プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

<BACK TO THE 1971>第12回:71年5月に誕生した名盤たち!



2021年にカケレコがお届けする特別企画「BACK TO THE 1971」!

今からちょうど50年前、1971年に産み落とされた名盤を取り上げて、その魅力に改めて触れてみようというのがこの企画です。

ビートルズの活躍を中心としてロックに多様な表現が生まれた1960年代が幕を下ろし、60年代の残り香漂う1970年を経て、いよいよ新たな時代へと目を向けた作品が生まれていったのが1971年という時期。

英米ロックの名作はもちろん、欧州各国の重要作品も取り上げて、各作品の誕生日または誕生月に記事をアップしてまいります。

この機会に、ロックが最もまばゆい輝きを放っていた時代の作品達にぜひ注目していただければ幸いです。

それでは皆で、BACK TO THE 1971 !!!

1971年5月に誕生した名盤たち

泥沼と化していくベトナム戦争、パキスタンとバングラデシュの間で続く紛争を中心に、依然として世界中が争いの渦中にあった71年5月。

プログレ・シーンの話題としては、この後に取り上げるあの大名盤がリリースされたほかに、ジャパニーズ・プログレを代表するグループ四人囃子が結成されたのが71年5月ということで、わが国のプログレ史にとっても歴史的な月だったということが出来るでしょう。

そんな71年5月に生まれた名盤を見てまいりましょう!

この月は英米ともにびっくりするほどのド名盤がズラリですよ~。


まずはやはり、プログレッシヴ・ロックを代表する一枚と言えるこの名盤ですね!

EMERSON, LAKE & PALMER『TARKUS』

THE NICEを率いた天才キーボーディストKeith Emerson、KING CRIMSONによる歴史的1stアルバムで名演を残したベーシスト/ヴォーカリストGreg Lake、そしてTHE CRAZY WORLD OF ARTHUR BROWN~ATOMIC ROOSTERなどで活躍していたドラマーCarl Palmer。

そんな才気みなぎる3人によって結成された、プログレッシヴ・ロック界で最初のスーパーグループがEL&Pです。

有名な70年の第3回ワイト島フェスティヴァルのステージで本格的なデビューを飾り、同年11月にリリースしたデビュー作が全英4位/全米18位を記録します。

そして翌71年5月、エマーソンの着想による架空の怪物タルカスを描いた超大作組曲「タルカス」を収録しリリースされたのが、彼らの2ndアルバム『TARKUS』です。

数あるプログレ作品の中でも、日本の音楽シーンに最も影響を与えているアルバムの一つと言ってもいいのが本作。

アルバムについての詳細はこちらの特集記事でお楽しみください♪


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第10回:EMERSON, LAKE & PALMER『TARKUS』

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第10回:EMERSON, LAKE & PALMER『TARKUS』

英国の71年Album Of The Yearにも選ばれるなど、プログレッシヴ・ロックの1つのスタイルを築き確立した歴史的な作品です。EMERSON, LAKE & PALMER、改めて彼らの魅力に向き合ってみるのもいいかもしれません。



一方アメリカでは、5月12日にフュージョン・シーンを代表するこのグループがデビュー作を発表しています。

WEATHER REPORT『WEATHER REPORT』

共に60年代にマイルス・デイヴィスのグループで活躍したキーボーディストJoe Zawinulとサックス奏者Wayne Shorterが、エレクトリック・ジャズの金字塔と言える70年作『BITCHES BREW』に参加したのを機に、自分たちのグループの結成を計画。同年にWEATHER REPORTを結成します。

71年5月12日に、デビュー作『WEATHER REPORT』を発表。『BITCHES BREW』が結成の契機になっただけあって、そのサウンドは『BITCHES BREW』が提示したエレクトリック・ジャズ・スタイルを踏襲したものですが、より静謐な表現を取り入れた空間的な音作りが印象的です。

後には超絶ベーシストJaco Pastoriusが加入しフュージョンを代表するグループとなっていく彼らですが、本作はソフト・マシーンなど英国のジャズ・ロック・ファンも楽しめる内容です。

試聴 Click!


世界最高のメロディメイカーによるこの作品も71年5月リリース!

