プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

<BACK TO THE 1971>第15回:【番外編】71年に生まれたユーロ・ロック作品に注目!



2021年にカケレコがお届けする特別企画「BACK TO THE 1971」!

今からちょうど50年前、1971年に産み落とされた名盤を取り上げて、その魅力に改めて触れてみようというのがこの企画です。

ビートルズの活躍を中心としてロックに多様な表現が生まれた1960年代が幕を下ろし、60年代の残り香漂う1970年を経て、いよいよ新たな時代へと目を向けた作品が生まれていったのが1971年という時期。

英米ロックの名作はもちろん、欧州各国の重要作品も取り上げて、各作品の誕生日または誕生月に記事をアップしてまいります。

この機会に、ロックが最もまばゆい輝きを放っていた時代の作品達にぜひ注目していただければ幸いです。

それでは皆で、BACK TO THE 1971 !!!

1971年6月にあったロック界にとって最も大きな出来事、それは「フィルモア・イースト」の閉館で間違いないと思います。

ジミ・ヘンドリックスの『Band Of Gypsys』、ジョン・レノンとフランク・ザッパ&マザーズ・オブ・インベンションが共演した『Fillmore East, June 1971』、そしてオールマン・ブラザーズ・バンドが歴史的ライヴ・アルバム『Fillmore East』に収録された公演を行なった、NYのコンサート・ホール「フィルモア・イースト」が6月27日に閉館しました。

68年3月の開館から3年4か月という短い期間で、上記バンドに加えレッド・ツェッペリン、グレイトフル・デッド、デレク・アンド・ザ・ドミノス、キング・クリムゾン、CSN&Y、ザ・フー、ドアーズなど名だたるアーティストたちが名演を披露しました。

約2700人収容というキャパに対し、当時万単位のスタジアム級コンサートが主流となっていったライヴ産業。そんな時代の波に飲まれたことが閉館の主要因とされています。

それでも、フィルモア・イーストがあったことで生まれた後世に語り継がれるようなパフォーマンスやライヴ名盤が膨大に存在することを考えると、伝説のコンサート・ホールと言えばこのフィルモア・イーストであると言って間違いないですよね!

試聴 Click!

【番外編】71年に生まれたユーロ・ロック作品に注目!

今回は番外編といたしまして、1971年に生まれたユーロ・ロック作品の一部を見てまいりたいと思います。
英米でロックが成熟していったこの時期に欧州各国ではどのような作品が誕生していたのか、是非チェックしてみてください!

まずは、クラシカル・プログレの決定版と言うべきこのアルバム!

NEW TROLLS/CONCERTO GROSSO N.1

Moody Bluesを筆頭に、オーケストラと共演したアーティストは英国を中心にすでに登場していましたが、「クラシック × ロック」の最高傑作がイタリアから生まれたという事実は、西洋音楽のメッカたるイタリアという国の矜持の表れと言えるかもしれません。

押しも押されもせぬイタリアン・ロックいやユーロ・ロックの代表作の一つですよね!

詳細はこちらの個別記事でお楽しみください♪


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第13回:NEW TROLLS『CONCERTO GROSSO PER.1』

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第13回:NEW TROLLS『CONCERTO GROSSO PER.1』

2021年にカケレコがお届けしている特別企画「BACK TO THE 1971」。
今から50年前の1971年に産み落とされた名盤を取り上げる特別企画「BACK TO THE 1971」。今回はクラシカル・ロックの金字塔、ニュー・トロルス『コンチェルト・グロッソ1』をピックアップ。


そういえばイタリアにはもう一枚、71年リリースの名盤がありますね。

LUCIO BATTISTI/AMORE E NON AMORE

数多くの国内ミュージシャンに影響を与え、没後四半世紀が過ぎようとしている現在でもリスペクトされ続ける巨匠カンタゥトーレ。

彼のもとで腕を磨いたPFMのメンバーやフォルムラ・トレのA.ラディウスが参加した、あまりにも味わい深いカンタゥトーレ名盤。

ジャケットも哀愁を湛えていて堪りません。

試聴 Click!


一方パリでは、ギリシャ屈指の人気を誇ったロック・バンドがこの超大作をリリース!

APHRODITE’S CHILD/666

ご存じギリシャでもっとも著名なミュージシャン、ヴァンゲリスが在籍したのがこのグループ。

ギリシャ国内の軍事クーデターによってパリに拠点を移し、多くのヒット曲を放ちました。

のちにはシンセサイザー・ミュージックの巨匠となるヴァンゲリスのプログレ・ミュージシャンとしてのアーティスティックな感性を封じ込めた2枚組大作。

何が飛び出すか予想のつかない奇想天外にして濃密な音世界がパノラマのように繰り広げられます。

こちらも個別記事をアップしておりますので、ご覧いただければ幸いです!


