プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

レオン・ラッセルから巡るピアノが光るスワンプ・ロック・セレクション

こんにちは。スタッフ青山です。だいぶ寒くなり、冬も近いな、と感じるこの頃です。今日は深まる秋に聴きたい、ピアノが光るスワンプ・ロックをセレクトしました。

ピアノ、スワンプ・ロックといえばこの方。レオン・ラッセルからスタート!

LEON RUSSELL/LEON RUSSELL

フィル・スペクターを支えたセッション・ピアニストにして、クラプトンやジョージ・ハリスンをも魅了したLAスワンプの顔役と言えば?

試聴 Click!

SPOONER OLDHAM/POT LUCK and SPARE CHANGE

マッスル・ショールズで活躍した名ピアニスト&オルガン奏者で、あのダン・ペンとのソングライター・コンビとしても知られるミュージシャンと言えば?ディランやニール・ヤングの作品にも参加してるし、ソロ作が名盤でないはずがないじゃない!?

試聴 Click!

ALEX RICHMAN / SALTY

キャロル・キングをスモーキーにしたような歌声が良いし、何と言っても、ライ・クーダー、ジェシ・デイヴィス、ジム・ケルトナーが参加してるからね!マイナーだけど内容はピカいち!

試聴 Click!

BOBBY GOSH / MOTHER MOTOR

スキンヘッド&お髭の見た目に違わず強烈なダミ声の持ち主ですが、作るメロディはどこまでもキャッチーでハートフル。ビリー・ジョエルやエルトン・ジョンにも負けない!?ピアノ弾き語りSSW好盤!

試聴 Click!

LAURIE KAYE COHEN / UNDER THE SKUNK

これほどの歌い手がたった一枚のみに終わったとは…。ボブ・シーガーあたりにも匹敵する名スワンプ・シンガーじゃないのっ!

試聴 Click!

TIM TUTOR / BOPPIN’ THROUGH THE MILKY WAY

試聴 Click!

ピアノ好きに贈るこちらの記事も合わせてご覧ください!


「ピアノ・ロックが聴きたい!」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

【関連記事】

「ピアノ・ロックが聴きたい!」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

ピアノが使われているロック作品を集めました。


秋の夜長にぴったりの、気品あるピアノをフィーチャーしたプログレ特集♪

【関連記事】

秋の夜長にぴったりの、気品あるピアノをフィーチャーしたプログレ特集♪

芸術の秋、音楽の秋。心地の良い秋の夜長に、優雅で芸術的なクラシカル・ピアノ・プログレはいかがでしょうか?


ピアノのプレイが光る世界のプログレ・セレクション!

【関連記事】

ピアノのプレイが光る世界のプログレ・セレクション!

ピアノに注目して世界のプログレを探求☆

もっとスワンプ・ロックを探求したい?こちらの記事も合わせてご覧ください!


レオン・ラッセルみたいな「ダミ声」スワンプ・ロック特集

【関連記事】

レオン・ラッセルみたいな「ダミ声」スワンプ・ロック特集

レオン・ラッセルのような「ダミ声」のスワンプ・ロックをピックアップしてまいります。


デラニー&ボニーから辿る、芳醇な米英フォーク・ロック~スワンプ・ロック~SSW特集!

【関連記事】

デラニー&ボニーから辿る、芳醇な米英フォーク・ロック~スワンプ・ロック~SSW特集!

秋にぴったり、芳醇な米英フォーク・ロック~スワンプ・ロック~SSW特集!


ニッチなブリティッシュ・スワンプ・ロック特集!

【関連記事】

ニッチなブリティッシュ・スワンプ・ロック特集!

デレク&ザ・ドミノス『レイラ』やジョージ・ハリスン『オールシングス・マスト・パス』など、華々しいトップ・アーティスト達による英スワンプ名作の裏に、マイナーながら、米ルーツ・ミュージックのコクと英国的な叙情性や牧歌性が絶妙にブレンドされた愛すべき作品が数多くリリースされています。そんな愛すべきニッチなブリティッシュ・スワンプ作品をピックアップいたしました。


デラニー&ボニーから辿る、ゴスペル・スワンプ・ロック

【関連記事】

デラニー&ボニーから辿る、ゴスペル・スワンプ・ロック

ゴスペル色の強いスワンプ・ロックをピックアップいたしました!


LAスワンプのSSW特集

【関連記事】

LAスワンプのSSW特集

ロサンゼルスのスワンプ・ロック・シーンから、SSW作品としても楽しめる作品をピックアップいたしました。


マッスル・ショールズ産SSW/スワンプ・ロック特集!

【関連記事】

マッスル・ショールズ産SSW/スワンプ・ロック特集!

