プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

KOSSOFF KIRKE TETSU RABBIT

KOSSOFF KIRKE TETSU RABBIT

ORK7(ORK

評価:40 1件のレビュー

ラビットがもたらしたアメリカン・ロック的なアーシーな哀愁とポール・コゾフのギターによる英国叙情に富んだブルース・フィーリングとメロウネス。繊細さと憂いに溢れたセンシティブなブリティッシュ・ロックの逸品。

フリー解散後のポール・コゾフとサイモン・カークがベーシスト山内テツ&Key奏者ラビットと結成したグループ、71年唯一作

70年のFREE解散の後、Paul KossoffとSimon Kirkeが、後にFACESでも活躍する日本人ベーシストの山内テツと米国人Key奏者RABBITを迎えて結成したグループ。71年の唯一作。RABBITことJohn Bundrickが10曲中5曲の作曲を担当。RABBITがもたらしたアメリカン・ロック的なアーシーな哀愁とPaul Kossoffのギターによる英国叙情に富んだブルース・フィーリングとメロウネス。繊細さと憂いに溢れたセンシティブなブリティッシュ・ロックの逸品。音と音との「間」の雄弁さはさすが。専任ヴォーカリストの不在が弱点として言われますが、RABBITやSimon Kirkeの誠実な歌声がメロディの繊細な魅力を見事に引き出しています。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

BLACK SABBATH / VOL.4 の商品詳細へ

BLACK SABBATH/VOL.4

メロトロンの導入などドラマティックな深化を示す72年作4th

890円(税込979円)

BLODWYN PIG / GETTING TO THIS の商品詳細へ

BLODWYN PIG/GETTING TO THIS

初期JETHRO TULLのギタリストMick Abrahams率いるバンド、ブラスやフルートをフィーチャーした熱気溢れる英ブルース・ロック、70年発表の2nd

890円(税込979円)

HACKENSACK / UP THE HARD WAY の商品詳細へ

HACKENSACK/UP THE HARD WAY

エネルギッシュでブルージーなブリティッシュ・ハードの名作、74年作

1,990円(税込2,189円)

CAPTAIN BEYOND / CAPTAIN BEYOND の商品詳細へ

CAPTAIN BEYOND/CAPTAIN BEYOND

ディープ・パープルのオリジナル・ヴォーカリストRod Evansを中心とする米ハード・ロック・バンド、名門カプリコーンよりリリースされた72年デビュー作

990円(税込1,089円)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

いぶし銀ギタリスト〜英ロックにコクと渋みを加える名脇役たち

まとめて試聴する

  • SPOOKY TOOTH 『SPOOKY TWO』

    叙情性溢れるブリティッシュ・ロック名バンド、69年作

  • KEEF HARTLEY BAND 『HALFBREED』

    ジョン・メイオール率いるブルースブレイカーズを経て、キーフ・ハートレイが結成したリーダー・グループ、69年作1st

  • TEAR GAS 『PIGGY GO GETTER』

    いぶし銀の名ギタリストZal Cleminsonのギターが冴え渡る、牧歌的かつエッジの効いた英ハード・ロック名作、70年リリース1st

  • SHARKS 『FIRST WATER』

    Andy FraserやChris Speddingが組んだハード・ロック・グループ、73年作

  • BRIAN DAVISON'S EVERY WHICH WAY 『EVERY WHICH WAY』

    元NICEのドラマーBrian Davisonと後にARCなどで活躍する実力派シンガーGraham Bellを中心とするグループ、70年作、枯れた哀愁が胸に染みる英フォーク・ロックの名作

  • PATTO 『PATTO』

    ソウルフルでグルーヴィーな英シンガー、マイク・パトゥ率いるグループ、名手オリー・ハルソール在籍、70年デビュー作

  • BLODWYN PIG 『GETTING TO THIS』

    初期JETHRO TULLのギタリストMick Abrahams率いるバンド、ブラスやフルートをフィーチャーした熱気溢れる英ブルース・ロック、70年発表の2nd

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 コゾフのファンにとってはつらい(8 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

フリー、あるいはポール・コゾフの愛好者にとって、このアルバムの出来がどうのこうのはあまり関係ないと思います。わたしはコゾフの参加している録音であれば、どんなものでも聴いてみたいと思っていまして、この作品もずっと手元に置いておきたいです。ただし、繰り返し聴きたいとは思いません。ひとつの作品というより、ドキュメントとしての価値が勝っているのではないでしょうか。

フリー空中分解の原因は、ポール・ロジャーズとアンディ・フレーザーというソング・ライター・コンビの決裂でした。コゾフは、ロジャーズともフレーザーとも仲違いしたわけではなく、むしろ彼に演奏する場を与えてくれていたのがこのコンビでした。彼が鎮静剤に耽溺するようになったのは、この寂しさからでしょう。実際にこの作品のあと、カークの呼びかけによってロジャーズとフレーザーは一時的にバンドに戻ります。ただし、コゾフ・カーク・テツ・ラビットで演奏している形態はコゾフの望んでいた形態です。フリーの演奏の弱点は、中音域がスカスカであるということであり、コゾフはそれを埋めなければなりませんでした。キーボードのラビットは、コゾフの要望をよく理解していて、この作品で彼は自由なソロを弾くことができています。インストルメンタルである4. Just For The Box を聴くと、それが判ります。

山内テツも、おそらくアンディ・フレーザーを意識しています。コゾフは、フリーにこうあって欲しかったんだな、ということが伝わってきます。一方で曲を書いたことがない、バンドのリーダーも初めて、という彼にとって、いかにしんどい作業であったか。ラビットが作曲、アレンジをやってくれたおかげで完成形になっておりますが、コゾフの演奏が精彩を欠いているのも事実です。10. Coloursは、貴重なコゾフ作曲、ボーカルの曲。…というより、コゾフが独り言をつぶやきながらソロを弾き、他のメンバーがサポートしている曲です。この曲を聴けてよかったと思う反面、可哀想すぎて涙が出てきます。

ナイスレビューですね!