プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ニック・ドレイクからめぐる繊細かつリリカルな世界のSSW探求

ニック・ドレイクの名作1st『ファイヴ・リーヴズ・レフト』を出発点に、繊細かつリリカルなSSWを世界中からピックアップしてまいります。

まずは、ニック・ドレイクの69年1stをあらためて聴いてみましょう。

NICK DRAKE/FIVE LEAVES LEFT

沈鬱さとリリシズムとが同居したメロディとヴォーカル。

絶妙にサポートする、リチャード・トンプソン、ダニー・トンプソンのバッキングと、ロバート・カービーの荘厳なストリングス。

なぜこれほどまでの作品が、リリース時に正当に評価されなかったのか・・・。

試聴 Click!

いやあ、素晴らしいです…

さてさてそれでは、英国からピックアップしていきましょう。

KEITH CHRISTMAS/STIMULUS

エスペラント『死の舞踏』にヴォーカルで参加したことでプログレ・ファンにも知られるSSW、70年作。

サンディ・ロバートソンのプロデュースで録音され、69年にRCAからリリースされたデビュー作。

白昼夢なヴォーカル&メロディとマイティ・ベイビーがサポートした土臭いアンサンブルとのコントラストが絶妙です。

試聴 Click!

MARK FRY/THE A.LORDS/I LIVED IN TREES

ポロポロこぼれるようなピアノの音、アコースティック・ギターの優しい響き。そして変わらぬ「心ここにあらず」なボーカル。別次元に連れていかれるようなアルバムです。

試聴 Click!

次は、アメリカからピックアップいたします。

SID SELVIDGE/PORTRAIT

なんと優しく染み渡る歌声でしょうか…69年米メンフィスで産み落とされた、美しくコク深いSSW作品。

試聴 Click!

RANDY RICE/TO ANYONE WHO’S EVER LAUGHED AT SOMEONE ELSE

シカゴ出身のシンガーソングライター。74年に、このアルバムのみリリースしています。

いきなりのファズ・ギター早弾きに驚いていると、静謐でリリカルなピアノとともに、胸に迫る繊細でドリーミーな歌声が立ち上がり・・・な、なんだこの美しさは!

ニック・ドレイクと同じぐらい崇められてもおかしくないかも!?

試聴 Click!

【関連リスト】

韓国の紙ジャケ再発レーベルと言えばBIG PINKが最大手ですが、このBeyond The Moonレーベルもまた、フォーク・ファンにはたまらない良質な作品を続々と再発している注目のレーベルですよね。

Beyond The Moonコーナーはこちら☆

それではアメリカを離れて、別の国にまいりましょう。

BULENT/BENIMLE OYNAR MISIN

トルコのシンガー、74年作。トルコにこんなに繊細で美しいフォークがあったんですね!

聞きなれないトルコ語も、不思議と心地よいです。

試聴 Click!

お次はスペインです。

TOTI SOLER (JORDI SOLER)/LIEBESLIED

スパニッシュ・ジャズ・ロック黎明期のバンドOMの中心的ギタリスト、72年作。
バンドでは、ゴリゴリと弾き倒すアグレッシヴなギターを炸裂させていましたが、このソロでは、一転してニック・ドレイクばりの内省的なアコギ爪弾きが特筆。

試聴 Click!


Musica Laietana ライエターナ・ミュージック特集~スペインはバルセロナで起こったジャズ・ロック・ムーヴメント

【関連記事】

Musica Laietana ライエターナ・ミュージック特集~スペインはバルセロナで起こったジャズ・ロック・ムーヴメント

70年代にスペインでおこったロック・ムーヴメント「Musica Laietana ライエターナ・ミュージック」を特集!

【関連リスト】カケレコらしさいっぱいのニッチ&ディープな作品が集まるこちらのコーナーをチェック是非!

その他ユーロ・辺境ロック☆

いかがでしたか?

ニック・ドレイクに通じる繊細かつリリカルなSSWはまだまだ世界中に眠ってそうですね。

みなさまにとってピッタリの一枚が見つかれば幸いです。


<ロック黄金時代回想企画>1969年デビュー・アルバム特集Vol.11 ー NICK DRAKE『FIVE LEAVES LEFT』

【関連記事】

<ロック黄金時代回想企画>1969年デビュー・アルバム特集Vol.11 ー NICK DRAKE『FIVE LEAVES LEFT』

1969年からちょうど50年を記念して、70年代を代表する名バンドによる69年リリースのデビュー作をピックアップ。今回はニック・ドレイクの『FIVE LEAVES LEFT』


NICK DRAKEが影響を受けた音楽特集

【関連記事】

NICK DRAKEが影響を受けた音楽特集

ニック・ドレイクがどんな音楽に影響を受けていたのか、生い立ちから紐解きました。


【作品追加!】ニック・ドレイク『PINK MOON』が好きな人におすすめの、メランコリック・フォーク特集。

【関連記事】

【作品追加!】ニック・ドレイク『PINK MOON』が好きな人におすすめの、メランコリック・フォーク特集。

ニック・ドレイク・ファンなら気に入るかも?という、メランコリックで静かな作品を集めました。


シド・バレットから出発する、孤高のアシッド・フォーク・シンガー特集

【関連記事】

シド・バレットから出発する、孤高のアシッド・フォーク・シンガー特集

ただならぬ気配をまとった、孤高のアシッド・フォーク・シンガーをピックアップしてまいります。

関連カテゴリー

ニック・ドレイクからめぐる繊細かつリリカルな世界のSSW

  • NICK DRAKE / FIVE LEAVES LEFT

    流麗なメロディと華やかなアレンジが素晴らしいリリシズム溢れる名作、早逝の英SSWによる69年デビュー作

    69年作の1stアルバム。リチャード・トンプソン、ダニー・トンプソンが参加した緊張感溢れる「TIME HAS TOLD ME」をはじめ、繊細に爪弾かれるアコースティック・ギターと今にも崩れ落ちそうなヴォーカルが唯一無比の存在感を放つ名曲揃い。ロバート・カービーによる荘厳なストリングス・アレンジも絶品。

