プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

<BACK TO THE 1971>第21回:71年8月に誕生した名盤たち!



2021年にカケレコがお届けする特別企画「BACK TO THE 1971」!

今からちょうど50年前、1971年に産み落とされた名盤を取り上げて、その魅力に改めて触れてみようというのがこの企画です。

ビートルズの活躍を中心としてロックに多様な表現が生まれた1960年代が幕を下ろし、60年代の残り香漂う1970年を経て、いよいよ新たな時代へと目を向けた作品が生まれていったのが1971年という時期。

英米ロックの名作はもちろん、欧州各国の重要作品も取り上げて、各作品の誕生日または誕生月に記事をアップしてまいります。

この機会に、ロックが最もまばゆい輝きを放っていた時代の作品達にぜひ注目していただければ幸いです。

それでは皆で、BACK TO THE 1971 !!!

1971年8月に誕生した名盤たち

71年8月には、ある歴史的音楽イベントが開催されています。

同年3月、バングラデシュがパキスタンからの独立を宣言した事に端を発する紛争によって生じた難民を救済するため、ジョージ・ハリスンの主催で8月1日に行われた「コンサート・フォー・バングラデシュ」です。

NYのマジソン・スクエア・ガーデンで開催されたコンサートには、ジョージと親交の深いアーティストが大挙参加。

リンゴ・スター、エリック・クラプトン、ビリー・プレストン、レオン・ラッセル、ボブ・ディランをメイン・アーティストに、そしてバンドとして、クラウス・フォアマン、ジェシ・エド・デイヴィス、カール・レイドル、ジム・ケルトナー、ドン・プレストン、バッドフィンガーの4人、ジム・ホーン率いるホーン・セクションという、ジョージ人脈をフル動員した面子が揃いました。

さらに、ラヴィ・シャンカール、アリ・アクバル・カーンらジョージがリスペクトするインド音楽の巨匠たちも冒頭で演奏を披露。

ロック・ミュージシャンによる初の大規模チャリティ・コンサートとして、のちのライヴ・エイドをはじめとして今日まで各地で行われている「チャリティ・コンサート」という概念を確立した功績は計り知れません。

試聴 Click!

それでは、そんな71年8月に生まれた名盤を見てまいりましょう!


まずは、8月14日にリリースされたこの名盤をご紹介♪

ザ・フー/フーズ・ネクスト

『Tommy』で史上初のロック・オペラを誕生させ、『Live At Leeds』でNYタイムズ誌に「史上最高のロック・ライブ・アルバム」と激賞され、乗りに乗っていた彼らが71年に送り出したのが本作。

アルバム冒頭、ミニマル・ミュージックの先駆者テリー・ライリーに影響を受けたというARPシンセサイザーの反復フレーズが鳴り響く展開に驚きますが、新たなスタイルを貪欲に取り込もうとするその開拓精神はかのビートルズにも引けを取らなかったことがここを聴くだけでも伝わってきます。

楽曲もこれまで以上にキャッチーで粒ぞろいであると同時に、ある種の余裕すら感じられる気もする、若々しさと風格を兼ね備えた名作と言っていいのではないでしょうか。

アルバムの詳細は個別記事でお楽しみください♪♪


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第19回:THE WHO『WHO'S NEXT』

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第19回:THE WHO『WHO’S NEXT』

ファンから最高傑作として強く支持されるザ・フーの『フーズ・ネクスト』をピックアップ!


そんな『WHO’S NEXT』と同じ月に、カンタベリー・ロックの最高傑作のひとつが生まれていました!

キャラヴァン/グレイとピンクの地

ご存じカンタベリー・ロック・シーンを代表するグループの71年3rd。

淡くほのぼのとした曲調と、デイヴ・シンクレアのピリッとした緊張感をはらむオルガンワークを軸にタイトでテクニカルなインスト・パートとの対比は、これぞカンタベリー・テイスト。

そして鼻にかかったソフト・ヴォイスが牧歌的な音によく合うパイ・ヘイスティングス、そして陰影ある曲調で本領を発揮するジェントルかつノーブルな歌声のリチャード・シンクレア。二人のヴォーカルも初期キャラヴァン・サウンドになくてはならない要素です。

母体を同じくするソフト・マシーンの硬派なジャズ・ロック・サウンドと、このキャラヴァンが描くユーモラスで夢想的な音世界。どちらもカンタベリー・ロックの魅力をこれ以上なく雄弁に語ってくれていますよね。

本作も詳細記事でお楽しみいただければ幸いです☆


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第20回:CARAVAN『IN THE LAND OF GRAY AND PINK』

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第20回:CARAVAN『IN THE LAND OF GRAY AND PINK』

今からちょうど50年前、1971年に産み落とされた名盤を取り上げて、その魅力に改めて触れてみようというのがこの企画、カンタベリー・ミュージックと聞いてまず初めに本作を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?


ファンからは「英フォーク三種の神器」とも称されるうちの一枚が71年8月に誕生しています。

TUDOR LODGE/TUDOR LODGE

6面開きの特殊ジャケットも特徴的な、ブリティッシュ・フォークの傑作として愛される一枚ですね。

穏やかなアコースティック・ギターの調べをフルートやストリングスが彩る優美なアンサンブルに乗って、清楚で明るい声質の女性ヴォーカルが歌うどこまでも大らかで牧歌的なフォーク・ミュージックを堪能できます。

青空の下のどこまでも広がる草原をイメージさせる序盤~中盤、そして終盤は英国らしい陰影が演奏を覆って、それがまた素晴らしい叙情美を生み出しているんですよね。ホルスト「木星」を引用するなど作曲センスも光ります。

「英フォーク三種の神器」の中でも心にスッと染み入るようなクセのない素直な音楽性が魅力的な作品です。

試聴 Click!


