プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【カケレコ・ピックアップ】「うさぎ」に関連するアルバムをセレクト☆

カケハシ・レコードです。

2023年が始まりましたね。

今年はうさぎ年!ということで、今回は「うさぎ」に関連を持つアルバムをカケレコ棚から4枚見つけてきました。

それではお楽しみください☆

FIELDS/FIELDS

少し可哀そうな状況ですが、ブリティッシュ・ロックでうさぎジャケと言えばコレでしょうか。

憂い溢れるクラシカルなオルガンと、手数多いシャープなドラムとの対比が鮮やかな名盤!

試聴 Click!


COLUMN THE REFLECTION 第56回 極私的・キーボード・ロック再考試案  ~ 英国オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪④・マニアック名盤編A 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第56回 極私的・キーボード・ロック再考試案  ~ 英国オルガンの音色に魅せられ続けて・・・名曲探訪④・マニアック名盤編A 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」!今回も氏が選ぶ英国キーボード・ロックの名曲を、グループの来歴と共にご紹介。カケレコ・ユーザー御用達グループ多数でお送りします☆

KOSSOFF KIRKE TETSU RABBIT/KOSSOFF KIRKE TETSU RABBIT

RabbitことJohn Douglas Bundrick。

彼がもたらしたアメリカン・ロック的なアーシーな哀愁とポール・コゾフのギターによる英国叙情に富んだブルース・フィーリングとメロウネス。

繊細さと憂いに溢れたセンシティブなブリティッシュ・ロックの逸品。

試聴 Click!


カケレコスタッフの日々是ロック:7/13 いぶし銀ギタリストが活躍する英ロックを探求!

【関連記事】

カケレコスタッフの日々是ロック:7/13 いぶし銀ギタリストが活躍する英ロックを探求!

直近で入荷した注目のタイトルや売れ筋の人気タイトルの新品CDをメインに、日替わりでスタッフがおすすめの作品をピックアップ!

RABBITT/A CROAK AND A GRUNT IN THE NIGHT

Tが一個多いこちらは、この後80年代イエスのキーマンとして活躍するトレヴァー・ラヴィンが率いた南アフリカのロック・バンド。

スーパートランプに通じるキャッチーな抜けの良さとグラム・ロック的な華麗さが調和したスタイルが魅力です。

試聴 Click!


カケレコと皆様で選ぶイエスの曲ランキング 結果発表!

【関連記事】

カケレコと皆様で選ぶイエスの曲ランキング 結果発表!

カケレコと皆様で作る企画の第3弾。今回は皆様にとって一番のイエスナンバーを挙げていただき結果をランキング形式で発表するという企画を実施。その結果を大発表いたします!

NETHERLAND DWARF/MOI MOI

オランダ原産の耳の短いウサギ、ネザーランドドワーフ種をアーティスト名に冠した日本のシンフォ・ユニット。

音も70年代プログレへのオマージュや北欧新鋭とのリンクも感じさせるサウンドで、なんとあのKAIPAのHans Lundinがゲスト参加!

愛らしいジャケットにも惹かれますね♪

試聴 Click!


【タイトル追加】ワールドクラスの実力派揃い!日本が誇る新鋭プログレ特集!

【関連記事】

【タイトル追加】ワールドクラスの実力派揃い!日本が誇る新鋭プログレ特集!

我が国日本にも続々と登場しているワールドクラスのプログレ・グループたちをご紹介します!


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』第67回(最終回) GURANFOE / Sum Of Erda (UK / 2019)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』第67回(最終回) GURANFOE / Sum Of Erda (UK / 2019)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!

いかがだったでしょうか。
以前に上げた十二支ジャケット記事も合わせてお楽しみください♪


干支ジャケ2019!

【関連記事】

干支ジャケ2019!

あけましておめでとうございます!お正月ということで、十二支モチーフの作品をピックアップ!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • FIELDS / FIELDS

    71年デビュー作、英国らしい叙情性とジャジー&プログレッシヴなアンサンブルが素晴らしいキーボード・ロックの名作

    元RARE BIRDのGraham Fieldが、元KING CRIMSONのAndy McCulloch、そしてKING CRIMSONのメンバーPeter Giles、Michael Giles、Boz Burrellとも交流の深かったAlan Barryと結成したイギリスのプログレッシブ・ロックグループによる71年デビュー作。その内容はRARE BIRD時代の名残を感じさせ、Emerson Lake & PalmerともつながるようなGraham Fieldのハモンド・オルガンを中心にしたキーボード・ロックであり、Andy McCullochのジャジーでテクニカルなドラムをはじめとしたバンド・アンサンブルが英国らしい叙情と味を持ちつつ、とてもキャッチーな音楽性を放つ良作となっています。

  • KOSSOFF KIRKE TETSU RABBIT / KOSSOFF KIRKE TETSU RABBIT

    フリー解散後のポール・コゾフとサイモン・カークがベーシスト山内テツ&Key奏者ラビットと結成したグループ、71年唯一作

    70年のFREE解散の後、Paul KossoffとSimon Kirkeが、後にFACESでも活躍する日本人ベーシストの山内テツと米国人Key奏者RABBITを迎えて結成したグループ。71年の唯一作。RABBITことJohn Bundrickが10曲中5曲の作曲を担当。RABBITがもたらしたアメリカン・ロック的なアーシーな哀愁とPaul Kossoffのギターによる英国叙情に富んだブルース・フィーリングとメロウネス。繊細さと憂いに溢れたセンシティブなブリティッシュ・ロックの逸品。音と音との「間」の雄弁さはさすが。専任ヴォーカリストの不在が弱点として言われますが、RABBITやSimon Kirkeの誠実な歌声がメロディの繊細な魅力を見事に引き出しています。

  • NETHERLAND DWARF / MOI MOI

    70年代プログレへのオマージュに溢れた日本のミュージシャン、2011年のデビュー作、北欧プログレのファンにオススメ!

    70年代プログレへのオマージュに溢れた日本のミュージシャン。2011年のデビュー作。北欧の神秘的な森が目に浮かぶような静謐なイントロから、メロトロンを想わせるキーボードが荘厳に広がり、ミニマルな繰り返しの中にKAIPAなどに通じる叙情美が浮かびあがります。クラシックのスピード感溢れるカバー、鉄琴や木琴がダンサンブルに躍動する中をキーボードが流麗なフレーズを奏でる楽曲、スピーディーな変拍子とコロコロと優美なキーボードがジャケット通りのファンタスティックなサウンドを描く楽曲、ちょっぴりELOを彷彿とさせるスペーシーかつリリカルなテーマが胸を打つ楽曲など、全曲インストながら、印象的なメロディに富んだ楽曲が続きます。70年代プログレの遺伝子とポスト・ロック以降の音響センスとを併せ持つ感覚は、HOSTSONATENなどでお馴染みのイタリアの奇才Fabio Zuffantiをも彷彿とさせます。ファンタスティックなジャケットに「おっ!」となったリスナーは気に入るでしょう。KAIPAのKey奏者Hans Lundinが1曲でゲスト参加。

  • RABBITT / A CROAK AND A GRUNT IN THE NIGHT

    Trevor Rabin在籍のグループ、77年作

    トレヴァー・ラビンが在籍していた4人組グループ、ラビットの2nd。77年作。貴重な南アフリカ原盤を完全再現。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。