プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

秋の夜長にぴったりの、気品あるピアノをフィーチャーしたプログレ特集♪

スタッフ増田です。

すっかり秋模様ですね。秋と言えば、芸術の秋!音楽の秋!

というわけで、こんな心地の良い秋の夜長に、クラシカルでエレガントなピアノ・プログレはいかがでしょうか。

今回はオルガンでもシンセでもなく、気品溢れるピアノがフィーチャーされている世界のプログレ作品をセレクトいたしました!

RENAISSANCE / SCHEHERAZADE AND OTHER STORIES

まずは英国クラシカル・ロックの代表格ルネッサンスによる75年作4th、『シェエラザード夜話』。

コルサコフの交響曲をモチーフにしたB面の大曲「シェエラザード夜話」もさることながら、この1曲目「Trip to the fair」も素晴らしいクラシカル・ピアノ・プログレ!

クラシカルで凛としたピアノのイントロに、美麗な女性ヴォーカルと幻想的なコーラス・・・まさにファンタジーの世界に導かれるかのような一曲ですね。

試聴 Click!

次はクラシカル・プログレの宝庫、イタリア!70年代の傑作から新鋭まで一挙ご紹介いたします。

LUCIANO BASSO/VOCI

初っ端からマイナーですが、クラシカル・ロックの最上級と言える傑作。76年作。

芳醇なピアノとヴァイオリンに、甘くふくよかなギターが織り成すアンサンブルは「ロック」の枠を超えた優美さ。

西洋音楽の長い歴史をバックボーンに持つイタリアだからこそ生み出せるサウンドですね。

試聴 Click!

MESSAGGIO 73/UNA RAGIONE PER VIVERE

こちらもマイナーながら、イタリアン・クラシカル・ロックの旨味がギッシリ詰まった名盤!75年作。

天上に昇るように優雅なピアノのイントロに、さらにうっとりするようなヴァイオリンやシンセが絡んできて、でもどこか人懐っこいポップさもあって。

メジャー・グループのような洗練された完成度はありませんが、イタリアン・ロックならではの「味」がそこかしこから溢れ出る逸品!

試聴 Click!

SYNDONE/EROS & THANATOS

次は90年代に結成されたイタリアの新鋭による2016年6th。

初っ端からアレアばりにテンションみなぎるアヴァンギャルドなアンサンブルが炸裂したかと思えば、叙情たっぷりに歌いあげるナンバーもあったり。

これはずばりアレアやP.F.M.のDNAを受け継ぐ地中海プログレの新たなる傑作!

試聴 Click!

UNREAL CITY/FRAMMENTI NOTTURNI

鬼才Fabio Zuffantiのプロデュースで13年にデビューしたイタリアの新鋭プログレ・グループ、17年作3rd。

ファンタスティックなシンセ、泣きの旋律を紡ぐギター、切ないヴァイオリン、そしてクラシカル・タッチの流麗なピアノがめくるめく躍動してゆくアンサンブルが圧巻!

この完成度、全盛期FINISTERREにも匹敵するのではなかろうか…。

試聴 Click!

GAN EDEN/GOODBYE

key奏者Angelo Santo Lombardiを中心とするイタリア新鋭、18年作3rd。

エレガントなピアノやふくよかなシンセ、荘厳なチャーチ・オルガンを用いつつドラマチック&詩情たっぷりに展開してゆくアンサンブルがいいなあ。

BANCOやPFMをはじめとする70年代イタリアン・ロックへの愛に溢れた好作品!

試聴 Click!

MORRIGHANS/A BLOOD STAINED PIANO

お次はフランスから。

なんと崇高で格調高いピアノの演奏だろう…。と、うっとりしていると、ヘヴィなギターが鳴り響き、物語が劇的に動き出します。

フランスらしいゴシックで耽美な雰囲気たっぷりのフレンチ・プログレ18年作!

試聴 Click!

TOWNSCREAM/NAGYVAROSI IKONOK

次は東欧、ハンガリー!