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第14回:APHRODITE'S CHILD『666』

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第14回:APHRODITE’S CHILD『666』

本作は新約聖書のヨハネの黙示録をコンセプトに用いた作品となっており、ジャケットにはタイトルの「666(獣の数字)」に加え、13章18節の一文が英語で配置されていたり、曲名や歌詞にも「4人の騎手」や「小羊」など、黙示録に登場するモチーフが多数登場しています。

ヨハネの黙示録、獣の数字、なんだか重々しくて終末感が満載な雰囲気ですよね。そういった類の作品はちょっと・・・と思われたそこのあなた、少々お待ちいただけますでしょうか。


デンマークからは、ニッチながら同時代の英ロックに呼応した見事なサウンドを聴かせるこの作品をご紹介!

CULPEPER’S ORCHARD/CULPEPER’S ORCHARD

デンマーク黎明期のロック・バンドが、バーズやCSN&Yなどの米グループ、そしてジェスロ・タルやレッド・ツェッペリンら英グループより受けた影響を見事に練り上げ作り上げた71年の1stアルバム。3月23日リリース。

なるほど米西海岸フォーク・ロック・テイストのアコースティックなアンサンブルを軸に、骨太なハード・ロック的エッセンスを加えた、ダイナミックなサウンドが聴き所。

流麗で哀愁漂うフォーク・ロックと轟音エレキとのコンビネーション!ありそうであんまりない、オリジナリティ溢れる好作品となっています。

試聴 Click!



ジャーマン・ロックは以前カン『タゴ・マゴ』やタンジェリン・ドリームの2ndを取り上げましたが、この重要作品も71年に生まれてたんですね…。

ASH RA TEMPEL/ASH RA TEMPEL (FIRST)

もはや説明不要かもしれないこのジャーマン・ロック重要作も、71年6月に誕生しています。

クラウトロック界の両重鎮、マニュエル・ゲッチングとクラウス・シュルツェにより結成されたグループ。

怒涛のスペース・ロック傑作にしてアンビエント・ミュージックの源流とも言える大名盤!

試聴 Click!


アイスランドでもただならぬ一枚が71年に誕生していました!

TRUBROT/LIFUN

ユーロ・ロックでロック・オペラの傑作を挙げるなら、まずその名を出したいのがこの作品。71年7月29日リリース

人の一生を描いたロック・オペラ作品で、荘厳なオルガン・ハードで幕を開けたかと思うと、ピアノとハープシコードが主役のバロック・ロックなパート、変拍子でオルガンが豪快に鳴り響くイタリアン・ロック的な狂おしいパート、ポール・マッカートニーばりのリリカルなアコースティック・パート、ソフト・ロック調の甘くもジェントルなパート、そしてザ・フー『トミー』のフィナーレのようなバラードと展開していく圧巻の一枚。

ユーロ・ロック好きでも未聴の方は多いと思いますが、これは絶対ビックリするはず!

試聴 Click!


スウェーデンからは北欧エレクトリック・トラッドを代表するこのバンドの71年作1stをピックアップ☆

KEBNEKAJSE/RESA MOT OKANT MAL

のちにはエレキギターがいなたくも哀愁溢れるメロディーを紡ぐエレクトリック・トラッドの名作を残すグループですが、本作では英米ロックからの影響が色濃く感じられるのが特徴。

思いうかんだフレーズは「アメリカ南部生まれのデヴィッド・アレン」。サザン・ロック的な豪快さとゴングばりのサイケ感やユーモアが融合したようなサウンドがワクワク感満点!

試聴 Click!


もちろんオランダにも71年作がいくつかあります。その中からこの作品をチョイス!

SUPERSISTER / TO THE HIGHEST BIDDER

精緻ながらもテンション溢れるアンサンブル、圧倒的なテクニック、洗練されたキャッチーなメロディ。カンタベリー・ロックから影響を受けたのかなぁと思いきや、よく考えたらキャラヴァン『グレイとピンクの地』と同年でびっくり。

フォーカスといい、オランダは凄い…。

試聴 Click!


ハンガリーにも有力バンドが登場してきた時期ですね。71年リリースはこの作品!

LOCOMOTIV GT / LOCOMOTIV GT

ハンガリー出身元OMEGAのKey奏者Presser Gaborによるグループ、71年作1st。

英国ロックからの影響を強く感じさせるブルージーなオルガン・ハードが持ち味。

荘厳に鳴り響くオルガンと情熱的にむせび泣くブルース・ギターにはPINK FLOYDを、重く引きずるようなオルガン・サウンドと幻想的なコーラス・ワークにはURIAH HEEPを、疾走するクラシカルなオルガンとヘヴィ・リフを刻むギター・リフにはDEEP PURPLE、SPOOKY TOOTHを思い起こさせます。

英国ロック・ファンならきっとニンマリな作品ですよ!

試聴 Click!

イタリアを中心にまだまだ名盤が生まれていますが、膨大になりますのでこのあたりにいたしましょう。
P.F.Mがデビューしたて、BANCOはまだ登場していなかった時期に、こんなにも豊かなユーロ・ロック・シーンが築かれていたんですね~。


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第3回:71年2月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第3回:71年2月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年2月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。特に重要な3作品をピックアップします!


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第6回:71年3月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第6回:71年3月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年3月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。特に重要な3作品+αをピックアップします!