PAUL McCARTNEY『RAM』

ビートルズ解散後2作目にあたる、ポールのセルフプロデュース作。

ギタリストのデヴィッド・スピノザやヒュー・マクラッケンなどの一流スタジオ・ミュージシャン、後にウィングスの初代ドラマーになったデニー・シーウェルなどを迎えて録音されています。

シングル・カットされグラミー最優秀アレンジメント賞を獲得した情緒豊かなポップチューン「アンクル・アルバート~ハルセイ提督」、イギリスでシングル・カットされたドラマチックなメロディと構成が光る「バック・シート・オブ・マイ・カー」など、ソロキャリアを代表するナンバーを収録した本作は、5月17日にリリースされ、全英で2週1位、全米2位を記録しました。

当時評論家からの評価は軒並み低かったという事実が信じられないほどに、メロディメイカーとしてのポールの才能が溢れんばかりの名盤ですよね!

試聴 Click!


ちょうどこんな関連作品がリリースされたましたので、おまけピックアップ。

FERNANDO PERDOMO & DENNY SEIWELL/RAM ON: THE 50TH ANNIVERSARY TRIBUTE TO PAUL & LINDA MCCARTNEY’S RAM

米気鋭マルチ奏者のFernando PerdomoとWINGSのオリジナル・ドラマーDenny Seiwellが、ポールの『RAM』をフルカバーした21年作!

知る人ぞ知るポール直系SSWのGordon Michaelsや、オリジナルRAMに参加した名手David Spinozzaらを含む総勢100名が参加し、RAM愛溢れる好カバーをこぞって披露していて、こりゃ堪らんですっ!

試聴 Click!


まだまだ名盤が続きますよ~。アメリカからはソウル史上の最高傑作とも呼び声高いこの作品が21日に発表されました!

MARVIN GAYE『WHAT’S GOING ON』


ご存じ、モータウンよりリリースされた、ソウル史上の最重要作とも云われる本作。

ベトナム帰還兵だった弟の存在にインスパイアされ込められた反戦へのメッセージやアメリカに蔓延る様々な社会問題について言及した歌詞の内容、そして作品を通じて1曲目で提示されたメインテーマが何度も登場するトータルなアルバム構成によって、シングル主体だったモータウン作品の中でも異彩を放つコンセプト・アルバムとなっています。

爽やかなメロディラインが最高に心地よい冒頭の「WHAT’S GOING ON」、誰もが一度は聴いたことがあるであろうテーマが印象深い「MERCY MERCY ME」など、ブラック・ミュージックという枠組みを超えた普遍的なサウンドはロック・ファンも絶対に聴くべきでしょう!

試聴 Click!


そして28日には、英ロック・ファンも米ロック・ファンも必聴のこちらの作品が発表されております。

ROD STEWART『EVERY PICTURE TELLS A STORY』

ロッドの出世曲「Maggie May」を収録、全英全米ともに1位を記録する大ヒット・アルバムとなった3rdソロ。

70年代のロッド作品の魅力である、ソウルやカントリーなどアメリカンな要素と、自身のルーツである英国のトラディショナルなフォーク要素を絶妙に融合させたサウンドが楽しめます。

アルバムについての詳細はこちらの特集記事でお楽しみください♪


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第3回:71年2月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第3回:71年2月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年2月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。特に重要な3作品をピックアップします!


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第6回:71年3月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第6回:71年3月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年3月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。特に重要な3作品+αをピックアップします!


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第9回:71年4月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第9回:71年4月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年4月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。特に重要な3作品+αをピックアップします!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • EL&P(EMERSON LAKE & PALMER) / TARKUS

    ELPを象徴する大作「Tarkus」収録、71年発表の大名盤2nd!