この曲の冒頭での躍動感みなぎるピアノ!キース・エマーソンばりのキレ味ですよね。

元AFTER CRYINGの超絶Key奏者によるテンション溢れるシンフォ・プログレ!

試聴 Click!

MOONRISE/LIGHTS OF A DISTANT BAY

次はポーランドのメロディアス・シンフォ・グループによる07年作。

美麗な作品の多いポーランドのシンフォ・シーンの中でも屈指と言える幻想美と溢れる美メロ。

ファンタスティックなジャケのイメージ通りの逸品です。

試聴 Click!

LOST WORLD/SOLAR POWER

次はロシア!母国のみならず、新鋭プログレ・シーンを代表すると言ってよいこのグループの13年作4thをピックアップ。

テクニカルに駆け巡るヴァイオリン、リリカルに吹き抜けるフルート、アヴァンギャルドかつ流麗に疾走するピアノ!

密度、緊張感、叙情性、どれをとっても最高峰と言える傑作!

試聴 Click!

QUORUM/KLUBKIN’S VOYAGE

次もロシアの新鋭、11年デビュー作。

芳醇なヴォーカル、壮大な女性コーラス、伸びやかなギターに饒舌でドラマチックなピアノ…。

全パートのどこを切り取ってもメロディが溢れ出る、と言っても過言ではないメロディアスぶり!

試聴 Click!

ANACRUSA/SACRIFICIO and FUERZA

次は南米よりこんな作品をご紹介!78年作+82年作。

哀愁漂うフォルクローレ調のバンド演奏を格調高い管弦楽器の調べがクラシカルに彩る、詩的な美しさを持つサウンドが素晴らしさと来たら!

70年代末のアルゼンチンにこんなにも知的で洗練度の高いグループがいたとは。

試聴 Click!

ANAKDOTA/OVERLOADING

次はイスラエル出身の新鋭16年作!

流麗で技巧的なピアノの旋律に、イスラエルらしい爽やかなヴォーカル・メロディが合わさったアンサンブルがとにかく快感!

シャープなリズムにオルガンとエレピが舞うパートでは70sジャズ・ロックの香りも漂ってきて、洗練されつつヴィンテージ感もたっぷり。これはたまりません!

試聴 Click!

TROOT/CONSTANCE AND THE WAITING

最後はこちらの多国籍プログレ・プロジェクトによる18年作。

鋭角的なギターに気品ある管楽器、ラフマニノフなど近現代クラシックの素養を感じさせるシャープなピアノが躍動する、エレガント&スリリングなアンサンブルが実にCOOL!

パリ在住の米国人作曲家/ピアニストを中心に、世界各国の実力派ミュージシャン10名が織り成すドラマチックなアヴァン・プログレ!

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらの記事もどうぞ!


「ピアノ・ロックが聴きたい!」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

【関連記事】

「ピアノ・ロックが聴きたい!」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

ピアノが使われているロック作品を集めました。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • RENAISSANCE / SCHEHERAZADE AND OTHER STORIES

    フルオーケストラを動員したクラシカル・シンフォニック・ロックの最高峰!75年作4th

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は75年にリリースされた4thであり、彼らの代表作の呼び声も多い名盤。特にリムスキー・コルサコフの同名交響曲に端を発した「シェエラザード夜話」は、「アラビアン・ナイト」の世界をコンセプトに据えた20分を超える超大作であり、オーケストラ・サウンドとロックの融合を目指した英国ロックの1つの結論と呼ぶべき傑作。米国での成功で勢いに乗った彼らの生み出したシンフォニック・ロックの世界は他の追随を許しません。

  • QUORUM / KLUBKIN’S VOYAGE

    ロシアからとんでもない新鋭が登場!70年代プログレの遺伝子を受け継いだ正統派プログレとして一級の傑作!