マッスル・ショールズ録音作、マッスル・ショールズにゆかりのあるソングライターやセッション・マンのソロ作など、R&Bやソウルなど米南部のルーツ・ミュージックの芳醇な香りに包まれた名作をここに特集いたします。

関連カテゴリー

「ピアノが光るスワンプ・ロック・セレクション」在庫一覧

  • SPOONER OLDHAM / POT LUCK and SPARE CHANGE

    マッスル・ショールズで活躍した名SSWによる72年作、ダン・ペンの名作と並ぶスワンプ/SSW屈指の傑作!82年作『SPARE CHANGE』とのカップリング

    米南部アラバマはマッスル・ショールズのFAMEスタジオで、ダン・ペンとのソングライター・チームとして、オルガン&ピアノのセッション・ミュージシャンとして活躍したミュージシャン。LAに移ってからは、ディラン、ジョー・コッカー、ジャクソン・ブラウン、ニール・ヤングの作品に参加するなどロック界で知られる名プレイヤーです。そんな彼が、72年にリリースした1stソロが本作。決してうまくはないものの、音程のゆらめきから叙情がしっとりとこぼれ落ちる「味」のあるヴォーカル、流麗で円熟したメロディ、柔らかに叙情を描くオルガンとピアノ。とにかく胸を締め付けるアーシー&メロウな佳曲がこれでもかと続きます。ダン・ペンの名作と並び、米スワンプ/SSW屈指の作品です!

  • LEON RUSSELL / LEON RUSSELL

    エリック・クラプトン、ジョージ・ハリスン、ジョー・コッカーなど豪華メンバーがサポート、70年発表の1stソロにしてスワンプ・ロック史上の傑作!カーペンターズが取り上げた代表曲「A Song For You」収録

    60年代からフィル・スペクター作品などセッション・ミュージシャンとして活躍した名ミュージシャン。70年にリリースされたデビュー作で、スワンプ・ロック屈指の傑作。レオン・ラッセルは、LAスワンプ・シーンの中心人物で、クラプトンの1stソロにも参加するなど英スワンプ・シーンにも影響を与えた一人。さすがに参加メンバーが豪華で、クラプトン、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、ジョー・コッカー、デラニー&ボニー、ボビー・ウィットロックなど、一流どころがずらりと参加しています。カーペンターズがカバーしてヒットした「A Song For You」などメロウなナンバーから、強烈なグルーヴでウネリを上げるスワンピーなナンバーまで、佳曲揃い!

  • ALEX RICHMAN / SALTY

    ライ・クーダーやジェシ・デイヴィスやジム・ケルトナーが参加した女性SSWによる72年唯一作、SSW/スワンプの名作

    後にドアーズのギタリストのロビー・クリーガー、ドラマーのジョン・デンズモアが結成したバンドBUTTS BANDに参加する米女性Key奏者&SSW。72年にCAPITOLよりリリースされたソロ唯一作。何と言ってもバックが豪華で、ジム・ケルトナー(dr)、クリス・エスリッジ(元FBBのベース)、ウェイン・パーキンス(マッスル・ショールズの名ギタリスト)を中心に、曲によって、ライ・クーダー、ジェシ・エド・デイヴィスなどが参加しています。キャロル・キングをスモーキーにしたような歌声、彼女自身が弾く流麗なピアノ&オルガン&ハープシコードも魅力的です。キャロル直系の黄昏のSSW曲からバックの力強い演奏がグルーヴしまくるスワンプ・ロックまで、SSW/スワンプのファンにはたまらない佳曲ぞろい。ジャケも含めて地味な位置づけの作品ですが、内容はピカイチ!

  • BOBBY GOSH / MOTHER MOTOR

    ポール・アンカとの活動でも知られる米SSW/ピアニスト、ハートフルなメロディ光る72年作2nd

    米SSW/ピアニスト、72年の2ndアルバム。スキンヘッド&髭という見た目に違わぬ強烈なダミ声の持ち主ですが、一方で彼の作るメロディはどこまでも瑞々しくハートフル。跳ねるピアノや粘っこくスワンピーなギターをバックにBobbyのソウルフルなシャウトが炸裂する「Mother Motor」、雄大でドラマチックなピアノの響きが素晴らしい「All The Things You Didn’t Do」。どの曲もキャッチーなメロディメイクやリズミカルなピアノが光る佳曲揃いです。エルトン・ジョンやビリー・ジョエルにも負けないピアノ弾き語りSSW好盤!

  • LAURIE KAYE COHEN / UNDER THE SKUNK

    米SSWによる73年唯一作、圧倒的な歌唱力に心奪われるメロウ・スワンプ名盤!

    アメリカのSSWが73年に残した唯一のアルバムで、マイク・ディージー/ディーン・パークス/ジム・ゴードン/ジム・ホーン/クライディー・キングなど豪華ミュージシャンがサポートしたメロウ・スワンプの逸品。一曲目「Don’t Cry」から何という名曲!優美なストリングスをバックに、ハスキーながらとても繊細な声で静かに歌い出す冒頭、そしてドラマチックに盛り上がるサビで一気に飛翔する力強いヴォーカル。この落差に早くもノックアウトです。一方で、ゴキゲンに跳ねるピアノやタイトなドラミング、ソウルフルな女声コーラスなど名手達による隙のないアンサンブルもさすがで、そんな演奏に乗ってコロコロと表情を変えながら瀟洒に歌い上げるLaurieのヴォーカルも堂々たるもの。繊細な歌唱と喉を使ったエネルギッシュな歌唱との表現の幅に魅せられるヴォーカリストとしての才能を感じさせる名品です。

米SSW/スワンプ/カントリー・ロックの在庫

「米SSW/スワンプ/カントリー・ロックの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。