  • BULENT / BENIMLE OYNAR MISIN

    トルコ、Nick Drakeに通ずるリリシズムと荘厳さを持った絶品フォーク、74年リリース

    トルコ出身、74年作1st。丁寧に紡がれる美しいメロディ&木訥としたヴォーカル、穏やかなアコギ・アルペジオ、繊細なタッチのリリカルなピアノ、流麗なホーン・アレンジ。とにかく絶品。鳴らされるすべての音がリリシズムに包まれたサウンドは、素晴らしいの一言。最小限の音数ながら荘厳さに満ちたサウンドは、Nick Drakeの1stに通ずるものがあります。胸を打つ佳曲ぞろいの感動的な名作。非トラッドのリリカルな英フォークが好きな方は、マストです!

  • RANDY RICE / TO ANYONE WHO’S EVER LAUGHED AT SOMEONE ELSE

    ちょっと、これは凄い作品です、米SSWによる74年作で、マイナーながらニック・ドレイク級に崇められるべき名作

    シカゴのSSW、74年にリリースされた2枚組作。いきなりのファズ・ギター早弾きに驚いていると、静謐でリリカルなピアノとともに、胸に迫る繊細でドリーミーな歌声が立ち上がり、ハッとさせられます。な、なんだこの美しさは!間奏でまたファズ・ギターが入り、遠くでオブリガードを奏でますが、これがもう高尚といいますか、天上の美しさ!とにかく歌声は素晴らしいわ、メロディは素晴らしいわ、74年とは思えないオルタナ感覚もあるわ、90年代以降の『ペットサウンズ』憧憬の宅録アーティストもひれ伏す完成度!ちょっと、これは凄い作品です。ニック・ドレイクと同じぐらい崇められてもおかしくないかも!?

  • TOTI SOLER (JORDI SOLER) / LIEBESLIED

    スペインを代表するギタリストToti Soler、JORDI SOLER名義のソロ、内省的なSSW作

    スパニッシュ・ジャズ・ロックの名グループOMのギタリストでありスペインを代表するギタリストであるToti Solerが、JORDI SOLER名義でリリースした72年作ソロ。OMとはガラリと変わり、本作で聴けるのは、アコギ一本の繊細なSSW作。半音で下がっていくような陰影に富んだギターがちょっぴりNICK DRAKEを彷彿とさせます。内省的でジーンと染みてくるヴォーカルも特筆もの。哲学的な重みのあるじっくりと向き合って聴きたい作品。

  • KEITH CHRISTMAS / STIMULUS

    エスペラント『死の舞踏』にヴォーカルで参加したことでプログレ・ファンにも知られるSSW、69年のデビュー作

    エスペラント『死の舞踏』にヴォーカルで参加したことでプログレ・ファンにも知られるSSW。サンディ・ロバートソンのプロデュースで録音され、69年にRCAからリリースされたデビュー作。バックは、マイティ・ベイビーのメンバーに加え、後にマシューズ・サザン・コンフォートに加入するゴードン・ハントレー。オープニングから極上の英フォーク・ロックに悶絶必至。サンディ・デニーが歌い出しそうな雰囲気抜群のアコギのイントロから、サザン・コンフォートそのままのリリカルなスティール・ギターが流れ、イアン・マシューズから牧歌性を取ってアシッド臭や幻想性を加えたようなキース・クリスマスのヴォーカルが英国らしい陰影に富んだメロディをたゆたうように柔らかく歌い上げる。ジャケの世界そのままの英国の幻想風景が広がります。その他の曲も、キンクスのようなボードヴィル調の楽曲、巧みなフィンガーピッキングが冴え渡る格調高い楽曲、ピアノが低くたちこめるアシッド臭ぷんぷんの楽曲などハイレベル。同じくマイティ・ベイビーが参加したゲイリー・ファー『ストレンジ・フルート』といい、ほんっと、このグループ参加のSSW作は味わい深い。名作です。

  • SID SELVIDGE / PORTRAIT

    米メンフィスのSSW、DON NIXプロデュースの69年デビュー作。

    米メンフィスのSSW、69年デビュー作。何と言っても魅力的なのは、SID SELVIDGEのジェントルなバリトン・ボイス。ブルースやロックンロール発祥の地であるメンフィスで研鑽を積み、FURRY LEWISなどのカントリー・ブルースに影響されたというそのボーカルは、黒人ぽさはそれほど無いものの、音域が広く深みがあり、適度にビブラートが効いて、上質なベルベットのよう。いつまでも聴いていたくなる心地良さです!カントリーやフォークをベースとしたサウンドに、ハープやストリングスなど控えめなオーケストレーションが被さり、ただのSSWものとは違ったポップさも感じさせます。DON NIXプロデュース、レーベルはSTAX傘下のENTERPRISE。

  • MARK FRY/THE A.LORDS / I LIVED IN TREES

    英国の名アシッド・フォークSSW、11年作

聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。