    ロシアの新鋭グループ、2011年のデビュー作。もうオープニング・ナンバーのイントロからキてます。リック・ウェイクマンとアンディ・ラティマーが共演!?っといった感じで、マイルドなトーンの流麗なギターとクラシカルなピアノが美しい旋律で幕を開け、一転して、マイク・オールドフィールド『チューブラー・ベルズ』を彷彿とさせるような緊張感あるピアノに切り替わったかと思うと、ドラムが走りだし、視界が一気に広がり、ギターとキーボードから次々とメロディが溢れ出る!この展開に心躍らないプログレ・ファンは居ないでしょう。さぁさぁ、ヴォーカルはどんな感じかな、と待っていると、透明感のある歌声と包み込むような歌唱が素晴らしい男性ヴォーカルが伸び伸びと美しいメロディを歌い上げる。バックではコロコロとリリカルなピアノがサポート。それにしても、全パートのどこを切り取ってもメロディが溢れ出る、と言っても過言ではないメロディアスぶり!これはGENESISやCAMELやYESなど70年代プログレの遺伝子を受け継いだ正統派プログレとして一級の出来映え!往年のプログレ・ファンは必聴の大傑作です。

  • TROOT / CONSTANCE AND THE WAITING

    [カケレコ国内盤リリース中] 米国人ピアニスト/作曲家Tim Rootを中心に、世界中から集結した10人の実力派ミュージシャン参加のアヴァン/ジャズ・ロック・プロジェクト18年作、ずばり「クラシカルなクリムゾン」と言える傑作!

    仏在住のアメリカ人作曲家/ピアニスト、Tim Rootを中心とするアヴァン/ジャズ・ロック・プロジェクト18年作。ADRIAN BELEW POWER TRIOやクリムゾン・プロジェクトへの参加で知られる気鋭の女性ベーシストJulie Slickをはじめ、米国・イタリア・アルゼンチンなど各国から選りすぐりの実力派ミュージシャン10名により制作された作品とのことですが、なるほどこれは驚愕の完成度!R・フリップを思わせる切れ味鋭くヘヴィなギター、シャープ&タイトなリズム隊、チェンバー風味のクラリネットにこれでもかとむせぶサックス…『太陽と戦慄』や『RED』期クリムゾンからの影響を感じさせる、スリリングで強靭なアンサンブル。そこへリーダーのTimによるキメ細かく端正なピアノがクラシカルな色合いを加え、はち切れんばかりにハイテンションながらもどこか洗練された気品の漂うスタイリッシュなサウンドを聴かせています。ラフマニノフなど近現代クラシックを思わせるアヴァンギャルドなパートも披露しつつ、そこから天に抜けるように華麗なヴァイオリンがメロディアスな旋律を奏でるパートへと移り変わっていったりなど、ドラマチックな曲展開も特筆。精緻かつダイナミズムに富んだ演奏で聴き手を惹き込ませる、ハイレベルな傑作です。これは激・カケレコメンド!

  • LOST WORLD BAND(LOST WORLD) / SOLAR POWER

    現代ロシアを代表する3人組プログレ・バンド、前作を上回る密度と緊張感がみなぎる13年作4th!

    現代ロシアを代表する3人組プログレ・バンドによる13年作4th。シャープで安定感のあるドラム、テクニカルに躍動するベースを土台に、キーボードがリズム隊とは異なる変拍子でミニマルかつエスニック調のフレーズをかぶせ、緊張感を生み出す。そこにどこまでも伸びやかに、そして鮮烈に奏でられるヴァイオリン!芯のある太いトーンのギターやフルートもからみ、「静」と「動」を対比させながら流れるように畳みかけます。目の覚めるような完璧なオープニング・ナンバー。ただただ心が躍ります。2曲目以降も、切れのあるヴァイオリンが疾走するクラシカル・シンフォから、ヘヴィーにうねるギターが炸裂する70年代中期クリムゾン的ヘヴィー・プログレ、フルートをフィーチャーした民族調テクニカル・アンサンブルまで、1曲の中でめくるめく展開しながら、ハイテンションで駆け抜けます。終始テクニカルで展開が多いながらも、決して大味になることなく、精緻で格調高く気品に満ちているのがこのバンドの凄いところ。その点で、ジェントル・ジャイアントをも凌駕していると言っても決して過言ではありません。傑作3rdをさらに上回る、素晴らしすぎる傑作!