    NICEのKeith Emerson、KING CRIMSONのGreg Lake、ATOMIC ROOSTERのCarl Palmerによって結成され、ギターレスのトリオという変則的な編成ながらそのハンディを全く感じさせない音楽性でプログレッシブ・ロックの1つのスタイルを築いたイギリスのグループの71年2nd。アルマジロと戦車が合体したような架空のキャラクターである「タルカス」をコンセプトにした大曲を含むその内容は、怒涛の変拍子とテクニカルなバンド・サウンドで迫る彼らの初期の代表作の1つであり、前作同様、非常に屈折したクラシカル・ロックの名盤となっています。また、オルガンやピアノに加えて飛躍的にモーグ・シンセサイザーが存在感を示すようになっており、大きく楽曲に取り入れられているのが特徴と言えるでしょう。

  • PAUL MCCARTNEY / RAM

    71年作2ndソロ、人気曲「Uncle Albert/Admiral Halsey」「Back Seat of My Car」収録

    1971年にリリースされた、ビートルズ解散後、2作目となる作品。「ポール・マッカートニー&リンダ・マッカートニー」名義としては、唯一の作品です。ポールのセルフプロデュースで、ニューヨークのスタジオで、ギタリストのデヴィッド・スピノザやヒュー・マクラッケンなどの一流スタジオ・ミュージシャン、後にウィングスの初代ドラマーになったデニー・シーウェルなどを迎えて録音されています。アメリカでシングル・カットされた「アンクル・アルバート〜ハルセイ提督」、イギリスでシングル・カットされた「バック・シート・オブ・マイ・カー」など3曲には、ニューヨーク・フィルハーモニック・オーケストラが参加しているのも特筆です。聴きどころは、全米1位となり、グラミー賞では最優秀アレンジメント賞を獲得した「アンクル・アルバート〜ハルセイ提督」。リラックスしたアコースティック・ギター、ふくよかなドラム、ゆったりと紡がれるリード・ギターが印象的なアットホームな雰囲気のアンサンブル、そして、ハートウォームなメロディと流れるように場面が切り替わっていくメドレー形式のアレンジ。音楽を奏でることを心から楽しんでいるような、ポールらしいメロディ、演奏、アレンジに溢れた、ファンに愛され続ける一曲です。アルバムとしては、全英で2週1位、全米2位を記録。ビートルズ・ファン、ポール・ファンの中でも、好きな作品の上位にあげられることが多い名盤です。

    • UCCO9994/5

      廃盤希少、ペーパーケース仕様、未発表音源含むボーナスCD付き2枚組、SHM-CD、デジタル・リマスター、定価3,619+税

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

  • ROD STEWART / EVERY PICTURE TELLS A STORY

    代表曲「Maggie May」収録の71年3rd、全英/全米でNo.1に輝いた大出世作!

    全英全米ともに1位。ロッドの名を世界へと知らしめた3rdソロにして一大出世作。71年作。キャリアを代表する大ヒット曲「マギー・メイ」(全英全米1位)、「リーズン・トゥ・ビリーヴ」(全英1位)他、ロン・ウッドとの共作によるタイトル曲、自らのマンドリンをフィーチャーした「マンドリン・ウィンド」など名曲ぞろい。

  • FERNANDO PERDOMO & DENNY SEIWELL / RAM ON: THE 50TH ANNIVERSARY TRIBUTE TO PAUL & LINDA MCCARTNEY’S RAM

    注目の米マルチ奏者Fernando Perdomoと、WINGSのオリジナル・ドラマーDenny Seiwellが、ポールの71年作『RAM』の50周年を記念し同作をフルカバーした21年作!

    19年にはKING CRIMSONのアコースティック・カバー作をリリースした注目の米マルチ・ミュージシャン/プロデューサーFernando Perdomoと、WINGSのオリジナル・ドラマーDenny Seiwellが、ポールの71年作『RAM』のリリース50周年を記念し同作をフル・カバーした21年作。総勢100名前後のミュージシャンがゲスト参加しており、曲ごとに編成も異なるのですが、どのナンバーも過剰にリアレンジを施さずオリジナルへの愛情をたっぷりと感じさせる好カバーに仕上がっていて素晴らしい。ラストには同作のセッションで生まれたシングル曲「ANOTHER DAY」「OH WOMAN OH WHY」のカバーが収録されているのも憎い構成です。その「ANOTHER DAY」では、ポール直系の名ポップSSW、Gordon Michaelsがヴォーカルを、そしてオリジナル『RAM』でもプレイした名手David Spinozzaがギターを担当。聴き所の一つとなっています!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。