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第9回:71年4月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第9回:71年4月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年4月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。特に重要な3作品+αをピックアップします!


<BACK TO THE 1971>第12回:71年5月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

<BACK TO THE 1971>第12回:71年5月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年5月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。今回は英米の名盤そろい踏みでお届けいたします!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • APHRODITE’S CHILD / 666

    ギリシャを代表する一枚、72年発表の3rd、プログレ史に残る一大コンセプト作!

    72年作の3rdである本作は、黙示録をテーマとした一大コンセプト作品。ロック、ポップ、クラシック、ジャズ、民族音楽などが渾然一体となっためくるめくサウンド、叙情と狂気を同時に孕んだ圧倒的な表現力は、これぞプログレッシヴ・ロック!VANGELIS率いるAPHRODITE’S CHILDが70年代に世に送り出した一大傑作。

  • NEW TROLLS / CONCERTO GROSSO N.1

    71年発表、ロック×オーケストラの決定版、イタリアン・ロック必聴作!

    イタリアを代表するプログレッシブ・ロックバンドの71年の作品。Luis Enriquesz Bacalovのアレンジにより、彼らがオーケストラを従えてクラシックとロックの融合を成し遂げた不朽の名作である本作は、イタリアン・シンフォニック・ロックを代表する名盤であり、彼らの代表作の1枚。ストリングスによるバロック・アンサンブルとバンドサウンドが華麗に重なり合い、表情を変えながらクラシカルに、ハードに盛り上げます。バンド、またオーケストラ共に叙情的な旋律の応酬であり、非常にイタリア然とした凛々しさに溢れています。LP。

  • LUCIO BATTISTI / AMORE E NON AMORE

    数多くの伊ミュージシャンに影響を与えた巨匠カンタゥトーレ、70年2nd、後にP.F.Mを結成するメンバーやA.ラディウスなどが参加

    まるでキーフのような色彩感覚を持つジャケットが印象的な本作は、イタリアを代表するカンタウトーレ、バティスティが70年に発表した2ndアルバム。イタリアン・ロックの産みの親的なレーベル、NUMERO UNOを設立した人物ということもあり、バックはかなり華やか。後にP.F.Mを結成するメンバーに、フォルムラ・トレの中心人物ラディウスなどが参加したサウンドは、派手さはないもののセンス、安定感とも抜群。バティスティの存在感あるヴォーカルは、さすがの一言。

  • TRUBROT / LIFUN

    アイスランド屈指のプログレ・グループ、71年3rd、ロック・オペラの大傑作!

    69年に結成されたアイスランド・ロック屈指の名グループ。71年にリリースされた3rdアルバムで、人の一生を描いたロック・オペラ。オルガンが荘厳に鳴り、ギターが低くうねるオルガン・ハードで幕開け。ナレーションを挟み、ピアノとハープシコードがリリカルなメロディを次々に奏でていくバロック・ロックなパート、変拍子でオルガンが豪快に鳴り響くイタリアン・ロック的な狂おしいパート、ポール・マッカートニーばりのアコースティックなパート、ソフト・ロック調のジェントルなパート、ザ・フー『トミー』のフィナーレのようなバラードへと次々に展開していって、こ、これは凄いぞ!その後も、バッドフィンガーばりのパワー・ポップあり、レインボウ・フォーリーあたりに通じるサイケ・ポップあり、トレースばりのクラシカル&グルーヴィーなオルガン・ロックあり、フルートが飛び出すとジェスロ・タルみたいだし、なんという玉手箱感。ロック・オペラとして世界で最も過小評価されている作品と言えるかもしれません。英語によるメロディもフックいっぱいだし、最高クラスのアート・ロック。傑作です。

  • CULPEPER’S ORCHARD / MOUNTAIN MUSIC – THE POLYDOR RECORDINGS 1970-1973

    英ハードの骨太さと米西海岸の繊細さを併せ持ったデンマーク産プログレ/フォーク・ロック・バンド、POLYDORからリリースされた71年1st&72年2nd&3rdの3タイトルを収録

    69年結成のデンマーク出身プログレ/フォーク・ロック・バンド、POLYDORよりリリースした71年1st『CULPEPER’S ORCHARD』および72年2nd『SECOND SIGHT』&3rd『GOING FOR A SONG』の3タイトルを収録。バーズ、CSN&Yといった米西海岸フォーク・ロックへの憧憬とともに、ジェスロ・タルやレッド・ツェッペリンといった英プログレ/ハード・ロックの影響も感じさせる、繊細さと骨太さが絶妙にブレンドされた作風が持ち味。フォーキーなアコギをバックにパワフルな轟音ギターが炸裂するインパクト抜群の1st、ワウ・ギターをフィーチャーし土臭く温かみ溢れるサイケ・プログレを聴かせる2nd、米西海岸への憧憬を全面に押し出しつつ、どことなく北欧らしい「いなたさ」が滲み出る3rdと、作品ごとに違った魅力があるのも◎。北欧ロックはもちろん、米憧憬のブリティッシュ・ロック好きにもおすすめの良バンド!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。