  • LUCIANO BASSO / VOCI

    76年リリース、豊潤なアンサンブルが素晴らしい伊クラシカル・ロックの大名作!

    イタリア出身のキーボード奏者。76年作。溢れんばかりの叙情性が胸を打つクラシカルなパートと、テクニカルかつ荘厳なキーボードをフィーチャーしたプログレッシヴなパートとを巧みに織り交ぜた構成が見事。生々しい響きの暖かみ溢れる弦楽器、流れるようにリリカルなピアノ、持続音を多用して丁寧に音を紡ぐギター、シャープかつふくよかなドラムなど、どの楽器も魅力的な響きに溢れています。テクニック、センスともに抜群で、豊潤なアンサンブルからはオーラすら感じます。全編インストですが、テーマのメロディがしっかりとしていて、たいへんフックがあります。これは素晴らしい作品です。

  • MOONRISE / LIGHTS OF A DISTANT BAY

    ポーランド、ファンタスティックなパートとヘヴィなパートとの振幅激しいダイナミックなシンフォ作、07年作

    ポーランドの叙情派シンフォ・グループ。07年作。荘厳なキーボード、鍵盤の上を軽やかに舞うクラシカルなピアノ、ロング・トーンのエモーショナルなギター、伸びのある歌声のふくよかなヴォーカルが印象的。アコースティックかつ瑞々しいタッチのファンタスティックなアンサンブルを基本に、シャープで硬質なドラムやメタリックなギター・リフなどの現代的なヘヴィネスを加えた、「静」と「動」の振幅激しいドラマティックなシンフォニック・ロック。

  • TOWNSCREAM / NAGYVAROSI IKONOK

    ハンガリーのAFTER CRYINGで活躍したKey奏者によるグループ、テンション溢れるテクニカル・シンフォ、97年作!

    初期AFTER CRYINGでキース・エマーソン譲りの凄まじい演奏を聴かせていたKey奏者Vedres Casaba率いるグループ。97年作。躍動感溢れるタッチのクラシカルなピアノとシャープで力強いドラムを中心に、ダーク&アグレッシヴに畳みかけるシンフォ・プログレ。テクニカルでスリリングなフレーズをこれでもかと連発。もの凄い緊迫感。対照的に静謐でリリカルなパートも実に美しいです。BANCOに通じるクラシックとロックの剥き出しの融合と圧倒的なダイナミズム。名作。

  • MESSAGGIO 73 / UNA RAGIONE PER VIVERE

    クラシカルなピアノやヴァイオリンが彩るイタリアン・ロック、75年作

    ヴァイオリン奏者を中心に、イタリア北部で結成されたプログレ・グループ、75年唯一作。いかにも70年代イタリアン・ロックと言える淡い色彩のジャケットからして秘宝感ぷんぷんですが、音もそのままの雰囲気!天へと上っていくように伸びやかなシンセをバックに、ピアノとヴァイオリンがクラシカルなフレーズを奏でるオープニング・ナンバーのイントロから、イタリアン・ロックでしか味わえない荘厳かつ格調高い音世界が広がります。ヴォーカル&メロディは歌心に溢れ、初期LE ORMEやEQUIPE 84のようなポップ感とラヴ・ロック的な甘美さとが絶妙にバランス。クラシックの確かな素養がありつつも、人懐っこいポップさを持ち、なおかつ、アーティスティックで奥ゆかしい感性を漂わせていて、もう70年代イタリアン・ロックのマニアは胸を熱くすること間違いありません。ジャケの雰囲気に「おっ!」となった方は聴いて間違いはありません。メジャー・グループのような洗練された完成度はありませんが、イタリアン・ロックならではの「味」がそこかしこから溢れ出る逸品。

