プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

KOSSOFF KIRKE TETSU RABBIT

KOSSOFF KIRKE TETSU RABBIT

ORK7(ORK

評価:40 1件のレビュー

ラビットがもたらしたアメリカン・ロック的なアーシーな哀愁とポール・コゾフのギターによる英国叙情に富んだブルース・フィーリングとメロウネス。繊細さと憂いに溢れたセンシティブなブリティッシュ・ロックの逸品。

フリー解散後のポール・コゾフとサイモン・カークがベーシスト山内テツ&Key奏者ラビットと結成したグループ、71年唯一作

70年のFREE解散の後、Paul KossoffとSimon Kirkeが、後にFACESでも活躍する日本人ベーシストの山内テツと米国人Key奏者RABBITを迎えて結成したグループ。71年の唯一作。RABBITことJohn Bundrickが10曲中5曲の作曲を担当。RABBITがもたらしたアメリカン・ロック的なアーシーな哀愁とPaul Kossoffのギターによる英国叙情に富んだブルース・フィーリングとメロウネス。繊細さと憂いに溢れたセンシティブなブリティッシュ・ロックの逸品。音と音との「間」の雄弁さはさすが。専任ヴォーカリストの不在が弱点として言われますが、RABBITやSimon Kirkeの誠実な歌声がメロディの繊細な魅力を見事に引き出しています。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

STRAWBERRY PATH / WHEN THE RAVEN HAS COME TO THE EARTH の商品詳細へ

STRAWBERRY PATH/WHEN THE RAVEN HAS COME TO THE EARTH

成毛しげる&つのだひろによるニューロック・バンド、江藤勲ゲスト参加の71年唯一作、ジャケットは石ノ森章太郎

1090円(+税)

FREE / FREE AT LAST の商品詳細へ

FREE/FREE AT LAST

オリジナル・メンバーでの最終作となった72年作

490円(+税)

HACKENSACK / UP THE HARD WAY の商品詳細へ

HACKENSACK/UP THE HARD WAY

エネルギッシュでブルージーなブリティッシュ・ハードの名作、74年作

1890円(+税)

ELO(ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA) / FACE THE MUSIC の商品詳細へ

ELO(ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA)/FACE THE MUSIC

75年発表の傑作

590円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

いぶし銀ギタリスト〜英ロックにコクと渋みを加える名脇役たち

まとめて試聴する

  • TRAFFIC 『TRAFFIC』

    ウィンウッド&デイヴ・メイソン!絶妙なグルーヴを生むアンサンブルと英国的な翳りあるメロディ、ブリティッシュ・ロックの名作

  • HUMBLE PIE 『SMOKIN'』

    ピーター・フランプトンに替わり名手クレム・クレムソンが加入し制作された72年作6th

  • SPOOKY TOOTH 『SPOOKY TWO』

    叙情性溢れるブリティッシュ・ロック名バンド、69年作

  • KEEF HARTLEY BAND 『HALFBREED』

    ジョン・メイオール率いるブルースブレイカーズを経て、キーフ・ハートレイが結成したリーダー・グループ、69年作1st

  • TEAR GAS 『PIGGY GO GETTER』

    いぶし銀の名ギタリストZal Cleminsonのギターが冴え渡る、牧歌的かつエッジの効いた英ハード・ロック名作、70年リリース1st

  • ARC 『... AT THIS』

    71年リリース、グッと来るツボをこれでもかと押してくるドラマティックなブリティッシュ・ハード・ロック、泣きのギター炸裂!

  • SHARKS 『FIRST WATER』

    Andy FraserやChris Speddingが組んだ英ハード・ロック・グループ、73年作

  • BRIAN DAVISON'S EVERY WHICH WAY 『EVERY WHICH WAY』

    元NICEのドラマーBrian Davisonと後にARCなどで活躍する実力派シンガーGraham Bellを中心とするグループ、70年作、枯れた哀愁が胸に染みる英フォーク・ロックの名作

  • PATTO 『PATTO』

    ソウルフルでグルーヴィーな英シンガー、マイク・パトゥ率いるグループ、名手オリー・ハルソール在籍、70年デビュー作

  • KEN HENSLEY 『PROUD WORDS ON A DUSTY SHELF』

    URIAH HEEPの中心人物であるKey奏者、73年リリースのソロ、これでもかと英国臭漂う名作

  • JOHN DUMMER'S OOBLEEDOOBLEE BAND 『OOBLEEDOOBLEE JUBILEE』

    英アンダーグラウンド・ブルース・ロック界の名ドラマー率いるグループ、デイヴ・ケリーやマイク・エヴァンスら名手が躍動する、これぞいぶし銀ブルース・ロック名盤!73年作

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 コゾフのファンにとってはつらい(7 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

フリー、あるいはポール・コゾフの愛好者にとって、このアルバムの出来がどうのこうのはあまり関係ないと思います。わたしはコゾフの参加している録音であれば、どんなものでも聴いてみたいと思っていまして、この作品もずっと手元に置いておきたいです。ただし、繰り返し聴きたいとは思いません。ひとつの作品というより、ドキュメントとしての価値が勝っているのではないでしょうか。

フリー空中分解の原因は、ポール・ロジャーズとアンディ・フレーザーというソング・ライター・コンビの決裂でした。コゾフは、ロジャーズともフレーザーとも仲違いしたわけではなく、むしろ彼に演奏する場を与えてくれていたのがこのコンビでした。彼が鎮静剤に耽溺するようになったのは、この寂しさからでしょう。実際にこの作品のあと、カークの呼びかけによってロジャーズとフレーザーは一時的にバンドに戻ります。ただし、コゾフ・カーク・テツ・ラビットで演奏している形態はコゾフの望んでいた形態です。フリーの演奏の弱点は、中音域がスカスカであるということであり、コゾフはそれを埋めなければなりませんでした。キーボードのラビットは、コゾフの要望をよく理解していて、この作品で彼は自由なソロを弾くことができています。インストルメンタルである4. Just For The Box を聴くと、それが判ります。

山内テツも、おそらくアンディ・フレーザーを意識しています。コゾフは、フリーにこうあって欲しかったんだな、ということが伝わってきます。一方で曲を書いたことがない、バンドのリーダーも初めて、という彼にとって、いかにしんどい作業であったか。ラビットが作曲、アレンジをやってくれたおかげで完成形になっておりますが、コゾフの演奏が精彩を欠いているのも事実です。10. Coloursは、貴重なコゾフ作曲、ボーカルの曲。…というより、コゾフが独り言をつぶやきながらソロを弾き、他のメンバーがサポートしている曲です。この曲を聴けてよかったと思う反面、可哀想すぎて涙が出てきます。

ナイスレビューですね!