プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

デラニー&ボニーから辿る、ゴスペル・スワンプ・ロック

こんにちは。スタッフみなとです。

70年代に英米のミュージシャンを巻き込みスワンプ・ロック・ブームを推し進めたのは、夫婦デュオのデラニー&ボニーでした。

スワンプ・ロックは、ブルースやカントリー、ゴスペルといった米国南部のルーツ・ミュージックからの影響を色濃く表現したサウンドが特徴です。

今日はその中のゴスペルに注目し、ゴスペル色の強いスワンプ・ロックを取り上げて参りたいと思います。

ゴスペル・ミュージックには、何といっても「高揚感」がありますよね!

鳥肌が立つような、涙が出てしまうような、魂に直に訴えかけてくるものがあります。

「奴隷」として連れてこられた黒人たちが、辛い生活の中で救いを求めて歌った音楽。現代に生きる私たちにも、深く響いてきます。

さて、まずはデラニー&ボニーの楽曲から参りましょう。

デラニー&ボニー/オリジナル・デラニー&ボニー

70年代に英米のミュージシャンを巻き込んでスワンプ・ロック・ブームを推し進めた夫婦デュオ、デラニー&ボニー。

試聴 Click!

ミシシッピ州に生まれたデラニー・ブラムレットは、両親が経営する農場で働く黒人労働者たちからブルースやゴスペルを教えてもらい、その中でもゴスペルに一番影響を受けたそうです。

JOE COCKER/MAD DOGS AND ENGLISHMEN

R&Bやゴスペルに影響を受けた、ハスキーでパワフルな歌声が持ち味のジョー・コッカー。

ビートルズの楽曲「With a Little Help from My Friends」を、ゴスペル風にアレンジして歌っています。

試聴 Click!


「ハスキーボイスが特徴的な男性ヴォーカリスト」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

【関連記事】

「ハスキーボイスが特徴的な男性ヴォーカリスト」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

しゃがれた声が味わい深い、ハスキーボイスのシンガーを集めました。

ドン・ニックス/イン・ゴッド・ウィ・トラスト

テネシー州メンフィス生まれのドン・ニックス。ゴスペルの影響を強く受けており、デラニー&ボニーの『HOME』をプロデュースしています。

こちらは71年作。

深みのある無骨なボーカルと、ゴスペル調の女性コーラスとがたまりません!

試聴 Click!

JERRY WILLIAMS/JERRY WILLIAMS

エリック・クラプトンやデイヴ・メイスンにも曲を提供したいぶし銀のSSW。72年作ソロ。

テキサス生まれで、ゴスペルやブルースなど南部音楽に影響を強く受けています。

繊細な叙情美溢れるソウルフル&メロウな歌唱が光る名盤。

試聴 Click!

最後は英国です。

THOMAS F.BROWNE/WEDNESDAY’S CHILD

イギリスのSSW。71年にヴァーティゴ・レーベルよりリリースされた唯一作。

米ルーツの旨味と英国的叙情が溶け合ったサウンドは絶品の味わいです。

試聴 Click!

いかがでしたでしょうか。お気に入りの一枚がありましたら幸いです。

関連カテゴリー

関連在庫

  • THOMAS F.BROWNE / WEDNESDAY’S CHILD

    英国的叙情性と米ルーツの旨味や渋みが溶け合った逸品、71年にVertigoよりリリースの唯一作

    イギリスのSSW。71年にヴァーティゴ・レーベルよりリリースされた唯一作。ジャケットのイメージ通りの英国的な陰影と幻想性を軸に、カントリー、ゴスペル、ブルースなど、ルーツ色が滲むアンサンブルが渋みと旨味を加える芳醇なサウンドが持ち味。土臭さや骨太さはそれほど感じず、翳りのあるメロウな歌声、エコーで包んだサウンド・プロダクションのせいか、いかにも英国的といえる叙情性に溢れています。SPOOKY TOOTHのGary Wright、FOTHERINGAY〜FAIRPORT CONVENTIONで活躍したギタリストJerry Donahueなどがバックを担当。メロウなSSWやスワンプ・ロックのファン、Miller Andersonあたりのファンにはかなりオススメの逸品。

  • JERRY WILLIAMS / JERRY WILLIAMS

    クラプトンにも曲を提供したいぶし銀のSSW、72年作ソロ、ニッキー・ホプキンスが全面参加、最上級のリリシズムを聴かせる傑作

    エリック・クラプトンやデイヴ・メイスンにも曲を提供したいぶし銀のSSW。72年作ソロ。翌年に『夢見る人』をリリースする(その中の4曲で共作)ニッキー・ホプキンスや、ニール・ヤング『今宵その夜』などでお馴染みのギタリスト、ニルス・ロフグレンが参加しているのも注目。線の細いヴォーカルが特徴で、アクの強さはなく、繊細な叙情美溢れるソウルフル&メロウな歌唱が光ります。ウイスキーを飲みながら深夜に聴きたい翳りあるスワンピーなナンバーはもちろん、なんと言っても、ニッキー・ホプキンスの流麗なピアノをフィーチャーしたアーシーなバラードが絶品。もう最上級の男の哀愁と切なさ。スワンプ・ファンはもちろん、SSWファンも、ニール・ヤングなどフォーク・ロックのファンも必聴!あっ、クラプトンのファンももちろん!彼が参加していたグループ、HIGH MOUNTAIN HOEDOWNもあわせて是非!

聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。