  • SYNDONE / EROS & THANATOS

    これはずばりアレアやP.F.M.のDNAを受け継ぐ地中海プログレの傑作、イタリアの新鋭による2016年6th

    イタリア北西部はトリノ出身のKey奏者Nico Comoglioを中心に90年代はじめに結成されたグループ。92年と93年にアルバムをリリースした後、いったん解散し、2010年に再結成。再結成後にリリースした3枚のアルバムに続く通算では6枚目となる2016年作。のっけから、変拍子ばりばりのテンションみなぎるリズム、アレアばりにエキゾチックにウネリをあげるキーボードによるチェンバー・ロック的なサウンドにびっくり!といっても、アヴァンギャルド一辺倒ではなく、ジェネシスなど70年代シンフォニック・ロックのエッセンスもにじませるのが凄いところで、まるでジェネシスをダンサンブルにして倍速にしたようなパートなど、圧倒的な切れ味で聴き手を飲み込みます。気品たっぷりのアコギ爪弾きや格調高いピアノをフィーチャーしてクラシカルに聞かせたり、でも、その裏のベースはジャジーだったり、地中海〜北アフリカ的なエキゾチックなパーカッションをフィーチャーしたり、表現力は特筆。アレアやP.F.M.のDNAを受け継ぐ地中海プログレと言えるでしょう。情感たっぷりでうっとりするほどの美しい歌声を持つヴォーカルもまた特筆。これはずばり傑作です。

  • UNREAL CITY / FRAMMENTI NOTTURNI

    イタリアの新鋭プログレ・グループによる17年作3rd、往年へのリスペクトに溢れたヴィンテージ感覚と現代的センスを練り上げ唯一無二の音世界を創出した会心作!

    キーボード兼ヴォーカルのEmanuele Tarasconiを中心に2010年に結成され、12年に自主制作したEPが鬼才Fabio Zuffantiの目に留まり、彼のプロデュースで2013年にデビューしたイタリアの新鋭プログレ・グループ。15年リリースの2ndに続く2017年作3rd。こ、これは素晴らしいです。トニー・バンクス風のファンタスティックに躍動するシンセと薫り高きオルガンが絡み合いながら駆け抜けるジェネシス憧憬滲む艶やかな「動」のパートと、ややうつむき加減の流麗なクラシカル・タッチのピアノがリードする粛々としながらも劇的な「静」のパートの対比によって聴かせるサウンドメイクの何と見事なこと!ハケットばりのデリケートなトーンで泣きの旋律を紡ぐギター、切ないヴァイオリンの調べもアンサンブルに彩りを加えます。そんな丹念なアンサンブルによって描き出される優美な音世界に命を吹き込む、品のある柔らかな歌い口のイタリア語ヴォーカルがまた絶品。さらに特筆なのが、現代のバンドらしいハードエッジな音を最小限に抑え、かと言って懐古的にもならないその圧倒的なバランス感覚の良さ。その両方の要素があるのは確かなのですが、出てくる音はどの時代風とも言えないUNREAL CITYというバンドならではの味わい深さを湛たっぷりと含んでおり、それが唯一無二のオリジナリティともなっています。もともと70年代のヴィンテージな質感を宿したバンドとしては頭一つ抜けた存在でしたが、本作によって遂にバンドの音が完成した印象すら受けます。全盛期FINISTERRE並の完成度と言っていいでしょう。傑作!

  • ANAKDOTA / OVERLOADING

    イスラエル出身の新鋭16年作、クラシカルで技巧的なピアノがリードを取るポスト・ロック調の洗練されたアヴァン・ロック、ピアノの圧倒的なプレイに息を飲みます

    イタリアのレーベルFADINGよりリリースの、イスラエル出身グループ16年作。男女ヴォーカル、キーボード、ベース、ドラムというギターレス編成。クラシックの豊かな素養を下地に持つあまりに流麗で技巧的なピアノがリードするポスト・ロック調の洗練されたアヴァン・ロック。ピアノによって次々と紡ぎ出されていくスリリングかつ美麗なフレーズの連続には思わず息を飲みます。男性ヴォーカルのナンバーではトリッキーに上下するヴォーカルメロディにしなやかに追従し、スキャットを交え切々と祈るように歌う女性ヴォーカルのナンバーでは純クラシカルで静謐なプレイで歌声に寄り添う、ピアノの表現力の高さには驚くばかり。これほどのピアノがいるなら、ギターレス編成も納得です。シャープな切れ味のリズム隊を伴ってヴィンテージな質感を持つオルガンとエレピが舞うパートでは、70年代ジャズ・ロックの香りも漂ってきて特筆。ピアノをリードに据えたロックとして圧巻の完成度を誇る名品です。

