プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

追悼 キース・ティペット氏

2020年6月17日、イギリスのジャズ・ピアニスト、キース・ティペット氏がお亡くなりになりました。72歳でした。

死因は心臓発作だったと発表されています。

プログレ・ファンであれば、やはり初期キング・クリムゾンでの鮮烈なピアノ演奏が印象に残っている方が多いのではないかと思います。 

クリムゾン以降も、ロバート・フリップと共同制作した作品や自身のバンドKEITH TIPPETT GROUPでの活動、そして奥方Julie Driscoll Tippettsとの共作など、近年まで異才を放ち続けました。

彼が参加した主要な作品を取り上げて、その創造性あふれるプレイの数々を振り返ってみたいと思います。

KING CRIMSON/IN THE WAKE OF POSEIDON

衝撃のデビュー作「クリムゾン・キングの宮殿」に負けず劣らずの傑作2nd。「Cat Food」で聴くことができるアヴァンギャルドに舞うピアノは、まさしく「美は乱調にあり」という言葉をそのまま表現したゾクゾクするようなプレイです。

試聴 Click!

KEITH TIPPETT/BLUEPRINT

ロバート・フリップがプロデュースしたブリティッシュ・ジャズの名作。フランク・ペリーのアヴァンギャルドなパーカスワーク、ロイ・バビントンの芳醇なダブルベースも見事ですが、流麗にもエキセントリックにも自在なプレイを聴かせるキース・ティペットのピアノがやはり一際個性的ですね。

試聴 Click!

CENTIPEDE/SEPTOBER ENERGY

こちらもフリップ・プロデュース作品。ティペット夫妻が共同作曲、キースはピアノと音楽監督としても名を連ねた一枚です。イアン・カー、エルトン・ディーンほか、なんと総勢50名が参加した、英国ジャズ・ロックの名士たちによる祭宴。

ちなみに本作の完成度とスケールの大きさに圧倒されたのが若きマイク・オールドフィールドで、このような大きな仕事をいつか自身も成し遂げたいと考え、それが『TUBULER BELLS』を制作する動機の一つとなったと語っています。

試聴 Click!

KEITH TIPPETT GROUP/DEDICATED TO YOU BUT YOU WEREN’T LISTENING

自身のバンドによる71年2nd。ぶっ飛んだロジャー・ディーン・ジャケに負けず劣らず、内容も挑戦的でカッコいいんです。やや前衛度が高かった前作に比べ、より分かりやすい骨太かつ叙情にも富んだジャズ・ロックを鳴らします。エルトン・ディーン、ワイアット、ゲイリー・ボイルら名手たちによるテンションみなぎる演奏と対比する、舞うように鮮やかなピアノがさすがです。

試聴 Click!

JULIE DRISCOLL / 1969

70年に結婚した英ジャズ・ロックの歌姫Julie Driscollの71年作にも参加。クリス・スペディングやエルトン・ディーンらが活躍するソウルフルなナンバーと、キースによる繊細なタッチの美しいピアノが聴けるアコースティックで静謐なナンバーとが共存する名作です。その両方で存在感ある歌声を響かせる彼女のパフォーマンスがまた圧巻!

試聴 Click!

KEITH TIPPETTS ARK/FRAMES

初期から一貫する、アヴァンギャルドと美が共存するキース・ティペットならではの音楽性がたっぷりと味わえるのがこのアルバム。リリシズム溢れる前半とエネルギッシュに疾走する後半とのダイナミズムもまた魅力です。

試聴 Click!

KEITH & JULIE TIPPETTS/COUPLE IN SPIRIT

ティペット夫妻が神秘的に綴る、アヴァン・ジャズ/ミニマルな87年の名作。こちらは13年のライヴ映像ですが、二人が織りなすサウンドに宿る神秘性は露ほども失われていません。

試聴 Click!

こうして彼の演奏を振り返っていくと、実験的なパートにおいても、静謐なパートにおいても、またエネルギーみなぎる挑戦的なパートにおいても、どこか気高く孤高な佇まいがあって、それがキース・ティペットというミュージシャンならではの魅力に繋がっていた気がします。

ジャズ、ロック、アヴァンギャルド・ミュージックを結び付けた偉大なピアニストのご冥福を心よりお祈りしたいと思います。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • KING CRIMSON / IN THE WAKE OF POSEIDON

    衝撃のデビュー作「クリムゾン・キングの宮殿」の構成を踏襲した70年2nd、前作に匹敵する重厚さドラマ性に加えジャズ系ミュージシャンを起用し新機軸も打ち出した一枚

    奇才Robert Frippを中心に結成され常に先鋭的なサウンドを作り出し、デビュー以来プログレッシブ・ロックの頂点に君臨し続けるイギリスのグループの70年2nd。Ian McDonaldが脱退、レコーディングには参加しているもののMichael Gilesも脱退を表明し、ボーカリストとしてのみの参加であるGreg LakeはEmerson Lake & Palmer結成へと動き始め、Keith Tippett、Mel Collinsといった新メンバーを加えるなどバンド内が慌しい状況であったにもかかわらず、その内容はデビュー作に負けず劣らずな名盤となっています。過渡期と言うこともあり正当な評価を仰げない不遇もあった本作ですが、その音楽性は前デビュー作の内容を下地にしながらも、よりバリエーションに富んだ作風となり、Keith TippettのピアノやGordon Haskelの素朴なボーカルなど、バンドに新たな表情が生まれた傑作です。

  • CENTIPEDE / SEPTOBER ENERGY

    奇才ピアニストKeith Tippett率いるビッグバンド・プロジェクト、71年作、ロバート・フリップのプロデュース、ズバリ英ジャズ・ロックの大名盤!

    ネオン・レーベルから発表されたブリティッシュ・ジャズ・ロックの大名盤!ROBERT FRIPPによるプロデュース、TIPPETT夫妻の作曲、IAN CARR、ELTON DEAN等総勢50名の参加と、錚々たる顔ぶれが集結した、ジャズ・ロック英傑群による祭宴!これだけのメンツが揃えば名盤が生まれないはずがありません。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。