズの活躍を中心としてロックに多様な表現が生まれた1960年代が幕を下ろし、60年代の残り香漂う1970年を経て、いよいよ新たな時代へと目を向けた作品が生まれていったのが1971年という時期。

英米ロックの名作はもちろん、欧州各国の重要作品も取り上げて、各作品の誕生日または誕生月に記事をアップしてまいります。

この機会に、ロックが最もまばゆい輝きを放っていた時代の作品達にぜひ注目していただければ幸いです。

それでは皆で、BACK TO THE 1971 !!!

1971年11月に誕生した名盤たち

71年11月は特に前半が名盤ラッシュ。

プログレとハード・ロックの名盤が立て続けにリリースされた凄い2週間となっています。

まずはその口火を切ったハード・ロック作品をご紹介!

NAZARETH/NAZARETH

68年に結成され現在も活動、最古参のハード・ロック・バンドとしてリスペクトを受ける、スコットランド出身の名グループが71年11月4日に発表した記念すべきデビュー・アルバム。

特徴は何と言ってもヴォーカリストDan McCaffertyによる絞り出すような嗄れ声ハイトーン・ヴォーカル。その唱法はかのアクセル・ローズに大きな影響を与えたと云われます。

エネルギッシュかつキレのあるギターを軸にヘヴィにのたうつ重量級アンサンブルも強烈で、ヴォーカルの存在感と合わさった時のサウンドは、レッド・ツェッペリンにも匹敵していると言っていいでしょう。

この後、ディープ・パープルのロジャー・グローヴァーに認められ、彼のプロデュースでアルバムをリリース、知名度を上げていく彼らですが、この1stも時代らしい混沌としたエネルギーが渦巻くブルージーなハード・ロックの逸品です。

試聴 Click!


そしてNAZARETHのデビューから4日後の11月8日、このハード・ロック史上最強のアルバムが世に出ました…!

LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN IV

レッド・ツェッペリンというバンドがそれまで歩んだハード・ロック道の集大成であり、ハード・ロックの一つの完成形を示したと言って間違いない、彼らの4thアルバム。

1stや2ndの流れを継ぐような「ブラック・ドッグ」「ロックン・ロール」などの王道的ハードロック、そして3rdのアコースティック路線を昇華させた荘厳なトラッド・ナンバー「限りなき戦い」。

そして、それらの要素を見事に融合させた奇跡の一曲「天国の階段」で極めつける、本当に非の打ち所の無い作品ですよね。

詳細は個別の特集ページをご覧ください♪


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第28回:LED ZEPPELIN『UNTITLED (LED ZEPPELIN Ⅳ)』

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第28回:LED ZEPPELIN『UNTITLED (LED ZEPPELIN Ⅳ)』

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>、今回ご紹介するのはジャケットにクレジットや情報が一切記載されず、「Four Symbols」「The Runes」「ZOSO」「Stairway Album」など様々な名称で呼ばれたあの作品です。


そんなツェッペリンの名盤がリリースされた3日後、11月11日には彼らに匹敵するモンスター・バンドがこのアルバムをリリース!!

PINK FLOYD / MEDDLE

ブルース・ロック、サイケデリック・ロックの要素を持ったバンドとして歩み出した彼らが、そこに実験的な要素を加えプログレッシヴ・ロック・バンドとして覚醒、その才覚が爆発した重要作『原子心母』に続くスタジオ作としてリリースされた71年6th。

その先鋭性は、なんと言っても彼らを代表する1曲と言える大作「Echoes」によって、すべて物語られていると言っていいでしょう。

2年後に世に出る金字塔『狂気』の高みに至るまでの通過点という見方も可能ながら、そんな位置づけに留まらない凄まじいポテンシャルを秘めた傑作です。

試聴 Click!



『おせっかい』リリースの翌日(!)には、この傑作が発表されております!

GENESIS/NURSERY CRYME

ロックに、シアトリカルな表現技法に基づくデリケートな芸術的感性を持ち込んだのがGENESIS。

そんな彼ら独自のサウンド・スタイルが開花したのが本作です。

本作を象徴するオープニング・ナンバー「MUSICAL BOX」は、シアトリカル・ロックの原点にして頂点と言うべき一曲。

聴こえるか聴こえないかという声で呟くヴォーカルの独唱から一気に演奏が雪崩れ込んでくる中盤は、ダイナミックレンジという点で当時随一。クラシックのシンフォニーを取り入れた気品高いエンディングも素晴らしい。

あらゆる点で、とりあえず轟音を鳴らせばOK!という風潮も無きにしも非ずなロックとは対極に位置する姿勢が伝わってくる、71年リリース作品の中でもとりわけ個性的な作品と言うことが出来るでしょう。

試聴 Click!



