プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

英ブルース・ロック・ミュージシャンのプロジェクト作『TRAMP/TRAMP』- MEET THE SONGS 第173回

こんにちは。スタッフ青山です。
今日も暑い一日になりそうです。でもいつ雨が降るかわからない時期。夕方雷が鳴っていました。しばらくは傘が手放せないですね。

今日は英ブルース・ロック・ミュージシャンによるプロジェクト・バンド、TRAMPの69年作1stをピックアップいたします。実力派ミュージシャン達が集まったこのアルバム。気の合う仲間が集まって自然とセッションが始まった、という感じのアットホームでルーズな雰囲気が魅力です。


メンバーはこちら。

Dave Kelly – vocals、 guitar
Jo Ann Kelly – vocals
Bob Brunning – bass guitar
Bob Hall – piano
Mick Fleetwood – drums
Danny Kirwan – guitar

どんなメンバーが集まったのか、この頃までのそれぞれの経歴を簡単にご紹介いたしましょう。

Dave Kelly(vocals、 guitar)

1947年生まれ。米国のブルース・マンに影響を受けて66年単身ニューヨークへ渡米。 67年帰国しJOHN DUMMER BLUES BAND(JOHN DUMMER BAND)に加入します。1st(1969)、2nd(1969)の収録に参加。

試聴 Click!

試聴 Click!

ソロ作『KEEPS IT ON THE FAMILY』(1969)もリリース。

試聴 Click!

Jo Ann Kelly (vocals)

1944年生まれ。Dave Kellyの姉で、英国が誇る女性ブルース・シンガー。64年にEPレコード・デビューした後はコンピレーション・アルバムに録音を残しています。

試聴 Click!

1969年に初ソロアルバムをリリース。

試聴 Click!

Bob Brunning(bass guitar)

1943年生まれ。FLEETWOOD MACの初期に参加し、John McVieと交代する形で脱退。在籍時、1stに「Long Grey Mare」の1曲を収録しています。

試聴 Click!

その後Savoy Brownでも短期間プレイ。そしてSAVOY BROWNで一緒だったBob HallとBRUNNING SUNFLOWER BLUES BANDを結成。このTRAMPに中心人物として参加しています。

試聴 Click!

Bob Hall (piano)

1942年生まれ。オリジナル・メンバーとして63年Groundhogsでメジャー・デビューし、その後SAVOY BROWNを中心にJOHN DUMMER BANDなど色々なバンドの録音に参加しています。BRUNNING SUNFLOWER BLUES BANDを結成したBob Brunningと共にこのTRAMPの中心人物。

Mick Fleetwood (drums)

1947年生まれ。63年ビート・グループでメジャー・デビューした後、いくつかのグループを経て67年にJOHN MAYALL’S BLUESBREAKERSに加入。短期間で脱退した後、Peter GreenらとFLEETWOOD MACを結成。ドラマーとして長く活躍します。のインパクトある『MR.WONDERFUL』のジャケットはMick。

試聴 Click!

Danny Kirwan (guitar)

1950年生まれ。68年、18歳の若さで3人目のギタリストとしてFLEETWOOD MACに参加し、ソングライターとしても活躍していきます。

試聴 Click!

英ブルース・ロックシーンを牽引した錚々たるメンバーが集まっていますね!では曲を聴いていきましょう。

オープニングの「Own Up」はノリの良いブルース・ロック。姉弟の低いブルージーなボーカルがカッコいい。特にJo Ann Kellyの貫禄たっぷりな声に痺れます。

試聴 Click!

T7「Street Walking Blues」は渋いスロー・ブルース。シンプルながら、ソウルフルなヴォーカルやギターソロを引き立てる絶妙な演奏はさすが実力派揃い。

試聴 Click!

T10「Hard Day」。ヴォーカルはなく、リズミカルな太いベースとピアノをバックにブルージーなフレーズを弾きまくるギターを堪能できます。

試聴 Click!