最後の作品は、こちらのいぶし銀ブリティッシュ・ハード傑作!

TEAR GAS/TEAR GAS

後に鬼才アレックス・ハーヴェイのバンドに抜擢され、センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドとして活躍するグループの71年作2ndアルバム。

前デビュー作の後半で聴かせたレッド・ツェッペリン彷彿のハード且つソリッドなハード・ロック・スタイルを全編で炸裂させた痛快無比なサウンドに痺れます。

特筆がギターのZal Cleminson。コシのある豊かな歪むのトーンはこれぞブリティッシュでカッコ良すぎるし、タメの効いたリフ、前のめりのアグレッシヴなソロともに、本当にプレイが冴えに冴えています。

ピエロメイクで豪快に弾きまくるSAHB時代、そして名バンドのナザレスでも活躍していくその才覚が早くも確認できる名作です。

試聴 Click!

いかがだったでしょうか。
今からちょうど半世紀前にあたる71年8月もブリティッシュ・ロックの名盤群が多数生まれていましたね~。

1971年9月はいったいどんな名盤が誕生していたのか、来月もどうぞお楽しみに!


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第3回:71年2月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第3回:71年2月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年2月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。特に重要な3作品をピックアップします!


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第6回:71年3月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第6回:71年3月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年3月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。特に重要な3作品+αをピックアップします!


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第9回:71年4月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第9回:71年4月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年4月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。特に重要な3作品+αをピックアップします!


<BACK TO THE 1971>第12回:71年5月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

<BACK TO THE 1971>第12回:71年5月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年5月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。今回は英米の名盤そろい踏みでお届けいたします!


<BACK TO THE 1971>第15回:【番外編】71年に生まれたユーロ・ロック作品に注目!

【関連記事】

<BACK TO THE 1971>第15回:【番外編】71年に生まれたユーロ・ロック作品に注目!

今回は番外編、71年に生まれたユーロ・ロック作品を見てまいります。英米でロックが成熟していったこの時期に欧州各国ではどのような作品が誕生していたのか、是非チェックしてみてください!


<BACK TO THE 1971>第18回:71年7月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

<BACK TO THE 1971>第18回:71年7月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年7月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。主要な作品をご紹介!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • CARAVAN / IN THE LAND OF GRAY AND PINK

    ソフト・マシーン3rdと共にカンタベリー・ロックの代表作と言える一枚、71年発表の大傑作3rd!

    SOFT MACHINEと同じWILDE FLOWERSを母体にRichard Sinclairらによって結成されたグループであり、カンタベリー・ジャズ・ロックシーンを代表するグループの71年3rd。彼らの代表作との評価も高いその内容は、淡いサイケデリック・ロックの質感と、Richard Sinclairの甘く響くボーカル、Dave Sinclairの各種キーボードによるマイルドなアンサンブルが上質に響くカンタベリー・シーン屈指の名盤であり、英国然とした湿り気を帯びた雰囲気とSOFT MACHINEよりもポップ且つメロディアスな音楽性が素晴らしい1枚。20分超の大作も採用し、プログレッシブ・ロックならではのスリリングなインタープレイを見せ付けながらも、やはりナイーブでセンチメンタルな叙情に溢れた傑作です。

  • TUDOR LODGE / TUDOR LODGE

    のどかな牧歌性と英国的な格調高さが絶妙にバランスしたブリティッシュ・フォークを代表する傑作、71年発表

    イギリスのテューダー朝からその名を取った英国トラッド・フォークの名バンドの71年作。SPIROGYRA、MELLOW CANDLEと並んで英国トラッド・フォークの「三種の神器」と言われる本作は、メロディーラインの良さで聴かせるフォーク作となっており、アコースティック・ギターなどを基本にフルートやストリングスの彩りも美しい傑作です。また女性ボーカルAnn Steuartはアメリカ人であり、その資質もあってか英国ロックの重さや英国トラッド・フォークの個性である翳りはさほど感じられず、むしろアメリカらしい澄みきった音像と爽やかな世界観を見せるのが個性的です。

  • TEAR GAS / TEAR GAS

    いぶし銀の名ギタリストZal Cleminsonのプレイが冴え渡る、英ハード・ロック屈指の名作!71年発表

    英国はグラスゴー出身。後にアレックス・ハーヴェイと出会い、センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドへと発展するグループ。71年作の2nd。デビュー作は、前半はアコースティカルに、後半はツェッペリンを意識したハードなサウンドを聴かせていましたが、この2ndは、そのハードな部分を推し進めたソリッドかつ鋭角なナンバーで占められています。ドラムにEdward Ted McKennaが加入。ベースのChris Glenとともに、鉄壁のリズム隊を構成(2人とも後にMSGで活躍)。ツェッペリンにも比肩するような重量級リズムを轟かせています。そして、何と言っても、ギターのZal Cleminson!コシのある豊かな歪むのトーンはこれぞブリティッシュでカッコ良すぎるし、タメの効いたリフ、前のめりのアグレッシヴなソロともに、本当にキレまくっています。クリームばりのブルース・ハードからツェッペリンの「コミュニケーション・ブレイクダン」を彷彿させるアグレッシヴなナンバーまで、圧倒的な音量とスピード感で畳みかける逸品。英国臭をぷんぷん振りまくスモーキーなヴォーカルと憂いあるメロディも特筆です。英ハード屈指の名作!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。