怒涛の名盤ラッシュも一段落かとおもいきや、26日にはこのプログレ超重要作がリリース!

YES / FRAGILE

キーボードに技巧派リック・ウェイクマンが収まり、黄金期メンバーが揃い踏みした71年4thアルバムですね。

その実力を早速まざまざと見せつけてくるのが冒頭の「ROUNDABOUT」。

クラシックギターのイントロから一転ベースがゴリゴリと疾走する瞬間のカタルシス、キャッチーな歌パートとスリリングなインストとのめくるめく展開。超絶技巧満載なのにポップですらあって親しみやすさは抜群という凄すぎるナンバーで、早くも驚愕必至。

高度な演奏力と緻密な構築性が光る、これぞ王道プログレッシヴ・ロック!と言わんばかりのサウンドを聴かせてくれる大名盤!

試聴 Click!



11月にはもう一枚、プログレの代表作品がリリースされています。それがこの世紀のライヴ・アルバム!

EL&P/ PICTURES AT AN EXHIBITION

「ロックとクラシックの融合」について語る際に避けては通れないのがムソルグスキー作のピアノ組曲を大胆にアレンジこのライヴ・アルバム。

特にラヴェルによる管弦楽曲へのアレンジ版が良く知られるタイトル曲は、それをキーボード・ロックで強引かつ痛快にねじ伏せたEL&Pの代表曲であり、プログレッシヴ・ロック屈指のナンバー。

クラシックとロックを融合させた音楽性は00年代の現在まで脈々と受け継がれ多くのフォロワーを生んでいますが、その元祖にして完璧なまでの完成度を誇っている傑作です。

試聴 Click!

いかがだったでしょうか。
なんとクリムゾン以外の5大バンドがアルバムをリリースしていたプログレ大躍進の1か月だったんですね!

勿論それに加えてツェッペリンの歴史的名盤が誕生していることからしても、
ロック・シーンにとって一つのターニングポイントとなったのが71年11月だったと考えていいかもしれません。

1971年12月はいったいどんな名盤が誕生していたのか、来月もどうぞお楽しみに!


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第3回:71年2月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第3回:71年2月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年2月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。特に重要な3作品をピックアップします!


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第6回:71年3月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第6回:71年3月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年3月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。特に重要な3作品+αをピックアップします!


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第9回:71年4月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第9回:71年4月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年4月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。特に重要な3作品+αをピックアップします!


<BACK TO THE 1971>第12回:71年5月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

<BACK TO THE 1971>第12回:71年5月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年5月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。今回は英米の名盤そろい踏みでお届けいたします!


<BACK TO THE 1971>第15回:【番外編】71年に生まれたユーロ・ロック作品に注目!

【関連記事】

<BACK TO THE 1971>第15回:【番外編】71年に生まれたユーロ・ロック作品に注目!

今回は番外編、71年に生まれたユーロ・ロック作品を見てまいります。英米でロックが成熟していったこの時期に欧州各国ではどのような作品が誕生していたのか、是非チェックしてみてください!


<BACK TO THE 1971>第18回:71年7月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

<BACK TO THE 1971>第18回:71年7月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年7月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。主要な作品をご紹介!


<BACK TO THE 1971>第21回:71年8月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

<BACK TO THE 1971>第21回:71年8月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年8月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか!?


<BACK TO THE 1971>第24回:71年9月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

<BACK TO THE 1971>第24回:71年9月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年9月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか!?


<BACK TO THE 1971>第27回:71年10月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

<BACK TO THE 1971>第27回:71年10月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年10月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか!?

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • YES / FRAGILE

    代表曲「ラウンドアバウト」「燃える朝焼け」を収録、リック・ウェイクマンが加入し黄金ラインナップとなった71年作4th

    その構築的に練り上げられた楽曲と凄まじい演奏技術により、今なお多くのフォロワーを生み出しているイギリスのグループの71年作4th。その内容は次作「危機」と並ぶ、プログレッシブ・ロック史に留まらず70年代ロック史に残る屈指の大名盤であり、STRAWBSからキーボーディストRick Wakemanが加入、文字通り黄金期を迎えた彼らがトップバンドへと一気に飛躍する様が鮮明に残されています。まだ「危機」のような大作主義こそないものの、「ラウンドアバウト」「燃える朝焼け」など彼らの代表曲を収録。また今作から、その驚異的なエンジニアリング技術で彼らの複雑な楽曲製作に貢献することとなるEddie Offord、そしてその後のYESのトレードマークとなる幻想的なジャケット/ロゴを手がけるRoger Deanが参加、名盤の評価をより一層高めることとなります。

  • EL&P(EMERSON LAKE & PALMER) / PICTURES AT AN EXHIBITION

    ムソルグスキー「展覧会の絵」をモチーフとした完全未発表楽曲によるライヴ録音、痛快極まる72年作!

