プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

<BACK TO THE 1971>第24回:71年9月に誕生した名盤たち!



2021年にカケレコがお届けする特別企画「BACK TO THE 1971」!

今からちょうど50年前、1971年に産み落とされた名盤を取り上げて、その魅力に改めて触れてみようというのがこの企画です。

ビートルズの活躍を中心としてロックに多様な表現が生まれた1960年代が幕を下ろし、60年代の残り香漂う1970年を経て、いよいよ新たな時代へと目を向けた作品が生まれていったのが1971年という時期。

英米ロックの名作はもちろん、欧州各国の重要作品も取り上げて、各作品の誕生日または誕生月に記事をアップしてまいります。

この機会に、ロックが最もまばゆい輝きを放っていた時代の作品達にぜひ注目していただければ幸いです。

それでは皆で、BACK TO THE 1971 !!!

1971年9月に誕生した名盤たち

まずは9月9日に発表されたこの永遠の名盤を取り上げないわけにはいきませんね。

JOHN LENNON / IMAGINE

ありとあらゆる政治、イデオロギー、宗教、思想、信条に身をゆだねることなく、ただ本来の意味としての「自由」とはどのようなことか、「愛する」とはどういうことなのかをジョン自らが自問自答しながら、一曲一曲を表現していった様子がありありと伝わってくる名作。

「想像してごらん?」と聴き手に優しく語りかける「イマジン」を筆頭に、「兵隊にはなりたくない」「真実が欲しい」な等々、一人の純粋無垢な表現者による赤裸々な想いが刻まれた、20世紀が生んだ金字塔的作品と言えるでしょう。

試聴 Click!

ジャケットも味わい深い、夭逝の女性フォーク・ロックSSWによるこの名作も71年9月リリースです。

SANDY DENNY / NORTH STAR GRASSMAN AND THE RAVENS


初期フェアポート・コンヴェンションで活躍し、その後はフォザリンゲイを結成し活動するなど英国フォーク・ロック・シーンを代表する女性SSWとして名高い彼女の、ソロ代表作である1stアルバム。

レッド・ツェッペリンの4th収録「限りなき戦い」でプラントとのデュエットを聴かせているため、ほとんどのロック・ファンが彼女の歌声を耳にしたことがあるはず。

キーフが手掛けた印象深いジャケットに包まれた本作は、プロデュースも務めたフェアポート時代の盟友リチャード・トンプソンやフォザリンゲイのリズム隊らを迎え、トラッド・ミュージックの薫り高き芳醇なフォーク・ロックを聴かせてくれます。

詳細は下記の特集ページでお楽しみください♪


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第23回:SANDY DENNY『NORTH STAR GRASSMAN AND THE RAVENS』

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第23回:SANDY DENNY『NORTH STAR GRASSMAN AND THE RAVENS』

今からちょうど50年前、1971年に産み落とされた名盤を取り上げて、その魅力に改めて触れてみようというのがこの企画、本日ご紹介させていただくのはSANDY DENNYの『NORTH STAR GRASSMAN AND THE RAVENS』!

のちにスターダムへとのし上がるこのグループの5作目にあたる71年作も9月にリリースされています。

FLEETWOOD MAC / FUTURE GAMES

英国随一のブルース・ロック・バンドとして鳴らしたトリプル・ギター期のマックから一転、ピーター・グリーンとジェレミー・スペンサーが相次いで脱退し、残った若きギタリスト、ダニー・カーワンがリーダーシップを執ることになったのがこの71年作です。

彼らに替わり元チキン・シャックのクリスティン・マクヴィー、そして米国人ギタリストのボブ・ウェルチを新たに迎えた本作は、従来のブルース色を後退させ、以前からのダニー・カーワンの持ち味だったリリカルなフォーク・ロック的素養をより強く押し出した作風となっています。

ブルース・ロック期とポップ・ロック期の狭間の時期である事に加え、次作『BARE TREE』が名盤の誉れ高き一枚であることからも比較的語られる機会の少ない作品ですが、陰影豊かで味わいあるブリティッシュ・ロックの好盤である事に間違いありません。

試聴 Click!

アメリカからは、71年9月に発表されたこの大御所の3rdアルバムをご紹介!

SANTANA / SANTANA III

69年にはウッドストックで熱演を披露し、そして70年には上でも取り上げたフリートウッド・マック「Black Magic Woman」のカバーをヒットさせ一躍人気バンドとなったサンタナが、勢いそのままに71年9月にリリースした第3作目。

本作の特徴は何と言っても、弱冠17歳だった早熟の天才ニール・ショーンが加入し、ツイン・ギター編成となったこと。

プレイスタイルの異なる二人が織りなす激しくもエモーショナルなギター・サウンドに、タワー・オブ・タワーのホーン隊も交えた、熱情がたぎるラテン・ロックが痛快無比な一枚です。

詳細は特集記事をご覧ください♪


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第22回:SANTANA『SANTANA III』

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第22回:SANTANA『SANTANA III』

今からちょうど50年前、1971年に産み落とされた名盤を取り上げて、その魅力に改めて触れてみようという企画<BACK TO THE 1971>。今回取り上げるのはサンタナの3枚目『SANTANA III』です。ニール・ショーンとのツインギター、厚みを増したバンドサウンドが熱い名盤!

いかがだったでしょうか。
71年9月もロック史における重要作品が生まれていましたね。

1971年10月はいったいどんな名盤が誕生していたのか、来月もどうぞお楽しみに!


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第3回:71年2月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第3回:71年2月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年2月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。特に重要な3作品をピックアップします!


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第6回:71年3月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第6回:71年3月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年3月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。特に重要な3作品+αをピックアップします!


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第9回:71年4月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第9回:71年4月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年4月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。特に重要な3作品+αをピックアップします!


<BACK TO THE 1971>第12回:71年5月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

<BACK TO THE 1971>第12回:71年5月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年5月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。今回は英米の名盤そろい踏みでお届けいたします!


<BACK TO THE 1971>第15回:【番外編】71年に生まれたユーロ・ロック作品に注目!

【関連記事】

<BACK TO THE 1971>第15回:【番外編】71年に生まれたユーロ・ロック作品に注目!

今回は番外編、71年に生まれたユーロ・ロック作品を見てまいります。英米でロックが成熟していったこの時期に欧州各国ではどのような作品が誕生していたのか、是非チェックしてみてください!


<BACK TO THE 1971>第18回:71年7月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

<BACK TO THE 1971>第18回:71年7月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年7月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。主要な作品をご紹介!


<BACK TO THE 1971>第21回:71年8月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

<BACK TO THE 1971>第21回:71年8月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年8月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか!?

関連カテゴリー

関連CD在庫

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。