ブリティッシュ・ブルース・ロック特集

【関連記事】

ブリティッシュ・ブルース・ロック特集

本場アメリカ南部で生まれたブルースがイギリスに輸入されて誕生したブリティッシュ・ブルース・シーンを特集。アコースティック・ブルースから、エレクトリック化、さらに「ロック」と融合してブルース・ロック・ムーヴメントへと発展した激動の50年代~60年代の流れを見ていくことにいたしましょう。


アルコール片手に楽しむ激渋ブリティッシュ・ブルース・ロック選

【関連記事】

アルコール片手に楽しむ激渋ブリティッシュ・ブルース・ロック選

英国らしい枯れた味わいたっぷりのブルース・ロックを集めました。お酒とご一緒にどうぞ♪


英国ブルース・ロックの名ギタリストたち

【関連記事】

英国ブルース・ロックの名ギタリストたち

「歌」から「インストゥルメンタル」の時代へ。60年代ブリティッシュ・ブルース・ロック・ムーヴメントの中から登場した数々の名ギタリストをご紹介します。


これが1970年!?オルタナティブな感性を持ったブリティッシュ・ブルース・ロック選

【関連記事】

これが1970年!?オルタナティブな感性を持ったブリティッシュ・ブルース・ロック選

英国ブルース・ロック恐るべし!?現代にリリースされても違和感がなさそうなほどクールで先進的なブリティッシュ・ブルース・ロックをセレクトいたしましたよ~。


ブリティシュ・ブルース・ロック・アルバムTOP30-英音楽サイトTEAMROCK発表

【関連記事】

ブリティシュ・ブルース・ロック・アルバムTOP30-英音楽サイトTEAMROCK発表

ブリティッシュ・ブルース・ロックのランキングをご紹介!


スタッフ佐藤の、コレ好きなんですよ。第二十五回 ダニー・カーワン『セカンド・チャプター』

【関連記事】

スタッフ佐藤の、コレ好きなんですよ。第二十五回 ダニー・カーワン『セカンド・チャプター』

一般的にはさほど注目を集めることのない作品たちの中から、スタッフ佐藤が愛して止まない作品たちを取り上げてその魅力を語ります!

関連ジュークボックス

【関連ジュークボックス】

英ブルース・ロック名作選

TRAMPの在庫

  • TRAMP / TRAMP

    ミック・フリートウッド、ダニー・カーワン、デイヴ&ジョアン・ケリー姉弟など、英ブルース・ロック・ミュージシャンによるプロジェクトバンド、69年1st

    JOHN DUMMER BLUES BANDのデイヴ・ケリー(Vo)とその姉ジョアン・ケリー(Vo)を中心に、FLEETWOOD MACのミック・フリートウッド(Dr)&ダニー・カーワン(Gt)&ボブ・ブラニング(Ba)、ケリー姉妹やFLEETWOOD MAC人脈と多数共演するボブ・ホール(Piano)らが集い結成された英ブルース・ロック・プロジェクトの69年作1st。何が良いってやはりダニー・カーワンの程良く歪んだ、キレのあるギター・プレイが極上。リズミカルに転がるピアノも小気味よいし、デイヴ・ケリーのソウルフルなヴォーカルとジョアン・ケリーの艶のあるコーラスも良い。ノリ良くもゆったりとした気分に浸れるアンサンブルは英パブ・ロックにも通ずる所があります。初期FLEETWOOD MACなどブリティッシュ・ブルース・ロック・ファンは必聴の名作。

  • TRAMP / PUT A RECORD ON

    ミック・フリートウッド、ダニー・カーワン、デイヴ&ジョアン・ケリー姉弟など、英ブルース・ロック・ミュージシャンによるプロジェクト・バンド、74年最終作

    JOHN DUMMER BLUES BANDのデイヴ・ケリー(Vo)とその姉ジョアン・ケリー(Vo)、FLEETWOOD MACのミック・フリートウッド(Dr)&ダニー・カーワン(Gt)&ボブ・ブラニング(Ba)らによる英ブルース・ロック・プロジェクト、74年2ndにして最終作。溌剌と転がるピアノ、ブイブイむせぶサックス、ギターの軽快なカッティングに洒脱なヴォーカル。1曲目から小洒落たジャケットそのままのゴキゲンなR&Rチューンが飛び出してもう最高!硬派な真っ向ブルース・ロックを聴かせていた69年の1stよりもパブ・ロック色が強まっており、手練れのミュージシャン達がタメの効いたグルーヴの中で巧みに軽やかに楽しげに絡み合うアンサンブルにはこちらも酔っ払いそうなほど心地よくなってしまいます…!ブルース・ロック・ファンは勿論、英国パブ・ロックのファンには是非聴いていただきたい名盤です!

「TRAMPの在庫」をもっと見る

英ブルース・ロックの在庫

「英ブルース・ロックの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。