  • GAN EDEN / GOODBYE

    イタリア新鋭18年作、BANCOやPFMなど70年代イタリアン・ロックへの憧憬と暖かみのある気品に溢れたキーボード・プログレ/シンフォニック・ロック

    key奏者Angelo Santo Lombardiを中心とする07年デビューのイタリア新鋭、前作から9年ぶりとなる18年作3rd。BANCOやPFM、LE ORMEといった70年代イタリアン・ロックの遺伝子を継承し、多彩なキーボードをダイナミックに駆使したクラシカルなシンフォニック・ロックを展開。キーボードの多様性はかなり特筆で、思わず耳を傾けてしまいたくなるキメ細やかなピアノを中心に、ヴィンテージなオルガン、煌びやかなシンセ、さらにはチャーチ・オルガンやチェンバロなどの荘厳な音色も取り入れ、イタリアらしい気品に満ちた丁寧なアンサンブルを聴かせています。歪んだギターを交えてアグレッシヴに展開する場面もあれど、全体の雰囲気は優雅で叙情的、かつどこか切なくメランコリック。しっとりと深みのあるヴォーカルも感動を誘います。ヴィンテージなサウンド・メイクも含めて、タイトながらも暖かみに満ち溢れたサウンドが愛おしい好盤です。

  • MORRIGHANS / A BLOOD STAINED PIANO

    女性ヴォーカルとクラシカルなタッチで格調高く鳴らされるピアノをメインとする耽美なフランス新鋭、18年作2nd

    女性ヴォーカルをフィーチャーしたフランスの新鋭シンフォ・グループ、18年作2nd。タイトルにあるように、19世紀よりパリ〜ロンドン〜サンクトペテルブルク〜ベルリンへと場所を変えながら欧州の歴史を見てきた一台のピアノを通して語られる物語をテーマとするコンセプト・アルバム。純クラシカルなタッチで格調高く鳴らされる美しいピアノと対比するように、タイトで存在感あるリズムとヘヴィに響くギターが重厚さを加え、エモーショナルさとスタイリッシュさがバランスした女性ヴォーカルが英詞で歌い上げます。全編を覆うゴシックで薄暗く耽美的なサウンドは、まさにフランスらしさに溢れていてさすが。終始「劇的」に展開していくサウンドは、長編映画にも似た充実ぶりを誇っています。サウンドだけでもコンセプトが明確に浮かび上がってくる演出にバンドの優れたセンスが発揮された聴き応え抜群の力作です。

  • ANACRUSA / SACRIFICIO and FUERZA

    アルゼンチン出身グループ、哀愁漂うフォルクローレ調のバンド演奏を格調高い管弦楽器の調べがクラシカルに彩る、詩的な美しさを湛えたサウンドが素晴らしい78年作と82年作を収録

    72年結成のアルゼンチン出身プログレ・グループ、78年作と82年作を収録。哀愁漂うフォルクローレ調のバンド演奏を格調高い管弦楽器の調べがクラシカルに彩る、詩的な美しさを湛えたサウンドは、南米という枠を越えて見ても大変に個性的。聴きモノは78年作5曲目で、『CONCERT GROSSO』を思わせるゆったりと甘く優雅にオーケストラが流れてゆく前半、バンドネオンの音色が郷愁を誘う中盤、芳醇かつスリリングなシンフォニック・ロックが駆け抜けていく終盤と隙のない構成が見事な大名曲。南米プログレとしては飛び抜けて洗練された音像に驚きです。82年作も前作を踏襲したサウンドですが、管楽器が活躍度を増している印象で、ジャズやポップも織り交ぜたより色彩感ある演奏となっています。この時期のアルゼンチンにこんなにも知的で洗練度の高いグループがいたとは。両作ともに傑作です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。