    NICEのKeith Emerson、KING CRIMSONのGreg Lake、ATOMIC ROOSTERのCarl Palmerによって結成され、ギターレスのトリオという変則的な編成ながらそのハンディを全く感じさせない音楽性でプログレッシブ・ロックの1つのスタイルを築いたイギリスのグループの71年3rd。その内容はEL&Pの人気を不動のものにしたライブ作であり、タイトル通りムソルグスキー作曲、ラヴェルのオーケストレーションによる組曲「展覧会の絵」を強引にキーボード・ロックでねじ伏せた名盤となっています。アンコールにはチャイコフスキーの「くるみ割り人形」をクラヴィネットで弾き倒す「Nutrocker」を収録。クラシックとロックを融合させたその特異な音楽性は現在のプログレシーンまで脈々と受け継がれ多くのフォロワーが登場していますが、その元祖にして完璧な完成度を誇る傑作です。

  • GENESIS / NURSERY CRYME

    寓話的幻想性が彩る孤高の世界観が極まった71年作3rd

    Peter Gabrielによる味わい豊かなしゃがれ気味のボーカルと、演劇的に彩られたステージ・パフォーマンスが独特の存在感を放ち、数多くのフォロワーに受け継がれ、現在に至るまで脈々とプログレッシブ・ロックシーンに息づいているイギリスのグループの71年3rd。Phil Collins、Steve Hackettが加入し、ついに黄金期のGENESISが誕生した記念すべき1枚。Peter Gabrielの寓話的な世界観が良く現れており、その奇天烈な世界は冒頭「ミュージカル・ボックス」と、それを表現したアルバムジャケットに顕著でしょう。GENESISサウンドが完全に確立された作品であり、本作をステップにGENESISは名盤を連発していきます。

  • LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN IV

    71年リリース、ロック史に輝く不朽の名曲「天国への階段」他、代表曲を多数収録した大傑作4th!

    イギリスを代表するロック・バンドによる、名曲「天国への階段」を収録した71年リリースの4thアルバム。ジャケットにクレジットや情報が一切記載されなかったため、「Four Symbols」「The Runes」「ZOSO」「Stairway Album」など様々な名称で呼ばれ、話題を集めることにもなりました。1st、2ndで確率したハードサウンドと、3rdで見せたアコースティックな一面との融合を試みた今作は、彼らのサウンドを名実ともにロック史に燦然と輝くものへと昇華させており、「この作品の登場によりロックの進化が早まった」とも言われるまさに伝説的な作品となっています。中でも彼らを語るうえで欠かすことができないT4「Stairway To Heaven(天国への階段)」は、エレクトリックギターとアコースティックギター、まさにハード・サウンドとアコースティック・サウンドの融合が究極の完成形をみたと評される名曲で、すべてのロックファンによる名曲投票を行えば間違いなく上位にランクインすることでしょう。アルペジオとリコーダーが奏でるどこか懐かしさと寂しさを感じさせる静かな冒頭から、エレクトリック・12弦ギター、エレクトリック・ピアノ、エレクトリック・ベース、ドラムが入り、壮大に広がった世界は徐々に音圧を上げクライマックスへ。高音のシャウトで最高潮に達した感情は、独唱で静かに幕を閉じます。ロック以外の音楽業界からも評価が高く、フィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤンは、この曲を「編曲を変えなくてもオーケストラで演奏できる」と評したそうです。ロックの教科書があれば、ロック史のターニングポイントとして誰でも記載する一枚。全てのロック・ファンに捧ぐ必聴の1作です。

  • PINK FLOYD / MEDDLE

    71年作、代表曲「ECHOES」「ONE OF THESE DAYS」収録、A面のメロウな小曲群も魅力的な名盤

    ブルース・ロックに根ざした音楽性を持ちサイケデリック・ロックからその歩みを始め、全盛期にはRoger Watersの哲学的な歌詞と完璧なまでのコンセプト性で数々の伝説を作り上げた、世界を代表するロックグループの71年6th。その内容はサイケデリック・ロックの質感を残しながらもブルーズ・ロック、ハード・ロックのアンサンブルも取り込み、スペーシーな音像で迫る作風となっており、なんと言っても彼らを代表する1曲と言える大曲「Echoes」が大きくその存在感を放っています。ロックというジャンルに人間の精神性や虚無感など様々な要素を内包させ、音楽と言う枠組みさえも骨抜きにしてしまうような絶対的な個性に溢れた名盤であり、PINK FLOYDらしさが確立された必聴盤です。

    • CP325032

      廃盤希少、丸角帯仕様(3%税表記)、解説元々なし(対訳付き)、定価3286

      盤質:傷あり

      状態:

      帯無

      帯無、対訳に黄ばみあり、側面部に色褪せあり

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。