プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

LAスワンプのSSW特集

こんにちは。スタッフみなとです。

R&Bやブルース、ゴスペルなどの黒人音楽と、カントリーやフォークなどの白人音楽が混じりあった芳醇なサウンドのスワンプ・ロック。

サイケデリック・ロックの嵐が吹き荒れる60年代後半に、ルーツ・ロックへ回帰する動きとともにアメリカに広まりました。

今日は、レオン・ラッセルやデラニー&ボニーを中心として盛り上がったロサンゼルスのシーンから、「スワンプ・ロック」としてだけでなく「シンガー・ソングライター」としても楽しめる作品をピックアップいたしました。

LEON RUSSELL/CARNEY

オクラホマに生まれたレオン・ラッセルは、14歳の頃に地元タルサで音楽活動を始め、60年代の初めにはロサンゼルスへと向かいスタジオ・ミュージシャンとして活躍しました。

ロサンゼルスではスタジオ・ミュージシャンとして頭角を現し、同郷タルサのミュージシャンをロサンゼルスに多く呼び寄せ、その実力と行動力、人望とでスワンプ・ロック・シーンの中心となって活躍しました。

さて、こちらのレオン・ラッセル72年のソロ作『CARNEY』は、前年にジョージ・ハリスンの呼びかけに応じてバングラデシュ難民救済コンサートに出演し、ひと段落着いたあとのアルバム。

粘っこくてパワフルなロック・サウンドだった1、2枚目に比べて、ジャズやゴスペルなどを取り入れたバラード曲が多く、少し洒落た繊細な作風です。

サーカス芸人の悲哀を歌った「Tight Rope」、恋愛の終わりを仮面舞踏会に例えた「This Masquerade」など、人生の悲しい面に焦点を当てた楽曲を、あのしわがれた歌声で哀愁たっぷりに歌い上げています。

試聴 Click!

J.J.ケイル/ナチュラリー

レオン・ラッセルと同じオクラホマ州生まれのJ.J.ケイルは、地元タルサで音楽活動をしていましたが、64年にロサンゼルスへ向かいスタジオのエンジニアとして働きます。

ミュージシャンとしてシングルをいくつか出しましたが鳴かず飛ばずで、エンジニアとしても十分に稼ぐことが出来ず、ギターを売ってタルサへと戻ってしまったそうです。

しかし思わぬところで転機が。1970年にエリック・クラプトンがデビュー作で「After Midnight」をカバーしたことによりJ.J.ケイルに注目が集まり、レオン・ラッセルのシェルター・レコードからデビュー作『NATURALLY』をリリースすることとなったのです。

さて、今作の全体に流れるのは、リラックスした心地よいグルーヴ。

粘っこいリズムの上にたなびくフィドル、気負わないギターやぼそぼそ呟くようなボーカル…。独特の枯れた味わいを醸し出しています。

試聴 Click!

ROGER TILLISON/ROGER TILLISON’S ALBUM

こちらのロジャー・ティリソンもオクラホマ州出身。10代の頃から音楽活動を始め、最初はジャズ・ミュージシャンを目指していました。

やがてフォーク・リバイバルの影響もあり、フォーク・シンガーとしてアメリカのコーヒー・ハウスを演奏してまわるうちにオクラホマのタルサに辿り着き、レオン・ラッセルと知り合います。

その後ジェシ・デイヴィスから声をかけられ、ジェシのプロデュースで今作がリリースされました。

ずっしりしたリズム・セクションに歌声たっぷりのオルガン、ジェシ・デイヴィスの味わい深いスライド・ギター。そして無骨で荒々しいロジャー・ティリソンのボーカルが、哀愁あるメロディとともに迫ってきます。

試聴 Click!

GENE CLARK/WHITE LIGHT

ジェシ・デイヴィスつながりでこちらも。

バーズをいち早く辞めたジーン・クラーク。カントリーに接近し、ディラード&クラークなどで活動しました。

こちらの71年作はジェシ・デイヴィスのプロデュース。

ジーン・クラークの嚙み締めるようなしみじみとしたボーカルと、ジェシの粘っこいギターやシンプルで滋味深いサウンドが、じわりじわりと心に染み入ります。

試聴 Click!

MARC BENNO/MARC BENNO

この人のボーカルもしみじみ、良いですよね。

テキサス州ダラス出身のマーク・ベノ。60年代末にレオン・ラッセルとデュオ、アサイラム・クワイアを組んでいましたがパッとせず、一旦ダラスに戻ります。

友人のリタ・クーリッジがA&Mに推薦してくれて、70年にこのデビュー作をリリースしました。

スワンプ・ロックのシンガーはパワフルな人が多いですが、マーク・ベノは優男風とでも言いますか、線が細く繊細な声質です。

リラックスしてブルージーな楽曲にとてもよく合っています。

試聴 Click!

PRISCILLA/GYPSY QUEEN

最後は女性SSWです。

リタ・クーリッジの名前が出ましたが、こちらはお姉さん。

音の隙間から旨味が溢れる芳醇なアンサンブル、艶っぽくしっとりとエモーショナルなヴォーカル。

スワンプ・ロックとしても素晴らしいですが、女性SSWものとしても非常に味わい深い作品です。

試聴 Click!

関連カテゴリー

関連在庫

  • PRISCILLA / GYPSY QUEEN

    リタ・クーリッジの姉、夫であるブッカー・T・ジョーンズのプロデュースによる71年作ソロ

    リタ・クーリッジの姉であり、夫はブッカー・T・ジョーンズで、ブッカー・Tとのデュオ作でもスワンプ・ファンに人気の女性SSW。ブッカー・Tのプロデュースで、ジム・ゴードン(Dr)、ジャズ・ギタリストのハーブ・エリス、LAの名ギタリストのジョエル・スコット・ヒルなどをバックに録音され、71年にリリースされたソロ作。音の隙間から旨味が溢れるタメのきいた芳醇なアンサンブル、艶っぽくしっとりとエモーショナルなプリシラのヴォーカル。スワンプ・ロック、サザン・ソウルのファンには言わずもがなの名作!

聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。